田中稔男衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  1回発言   2762文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  0回発言      0文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  1回発言   3514文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  2回発言   6276文字発言

本会議発言一覧

第30回国会 衆議院 本会議 第16号(1958/11/01、28期)

私は、日本社会党を代表して、ここに提案されておりまする日米、日英両原子力協定に関し反対の討論を行いたいと考えるものであります。日本社会党は、原子力の平和的利用そのものにつきましては、もとより積極的に賛成するものであります。しかしながら、私があえてここに両協定に反対するのは、まず第一点として、両協定と………会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 本会議 第19号(1959/12/16、28期)

私は、ここに、日本社会党を代表して、新安保条約草案においては、在日米軍、特に国連軍の資格におけるその域外出動に関し、いかなる規制が加えられることになっているか、政府の明確なる答弁を求めんとするものであります(拍手)政府は、かねて、在日米軍の域外出動に関しては、新安保条約草案に付属する交換公文に事前協………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  6回発言  31108文字発言
 第30回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  13871文字発言
 第31回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言  13609文字発言
 第32回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第33回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  3回発言   7784文字発言
 第34回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  2回発言  40142文字発言

  28期通算  59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59) 16回発言 106514文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 14回発言  66372文字発言

 日米安全保障条約等特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  1回発言  34723文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5419文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1958/06/25、28期)

私は特に外務大臣の渡米問題について御質問を申し上げたいと思いますが、その前に今の帆足委員の質問に関連いたしましてもう一度私からもお尋ねしたい。沢田廉三全権が発言されましたのは、何でも六月十一日の朝鮮…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1958/06/27、28期)

沢田全権のステーション・ホテルにおける演説の内容について、今六四委員から追及的な質問がありました。大体これで済んでおると思いますが、若干要点についてさらに深めた御質問を申し上げてみたいと思います。あ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1958/07/03、28期)

今の松本委員からの質問に関連いたしまして、私も二、三補足的にお尋ねいたしたい。外務大臣、このごろはなかなか答弁が上手になられたというか、ずるくなられて、あいまいもことして捕捉しにくいような答弁で困るの…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1958/07/30、28期)

七月十二日の五大使会議で行われた中東情勢に関する判断は、まことに当を得たものであります。この正しい情勢判断がアラブ共和国を初め広くアラブ諸国民の共鳴を得たことを、私は政府とともに心から喜ぶものでありま…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/08/30、28期)

私は昨日発表されました佐多忠隆君の中国訪問報告書の内容に関連いたしまして、二、三お尋ねいたしたいと思います。先ほど帆足委員がお尋ねいたしましたことに対する御答弁の中で、アメリカの中国政策は、二つの中…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1958/09/01、28期)

今回藤山外務大臣が国連通常総会に出席されるために、またアメリカ政府と広範な諸問題について会談されるために、渡米されることになりましたので、社会党を代表して一言申し上げたいと思います。申すまでもなく、…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1958/10/17、28期)

まず総理にお尋ねいたしたいと思います。ブラウン記者とのインタビューの内容は、総理が全面的にこれを否定されたのであります。まあどっちが正しか、はっきりさせる証拠がないようでありますから、結局これは水かけ…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/10/22、28期)

十月十日新橋ステージにおきまして右翼主催によって援蒋反共台湾激励大会というのが催されたのでありますが、その会場において、中華人民共和国の国旗に火をつけて、極端な侮辱の意思を表示した者があるのであります…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1958/12/22、28期)

それではきょうはやめてこの次にしましょう。午後零時五十三分休憩会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1959/02/18、28期)

私もいずれあらためて総理と御一緒のときに本格的な質問をいたしたいと思いますが、二十分ほどの時間、中間的な質問をしたいと思います。外務大臣は外交演説で中国問題に触れております。その場合に、日中関係の今…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1959/02/28、28期)

わが社会党は、中国政策におきまして岸総理並びに岸内閣と根本的に所見を異にしておるのであります。これは私ども非常に不幸だと考えております。血は水よりも濃しという言葉があります。だからあなたにも私にも同じ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1959/11/12、28期)

関連してちょっと総理にお尋ねいたしますが、外務省はフランス政府に対してトラン・ヴァン・フー氏の国籍問題で照会をして、そうして回答があったわけです。それを一応信頼して御答弁になったわけです。それはそれで…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1959/11/20、28期)

松本委員の質問に関連いたしまして、簡単に議事進行に関する動議を提出いたしたいと思います。国会における内閣総理大臣の発言というものはきわめて重大であります。ところが、先ほどから私どもが盛んに南ベトナム…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1959/11/25、28期)

新聞に私が何か爆弾質問をするというような報道もありますが、爆弾質問になるかどうか別といたしまして、相当の時間を要する質問であります。ところが申し合わせによって非常に短く私の持ち時間が制限されているので…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1960/03/30、28期)

 まず大臣にお尋ねしたいと思いますが、大臣楢橋渡君は、少年のころ炭鉱に働き、その後苦学して弁護士試験に及第し、今日大臣の地位につかれて、その立身出世美談はだれも知っているところであります。若いころ炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第27号(1960/05/03、28期)

本日は憲法記念日であります。日本国憲法の前文によりますと、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自働するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われら…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22