倉石忠雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2737文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   3009文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  1回発言   3290文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  3回発言  10971文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言   2645文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  7回発言  22652文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第21号(1953/07/11、26期)

私は、ただいま上程せられましたる本案につき、自由党を代表して賛成の意を表し、山村君御提出の修正案には反対の意を表明せんとするものであります。(拍手)わが国が独立を回復いたしましてから、社会の一部にとうとうとして行われる風潮は、占領政策の行き過ぎを是正すべしという言論の流行であります。もとより、わが国………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度予算補正(第1号)について、予算委員会における審議の経過及び結果について御報告申し上げます。この補正予算の内容については、本院における大蔵大臣の財政演説及び政府提出の補正予算説明書において明らかでありまするので、詳細に申し述べることを省略いたします。しかしながら………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 本会議 第3号(1953/12/05、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計予算補正(第2号)、昭和二十八年度特別会計予算補正(特第2号)及び昭和二十八年度政府関係機関予算補正(機第1号)の予算委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。本補正予算の必要性、編成方針、予算の骨組みについては、大蔵大臣の本会議にお………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第15号(1954/03/04、26期)

ただいま議長より報告を求められました昭和二十九年度一般会計予算、同特別会計予算及び政府関係機関予算につき、その内容及び予算委員会における審議の経過並びにその結果について御報告申し上げます。本予算案は、二月一日より審議を開始いたしまして以来、一箇月余り熱心に質疑応答が行われ、三月三日討論採決に至つた次………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第22号(1954/03/20、26期)

ただいま議題となりました昭和二十八年度一般会計予算補正(第3号)の予算委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。本補正案は、三月十五日予算委員会に付託されまして、本日討論採決をいたしたのであります。この補正予算案は、義務教育費国庫負担金の不足金二十七億八千余万円を補正追加せんとす………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第37号(1954/04/15、26期)

ただいま議長より報告を求められました昭和二十九年度特別会計予算補正(特第1号)について、予算委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本予算案は、さきに可決されました昭和二十八年度一般会計予算補正(第三号)とともに、去る三月十五日予算委員会に付託されましたので、両補正予算案を一括し三二………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/04、26期)

ただいま議題となりました昭和二十九年度予算補正三案について、その審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。本補正予算は、今月二日より審議を開始いたしまして、本日討論採決を行つた次第であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 15)  4回発言   8543文字発言
 第17回国会  5回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  4回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 41回出席(長 31 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言   8714文字発言
 第20回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

  26期通算  89回出席(長 42 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 30)  7回発言  17257文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            52回出席(長 42 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言     20文字発言

 労働委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 13)  5回発言  17089文字発言

 行政監察特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    148文字発言

 厚生委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 予算委員会委員長(第17回国会)
 予算委員会委員長(第18回国会)
 予算委員会委員長(第19回国会)
 予算委員会委員長(第20回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 労働委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1953/10/26、26期)

福永官房長官もすでに来ておられるし、ただいまの問題も大事な問題ですが、この際それは庶務小委員会にまかして、それからまた議運でやつてもらつたらいいと思います。委員長から庶務小委員長に、こういうことであつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1953/06/27、26期)

法案の審議に関係がございますので、議事に入る前に委員長にお尋ねをしておきたいと存ずるのであります。赤松委員長が御就任以来、非常に政務に御熱心であられることは、衷心より敬意を表しておる次第でありますが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1953/06/30、26期)

高橋君の非常に貴重な御質問に関連して伺つておきたいのですか、鉱山保安法や旧公共事業令、つまり電気及びガスに関する臨時措置に関する法律、これにこういう行為をしては違法であるということを列挙しておりますが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1953/07/10、26期)

電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律案の質疑は、これにて終局せられんことを望みます。明日は午前十時より開会し、本案について討論採決を行うことといたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1954/02/22、26期)

今澄君お持ち合わせの時間がなくなりました。それでは、古屋貞雄君。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第40号(1954/10/06、26期)

私は、今日おいでになりました参考人の方々にお話をお聞きする前に、委員長に注文を申し上げたいと思うのであります。本日午前の全駐労の争議の経過を、委員会でおやりになるべき事柄であつて、国権の最高機関であ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第48号(1954/11/27、26期)

委員長――委員長、議事進行――傍聴席は何だ。あの拍手をなぜ取締らないのか。退場を命じてからやりなさい。持永義夫君。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22