瀬戸山三男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   2754文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   1714文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言   4468文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第17号(1953/07/04、26期)

ただいま議題となりました産業労働者住宅資金融通法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。まず、提案の理由及び法案の要旨を申し上げます。現在の住宅難はきわめて深刻でありますが、特にわが国再建の原動力となつている勤労者においては、さらに緊迫いたしておりまして、勤労能率に………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第25号(1953/07/21、26期)

ただいま議題となりました建設業法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し院げます。まず、本法案の提案の理由並びに内容について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第56号(1954/05/27、26期)

ただいま議題となりました日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定の実施に伴う土地等の使用及び漁船の操業制限等に関する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。まず、本法律案の提案の理由並びにその概要について申し述べます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  1)  9回発言  24757文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  3回発言   5677文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  2回発言  19617文字発言
 第19回国会 62回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 40 委員 21) 31回発言  83007文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言   4489文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  1回発言    904文字発言

  26期通算  98回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 72 委員 25) 47回発言 138451文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            75回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 72 委員  2) 43回発言 127431文字発言

 行政監察特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言  10116文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    904文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第16回国会)
 建設委員会理事(第17回国会)
 建設委員会理事(第18回国会)
 建設委員会理事(第19回国会)
 建設委員会理事(第20回国会)
 建設委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1953/06/23、26期)

道路整備費の財源等に関する臨時措置法案について、ただいま提案理由の御説明を承つたのであります。私も提案者の一人になつておりますので、それについて質疑を行うということは、ちよつとおかしいのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1953/06/30、26期)

一つだけお尋ねしておきますが、先ほど河川局次長から、ダム方式によつて云々というお話がありました。この筑後川の上流でダムを築造して、この流水を調節するという計画があるやに聞いておりますが、ところがそれが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1953/07/03、26期)

ただいま北海道防寒住宅建設等促進法案について、一部修正により御可決を願つたのでありますが、提案者の代表といたしまして、お礼かたがた意見を申し上げます。先ほど北海道という特別な地域だけにするのは必ずし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1953/07/09、26期)

場質疑というほどのことではないのですが、今の夜明のダムのことは、あとでよく調査されたいと思いますが、今のお話だけでは、私は現地を見ておりませんからわかりません。ダムアツプされて両側に水が氾濫するような…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1953/07/14、26期)

ただいまの問題に関連して、ちよつと建設局当に聞いておきます。最低線を引いた方がいいといういろいろの議論がありますが、それを引かないから、今逢沢委員からお話になりましたように、一万円の予算のものをあるい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1953/07/18、26期)

どうもきようの質疑応答を聞いておりますと、政府側もあやふやな御答弁をされる。法制局としては、ここに突然飛び込んで来られたから、ちよつとぐあいが悪いと思うが、大体さつき外務政務次官も、次官会議の了解事項…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第16号(1953/07/24、26期)

さきに北九州を中心とする西日本のあの厖大な災害がありまして、そのときにも建設大臣はさつそく現地をつぶさにごらんになり、さらに不幸にして和歌山県を中心とする痛烈な災害、それにもただちに現地を見ていただき…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1953/08/03、26期)

私は別に質問をするのじやありません。この改正案の提案代表者でありますから、皆様にお聞きするよりも、私の方が詳しいのでありますから、聞かない。ただ、今内海委員からも御質問がありましたが、何か特別都市の問…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1953/08/06、26期)

今補償の問題が出たのでありますが、私どもこれに重大は関心を持つております。今のお話は電源開発その他ダムによる補償の問題でありますが、河川改修の場合、補償の問題がどこでも非常に困難を来しております。大体…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/10/30、26期)

ちよつと関連して、私は今日は何も言わぬつもりでおりましたが、むずかしいことを申し上げるのではありません。今はちようど日本の悲劇であると思つておるのですが、大蔵省ももちろん災害については一生懸命早く復旧…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1953/11/04、26期)

大臣お忙しいところでありますから、一点だけ……。もう来年度の予算もぼつぼつ苦しんで研究されておると思います。災害対策あるいは治山治水について、今の日本は、私はこの間も申し上げたのでありますが、まさに悲…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1953/11/09、26期)

ただいま局長から御説明を承つて、日本の道路行政上初めて高速度道路をつくるので、まことにけつこうなことだと思つておるのでありますが、ただ私は、道路問題だけでなしに、あるいは都市計画上その他の関係から、こ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/12/04、26期)

私は御質問申し上げるのではないのであります。先ほど大臣が言及されました査定の問題で、希望を申し上げておきます。予算をたくさんとつて、そうして災害をすみやかに復旧する。これはだれしも希望するところであり…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1953/12/07、26期)

まず東京都の関係者各位にお尋ねするのであります。あらかじめお断りいたしておきますが、きようは皆さん参考人として、御多忙のところをわざわざおいでに願つております。これはわれわれの足らない知恵を、何と申し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1953/12/11、26期)

私はもう何回もお伺いいたしておりますから、長いことは、きようお忙しいそうでありますから申し上げません。どうせこの問題は、あとでたびたびごやつかいになることと思います。ただ先ほど、この前もそうでありまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1954/01/27、26期)

今の問題でありますが、先ほど田中委員も、悲しみを感ずるというようなお話でありました。建設大臣がこの問題だけでなくて、建設省所管の各種の災害復旧その他の予算について、非常に御苦心をされたということは、最…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1954/01/29、26期)

私は何も聞こうとは思わなかつたのでありますが――これはまだまだ少し先走つて議論があるようですが、先ほど鈴木次長からお話がありましたように、鈴木次長の方では、いずれにしても七十九億というものがもらえるよ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1954/02/01、26期)

大分長くなりまして、お忙しいところでありますから、もうこれ以上は申さないつもりであります。今この問題が非常に紛糾といいますか、重大問題になつております。他の各委員から、特に田中委員から、なぜこういうよ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1954/02/05、26期)

大体重要な点は、他の委員から御質疑がありましたので、繰り返すことは避けます。ただ、今村瀬委員からも言われましたし、先ほど田中委員から重要な御意見があつたこの点は、ひとに不動産取得税についてはよくや考え…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第7号(1954/02/15、26期)

政府側から見えておりますので――今小委員長から御報告があり、御審議願つております案は、私どもきわめて妥当なものであると考えております。そこで今回さらに不動産取得税を創設するわけでありますが、住宅ならび…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1954/02/26、26期)

ガソリン税の問題が大分長くもめておりましたが、大体最終の段階に来たと思います。そこで先ほど塚田長官は、最終的に大蔵、自治庁、建設省の間の話合いを決定した、こう申されたので、この際私は、この話が右に寄つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1954/03/09、26期)

この百五十七億の問題は、毎委員会ごとにここで論争されて、私ども非常にしびれが切れておるのですが、ないものはないので、大蔵省も自分自身は金がないわけですから、預金がなければ貸出しができないのははつきりし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1954/03/11、26期)

私は、質問というよりも、多少希望になるかわかりませんが、これは余談になりますけれども、私どものところへ奇想天外な意見を文書で言つて来ておる人があります。それは、田中さんが真剣にお考えになつて、ここでご…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1954/03/25、26期)

今日はかねて要求しておりました大蔵大臣が見えておりませんので、私どもは率直に言つて、本改正案についての大蔵当局のほんとうの気持を確かめておきたいと思つたのでありますが、そのことは次の機会に譲りまして、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第15号(1954/03/29、26期)

今、村瀬委員の質問に対してお答えなさつたので、あえて私がさらに質問をするいわれもないことと思いますけれども、この問題は長い間非常に論議され、複雑な今日までの道行きがあつたのであります。もう最後でありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第18号(1954/04/08、26期)

私は今日は、提案されております法律の内容についての質疑はやりません。また後日機会を与えられままれば、多少質疑いたしてみたいと思いますが、今度の法律は、今まで非常に種々雑多になつておつたものを統一されて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1954/04/13、26期)

ほかのことは次会に譲りますが、一つは、今村瀬委員からも触れられた百二十一条の補助金、百十八条の費用の負担の問題で、現行法との関係がわからないので聞いておきたいと思う。現行法の解釈という問題であります。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1954/04/15、26期)

今局長から御説明があつたのでありますが、今審議されております土地区画整理法案は百十八条及び百二十一条の関係において、今御説明のあつた都市計画法、特別都市計画法、特別都市計画法の施行令の三法令の現行法の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第24号(1954/04/22、26期)

この際両案に関しまする討論は、これを省略してただちに採決に入られんことを望みます。ただいまより両案を一括して採決いたします。両案を原案の通り可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第26号(1954/04/27、26期)

簡単な事項でありますが、二、三この法文の意義を明らかにするために質疑を続けたいと思います。これはこの前の委員会の席で、当局の見解をただしたのでありますが、そのときに明確な御答弁を得られなかあつたので、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第27号(1954/04/28、26期)

この際両法案に関します討論を省略して、ただちに採決に入られんことを望みます。ただいまより両案を一括して採決いたします。両案を原案の通り可決するに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第29号(1954/05/11、26期)

道路整備特別措置法の一部を改正する法律案は、現行法が融資の期限を三年間と限定いたしておりますので、現状にかんがみそれを六年間にさらに延長しようというように、私どもが提案いたしておるのでありますけれども…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第30号(1954/05/13、26期)

一点だけお尋ねしておきます。これは私が勉強不足のためでありますが、参考までにお伺いしたいのであります。この法律案は、アメリカ駐留軍との関係のこの種の問題解決のための法律案と、内容がほとんど同一でありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第32号(1954/05/24、26期)

この前の委員会で、私の不勉強に基くのでありますが、当局にお尋ねしたところ、その当時は、直接の外務関係でたいからというお話でありましたが、こういうふうに国際連合に加盟を許されておらない国で、しかも国際連…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第33号(1954/05/26、26期)

関連して……。外務省関係の出席は、これで三回目でありますが、ないそうでありますけれども、先ほどの理事会で諮りましたように、できれば本法律案をきようの委員会で決定いたしたいとの考えを持つております。しか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第35号(1954/05/29、26期)

私は提案者でありますから、質疑というよりも、今の改正規定中の審議会の問題について、建設省に意見を聞いておきたいと思います。御承知のように、現行の地方自治法でも、この種の審議会を設けることができるよう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第36号(1954/05/31、26期)

関連して。今の問題ですが、計画局長は、新しい立法措置をしなければならないということを言われるが、非常にごもつともだと思います。これは先ほど只野委員からお尋ねの場合に、かりに工業用水の水道をつくつても、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第38号(1954/06/03、26期)

きようは東京都の方々でありますので、私どもは東京都の方方に対しては、ただ今日どういう状況になつておるかということを大体お尋ねし、それに対して建設省や運輸省でどういう処置をとるかということは別に考えたい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第39号(1954/08/11、26期)

今防衛庁の方から御説明を聞いたのでありますが、何かぴんと来ないような感じがするのであります。私は防衛道路ということが新聞にたびたび出ておりますので、これは今の日本の国民の感じにぴつたり来ないような気が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第42号(1954/09/24、26期)

関連して――、今緊急融資の問題でありますが、ちよつと私も趣旨がわかりませんので聞いておきます。先ほど村瀬委員も言われましたように、緊急融資の場合は、大体予算の目当が、三割工事をするということで、予備…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第44号(1954/10/28、26期)

まず今の災害復旧に関する問題でありますが、先ほど建設省の河川局から御説明になつた今年度必要経費として八十億を見込んでおる。これは今計画局長がお話になりました都市災害のそういうものも全部入つておるのです…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 建設委員会 第45号(1954/10/29、26期)

ただいま正木さんから、北海道の惨状を訴えられて、緊急なる措置を要望されたわけであります。正木さんは三十何メートルの風で非常な災害を受けたと言われるが、私は宮崎県の南端でありますから、災害についてはエキ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1954/06/11、26期)

ただいま本委員会の審議の対象とされております議員堤ツルヨ君、山口シヅエ君、それから高津正道君、成田知巳君、これらの議員の懲罰事犯につきましては、さきに当委員会において提案者からおよその事犯の内容を御説…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1954/06/12、26期)

私は、昨日の委員会に引続きまして、もう少し事実の内容にわたつてお尋ねをいたしたいと思います。先ほど提案者からお話になりましたように、なるほどこの事件は、言いますれば一種の周知の事実である。少くとも議事…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第5号(1954/06/15、26期)

議員堤ツルヨ君懲罰事犯の件外四十五件の懲罰事犯の件につきましては、浅沼稲次郎君を除き、いずれも懲罰を科すべきものとの動議を提出いたします。まずその理由を申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1954/12/06、26期)

ただい議題になりました、昭和二十九年七月の大雨並びに同年八月及び九月の台風による公共土木施設等についての災害の復旧等に関する特別措置法案につきまして、提案者を代表して、その提案の理由の概要を御説明申し…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/15、26期)

大臣は非常に急いでおられるそうでありますから、簡単に一言だけ大臣の所見を伺つておきます。先ほど同僚委員からいろいろ御質疑がありましたが、私は残念ながら大臣のお答えはきわめて不満足であります。もちろん…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22