小平久雄衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言    231文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  1回発言    483文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言    259文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27) 12回発言  17844文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  1回発言   2715文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 16回発言  21532文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/02/12、30期)

ただいま議題に供せられました昭和三十九年度衆議院予備金支出の件について御報告申し上げます。今回御承諾をお願いいたしますのは、昭和三十八年十二月二十日から昭和三十九年十二月二十日までの間に本院で支出した予備金七百万円であります。その所属年度は全額昭和三十九年度分でありまして、使途は、すべて在職中なくな………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/08/03、30期)

私への御質問は、将来の最賃制について中央最賃審議会でいつ検討を始めるのか、また、その内容はどうか、こういう御質問だったと思います。将来の最賃制につきましては、御承知のとおり、中央最賃審議会におきまして、昭和四十一年度末までは現行法の運用を積み重ね、昭和四十二年度以降の最賃制のあり方については、あらた………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第8号(1965/11/05、30期)

遭難者、なかんずく世帯主遭難者の遺家族の就職援護措置に万全を期すべきであるとの御指摘でございますが、労働省といたしましては、遭難者の大部分を占めております静岡、宮崎両県下の関係公共職業安定所四カ所に就職対策班を設け、処理体制を整えまして、職業相談、就職あっせん等に万全を期しておるのでございます。しか………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第13号(1966/02/02、30期)

最初に、韓国人の労働者の導入の問題でありますが、これにつきましては、総理から御答弁があったとおりでございまして、わが国としては、まだ西欧先進国のように本格的な労働力不足という段階にはもちろん至っておりませんから、韓国から労働者を導入しようというような考えは持っておりません。それから、第二番目に、一酸………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第21号(1966/03/03、30期)

まず第一に、再活用炭鉱に労務者を就労させることは保安上どうか、こういう御趣旨のお尋ねでございますが、この点につきましては、ただいま通産大臣から、災害等の危険のあるような、そういう問題の山の再開発はもちろんしない、こういう明確な御答弁がございましたので、あらためて申し上げる必要もないと思いますが、私ど………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第24号(1966/03/08、30期)

第一に、林業基本法で労働対策についての規定があるが、どう実施しているかという点でございますが、林業基本法の第三条及び第十九条で御指摘のような規定がございます。そこで、まず第一に、就業の促進と雇用の安定の問題でございますが、就業の促進につきましては、労働省といたしましては、農林省と協力し、かつ、所在の………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第28号(1966/03/17、30期)

第一点は、漁船員の労働条件の改善のことであったと思いますが、これにつきましては、先ほど総理からお答えのあったとおりでございます。漁船員の労働条件は、どうも確かに近代化がまだおくれておる面が相当ございます。すなわち、一定の使用者との雇用関係がなかなか長続きしない、そういう関係もありまするし、また、特に………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第31号(1966/03/24、30期)

私へのお尋ねは、労働者の組合等による自主的な労働者住宅の建設問題でございますが、労働者の住宅を建設するという問題は、申し上げるまでもなく、労働者の生活安定なりあるいは福利の向上なりのために最も望ましい政策の一つであると私どもも考えております。御指摘のありました労働者住宅に関するILOの勧告が述べてお………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第33号(1966/03/29、30期)

私に対する御質問は離農者の職業安定の問題でございますが、離農者の職業安定を極力期しますことの重要でありますことは御指摘のとおりでございます。労働省としましては、一般的に申しまして、離農者が他に職業を求められるという場合には、職業安定協力員あるいは市町村当局、農業委員会等とも十分連絡をとりまして、職業………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第38号(1966/04/08、30期)

私に対する御質問の一点は、中小企業に対する最低賃金制の適用の問題でございますが、この問題につきましては、中央最低賃金審議会の答申に基づきまして、労働省といたしましては、四十一年度末を目標に五百万人の適用をいたそう、こういうことで計画的に今日まで推進をいたしてまいっておるのでありまするが、この二月現在………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第40号(1966/04/14、30期)

第一点は、最賃制の社会党案に対する所見はどうか、こういうことでございますが、御承知のとおり、政府といたしましては、将来の最賃制のあり方につきまして、昨年八月以来、中央最低賃金審議会にその根本的な御検討をお願いいたしておるところでございます。しこうして、そのねらいといたしますところは、最賃制につきまし………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第41号(1966/04/15、30期)

私に対する御質問の趣旨は、休日がふえても喜ぶのはホワイトカラーだけで、ブルーカラーのほうは、むしろ収入減になるので喜ばないのじゃないか、どうしてその収入を確保し、生活を確保するかという御趣旨と思います。もちろん、祝日が作業上休日であり、しかも、日給である場合には、原則として給料が払われないということ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第44号(1966/04/22、30期)

私に対する御質問は、ただいまの公労協の賃上げ問題について調停段階で解決したいと言っておるが、具体的にどうするかというお尋ねでございますが、私は、労働大臣という立場からいたしまして、労使間の問題、特に賃金問題等は、原則としては労使間の団体交渉によって決せらるべきものである。しかるに、公労協に関する賃金………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第45号(1966/04/26、30期)

私への質問の第一点は、今回の法改正にあたりまして能率給の考えを取り入れたことはどうか、こういうことでございますが、御承知のとおり、賃金は、一般に労働の内容あるいはその量、さらには労働の能率あるいは生計費等々を総合的に考慮してきめらるべき性格のものでありまするし、また、わが国におきましても、一般的にこ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第1号(1965/12/20、30期)

今回のドライヤー報告は、人事院の勧告につきましては直接触れてはおらないのでございますが、政府といたしましては、基本的には、人事院勧告はもちろんこれを尊重すべきものであると、こういう立場でございます。しこうして、そういう立場でございますから、今年は例年にない非常に苦しい財政的事情ではありまするが、精一………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/07/22、30期)

第一点は、今回のような、ガソリンエンジンの持ち込みというようなことに対して、労働省はどう指導したかということでございますが、労働省としましては、この種の災害を防止いたしますために、ふだんから指導監督をいたしておりまして、今回のこの事故の直前、つまり二月には、あそこの監督の大田原監督署におきまして、こ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第46回国会107回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事107 委員  0)  1回発言    803文字発言
 第47回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  0)  1回発言    125文字発言
 第48回国会 71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 71 委員  0)  6回発言   4703文字発言
 第52回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第53回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  2回発言    687文字発言
 第54回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  30期通算 212回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事211 委員  1) 10回発言   6318文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           106回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事106 委員  0)  9回発言   5515文字発言

 商工委員会
            98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 98 委員  0)  1回発言    803文字発言

 オリンピック東京大会準備促進特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第45回国会)
 商工委員会理事(第45回国会)
 オリンピック東京大会準備促進特別委員会理事(第45回国会)
 議院運営委員会理事(第46回国会)
 商工委員会理事(第46回国会)
 オリンピック東京大会準備促進特別委員会理事(第46回国会)
 議院運営委員会理事(第47回国会)
 商工委員会理事(第47回国会)
 議院運営委員会理事(第48回国会)
 商工委員会理事(第48回国会)
 商工委員会理事(第52回国会)
 議院運営委員会理事(第53回国会)
 商工委員会理事(第53回国会)
 議院運営委員会理事(第54回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1964/02/26、30期)

ちょっと関連して。今度のこの独禁法の改正は、要するに公取の機構拡充と申しますか、機能の充実といいますか、そういうことがねらいだろうと思うのですが、ただいま事務局定員配置図というのをちょうだいしたんです…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1964/11/18、30期)

ただいまの申し合わせ並びに委員長の御発言については、自民党側も全く同感であり、大賛成であります。したがって、これらの申し合わせなり委員長の御発言なりが厳格に行なわれるように、自民党としても十分注意もい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1965/01/22、30期)

昭和四十年度における衆議院歳出予算の要求について御説明申し上げます。昭和四十年度の衆議院予定経費要求額は七十億九千四十三万四千円でありまして、これを前年度予算額六十二億七千九百四十四万九千円に比較い…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第9号(1965/02/16、30期)

さきに設置を見ました国際労働条約第八十七号等特別委員会に、国家公務員法の一部を改正する法律案及び地方公務員法の一部を改正する法律案の二法案ですが、これを議長において付託するようにひとつお取り計らいを願…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1965/03/11、30期)

ILO特例委員会の設置につきましては、すでに二月の十二日であったと思いますが、本院においてその議決を見ておるわけでありますが、自来約一カ月を経過する今日、なお、これが成立を見ないでおることにつきまして…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1965/03/30、30期)

昨日の庶務小委員会において協議決定いたしました各案件について、順次御報告いたします。まず、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律の一部を改正する法律案は、立法事務費の月額を現行の三万…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1965/04/09、30期)

ただいま委員長からお話のあったとおりの経過になっておりまして、自民党としても、この緊急質問を許す、こういうことはすでにきまっておるのですが、これをいつという点については、われわれもなるべく早く、こう思…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第35号(1965/04/16、30期)

御承知のように、咋夜来、議会の状況がやや停とんした状況にあるわけですが、われわれ自民党としては、本日の公報にも本日の会議の日程等もすでに掲載され、議員に配付されておることでございますので、この日程に従…会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1966/12/14、30期)

昨日の福田幹事長の談話の発表について滝井さんから御指摘があったわけでございますが、議運理事会の秘密会議ということは、われわれ理事会に臨んでから皆さんとの御協議によって秘密会として運営をいたしたわけです…会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1966/12/18、30期)

明日以降におきましても議案が提出されるやに承っておりますが、もし提出がありましたならば、同様に議長においてそれぞれ所管の常任委員会に付託されるよう取り扱われたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22