佐藤栄作衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21) 27回発言 101521文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  4回発言  13943文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  4回発言  31654文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03) 24回発言  99820文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  2回発言  20785文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  2回発言  13399文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05) 32回発言 136559文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  2回発言  19712文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26) 97回発言 437393文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第3号(1967/03/14、31期)

さきの総選挙において、わが自由民主党は国民多数の支持を得、私は、国会の指名により、再び内閣首班の重責をになうことになりました。私は、国民各位の信頼にこたえ、いよいよ心を新たにして議会民主政治の確立につとめる決意であります。(拍手)総選挙において公約した諸政策の実現はもとより、国民の付託に対する責任を………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第4号(1967/03/16、31期)

お答えいたします。まず第一は、国会の正常化についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第5号(1967/03/17、31期)

お答えいたします。景気の見通しと公債政策との関係について、ただいま川村君はいろいろ私見をまじえてのお尋ねでございます。この公債発行に踏み切りました昨年の経済状態に思いをいたしていただきたい。昨年は不況を克服するということが私どもに課せられた緊要な課題でありました。公債を発行することによりまして、この………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第11号(1967/05/09、31期)

私からお答えするのが適当だと思う事項についてお答えいたします。その他は各大臣からお答えするつもりでございます。まず第一に、地方自治団体の財政についていろいろの広範にわたる御意見が述べられました。そうして、この地方団体の自主財源を確立しろという御要望でございます。私は、そのお説の中に引用されました行政………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第12号(1967/05/12、31期)

村山君にお答えいたします。税制のあり方、お説のとおり、これは公正で、また公平でなければならない。税そのものは中立性が保たれなければならない、同時に、民主的にこれが決定されなければならない、かように私は考えております。各国の議会史をひもときましても、この税の問題が中心であることは御存じのとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第13号(1967/05/16、31期)

お答えいたします。私からは、中小企業の位置づけとでも申しますか、あるいは今後の見通しにおいての中小企業のあり方、これをお尋ねのようでございました。その他各般にわたってのお尋ねでございますが、それらは各大臣の答弁に譲らしていただきまして、私はただいま申し上げるような点でお答えしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第14号(1967/05/18、31期)

お答えいたします。ただいまもお話がありましたように、総合エネルギー調査会が政府に答申したこと、これはもう御承知のとおりであります。私は、この総合エネルギー調査会の答申は、わが国のエネルギー政策の方向を示すものだ、かように思っておりますので、この線に沿いまして、長期的また総合的観点に立ってのエネルギー………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第15号(1967/05/23、31期)

河野君にお答えいたします。私は国民福祉の向上、これは私の政治に課せられた一つの大きな柱だ、かように思って、そうして社会保障の充実をはかっておるのであります。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第19号(1967/05/30、31期)

お答えいたします。福祉国家の建設は、私ども政治家に課せられた大きな課題だと思っております。私は、与党の協力のもとに、御承知のように社会開発を進めておりますが、この社会開発は、私が申し上げるまでもなく、社会保障制度、これを充実強化する、これがその中心をなすのであります。ことに、ただいまもお話がありまし………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第21号(1967/06/01、31期)

お答えいたします。決算の重要性、これはただいま仰せになりましたとおりでございまして、私ども政府もさように考えております。そこで、決算を重視する、そういう態度でありますのは、決算の重要性からきておるのであります。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第22号(1967/06/02、31期)

お答えいたします。現状をいかに見るか、こういうお尋ねでございますが、お話にもありましたように、最近十数年来の経済の異常なる発展、これは国民に繁栄をもたらした、確かにそのとおりであります。また、各国から、たいへんすばらしい発展だ、かようにいわれております。その結果、都市集中化が行なわれ、産業の過大集中………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第23号(1967/06/08、31期)

お答えいたします。選挙制度審議会から答申が出まして、もう相当の期間たちました今日、政治資金規正法改正案がまだ国会に提案することができませんこと、まことに私遺憾に思っております。この点ではぜひ御了承を得たいと思います。しかし、もうこの問題もたいへん長くなっておりますので、できるだけ早く、来週中にも必ず………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第24号(1967/06/09、31期)

お答えいたします。まず最初にお断わりしておきますが、大出君は、社会党の立場から自衛隊に絶対反対だ、こういうことを言われながらいろいろ質問されました。したがいまして、なかなか意見は一致しにくい。私が説得力が足りないのじゃなくて、ただいま言われるような前提に立っておられる。そういう立場〓お聞き取りをいた………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第25号(1967/06/13、31期)

お答えいたします。民主主義のもとにおきましては、お説のとおり、法律を守ることが絶対に必要であります。また、三権分立の原則、これも守らなければなりません。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第26号(1967/06/15、31期)

お答えいたします。只松君から三十八年以来のわが国の経済の動向について詳細な御報告がございました。しばしば議論されるところでありますが、いわゆる高度経済成長、これは、それなりにちゃんと目的を達したと私は確信しております。私が政局を担当するようになりまして、そのときの最も大きな課題は、いわゆる不況克服と………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第27号(1967/06/16、31期)

お答えいたします。お話のうちにもありましたように、ただいまお尋ねになりました山田君と私は、同じ町の出身でございます。私の考え方は十分山田君も御承知のことだと思いますが、そのお話のうちに、私が勤労者を軽べつしておるとか、あるいはべっ視しておるとか、あるいは勤労自身を軽べつしておると、こういうようなお話………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第28号(1967/06/22、31期)

お答えいたします。御指摘のように、私ども政治家に課せられた今日の課題は、どうして議会制民主政治を守り抜くか、また、政党政治に対する国民の信頼を高めるか、こういう点にあると思います。これはお説のとおりであります。そういう観点に立ちまして、すでに選挙制度審議会におきまして種々審議を続けられておるのであり………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第29号(1967/06/23、31期)

お答えいたします。私の次に計画しております東南アジア諸国訪問について、いろいろ問題を提供しておるかのような御意見がただいまございました。勝間田君の意見を中心にしてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第31号(1967/06/29、31期)

増岡君にお答えいたします。私は、増岡君の御意見を私の席から謹聴いたしておりましたが、久しぶりに現実に即した建設的な意見を聞きまして、たいへんうれしく思いました。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第31号(1967/06/29、31期)

お答えいたします。二十六号条約の問題でございますが、政府は、現行法でもこれは適合しておる、かように実は考えているのであります。しかし、これは二十六号の精神に反しておるという御議論もございます。したがいまして、賛否両論があるというのが、現打法のもとにおける二十六号批准問題であります。これを今度は改正い………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第32号(1967/07/04、31期)

お答えいたします。御承知のように、農政の目標、これは申すまでもなく生産性の高い農業を確立して、そして国内の食糧自給度を維持する、同時にまた、農業従事者の生活向上をはかる、これが農政に課せられた使命だ、かように私は考えております。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第33号(1967/07/06、31期)

お答えいたします。私が出かけたのは、隣の国の大統領の就任式でございます。しかも、たいへん短い期間でございます。土曜、日曜、月曜、これで国会の審議や国政の審議に支障があると私は思いません。むしろ、隣の国の大統領の就任式に出かけることは、万障繰り合わせて出かける、こういう意味で、善隣友好外交の実をあげた………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第37号(1967/07/11、31期)

武部君にお答えいたします。申すまでもなく、近代国民生活、これと郵政事業、これは切り離すことができない。この点はお説のうちにもその公共性を主張しておられる、そこでよくわかると思います。私はこの点に思いをいたし、国家の提供するサービスは普及しなければならない。これが特定の地区だけあるいは都会だけ、さよう………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第39号(1967/07/14、31期)

都市計画法案の諸点についてのお尋ねでございます。私から基本的な考え方をお答えいたしまして、その他は所管大臣に譲りたいと思います。御承知のように、国土の均衡ある発展をはかることは、政府、また政治に、私どもに課せられた重大なる使命でございます。そういう意味で、この均衡ある発展をいろいろ諸施策とともにはか………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第40号(1967/07/17、31期)

お答えいたします前に、今回の災害に際しましてなくなられた方に対し、心から哀悼の意を表し、同時にまた、被災者各位に対しましてお見舞いを申し上げます。(拍手)ただいま細田君からお尋ねがございましたが、政府の政治的な姿勢といたしましては、災害から、国土、さらにまた、国民の生命、財産を守る、これが基本的な姿………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第41号(1967/07/18、31期)

伊賀君にお答えいたします。林業の現状についての認識は、私も伊賀君が見るところと意見が一致するものが非常に多いのでございます。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第42号(1967/07/19、31期)

内藤君にお答えいたします。順序はお尋ねのとおりではございませんが、私一応整理したところでお答えいたします。まず第一は、観光行政の一元化の問題であります。御指摘のように、十七省庁、三十五部局にわたっておる、そういう観光の仕事でございます。これを各省のうちから観光行政というものが抽出できるかというと、こ………会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 本会議 第2号(1967/07/28、31期)

臨時国会が開かれるにあたり、所信の一端を明らかにいたしたいと存じます。真の平和の永続的な維持は、世界人類の理想であり、日本国民の最大の願望であります。平和こそ不変の国是であり、長い将来にわたる民族繁栄のいしずえであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 本会議 第3号(1967/07/29、31期)

お答えいたします。沖繩問題についてのお尋ねでございますが、琉球新報の調査をまつまでもなく、沖繩百万の同胞、これは祖国復帰を心から願っております。また、沖繩同胞ばかりでなく、日本国民の念願でもあります。しかし、この事柄は、同時に、ただいま沖繩が極東の安全保障において果たしておる役割り、これも私どもは無………会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 本会議 第4号(1967/07/31、31期)

お答えいたします。まず第一は、私のかねての主張と、今回の健康保険特例法案を提出したことは矛盾するのではないか、こういうお尋ねでございます。私は、私自身の今回の行動に矛盾を感じないものでございます。会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 本会議 第9号(1967/08/07、31期)

伏木君にお答えいたします。御指摘になるまでもなく、議会制民主主義、この民主政治を守り抜く、この立場で私もこれまでいろいろ苦い経験をなめてまいりました。このたびの国会運営につき、また委員会運営につき、それぞれの御批判があることだと思います。一日も早く国会の正常化をはかって、そうして国民の期待に沿うよう………会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 本会議 第2号(1967/12/05、31期)

第五十七回国会に臨み、わが国が当面する内外の諸問題につき私の所信を述べ、国民各位の理解と協力をお願いいたしたいと存じます。私は、先般東南アジア、大洋州諸国を歴訪し、さらに米国を訪問して、それぞれの国の首脳とひざを交えて率直な意見の交換をいたしました。これらの会談を通じて、わが国に対する各国の理解を深………会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 本会議 第3号(1967/12/07、31期)

ただいま勝間田君から、私に反省を求められ、同時にまた、私のやり方が非民主的だと、こう言って、その態度も非難されました。私は、私の席におきまして静かに謹聴し、御意見を謙虚に伺ったのであります。しかし、その間には幾多の誤解もあり、また、十分理解もしていただけない点があるようでありますから、この際にお答え………会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 本会議 第4号(1967/12/08、31期)

お答えをいたします。今日までの経済の歩み、ことに戦後の歩みを見ましたとき、私は、わが自由民主党のとってきたその政策そのものが誤りでなかった、かように確信をしております。(拍手)御承知のように、戦後社会党が中心で政権を担当した際もございます。しかし、その際は一体どうであったか。その後引き続いてわが自由………会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 本会議 第5号(1967/12/12、31期)

お答えいたします。私は、申すまでもなく行政府の長でございますが、その意味におきまして、公務員にもちろん適正なる給与が支給されることを望み、またそれを確保する責任がございます。国民一般に対する国民の生活を確保することも、私の責任でありますが、同時に、ただいま申すように、行政府の長としてのその責任も、た………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第2号(1968/01/27、31期)

第五十八回国会に臨み、当面する内外の諸問題について、私の所信を明らかにしたいと存じます。わが国はことしで明治改元百年を迎えました。国民各位とともに、明治の輝かしい経営のあとをしのび、国家民族の長い将来にわたる発展のため努力する決意を新たにしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第3号(1968/01/30、31期)

江田君にお答えいたします。私の演説に対する御批判と、並びに御意見を詳細に述べられました。私がお答えを必要としない面もあるようであります。それらの点を勘案いたしまして、私がお答えしなければならないと、かように感じました点をお答えいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第4号(1968/01/31、31期)

八木君にお答えいたします。たいへん広範なお尋ねでございますが、私からは二、三の点についてお答えをいたしまして、他は所管大臣の説明に譲ります。御了承いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第8号(1968/03/05、31期)

お答えいたします。世論、大衆の意見に十分耳をかすかどうか、まず第一のお尋ねでございます。ただいま民主政治の世の中でございます。この時期に政治を担当する者が国民の意見を聞く、これは当然のことであります。御承知のように、今回の予算につきましても、所得税の減税についてはたいへんな支持を得ております。また同………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第9号(1968/03/07、31期)

細谷君にお答えいたします。大蔵大臣あるいは自治大臣、その他の答弁と重複しないように、特に名ざしをされました点についてお答えをしたい。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第10号(1968/03/12、31期)

武部君にお答えいたします。お説のように、臨調の答申というものは行政各般にわたっておりますし、またその中身はずいぶん基本的な問題も含んでおります。したがいまして、この答申の趣旨には政府はもちろん異存はございませんけれども、これを実現いたしますためには、相当の時日を要することは当然でございますので、いま………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第13号(1968/03/18、31期)

島本君にお答えいたします。物価安定、これは政府の重要施策、重要課題でございます。したがいまして、ただいまお読みになりましたとおり、私を中心にして、関係大臣が一体となって有効適切な対策を講ずる、これにつきましては、何ら変わりはございません。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第15号(1968/03/26、31期)

珍しく格調の高い質問演説を聞きまして、私も……。(拍手)そこで、ただいま御意見を交えてお尋ねがございました。国会こそは、国権の最高機関として、政治の責任を国民に対して負っているところだと思います。政府の姿勢が悪いから国会の審議を放棄するとか、こういうものであってはならないと思います。私は、どこまでも………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第19号(1968/04/02、31期)

山田君にお答えいたします。山田君はみずからが被爆者であられ、したがいまして、原爆被爆者に対しての理解と同情は他の人より以上に深いものがある、かように思います。ただいまの質疑を通してのお話にも、その点が節々にあらわれておりまして、私はたいへん感動いたしたものであります。そうして、ようやく今回、各党の申………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第20号(1968/04/04、31期)

ジョンソン政権の課題は、私がこの機会に申すまでもなく、偉大な社会の建設とベトナム問題の解決にありました。したがいまして、ジョンソン大統領は、大統領就任以来五十数カ月、世界で最も責任の重い大統領として、世界平和の維持に心魂を傾けてきたことは世界周知のことであります。去る三月三十一日のジョンソンの演説は………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第21号(1968/04/05、31期)

中谷君にお答えいたします。沖繩問題と取り組んでおる基本態度、これは私しばしば申し上げましたように、もうそこには何ら重ねて申し上げるものもないように思いますが、私が昨年ワシントンを訪問いたしまして、そうして共同コミュニケを発表いたしました。そして、その際に、今後両国政府は沖繩返還について継続的に協議を………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第22号(1968/04/09、31期)

渡辺君にお答えいたします。新空港の位置を決定することは、御指摘のとおり、まことに重大な事柄でございます。したがいまして、この新空港、このこと自身が国家的な要請であると同時に、この決定をすることは、そう軽率であってはならない、かように思います。したがいまして、慎重にこの決定と取り組んだのでございます。………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第23号(1968/04/12、31期)

佐野君にお答えいたします。わが国は先進工業国の一つといたしまして、従来から、発展途上国の経済的発展、経済的繁栄、これが世界の平和と繁栄に不可欠なものである、かような立場、その見地から、わが国はわが国の役割りを果たしてきた、かように私どもは考えております。したがいまして、今後とも、この観点に立ちまして………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第24号(1968/04/16、31期)

美濃君の御意見拝聴いたしましたが、私に対するお尋ねは、高度経済成長下における農業をいかに見るか、こういうことでございます。お答えをいたします。御指摘になりましたように、高度経済成長下におきまして、農業はこれについていけない、おくれておる、そういうことで、御指摘になりましたよらな幾多の欠陥を実はあらわ………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第25号(1968/04/18、31期)

木原君にお答えいたします。国防の基本政策を変える考えはないかというお尋ねでございますが、御承知のように、わが国の基本政策は、日米安保体制のもとにおきまして、わが国も、みずからの国力、国情に応じ、有効な防衛力を整備いたしまして、侵略を未然に防止して、わが国の安全を確保するという考え方でございます。した………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第26号(1968/04/19、31期)

お答えいたします。民族精神の高揚が国民生活を圧迫する、こう言われますが、私にはその論理がよくわかりません。私は、民族を愛し、祖国を思い、祖国を守り、祖国に尽くすということを説いてまいっております。(拍手)国民生活を圧迫するというようなものではございません。同時にまた、私は、しばしば独立、自主、これを………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第28号(1968/04/25、31期)

山口君にお答えいたします。去る四十一年三月に社会党から、この地方公務員の定年制についての申し入れ、これは確かにございました。そのとおりの経過でございます。しかし、政府自身は、この定年制を考える場合に、いわゆる公務員制度審議会にかけなければならない事項、かようには考えておりません。このたび、政府の責任………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第29号(1968/04/26、31期)

お答えいたします。私並びにわが自由民主党に対していろいろ御批判いただきましたが、しかし、私並びにわが自由民主党は、国民のために政治に真剣に取り組んでおるのでありまして、国民大多数の方はこれをよく理解し、私どもはその支持を得ておる、かように思いますので、この機会にはっきり態度を申し上げておきます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第30号(1968/05/07、31期)

柴田君にお答えいたします。私へのお尋ねは、林業の基本政策、これが第一点、第二点は国有林野の活用の問題でございました。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第31号(1968/05/09、31期)

お答えいたします。地方自治体の健全な育成、これこそは民主主義の要諦だ、かように私は考えております。そこで、地方自治体を中央政府の出先機関として扱って、いわゆる中央集権的な行政をしたり、あるいはまた住民に対して押しつけ的な行政をするようなことは避けなければなりません。こういう意味において私は今後とも努………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第33号(1968/05/14、31期)

私は、政界の浄化の理想を捨てたわけではございません。今日も一貫して、政界の浄化を、また選挙の粛正をはからなければならない、これこそは真の、正しい民主政治を確立するものだ、かように私はいまなお考えております。しかし、この政界の浄化は、ただ政治資金規正のみによって達せられるものではございません。御承知の………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第34号(1968/05/16、31期)

小宮山君にただいまの質問に対してお答えする前に、私は、まず、田中大臣から御報告いたしました十勝沖地震の被害につきまして、今回多大の被害を生じ、また犠牲者の出られたことに対しまして、心からお見舞いを申し上げます。被害の状況等につきましては、先ほどの総務長官から報告があったとおりでありますが、被害の規模………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第35号(1968/05/17、31期)

お答えいたします。今回の十勝沖地震は、その震度といい、また影響を与えた地域といい、まことに広大でございまして、したがいまして、各地におきまして、私どもの予想を上回るようなそれぞれの損害を発生しております。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第39号(1968/05/23、31期)

井上君にお答えいたします。私は、国会答弁はいつも誠意をもって真剣に答えておるつもりでございます。これはいつも国民を相手にいたしておるのでありますから、国民はよく私の態度を承知してくれている、理解してくれている、かように考えております。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 本会議 第3号(1968/08/03、31期)

第五十九回臨時国会が開かれるにあたり、所信の一端を申し述べたいと思います。このたびの参議院議員通常選挙において、高い投票率が示されたことは、国民の政治に対する関心の高まりと、議会制民主主義に対する信頼のあらわれであり、政治に携わる者は、ひとしくこのような国民の期待にこたえるよう、一そうの努力を傾けな………会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 本会議 第4号(1968/08/05、31期)

三宅君にお答えいたします。われわれ日本国民は、世界における唯一の被爆国民として、核兵器のもたらす悲惨な経験から、核兵器はつくらない、持たない、持ち込ませないという原則を国民の総意としてきめております。また、この基本方針のもとに、世界じゅうの核兵器が絶滅されることを念願しており、国際間の現実から見て、………会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 本会議 第2号(1968/12/11、31期)

第六十回臨時国会が開かれるにあたり、所信の一端を申し述べたいと思います。世界は、いま多くの分野で転換期を迎えていますが、特にわが国は、社会構造の急激な変化に伴って、大学問題をはじめ、数々の困難な問題に直面しております。これらは、いずれも、わが国近代化百年の歴史の中で、われわれが初めて当面した新しい試………会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 本会議 第3号(1968/12/12、31期)

柳田君にお答えいたします。私に対していろいろの御批判をいただき、同時にまた激励を賜わりましたことについて、厚く御礼を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第2号(1969/01/27、31期)

第六十一回国会が開かれるにあたり、当面する内外の諸問題について所信を申し述べたいと思います。教訓に富み、波乱に満ちた明治百年を終え、新しい百年に向かって第一歩を踏み出したわが国は、多くの分野で転換期を迎えつつあり、これからの数年間はきわめて大切な時期であると考えます。時代の流れを的確に把握し、誤りな………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第4号(1969/01/30、31期)

成田社会党委員長にお答えをいたします。あなたと私は、いままでしばしば、衆議院本会議の席上あるいは予算委員会等で議論をかわしたものでございますが、今夜はこんな深夜、しかも初めての党首として、ただいま御意見を発表されながら、私に対するお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第5号(1969/02/12、31期)

丹羽君にお答えいたします。また、私からは二点ばかりお答えいたしまして、他は大蔵大臣に譲りたいと思います。特殊法人の統廃合につきましては、昨年郵便募金管理会ほか三法人を整理いたしましたが、今国会では糸価安定特別会計を廃止して、日本蚕糸事業団との機能を一元化するため、法律案を提出する予定であります。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第6号(1969/02/18、31期)

野間君にお答えいたします。答弁の順序についても御注文がございましたが、ただいま指名がありましたので、一括して私お答えいたします。御了承いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第8号(1969/02/25、31期)

お答えいたします。まず、財政硬直化打開の声が陰をひそめているではないか、かようなお話でございますが、決してそのようなことはありません。国債の依存度の引き下げや、両米価の据え置き方針の強い決意などをごらんいただけば、政府が相変わらずこの問題と取り組んでいるその姿勢がおわかりだと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第9号(1969/02/27、31期)

お答えいたします。私は、近代的な農業の達成のためには、何といっても農業が自立できる、いわゆる自立経営農家をできるだけ育成していくことが大切であると、かように考えております。このところ、自立経営農家の比重が少しずつではありますが高まってきておりますことは、そういう意味で歓迎すべきことと考えております。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第10号(1969/02/28、31期)

島上君にお答えいたします。まず、政府の住宅建設五カ年計画につきましていろいろ御批判があったのでありますが、当初見込んだ建設計画の戸数につきましては、御指摘にもありましたように、おおむね計画の線に従って順調に進捗しております。政府は、その目的の達成のために、なお一段と努力する決意であります。しかしなが………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第14号(1969/03/14、31期)

松前君が三党を代表して質問された各項目につきまして、私から二、三の点についてお答えし、その他はそれぞれ所管大臣からお答えすることにいたしたいと思います。まず第一は、宇宙開発はわが国としても強力に推進してまいる考えでございますが、その推進にあたっては、従来たびたび明言しておりますとおり、平和目的に徹し………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第15号(1969/03/18、31期)

私から基本的なものの考え方を申し上げまして、その他の具体的な点については所管大臣からお答えいたします。いままでの石炭対策は、必ずしも思うようにいかなかったことはたいへん残念であります。今回、あらためて第四次答申に基づく石炭対策としての法律案なり予算なりの御審議をいただいているのでありますが、まず、巨………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第16号(1969/03/20、31期)

八木君にお答えいたします。ただいま国民年金に関連して、たいへんきめこまかなお尋ねがございました。社会福祉についての八木君の御熱心さに、まず何よりも先に敬意を表しておきます。(拍手)同時に、政府といたしましても、国民福祉の向上をはかるため、社会保障の充実に引き続き一そうの努力を払う決意であることを申し………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第17号(1969/03/25、31期)

島本君にお答えいたします。今回私どもが御審議いただこうという公害関連の二法は、その内容は、公害対策として全く新しいものでありますし、また四十四年度予算はたいへん少ない、こういう御批判でありますが、四十四年度予算は積極的に充実をはかったつもりでありますので、公害対策は飛躍的に充実するものと、私はかよう………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第19号(1969/03/28、31期)

お答えいたします。まず、運輸委員会において強行単独採決、これは暴挙なりとの御批判でありました。私は、運輸委員会において、よく十分審議を尽くそうとされなかったのは一体どの党なのか。これは民社党がそうだと申すわけではありません。念のために、その党はいずれの党であったか、この点を十分考えていただきたいとい………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第21号(1969/04/03、31期)

加藤君にお答えいたします。まず、今回の四ツ木橋災害並びに雄別炭鉱の災害で不幸にもとうとい人命を失われた方々の御冥福をお祈りするとともに、遺家族の方々に対して心からお悔やみを申し上げます。政府といたしましては、その原因の調査につとめることはもちろんでありますが、同時に、再びこのような災害を発生しないよ………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第23号(1969/04/08、31期)

橋本君にお答えいたします。最近、災害が相次いで発生し、多数のとうとい人命が失われたことは、まことに遺憾にたえません。橋本君は、不慮の事故で親を失った子供の悲しみを切々と訴えられました。災害や交通事故でとうとい人命が失われることは、当の御本人はもちろん、残された遺族にとってこんな不幸なことはありません………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第25号(1969/04/11、31期)

お答えいたします。森君からは、林業基本法の関連立法がほとんどなされていない、かような御批判をいただいたのであります。しかし、決してさような事実はございません。すでに御承知のように、入り会い林野近代化法、山村振興法の制定をはじめとし、森林法、森林病害虫等防除法等の既存の法律改正を行なってまいりました。………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第26号(1969/04/15、31期)

お答えいたします。まず、政府の都市政策の進め方についてでありますが、人口、産業の都市への集中に伴って、都市周辺部へ市街地が無秩序に拡大していくのを抑制するとともに、既成市街地については極力再開発を行なって都市機能を回復し、向上させることが都市政策の基本的課題であります。このため、昨年制定された新都市………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第27号(1969/04/17、31期)

まず、有本警部補の殉職に対して心から哀悼の意を表し、つつしんで弔意とお見舞いを申し上げるものであります。さて、ただいま田村君から御指摘がありましたように、有本警部補の殉職事件は、もはや学園の自治の限界をはるかに越えたものであり、まことに憂慮すべき事態であります。同時に、学生運動自体が学生運動の範囲を………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第29号(1969/04/22、31期)

まず、漁業白書が単に事実の記載のみにとどまっているとのおしかりでありました。私も、国民の漁業に対する最大の関心事は、漁業が転機にあるということを指摘することではなく、どうしたらその困難な局面を打開できるか、その点が聞きたいのだと考えております。そういう意味で、漁業の動向について生きた分析を行ない、今………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第31号(1969/04/24、31期)

山田君にお答えいたします。最近の朝鮮半島における緊張の根本的原因は、北鮮の南北統一政策にあります。そうして、北鮮はこれを達成するため、平和的な手段によらず、昨年一月の大統領官邸襲撃事件及び十一月の東海岸上陸事件などに見られるごとく、大規模かつ半ば公然と武力挑発行為を行なっております。北鮮のゲリラ浸透………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第34号(1969/05/08、31期)

健康保険特例法は、二年間の時限立法として制定されたのでありますが、政府としては、この期限内に抜本対策の実現をはかるべく具体策の検討に全力を注いでまいりました。しかしながら、この問題は、きわめて広範多岐にわたるほか、根深い問題点を有しており、現在のところ、最終的な結論を得るに至っておりません。このこと………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第35号(1969/05/09、31期)

阿部君にお答えいたします。今回、登録制から許可制に改めようとする理由につきましては、先ほど建設大臣から提案趣旨説明において申し上げたとおりであります。現行の登録制度では、ややもすれば起こりがちな弊害を防止しようとするものであります。中小零細業者や一人親方といえども、従来から誠実かつ適正に工事を請け負………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第40号(1969/05/29、31期)

私に対する質問は、沖繩復帰のめどについて話をしろというお尋ねであったと思います。御承知のように、私は本国会の初めの施政演説で、本年の年末までの間に、適当な時期に訪米をいたしましてニクソン大統領と直接話をし、そうして沖繩復帰のめどをつける、こういう演説をいたしたものであります。私は、日米両国の相互理解………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第41号(1969/05/30、31期)

金丸君にお答えいたします。過密過疎対策は、経済社会の飛躍的発達のために解決しなければならない今後の大きな課題であります。したがいまして、新全国総合開発計画におきましても、真剣にこの問題を取り上げていることは、あらためて申し上げるまでもございません。私は、現下の深刻な都市問題、すなわち、都市への人口集………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第46号(1969/06/12、31期)

山本君にお答えいたします。お尋ねというよりも、私に対しては、もう一度公務員制度審議会に差し戻して、そうして審議し直せ、こういう御要請であったように伺います。しかし、事柄の性質上、政府の考えるところを率直に申し上げまして、御了解を得たいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第47号(1969/06/13、31期)

石田君にお答えいたします。いろいろ広範にわたってのお尋ねでありますし、それぞれの大臣からお答えする点も多いのでありますが、基本的なものの考え方について私から説明したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第48号(1969/06/17、31期)

安井君にお答えいたします。政治の基本は人間尊重にある以上、何よりも国民生活を守るためにどうすればよいかを考えるべきであることは、あらためて申すまでもありません。公害問題は、とかく公害の原因あるいは責任の所在を明らかにすることが困難な場合が多い点に、問題のむずかしさがあるのでありますが、それだからとい………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第51号(1969/06/24、31期)

長谷川君にお答えいたします。学生運動が政治と無関係でないことは、長谷川君の御指摘をまつまでもありません。わが国の場合、多くが安保、沖繩問題をテーマにしていることも事実であります。しかし、青年はいつの時代にも自我の確立を欲し、周囲の社会体制に反発してきました。それにもかかわらず、国際的視野が開け、人生………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第55号(1969/07/03、31期)

西風君にお答えいたします。まず、医療問題の抜本策について、そのおくれておる理由、今後の見通しなどにつきましてお尋ねがありましたが、これらの問題につきましては、すでに去る五月八日の本会議における健保特例法の趣旨説明の際にお答えをいたしたところでありますので、詳しくは申し上げませんが、国民医療を確保する………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第60号(1969/07/12、31期)

まず第一に、私の政治責任感についてのお尋ねがありました。私は、機会あるごとに申しておるのでありますが、私が政治、政局を担当しておりますのは、国民のために、また、国民とともに政治をするというのが私の政治責任であります。この点をはっきり申し上げておきます。ただいまお尋ねになりました真珠対策行政にいたしま………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第61号(1969/07/13、31期)

和田君にお答えをいたします。しばらく静かにひとつ聞いてください。お聞き取りだけはお願いいたします。ただいま和田君は、和田君の御意見をまじえながら、また同時に、強い御批判のもとにお尋ねがございましたので、それらの点についてお答えをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第64号(1969/07/24、31期)

楢崎君にお答えいたします。沖繩からの致死性ガスを含む化学兵器の撤去につきましては、すでに米国防省が公表しているとおりであります。撤去の状況等につきましては、今後の推移を注意深く見守っていきたい、かように思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第69号(1969/07/29、31期)

川崎君にお答えいたします。政府が本国会に提出いたしました大学の運営に関する臨時措置法案は、紛争によってそこなわれている大学本来の機能を回復し、教育と研究が正常に行なわれるよう、大学の自主的解決を助けるものであります。会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 本会議 第2号(1969/12/01、31期)

第六十二回国会が開かれるにあたり、所信の一端を申し述べたいと思います。私は、このたび米国を訪問し、ニクソン米大統領と親しく会談いたしました。その結果、沖繩は、一九七二年中に返還されることとなり、(拍手)長きにわたる日本国民の一致した願望が達成されました。(拍手)ここに訪米の成果を報告することができる………会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 本会議 第3号(1969/12/02、31期)

お答えいたします。政界の長老川島君がみずから代表質問の第一陣に立たれるその姿こそ、今次国会に臨むわが自民党の気魄と意欲を示すものであり、満腔の敬意を表したいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22