大西正道衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   8961文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   8961文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第8号(1954/01/30、26期)

新しき日本の再建は、何よりも国民精神の改造によつて初めて可能なのであります。従つて、われわれ国民に課せられたる歴史的課題は、わが国の政治、経済、社会制度等の変革とともに、国民精神の根本的改造に努めることにあるのであります。しこうして、それはひつきよう教育のカにかかるのであります。かかるがゆえに、今日………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言   2534文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2305文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5497文字発言
 第19回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 11回発言  40791文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  26期通算  66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66) 15回発言  51127文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 11回発言  40791文字発言

 文部委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  3回発言   8031文字発言

 人事委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 電気通信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2305文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1953/07/02、26期)

今の次官の答弁に対して、ちよつと関連しておりますから伺つておきます。よい教員、悪い教員というような話がありまして、よい教員はこの際大いに優遇をしたい、こういうまことにありがたい発言があつたのであります…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1953/07/14、26期)

今の報告は、学校の施設についての概略報告があつたのでありますが、そのほかに設備、備品ですね。こういうもの、あるいはまた学童、生徒その他に対するものも出ていると思うのです。この点について少し御報告願いた…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 電気通信委員会 第3号(1953/11/02、26期)

私は姫路の放送局の設置の問題につきまして、大臣にお尋ねをしたいと思います。時間があまりございませんので、端的に申し上げますと、協会の方から、もう姫路の放送局開設の申請がとつくに来ておると思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/12/05、26期)

十六特別国会で、学校図書館法が各派の共同提案で通過成立をしたわけでありますが、これは教育界は言うに及ばず、これに関係のある方々が非常な喜びと期待を持つてその実施を待つておるわけであります。ところが去る…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1954/03/03、26期)

私は、塩業労働者の失業の問題につきまして、専売公社並びに労働省に対して二、三お尋ねをしたいのであります。私の手元に陳情書が参つておりますが、これは、全国の塩業労働者の組織体でありますところの全日本塩…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1954/04/02、26期)

私は造船労働者の当面しておりますところの失業問題につきまして、特に第十次造船の促進という面から、二、三労働大臣並びに運輸大臣に質問したいと思います。わが国の経済の自立のためには、海運造船の拡大強化が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第17号(1954/04/09、26期)

この前の委員会で、運輸大臣はお見えになりませんでしたので、船舶局長その他からお話を聞いたのでありますが、どうもその説明が的確でありませんので私ども納得できません。幸い今日は運輸大臣が見えましたので、あ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1954/05/12、26期)

ここで私たちが心配しているのは、一つはこういう臨時に、しかも短期間に大きな仕事をやるごとにおいて、基準行政が停滞しはしないか、これが一つの心配であり、もう一つは、署員の過重な労働によつて、労働面で一つ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1954/05/14、26期)

私は、さきに本委員会におきまして、十次造船の遅延によつて生じたところの造船労働者の失業問題につきまして、いろいろ質問を申し上げ、最後には、十次造船促進の決議案を上程いたしまして、各党各派の賛成を得まし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第25号(1954/05/21、26期)

委員長にお伺いいたしますが、ただいまの参考人の点でございますが、だれを呼ぶのでしようか。それではそのように御了解を願いまして、暫時休憩したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第31号(1954/07/28、26期)

今の参考人の発言から、さらに基準局長にお伺いしたいのですが、非常に努力をなさつてその結果がこうだというような趣旨なんでありますが、その努力にもかかわらず、十分違反の証拠が固められなかつた。幸い今度は第…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第32号(1954/07/29、26期)

今の井堀委員の最後の質問に関連しまして、私は一つだけ労政局長に聞いておきたいのです。労政局長の答弁は、今もそうですが、組合員の意識云々、教育云々と言われるのですが、私はどうもそれが言い抜けのような気が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第33号(1954/07/30、26期)

初めに――運輸大臣は見えておりませんね――それでは次官か甘利局長にお伺いいたしますが、今参考人の方からいろいろ苦しい事情が述べられたのであります。ここで私がこういう事情を申し上げる必要はなかろうと思う…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第34号(1954/07/31、26期)

職安局長、この前あなたが見えておられないときに、次官並びに課長に聞いたのですが、要領を得ませんから、ここでお伺いいたします。あなたは近江絹糸に対して従業員のあつせんをされる場合に、これまで地元の職安が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第43号(1954/11/16、26期)

われわれは、自由党の申入れを承認しまして、一応そういう手続をふんでから結論を出したいと思います。それでは午後国際協力局長を呼びまして、そして各派からそれぞれ質問をしていただく、その結果話をまとめたい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22