小川平二衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  1回発言   4456文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  1回発言   4456文字発言

本会議発言一覧

第47回国会 衆議院 本会議 第10号(1964/12/17、30期)

ただいま議題となりました自由民主党、日本社会党及び民主社会党三党共同提出にかかる中小企業危機打開に関する決議案について、三党を代表してその提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 60回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 58 委員  0)  2回発言   6202文字発言
 第47回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 42回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 40 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第49回国会  4回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第50回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言

  30期通算 172回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事154 委員 14)  2回発言   6202文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
           146回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事142 委員  0)  2回発言   6202文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  1)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第45回国会)
 商工委員会理事(第46回国会)
 商工委員会理事(第47回国会)
 商工委員会理事(第48回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第48回国会)
 商工委員会理事(第49回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第49回国会)
 商工委員会理事(第51回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第51回国会)
 商工委員会理事(第52回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1964/03/04、30期)

私は、自由民主党、日本社会党及び民主社会党を代表して、ただいま可決されました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議案について、その提案の趣旨を御説明いたしま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第40号(1964/05/07、30期)

この法律案はたいへん評判のよい法律案だそうでありまして、ただいま聞きますと、朝日新聞等にも、議員立法はとかくそまつなものが多いけれども、これは検討に値する法案である――もっとも内容について論評は加えて…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22