瀬戸山三男衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  1回発言    479文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   1166文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  7回発言  11436文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  1回発言   4780文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 10回発言  17861文字発言

本会議発言一覧

第49回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/08/03、30期)

私に対しましては、昭和四十年度の公共事業費等一割留保を宣言しながら、さらにこれを解除した、したがって、この地方公共団体等の四十年度の予算執行がうまくいくかというお話でありますが、御心配は要りませんということを申し上げておきます。それから、物価対策の中で、地価対策の問題をお取り上げになりました。地価問………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/10/16、30期)

災害に関係いたしましてお尋ねがありましたから、お答えいたします。まず、災害復旧は、原形復旧でなくて、改良復旧にすべきじゃないか、お説のとおりであります。もちろん、公共土木施設の災害復旧事業費公庫負担法では、災害復旧は原形復旧ということに一応書いてあります。そういうことで、当時はその字句にとらわれて論………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第31号(1966/03/24、30期)

住宅建設計画法案について、その趣旨を御説明申し上げます。およそ住宅は国民生活の基盤をなすものでありまして、住生活の安定なくしては、円満な家庭生活はもちろん、十分な社会活動を行なうことも望めませんが、近年著しく改善された衣や食に比べ、住宅事情は、はなはだしい立ちおくれを示していることは御承知のとおりで………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第33号(1966/03/29、30期)

国土開発縦貫自動車道建設法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。国民経済の均衡ある発展を期し、国土の普遍的開発をはかるためには、その基盤となる交通輸送施設の整備拡充、とりわけ近代的な高速自動車道路網の全国的な整備が必要であることは多言を要しないところであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第45号(1966/04/26、30期)

自動車の激増と都市交通の問題をお尋ねであります。これは、根本的には地域開発と都市交通の問題、両面立てで解決すべきものであろうと思います。私どもはおおむね昭和五十五年を目途として、全国計画で進めておるわけでありますが、東京、大阪あるいは名古屋等の大都市については、それとあわせて計画を進めております。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第46号(1966/04/28、30期)

おおむね答えは済んだようでありますけれども、この万国博を成功させますについては、この会場の設備を考えることは当然でありますけれども、私ども今後一番努力をし、注意をしなければならないところは、おおむね三千万の人が期間内に出入りするであろう、こういう想定のもとに、運輸、交通、そういう問題をよく解決しなけ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第48号(1966/05/10、30期)

土地収用法の一部を改正する法律案及び同法施行法案について、その趣旨を御説明申し上げます。近年の地価高騰の実情にかんがみ、政府は総合的な地価対策を逐次実施しつつありますが、その一環として、公共事業のための用地取得制度の改善をはかる必要があります。すなわち、公共事業における用地費は、事業費のうち大きな割………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第49号(1966/05/12、30期)

第一は、古都保存法が実施されてから、特に鎌倉等においては資本家等が大切なところをスプロールする傾向がある、こういう御心配でありまして、私どももそれを心配いたしております。そこで、法律が国会で成立いたしました直後、すみやかに四月十五日にこの法律を施行いたしました。これは、御承知のとおり、審議会等の審議………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第66号(1966/06/21、30期)

広域行政の大きな要素は、あるいは道路、河川等、いわゆる建設行政の関係が多いのじゃないか、そういうものは当然に広域的にあるいは全国的な視野でやるべきものであって、必ずしも府県の合併ということは必要でないのじゃないか、あるいは弊害があるのじゃないか、こういうようなお尋ねでありますが、もとより、建設行政は………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/07/22、30期)

災害の報告をいたしますにあたりまして、新潟地方その他東北地域における被災地の皆さんに対しまして、心から御同情、お見舞いを申し上げる次第であります。(拍手)今回の新潟地方の災害は、梅雨前線の北上に伴う局地的集中豪雨によるものでありまして、雨量は五百ミリメートルにも及び、特に新潟県下の新発田市、岩船郡、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員  1) 10回発言  13383文字発言
 第47回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第48回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第53回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  30期通算  57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員  9) 10回発言  13383文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員  0) 10回発言  13383文字発言

 決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第45回国会)
 建設委員会理事(第46回国会)
 建設委員会理事(第47回国会)
 決算委員会理事(第48回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1964/02/19、30期)

首都高速道路公団法の一部を改正する法律案、日本住宅公団法等の一部を改正する法律案、この二法案につきまして、法制局の見解をちょっと聞いておきたいと思います。といいますのは、前回の委員会でも吉田委員から御…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1964/02/28、30期)

それでは、ただいま議題となっております首都高速道路公団法の一部を改正する法律案に対しまして、自由民主党、日本社会党、民主社会党、三党共同提案の修正案を御説明申し上げます。修正案の案文は、お手元に差し…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1964/03/04、30期)

ただいま委員長からお話しのように、三党共同の修正案を提出いたします。日本住宅公団法等の一部を改正する法律案に対する修正でありますが、その案文はお手元に差し上げておりますので、ごらんを願いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1964/03/11、30期)

私は自由民主党を代表いたしまして、ただいまの附帯決議を付することに反対の意見を申し上げます。いまの民主社会党の代表玉置委員からの附帯決議の御趣旨は、しごくごもっともでありますが、御承知のとおりこの法…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第16号(1964/03/27、30期)

ただいま承認議決されました案件について、附帯決議をつけることを提案いたします。案文は、お手元に差し上げておりますから、朗読を省きますので、御了承願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第22号(1964/04/15、30期)

ちょっと関連……。先ほど来いろいろ質疑応答がありましたが、承っておって、何かやや観念に混乱がきておるのではないかという気持ちがいたしております。といいますのは、農業用水などもありましょうが、いわゆる利…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第28号(1964/05/12、30期)

国土開発縦貫自動車道につきましては、昭和三十二年この法律ができましてから、政府が着々その整備をはかるためにその調査を進められまして、今日東北、中国また九州さらに北陸のいわゆる縦貫自動車道の路線指定の法…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第32号(1964/05/27、30期)

自由民主党を代表いたしまして、土地収用法等の一部を改正する法律案に賛成の意見を申し上げます。土地収用法の問題点は、おおむね私権の立場と公共の立場と申しますか、国民的利益をはかる立場との調整の問題であ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第37号(1964/06/12、30期)

近畿圏の近郊整備区域及び都市開発区域の整備及び開発に関する法律案に対する附帯決議を、自由民主党、日本社会党、民主社会党三党共同案提として、私から代表して申し述べますから、御賛成を願います。その趣旨説…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第38号(1964/06/17、30期)

これから私が申し上げることは、まことに老婆心にすぎないと思いますけれども、大臣に御要望を申し上げる意味で、申し上げます。と申しますのは、今度の新潟の地震のことでございますが、まことにたいへんな惨害で…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22