佐藤栄作衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  3回発言  18363文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01) 25回発言  63208文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  3回発言  25881文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  5回発言  32104文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27) 32回発言 103832文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  5回発言  20896文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  2回発言   8641文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 75回発言 272925文字発言

本会議発言一覧

第47回国会 衆議院 本会議 第3号(1964/11/21、30期)

このたび、私は、内閣総理大臣として、国政をになうことになりました。国民各位の信頼と期待にこたえるべく、決意を新たにし、精根を傾けて、その職責を果たしてまいりたいと存じます。(拍手)この秋には、東京でIMF総会、オリンピックなど、世界的行事が開催され、大きな成功をおさめました。これは、国民の英知と努力………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/11/24、30期)

お答えいたします。ただいまるる一時間に近くお尋ねがございましたので、あるいは答弁がその要点に触れないかもわからない、そういう点はあらかじめ断わっておきます。私はできるだけ親切にお答えするつもりでございますが、ただいま申し上げるような次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/11/25、30期)

消費者米価について、これだけの重大なものの決定のしかたがルーズではなかったかということですが、池田内閣時代からこの問題と真剣に取り組んでおりました。そうして、消費者米価を決定するということはまことに重大な意義のあるものである、そこで、すでに御指摘になりましたように、米価審議会にもこれをかけて、この取………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/01/25、30期)

施政方針を申し述べるに先立ち、一言、チャーチル英国元首相の御逝去に対し、哀悼の意を表したいと思います。(拍手)チャーチル氏は、二十世紀の傑出した政治家として、英国民のみならず、世界の尊敬と親愛を一身に集めておられました。私は、チャーチル氏がその歴史的生涯を終えられましたことに対し、ここに国民の皆さま………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/01/27、30期)

和田君の質問にお答えをいたします。先ほど来いろいろ御高見を交えてのお話を伺いましたが、まず第一に、自主外交について、たいへんそのことばには賛成だと言われるが、社会党の方々の自主外交と、私の考えているものとは相当の開きがあるということを看取いたしました。(拍手)どうもお話の筋をそれぞれたどってみまする………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

お答えいたします。沖繩問題につきまして、たいへん田原さんの信用をおいていらっしゃる新聞記者から、絶対にアメリカは返さない、こういう話を聞いたんだが、君はだれを信用しているのか、こういうようなお話でありますが、私は、ジョンソン大統領と直接お話をいたしました。そういたしましたら、アメリカ側のジョンソン大………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/02/12、30期)

政府は、御承知のように、経済発展の過程において取り残された、かように考えられるあるいは農業、中小企業、これらと真剣に取り組んで、まず格差の是正をするという経済問題と真剣に取り組んでおりますが、この格差の是正は、農家の農業の生産性を向上さすことと同時に、また農家の方々の生活の向上、そういう二面を持って………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第8号(1965/02/16、30期)

お答えいたします。ベトナム問題につきましては、私がしばしば申し上げておりますごとく、不拡大の方針をとっておることは御承知のとおりでございます。また、この問題につきまして、米国の行動は、しばしば言われておりますごとく、ゲリラ攻撃に対応してとられたやむを得ざる措置で、米国も軍事行動の激化を望んでおらない………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/02/19、30期)

お答えいたします。新産業都市建設、及び工業整備特別地域整備、この法律でただいま基本計画を立てまして、そしてその具体化をはかりつつありますが、その全貌につきましては、細谷君がただいまお話しのごとく、六兆三千億というたいへん巨額の金でございます。いかにも大きい金でございますが、御承知のように、これは国、………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/02/23、30期)

お答えいたします。住宅対策につきまして、ことにこの住宅対策は、地方開発、かような意味も持ちますので、たいへん地方の負担が重くなる、かようなお話でございますが、私ども、社会開発の立場から、ただいまの住宅対策を強力に推進してまいりたいと思っております。ことに低所得層に対しましては、地方公共団体と協力いた………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/02/26、30期)

お答えいたします。国と地方との関係は、もともと対立するものではございませんで、これは一体となって国政をになうもの、また行政水準を高めていく、こういうことに相協力すべきものでございます。したがいまして、行政事務の配分あるいはその財源の配分ということは、これはもう適正でなければならないということはお説の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第12号(1965/03/02、30期)

お答えいたします前に、今回の夕張炭鉱の災害で不幸にして殉職されました六十一名の方に対しまして、心から哀悼の意を表し、遺家族に対しましても、つつしんで哀悼の意を表したいと思います。また、十七名の方々がこの災害によって傷害をこうむられたことに対しまして、心からつつしんでお見舞いを申し上げる次第でございま………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第16号(1965/03/11、30期)

いわゆる古関判決についてでございますが、この原子爆弾投下の法律問題につきましては、いろいろの学者から各様の意見が述べられておることは、私も承知しております。しかし、問題は、これは判決でございますので、この機会に判決を批判することは適当でない、かように考えますので、私の考え方は差し控えさせていただきま………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第17号(1965/03/12、30期)

中小企業の白書は、先ほど通産大臣から説明いたしましたごとく、現状を十分究明しておると思います。たいへん困難な状況に置かれておるその実態をそのまま白書として皆さんに報告いたしております。本来、政府は、中小企業の健全な発達なくしては国民経済の均衡ある発展を期し得ない、かような立場に立ちまして、これが基本………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第18号(1965/03/16、30期)

お答えいたします。わが国農業に関しましては、すでに五年前に農業基本法がつくられ、農政のあり方をこれで明示いたしております。しかしながら、農業基本法による近代化あるいは高度化等がはかられましても、農業構造が拡大方向に向かわない限り、十分この目的を達することができない。ただいまは御承知のように、後継者の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第20号(1965/03/19、30期)

お答えいたします。わが国は日米安全保障条約によりまして国の安全を守る、こういうことを国防の基本にいたしております。この安全保障条約によりまして、ただいま原子力潜水艦の寄港も許しておるのでございますが、これはどこまでも防衛的のものでありまして、ただいま言われるようなベトナム問題とは、もちろん関係ござい………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第21号(1965/03/23、30期)

お答えいたします。この農地改革をいかに考えるかというまず第一のお尋ねでありますが、これは申すまでもなく、また、ただいまも山内君が御指摘になりましたように、古い地主制度を基調とした農地制度を改革いたしまして、農村の民主化をはかり、同時に農業の生産性を上げた、これがわが国経済の各方面に好影響を与え、今日………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第23号(1965/03/26、30期)

お答えいたします。最近の経済成長、その結果至るところに公害というような現象があらわれた、したがって、かような状態を引き起こした政府の責任をいかに考えるか、また、これに対していかにこたえるつもりかというお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第26号(1965/04/01、30期)

親企業と下請中小企業との関係について、中村さんは特別な見方をしていらっしゃるようでございますが、最近の経済情勢から申しますと、必ずしもただいまのようなお説のとおりではないと思うのです。ことに、下請産業と一口に申しますが、いわゆる部品加工工業、こういうようなものになりますと、これはりっぱな経済的分業体………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第28号(1965/04/06、30期)

沖繩及び小笠原諸島の施政権の早期返還に対する国民の強い願望は、政府としてもあらゆる機会に米側に申し入れてきており、先般の訪米に際しても、ジョンソン大統領に対し特に申し入れたところであります。これに対し米側も十分の理解を示したことは、共同声明によって御承知のとおりであります。政府は、今後も、本決議の趣………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第30号(1965/04/09、30期)

答弁に先立ちまして、一言発言を許していただきたいと思います。先般の夕張炭鉱事故に引き続きまして、本日また伊王島に災害が起こりました。まことに残念であります。さっそく現地に係官を派遣いたしまして対策を講ずることにいたしております。不幸にして災害をこうむられ、その犠牲者となられた方に対しまして衷心より哀………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第31号(1965/04/13、30期)

今回、伊王島にまた爆発事故を起こし、多数の犠牲者を出しましたことについて、心から遺憾の意を表し、また、なくなれた方々に対して、衷心より哀悼の意を表するものであります。ただいま御意見にありましたごとく、この際政府は、石炭産業の重要性、さらにまた、保安確保の必要性、これらを十分再認識し、そうして誇りと自………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第32号(1965/04/15、30期)

ベトナムの問題につきまして、緊急質問をただいま松本君がなされました。もちろん、この問題につきましては、私の所見はしばしば他の委員会等におきまして披露いたしておりますから、私の考え方、いわゆる不拡大ということについて、また、非常に関心を持っておるということは、よく御承知のことだと思います。また、私自身………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第38号(1965/04/22、30期)

安井君にお答えいたします。東京都議会におきまして、今回起きた事件は、あなたと同様に私もきわめて遺憾に思います。今日までわが国の民主政治は、それぞれ順調な伸展を遂げてまいったと思いますが、かような事柄によりまして、民主政治に対する信頼が得られない、こういうようなことが起きましては、これはたいへんな問題………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第39号(1965/04/27、30期)

四十年度の経済成長率は、実質七・五%、名目一一%、これはしばしば申し上げたところでございます。この安定成長を期するために、私どもは、財政金融政策を中心として、経済政策の機動的、弾力的な運用をいたしてまいりたいと思います。これによりまして初めて安定成長が遂げられる、かように考えます。そうして国際収支の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第41号(1965/05/07、30期)

お答えいたします。観光基本法の前文をよく読んでいらっしゃるようでありますから、私もその前文のとおりだ、御指摘になったとおり、いわゆる国際平和、そのシンボルが国際観光である、かように考えております。豆とに、御承知のように、機会あるごとに私は申しておりますが、われわれは自由を守り、平和に徹する、連れこそ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第43号(1965/05/13、30期)

お答えいたします。さすがに、松井さんは佐渡の御出身で、漁業についてはたいへん専門のようでいらっしゃいます。御承知のように、漁業の形態につきましても、沿岸漁業あるいは中小漁業あるいは遠洋漁業等の表現であらわしておりますように、その形態によりまして必ずしも大資本を要するものばかりではないのであります。し………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第45号(1965/05/17、30期)

お答えいたします。わが国の態度は、しばしば申し上げましたとおり、自由を守り、平和に徹する、これはよく、もう耳にタコのできるほど覚えていらっしゃることだと思いますが、私どもはその考え方で進んでおります。したがいまして、今回のベトナム問題につきまして毛、どこまで毛平和を維持する、そういう立場でわれわれも………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第2号(1965/07/30、30期)

このたびの参議院議員通常選挙によりまして、新たに選ばれた議員諸君を迎え、臨時国会が召集された機会に、所信の一端を表明いたします。今回の選挙において、政府並びに自由民主党の政策は、国民大多数の深い理解と根強い支持を得ることができました。(拍手)このことは、平和に徹し、自由を守り、人間尊重を政策の基本と………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第3号(1965/08/02、30期)

お答えいたします。前回の参議院選挙につきまして、国民大多数の支持を得たと言うけれども、そうじゃないじゃないか、われわれのほうがよほど伸展した、かようなお話でございますが、私は、自由民主党が前回の選挙におきまして獲得いたしました議席より以上のものを、今回獲得いたしたのであります。(「東京都はどうした」………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/08/03、30期)

お答えいたしすす。経済の状態は、私が所信表明で申しましたように、輸出は伸びているが、なかなか国内において立ち直っていない、かような実情にございます。この点から、私のことしの年頭における記者会員の談話等を引用されて、政府自身ははたして正確にこれを握っているのかどうか、かようなお尋ねがあるのであります。………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第3号(1965/10/13、30期)

第五十回国会に臨み、日韓国交正常化のための諸条約の締結及び関係案件等の審議を求めるにあたり、当面する外交と経済の諸岡題について、政府の所信を明らかにいたしたいと存じます。(拍手)わが国は、戦後、真の平和の実現を国是として今日の繁栄を築いてまいりました。さきの大戦において戦争の惨禍を身をもって経験した………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/10/15、30期)

お答えいたします。今次臨時国会は内政問題こそ審議すべきに、日韓条約をまず中心にしていることは不都合ではないか、かようなお話でございます。ただいまお述べになりましたような国内事情を私も率直に認めております。ただいま、国内において、ことしの歳入状況はずいぶん予想を裏切って落ち込んでおりますし、また、他の………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/10/16、30期)

お答えいたします。もちろん、私は池田内閣総理大臣のあとを引き受けて政局を担当しておるものでございます。その意味におきましてまたわが自由民主党の内閣の続きだ、こういうような意味におきましても、前内閣の政策の浸透あるいはその効果、これを十分評価してみたいと思います。御承知のように、池田内閣当時におきまし………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/10/21、30期)

お答えいたします。領土管轄権についてのお尋ねでありますが、これはすでにたびたびお答えもいたしました。御承知のように、私どもは、国連の決議、これを尊重いたしております。ただいま、国連自身が国連憲章違反だと、かように仰せられましたが、御承知のように、この国連の決議はその後毎年確認されておりますので、これ………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第8号(1965/11/05、30期)

お答えいたします。それぞれお尋ねがございましたので、関係大臣から詳細にお答えすると思いますが、私に対しましては、漁業のその地位、また世界各地で活動しておるこの現況から見まして、救難、救護、安全操業等について絶えず注意し、そうして総合的な対策を樹立することが最も必要だ、かようにお尋ねであったと思います………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第10号(1966/01/28、30期)

第五十一回通常国会の再開に際し、昭和四十一年度予算その他の重要案件の審議を求めるにあたり、当面する内外の諸問題について、政府の所信を明らかにいたしたいと存じます。私は、本年こそ不況を克服し、経済を立て直すべき年であるとかたく決意し、こん身の勇気をもってこの問題に対処してまいる覚悟であります。(拍手)………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第11号(1966/01/31、30期)

お答えいたします。私の政治姿勢につきましてまずお尋ねがございましたが、施政演説で詳しく私は説明をいたしておりますので、ただいまは国民の皆さまは御了承を得ておると思います。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第13号(1966/02/02、30期)

お答えいたします。ベトナム問題が、アジアの平和、また、わが国にとりましても、たいへん重大な意義を持っておりますことは、御指摘のとおりであります。このベトナムの問題が、昨年クリスマス以来北爆が停止されておりましたが、このたび再開されたことにつきまして、私もたいへん遺憾に思う次第であります。もちろん、私………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第14号(1966/02/08、30期)

お答えに入ります前に、まず、今回の航空機事故でとうとい生命を失われた百三十三名の方々の御冥福をお祈りし、同時に、御遺族の方々に対しつつしんで哀悼の意を表したいと思います。さて、ただいま、この事故から発生いたしまして、わが国の航空機のあり方について種々お尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第18号(1966/02/22、30期)

お答えいたします。私が申し上げるまでもなく、わが教育界において私学が果たしておる役割りは、たいへん大きいのでございます。教育の発展、充実のためには、私学の存在を忘れるわけにはまいりません。かような意味におきまして、私学についての特にその振興策は、政府ももちろん十分考えておる次第でございます。御承知の………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第19号(1966/02/25、30期)

お答えいたします。今回の減税は、申すまでもなく、税制調査会の答申に基づいて決定をいたしたのであります。この所得減税、企業減税、相続税の減税、その他物品税の減税等におきましても、おおむねこの答申によったものであります。この答申は、一昨年すでに政府に対しまして、長期減税計画を出しております。この長期減税………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第20号(1966/03/01、30期)

湯山君にお答えいたします。農業の現状につきましては、ただいま分析されたような状態が起きております。いわゆる兼業農家がふえておるとか、あるいは労働力がだんだん減っているとか、困難な実情にあること、これは私もそのとおりと認めます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第21号(1966/03/03、30期)

ただいまのお話にもありましたように、租税は国民負担、そういう意味でどこまでも公平でなければなりません。また同時に、租税負担が軽減するように、政治はそういう方向で指標を立てておるわけであります。今回の減税措置も、さような意味におきまして国民負担を軽減したいというので、三千六百億にのぼる大幅の減税を計画………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第24号(1966/03/08、30期)

お答えいたします。ここ一カ月ばかりの間に不幸な航空機事故を三回も発生し、まことに残念でございます。遭難された方、同時にまた遺家族の方に対しまして、つつしんで弔意を表する次第であります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第25号(1966/03/10、30期)

お答えいたします。私からお答えするのは二点であります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第26号(1966/03/11、30期)

お答えいたします。ただいまも御指摘になりましたように、国、同時に地方、これは車の両輪だ、かようにたとえられております。ただいま細谷君は、その両輪が動かないような状況になっておる、かような御批判でございます。しかし、私どもは民主政治のあり方から申しまして、地方自治こそ健全に十分の発達を遂げることが望ま………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第28号(1966/03/17、30期)

お答えいたします。かつての水産王国日本、世界第一だといわれたものが、いまのお話のようにその首位を譲ることになりました。まことに残念でございます。しかしてこの魚肉は、われわれの生活にとりましてまことに重要な資源であります。日本国民から見ますと、魚はどうしても忘れられない。そういう意味で、特に漁業の振興………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第29号(1966/03/18、30期)

お答えいたします。まず第一に、経済は発展したが、国民生活は軽視されているのじゃないか、こういう意味のお尋ねでございます。私はかねてから申し上げておりますように、経済発展と、均衡のとれた社会開発を強力に推進する、これが私の決意であります。したがいまして、これが努力に最善を尽くしてまいるつもりであります………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第30号(1966/03/22、30期)

森君にお答えいたします。ただいまの入会権、御指摘のとおり、むずかしい法律問題でもありますが、同時にこれが経済問題である。地域的な住民にとりましても、たいへんな関心の深い問題でございます。しかし、やはりこの入会権を近代化していく、入会林野を近代化していくということも、農業基本法や、林業基本法の示してお………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第31号(1966/03/24、30期)

お答えいたします。社会保障制度を充実してそして国民の福祉を増進するということ、これは政治の大きい目標でありますし、近代国家としてはすべてそれをねらっておるわけであります。いわゆる福祉国家の建設ということに非常な努力を払っておるわけであります。その社会保障のうちでも、ただいま問題になります所得保障、そ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第33号(1966/03/29、30期)

お答えいたします。農業問題は、申すまでもなく、国民食糧の確保、同時にまた農家経済の充実、そういう意味におきまして最も重要な問題でございます。わが国におきましても、この観点から農業基本法を制定し、また、その定むるところの諸政策を政府は遂行しておるのでございます。そこから、ただいま自立経営農家を育成強化………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第35号(1966/03/31、30期)

佐々木君に、ただいまの緊急質問に対しお答えいたします。お説のように、アジアに位する日本、その日本の安全と平和は、アジアが安全であり、平和でなければならないことは、御指摘のとおりであります。その立場に立ちまして、わが国の安全を確保する、こういうことで、私はしばしばわが国の基本的な態度を説明してまいりま………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第36号(1966/04/01、30期)

お答えいたします。今回の放送法並びに電波法の一部改正案、これはわが国の放送が十数年の経験を積み、その間、この経験も生かさなければならないが、同時に、国民の放送に対する要望、これを背景にいたしまして、今回、今後の放送のあり方、同時にまた、電波政策の基本を定めようとするものであります。その意味におきまし………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第37号(1966/04/05、30期)

お答えいたします。ただいま御指摘になりましたように、三十九年の交通事故の死傷者は四十万人をこしております。たいへんな災害でございます。私は、かねてから、人間尊重また人命尊重という、その政治を心から願っておるのであります。この交通事故の惨害を考えますると、これは、家庭の主柱である者を失うとか、あるいは………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第38号(1966/04/08、30期)

お答えいたします。政治の目標は、私がここであらためて申し上げるまでもなく、平和で、同時にまた、国民生活が安定して向上するように、これが私どもの政治のねらいであります。この観点に立ちまして、経済活動も、経済開発がこれに非常に役立つものだ、かように考えております。しかしながら、昨年は、しばしばいわれるよ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第41号(1966/04/15、30期)

西村君にお答えいたします。国連中心主義、あるいは自由主義諸国との親交を重ね、同町にアジアにある国としての外交と、こういう三つの柱をいままで言っていたがということですが、私もこの三つの柱で外交を進めていくつもりであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第42号(1966/04/19、30期)

沢田君にお答えいたします。特許事務の大事なことは御指摘のとおりであります。したがいまして、特許庁長官の人事、これは通産省におきましても政府におきましても、十分意を用いておるところでありまして、人材を登用する、こういうことでございます。今後ともその方針でまいるつもりであります。それに際しましては、技術………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第44号(1966/04/22、30期)

楢崎君にお答えいたします。昨日は私、所用のために、お尋ねを直接聞いてお答えすることができなくて、たいへん申しわけございません。きょうあらためてお答えをする次第であります。お尋ねになりました点を、速記その他について検討いたし、また、事前に質疑項目等について御提出になりましたそれらの点でお答えをいたしま………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第45号(1966/04/26、30期)

お答えいたします。たいへん多岐にわたってのお尋ねでありますが、私に対する質問は、冒頭におきまして、都市の交通並びに水道の問題、水の確保のために長期的な計画を持つべきじゃないか、同時にまた、それが大衆の利便、これを十分果たす、こういうものであるべきだ、かような御意見であり、同時にそのお尋ねであったかと………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第46号(1966/04/28、30期)

お答えいたします。冒頭におきまして、ベトナム問題について平和的解決に関する決議案を社会党は提案したが、自民党は何らの誠意を示さず、これについて党利党略的な行動をするのみだ、こういう御批判でございましたが、ただいまの質問でよくわかるように、その決議案は、平和的解決という決議案でございますから、たいへん………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第48号(1966/05/10、30期)

御指摘のように、土地、同時にまた、その地価ということは、いわゆる物価を形成する上におきましても一番大きな影響を与えるものだと思っております。したがいまして、国民生活を安定向上さすためにも、また経済を発展さすためにも、この土地問題を解決しなければならないことは、ただいまの御指摘のとおりであります。した………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第49号(1966/05/12、30期)

お答えいたします。最近起こりました贈収賄事件やそれに関連するような不祥事件が各地で次々起こりましたこと、まことに私、残念に思っておる次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第57号(1966/05/31、30期)

お答えいたします。医療保険の現状から見まして、これに将来の安定、発展のためにこの際抜本的な、総合的な検討を必要とする、これは淡谷君もおっしゃるとおりでありまして、私どももそのとおりに考えておりますから、今回審議会をつくろうといたしたのであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第66号(1966/06/21、30期)

お答えいたします。数点についてお尋ねがございましたが、まず第一は、都道府県、市町村、この二段構成を認めるかどうかというお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第1号(1965/12/20、30期)

お答えいたします。まず第一に、私の政治姿勢についての御批判でございましたが、これは御批判は御自由であります。また御意見も、述べられることも御自由であります。私も御意見を伺った次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第2号(1965/12/21、30期)

お答えいたします。私からお答えするのは二点ばかりに限りたいと思っておりますが、御承知のように、この一年間、経済のいわゆるひずみ是正といわれたもの、これを克服することが私の内閣の仕事だ、かように考えまして、真剣に取り組んでまいったのであります。基本的には、この経済の不況克服、それにはどうしたらいいのか………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/12/28、30期)

お答えいたします。ただいまお尋ねになりました野間君も国鉄出身なら、答える私も国鉄の出身であります。したがいまして、国鉄の事情はよく御承知だと思います。また、国鉄の果たす経済的使命、これもよく御承知のことだと思います。私も、これらの国鉄の果たす使命につきましては、ただいまお尋ねになりました野間君と同じ………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第2号(1966/07/12、30期)

臨時国会が開かれるにあたりまして、最近におけるわが国内外の若干の問題について、所信を明らかにいたしたいと存じます。最近におけるわが国経済は、不況を脱却し、上昇の機運に向かっております。引き続く輸出の好調に加え、在庫投資、消費需要は持ち直しつつあり、出産、出荷等の産業活動も着実に回復してまいりました。………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第3号(1966/07/13、30期)

お答えいたします。まず冒頭に、有力紙の世論調査、その結果につきまして、たいへん御同情のある御忠言をいただきました。心からお礼を申し上げます。私も、もちろんこの世論調査、これは十分気をつけなければならないと思いますし、ことに貴重な反省の資料だ、かように思っておりますので、この点は、山本君の御忠告同様、………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第4号(1966/07/14、30期)

お答えをいたします。最初に、物価問題全般についての政府の態度並びに今日物価が動いておる、それについての御批判があり、政府の考え方をただされました。会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/07/22、30期)

お答えいたします。このたび新潟地方を襲いました集中豪雨、まことに大きな損害を各地に発生させておりまして、罹災者の方々に対しまして心から御同情申し上げ、同町に、つつしんでお見舞い申し上げる次第でございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第6号(1966/07/26、30期)

川崎君にお答えいたします。御承知のように、裁判権移送問題、これはなぜ起こったか、印すまでもなく、沖縄についての施政権、これが日本にはなくてアメリカにある結果でございます。私ども、この状態をまことに残念に思っておるから、一日も早く沖縄が祖国に復帰するように、沖縄同胞百万の宿願をかなえさせようとあらゆる………会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第3号(1966/12/15、30期)

第五十三回国会の開会にあたり、当面する内外の諸情勢についての見解と、これに対処する所信を明らかにしたいと思います。私は、政権担当以来、政治の要諦は国民の信頼を得ることにあると信じ、清く正しい政治を行なうことを施政の基本としてまいりました。しかるに、近時公党の道義と綱紀の問題について国民の疑惑と不信を………会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第4号(1966/12/16、30期)

ただいまのお尋ねに答えます前に、一言、昨日愛知県下で発生いたしました交通事故につきまして、私の感じを申したいと思います。昨日は、愛知県下におきまして、多数のいたいけな保育園児が一瞬にして交通事故で生命を奪われました。まことに痛ましく、涙なくしては聞くこともできない事柄であります。御両親をはじめ御家族………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22