田中稔男衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  1回発言   3007文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  0回発言      0文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  2回発言   5750文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  1回発言   4555文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  4回発言  13312文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第19号(1955/05/26、27期)

私は、両派社会党を代表して、政府提出の六月分暫定予算三案に反対し、両派社会党提出にかかる、これが組みかえ三案に賛成するものであります。(拍手)私は、まず、六月分暫定予算案を提出するに至った政府の重大なる政治的責任を問わんとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第28号(1956/03/29、27期)

小笠原諸島の全島民七千七百余名は、昭和十九年七月、日本軍の強制疎開命令により、一切の財産を放置したまま、わずか手荷物三個を所持して本土に引き揚げたのでありますが、戦後、欧米系島民及び混血島民百七十人名だけ帰郷を許され、一般島民は、帰郷を許されないのみか、同諸島が特殊の法的事情に置かれておるために、日………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第52号(1956/05/22、27期)

私は、日本社会党を代表して、本協定の締結に反対するものであります。(拍手)本協定は、いわゆるMSA協定第四条の規定に基いて起草されたものでありますが、わが党はMSA協定そのものに反対したのでありますから、その論理的帰結として本協定に関してもまた反対の態度を表明するものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第17号(1958/03/19、27期)

すでに同僚諸君も御存じの通り、今日、日本の外交は八方ふさがりの状態に陥っておるのであります。国民はひとしくこの現状を憂慮しております。私は、ここに、日本社会党を代表して、日ソ関係、日中関係及び日鮮関係の当面する諸問題について、岸総理、藤山外務大臣その他関係閣僚にお尋ねしたいと考えるものであります。(………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第22回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  4回発言  48408文字発言
 第23回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  11841文字発言
 第24回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 22回発言  89835文字発言
 第26回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 10回発言  52539文字発言
 第27回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  6回発言  42854文字発言

  27期通算 117回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員117) 44回発言 245477文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 81) 36回発言 172834文字発言

 予算委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  4回発言  63932文字発言

 地方行政委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   2528文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    821文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5362文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第22回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/04/06、27期)

私はなるべく同僚委員の質問と重複しないように心がけてやっていきたいと思いますが、実は先ほどからずっと私聞いておりましたが、首相の御答弁が少し低声でありますために、お話になったことが私の耳に入らぬものも…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1955/07/13、27期)

簡単でありますが、伺います。政府のこの改正法律案の提案理由説明によりますと、中国が政治的理由により貿易の独占態勢をとっているということでありますが、今日中国との自由な貿易が行われないというのは、単に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1955/03/26、27期)

私は社会党左派を代表して、特に外交及び防衛の問題につきまして質問をいたしたいと思います。イデオロギーとしての共産主義には反対であるが、共産主義をもって立国の原理とする中ソ両国とも国交を開くことが、戦…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1955/05/10、27期)

私は、鳩山内閣の平和外交、自主外交というものの達成を心から希望するものであります。自由党の橋本委員などは、この平和外交や自主外交、これはナンセンスであるというように言って非常にけなしたのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1955/12/13、27期)

たった一問簡単に財政課長にお尋ねいたします。私の選挙区に大牟田市という町がありますが、これは今日呉市と並んで非常に失業状態の深刻な町であります。労働都市大牟田でなく、失業都市大牟田という言葉があるくら…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1955/12/10、27期)

外務大臣にお尋ねいたしますが、この数年来中国を訪問してその偉大なる建設の状況を視察した日本人の数は・今日までにすでに一千名をこえ、そのうちで国会議員だけでも百四十人に及んでおるのであります。他方、中国…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1956/02/03、27期)

外務大臣にちょっとお尋ねいたしますが、昨年末だと思いますが、アリソン大使から申し入れがあって、日本の国民が盛んに中国やソ連に行って文化交流とか経済交流をやっておる、そしてそれがいろいろな民間協定なり、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1956/02/23、27期)

まず防衛庁長官に一つお尋ねします。何でも栃木県出身者で兵馬の権を握ったのは足利尊氏とあなたと二人だということを聞いております。自衛隊がおもちゃの兵隊ならばあなたが兵馬の権をとられても私ども大して問題に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1956/03/29、27期)

総理にお伺いいたします。日ソの国交の回復はもちろん実現しなければならない事柄でありますが、日本人の国民感情としては、日本と中国との国交回復をさらに強く要望しておるのであります。経団連の新会長となられま…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1956/03/30、27期)

それでは私からオランダの関係について簡単に質問いたします。最近イギリスで「アリスのような街」と題した映画が非常に好評を博しております。この映画のストーリーというのは、今度の戦争に際して日本軍がマレー…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1956/03/31、27期)

外務大臣に若干の御質問をいたしたいと思います。実は昨日鳩山総理にお尋ねいたしました際に御答弁がありました。それはこういうことでございます。私の賛同は、速記録でありますが、鳩山総理でなくともよろしいから…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1956/04/04、27期)

時間が時間ですから、関連してちょっと一点だけ。ソ連の経済援助は非常に評判がよい。そしてアメリカの援助については非常に警戒的な気味があるということ。これは経済企画庁のデータにもありますが、よくひもつき援…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1956/04/07、27期)

きょうの日本経済を見ますと、最近アメリカの方から話がありました余剰農産物買付の交渉を政府が断わることに内定しているということですが、これは御存じのごとくアメリカから余剰農産物を日本に入れて、その代金の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1956/04/17、27期)

私は穂積委員の議事進行に関する御意見に賛成であります。と申しますのは、実はわが党の党内事情としまして、金融公社の案件についてまだ賛否の態度がきまっていないのであります。そしてきょう外務委員だけでなく、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第40号(1956/05/08、27期)

大臣にごく簡単に御質問を申し上げます。アメリカで余ってもてあましておるような農産物を、いかにも恩恵がましい態度で売りつけられる、こういうことは私はどうもおもしろくないと思いますが、それはそれとしまし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1956/05/09、27期)

関連して。海外渡航の自由は、御承知の通り憲法によって保障された基本的人権の一つでありますが、これを旅券法によって制限している。このことも非常に重大なことです。それをその旅券法の条文の解釈に相当するそう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第44号(1956/05/16、27期)

二、三大臣にお尋ねしたいと思います。大臣の憂国の至情というようなものは、私どもも共感するところでありまして、私どももそういう気持です。ただ不幸にして意見が非常に違う。そこで私は、今度の漁業問題と関連…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第46号(1956/05/19、27期)

防衛生産ということか平気で言われておるのですが、実は私基本的な疑問を持つのであります。と申しますのは、憲法第九条では、戦争を放棄し、軍備を禁止した規定が明記されておりますが、軍備と申しましても、これは…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第48号(1956/05/23、27期)

高碕長官に一言お尋ねしたいと思いますが、松本委員から最近のフィリピンの政治的な動向についてお話がありました。フィリピンがアメリカの植民地主義に対して、非常に批判的な傾向を強めておる。私どももそう聞いて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1956/05/24、27期)

アジア局長に一問だけお尋ねしたいと思います。北鮮に帰りたいという朝鮮人の帰国問題というのは、長い間の懸案であります。これを根本的に解決することは容易ではないと思いますが、とりあえず日赤の前に四、五十人…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第50号(1956/05/25、27期)

鳩山総理にお尋ねいたしたいと思いますが、まず総理がソ連との国交を回復しよう、こういうふうなお考えをお持ちになって、そのために努力されたことにつきましては、わが党かねて敬意を表しておることは御承知の通り…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1956/05/28、27期)

重光外相に若干お尋ねいたします。このフィリピンとの賠償協定につきましては、他の委員から内容的に詳細にしてしかも非常に堀り下げた質問がすでに行われました。私はむしろこの協定が他の国との賠慣に及ぼす影響と…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第54号(1956/05/31、27期)

私は日本社会党を代表して、本決議案に賛成の意を表するのであります。沖縄が日本の固有の領土であることは歴史的に明瞭であります。さらにまたここに住む八十万の住民がわが同胞であることも明瞭な事実であります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第57号(1956/06/03、27期)

私も穂積委員にならって、有能な外務省の高官連中に一つお願いかたがたお尋ねしたいのであります。中国の方で、戦犯を帰すというような周恩来総理の談話が発表されたのでありますが、これは必ず実現するものと考えて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1956/07/12、27期)

時間もあまりありませんので、きわめて簡単にお聞きをしてみたいと思います。沖繩が平和条約の第一条で規定されておりますように、アメリカを唯一の施政権者とする信託統治制度のもとに置く、こういうアメリカ側の提…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1956/07/23、27期)

私もあしたやります。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第61号(1956/07/28、27期)

高碕外相代理にお伺いしたいと思います。外相代理というよりも私どもは新外相を迎えた気持でおるのであります。そのまま一つやっていただきたいのでありますが、そういうわけでございますから、新大臣就任の抱負を一…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第63号(1956/08/30、27期)

重光外相がモスクワに参りまして、急に態度を変えた。重光豹変ということがいわれております。しかしながら私は決してそうではないと思います。重光外相は外務委員会その他管公開の席上でもたびたび言われたのであ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1957/02/20、27期)

岸外務大臣に対して質問いたしたいと思いますが、先般の委員会で、国会でも済んだら東南アジア方面を訪問したい、こういうふうな御意向の表明がありました。その訪問の御予定なり、あるいは特に目的についてお尋ねし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1957/02/27、27期)

先日の委員会でインドネシアの賠償問題に関して外務大臣に御質問いたしましたが、それは要点だけに限られておりました。きょうはもっと詳細に具体的に問題点を取り上げて、主務局長であるアジア局長に一つお尋ねいた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1957/03/16、27期)

私に与えられた時間は十分ほどでありますので、二、三点簡単に御質問を申し上げたいと思います。首相は国会が済んだらアメリカに行かれるということであります。アメリカに行かれることは決して私ども反対いたしま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1957/05/15、27期)

四月十九日の外務委員会において、公安調査庁長官藤井政府委員の答弁が問題になったのであります。これはすでに御承知のように、アメリカ大使官が、日本の共産党やあるいは日中友好協会その他の団体の経理の内容につ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1957/07/31、27期)

私も簡潔に質問いたしますから、答弁も一つ簡潔にお願いいたします。まず第一に、きょうは外務委員会が開かれましたが、この日米会談の内容は非常に重要でもありますし、それから九州では未曽有の大水害も起ってお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1957/09/06、27期)

関連しまして一言お伺いいたします。外務大臣は、中国から参ります通商関係の機関は民間的な性格のものとしたい、具体的にはそれはたとえば中国進出口公司というああいうふうな団体の人を認めるというようなお考えで…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1957/10/15、27期)

米英及び国連を訪問された御報告がありました。その御報告の中になかったことでありますが、これは目下北京において交渉中の日中貿易協定のこととも関連いたしますから、ややエピソードに類することですけれども、ち…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1957/03/06、27期)

申すまでもなく一国の民主政治というものは、地方自治が健全に発達するということにかかっておるのでありますが、往々にして地方自治体が少数のボスによって聾断されておる事例が伝えられておるのであります。ボスの…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第30号(1957/05/16、27期)

簡単に大臣に御質問申し上げたいと思いますが、それはもう一、二カ月前の本委員会において御質問した事柄であります。福岡県山門郡瀬高町矢部川二丁目一帯の用水路が一部町民によって不法に埋め立てられ、これが占有…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1957/04/22、27期)

今日、不平等条約改廃の要求は国民の世論であり、かつ識者の声であります。岸総理の訪米は、この国民的要求にこたえるものでなければならないと考えます。しかし私は、遺憾ながらこの意味において総理の使命が成功す…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/02/27、27期)

ただいま手元にいわゆるブルガーニン書簡に対する政府の回答の文書が配付されたのであります。これを一読いたしますと、一口に言えば味もそっけもない、何らの理想も情熱もない外交文書にすぎないという感じがいたす…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1958/03/07、27期)

議事進行について。第二十六通常国会における各種委員会における所管大臣の出席の状況を調べてもらったのでありますが、外務委員会は二十八回開かれました。農林水産は五十八回、社会労働は五十七回、大蔵は五十二回…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/03/11、27期)

前回の本委員会において、同僚戸叶里子君から、およそ問題点と考えられる諸点につきましては、漏れのない質問が行われたようでありますが、私は重複を避けまして、若干の点について藤山外務大臣に質問申し上げたいと…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1958/03/12、27期)

岸総理大臣及び藤山外務大臣から、現在不安定を伝えられておるインドネシアの政情につきまして、政府としてはあくまでもスカルノを中心とする現在のインドネシアの中央政権を支持する、賠償問題の解決もむしろこのス…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1958/03/14、27期)

外務大臣に対しましては大体質疑は済んだのでありますが、二、三残っておる点をお尋ねいたしたい。賠償協定の実施に関する細目に関する交換公文、このうちに、「日本国政府は、使節団に対し、賠償契約を締結する適性…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1958/04/09、27期)

先月の十二日に、中国人の劉連仁という人の問題につきまして岸総理に質問をいたしましたが、すでに御承知のように劉君は、終戦直前にその使役されておりました明治鉱業所の昭和炭鉱を脱出して、北海道の山の中に今日…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22