加藤勘十衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3325文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   6927文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言  10252文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第17号(1953/07/04、26期)

私は、日本社会党を代表して、政府が、六月二十六日付アメリカ側の回答文書に基いて、MSAの援助について受諾する意思をもつて交渉に入うんとするにあたつて、政府の確固たる所信をお尋ねいたしたいと思います。第一に、もしこの日米相互安全保障協定が締結せられた場合に、恐るべき内政干渉を誘発すると思われるが、どう………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第41号(1954/04/24、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする吉田内閣不信任案に対して賛成の意を表せんとするものであります。(拍手)われわれが吉田内閣を新任し得ない理由は枚挙にいとまございませんが、そのおもなるものをあげれば、第一に、このたびの疑獄に処してとつた吉田内閣の態度が、議会政治の権威を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  6回発言  23101文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  4回発言   6669文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1421文字発言
 第19回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  9回発言  71884文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 20回発言 103075文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 20回発言 103075文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

関連して。今の条約局長の答弁は、答弁としてなつていない。ここにあなた方が出ておいでになるのは、ただ一個の条約局長として出ておいでになるのか、また政府の代表として出ておいでになるのか、どちらなのか。政府…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/05/29、26期)

私も同様です。そこで朝鮮戦争は早晩終結するということが国際的に予想され、期待されておりますが、そうなりますると、中国との貿易にもよほどよい影響が与えられるようになろうと思います。政府側の啓弁としては…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1953/06/26、26期)

進行中ですけれども、やはり読みかけられた以上は(1)を読まれたら(2)を読まないと、速記録の体裁上まずいからやはり読んでいただきたいと思います。(2) アメリカ合衆国政府が相互安全保障計画に基いてな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1953/07/01、26期)

外務省は、二十六日のアメリカ側の回答文書に基いて、きのう交渉を開始するようにという申込みをなさつたようでありますが、これは受諾の意思をもつて交渉の開始をお申込みになつたのかどうか、その点を聞きたい。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

岡崎外務大臣の中間報告に対して、今朝来同僚の委員諸君がそれぞれの角度から質問をなさつておいでになります。私はこれらの委員諸君の質問とはできるだけ重複を避けまして、別な観点からどうしても御報告だけでは納…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

最近の大新聞のMSA援助に関する輿論調査を見てみますと、反対もしくは懐疑的な数字が半数近く現われておるわけであります。この数字は、MSA援助がいかに日本国民の関心を高めておるかという具体的な表明である…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/11/01、26期)

関連して。ただいまのお答えを聞いておりますと、立会人ということは傍聴人とまつたく同じである、こういう御趣旨のようにお伺いしたのです。すると、日本の裁判公開の原則は傍聴人を許す、非常に特別な場合において…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/11/02、26期)

きのう下田条約局長はNATO協定と同じものだとおつしやいましたが、NATO協定の第九の(g)項を見ますと、ちよつと違うのです。それによりますと、「連絡する権利及び裁判所規則が許すときは」こういう文句が…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私は日本社会党を代表しまして、ただいま議題となりました日本国における国際連合の軍隊に対する刑事裁判権の行使に関する議定書に、条件付き賛成の意を表するものであります。まずこの議定書は、日本国と国連軍との…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/11/07、26期)

先ほど来のお答えを聞いていると、何とかしなければならないということだけはわかるのですが、その何とかが一体どういう内容であるか。それでは私は業者の諸君も安心できぬと思う。進んでその何とかということの内容…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/03、26期)

先ほど来、池田さんのアメリカにおいでになりました模様につきましては、一通りの御報告を承つたのであります。結局御報告の範囲では、先般新聞に先表されたコミユニケ以上のものは何もないという点でありますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1954/02/01、26期)

議事進行について。持時間の点ですが、概念的な、一般的な質問についてはそういう制限をされてもいいと思いますけれども、今お話になつたように三十数件の、しかも条約案が付託される。その条約案については時間を制…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1954/03/16、26期)

委員長がそうおつしやれば、これは互いに冷静に、真剣に検討しなければならぬ問題ですから、中断されようと何しようとそんなことはかまいませんが、しかし本来なら一応休憩してやるべきだと思います。けれども、そう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1954/03/22、26期)

先般ビキニ島環礁において、原爆か水爆かわりませんが、実験をせられて、その原子放射能の被害が日本の漁民諸君に及び、さらに第五福竜丸その他の物質に大きな被害を与えたことはすでに明らかにされておるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1954/03/24、26期)

私は一昨日のこの委員会において、お伺いをいたしましたが、その際は外務大臣がおいでにならぬで、欧米局長から御返事をいただいたのであります。これは大臣からも当然聞かなければならぬことでありますが、それより…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1954/03/29、26期)

私は、ある意味では日本の国の性格をかえるかもしれないと思われるような重大な協定案が審議される過程において、総理大臣が一言もこの問題に直接発言されていないということは、非常に遺憾に存じます。病気であると…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1954/04/10、26期)

私はきのうの日米協会において岡崎外務大臣がなさいました演説について、若干の疑義を感じますので、この点について外務大臣からお伺いいたしたいと思います。第一に、岡崎外相はこの演説の中で、原爆の実験に対し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1954/04/14、26期)

この秘密保護法が日米相互援助協定の第三条に基いたものであるということは言うまでもありませんけれども、単独立法として立案される場合においては、もはや防衛協定そのもののひもつきではなくして、国内法として単…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第53号(1954/05/21、26期)

MSAの援助協定に基く小麦供給といいますか、実際は買付になるわけですが、買付がなされてその第一船が一昨々日、十八日の口でしたか、横浜港に到着しまして、川崎の日清製粉の倉庫に陸揚げされるということになつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第56号(1954/05/29、26期)

食糧庁長官にお伺いしますが、この前MSA援助協定に基く小麦の買付で、日本に初めて輸送されて来た大久丸の小麦が横浜港に上陸された問題についてお伺いしましたが、その際は害虫の所在につきまして不明確でありま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22