倉石忠雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言  11116文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言  11116文字発言

本会議発言一覧

第51回国会 衆議院 本会議 第11号(1966/01/31、30期)

私は、自由民主党を代表して、政府の施政方針につき、若干の質問を行なわんとするものであります。現下、内外の情勢を見まするに、まことに重大なものがあります。世界の大勢は、人類多数の願望にもかかわらず、いまなおきわめて流動的であり、ことにアジアにおいては、ベトナム紛争をはじめ、緊張と不安の様相はきわめて深………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第46回国会 27回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第48回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言
 第49回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第51回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2050文字発言

  30期通算  43回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  1回発言   2050文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  0回発言      0文字発言

 国際労働条約第87号等特別委員会
            16回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2050文字発言


委員会委員長経験

 国際労働条約第87号等特別委員会委員長(第46回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第52回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第6号(1966/09/26、30期)

連絡協議会の方にちょっとお尋ねしたいのですが、何回か前の当委員会でもお話がありましたけれども、いま松代地震について井出、松平両君のお話は直接災害関係でありますが、この災害の影響でいろいろなところにその…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22