赤城宗徳衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  1回発言   2134文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  9回発言  25235文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  2回発言   3500文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  9回発言  29245文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   6244文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 22回発言  66358文字発言

本会議発言一覧

第45回国会 衆議院 本会議 第7号(1963/12/11、30期)

私に対する質問は、災害に対する対策でございます。災害対策につきましては、一昨年法制的には一応整備されました。しかし、その手続等が非常におそくて、災害者に渡る天災融資法による経営資金とか、あるいは自作農資金、営農資金等が非常におそいではないか、十分早く渡すようにやっていますが、そういう声も私も聞いてお………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/01/23、30期)

農山漁村の体質を改善することを強力に推し進めろ、まことにそのとおりでございます。そのために予算あるいは融資ワクを広げたらいいではないか、おはかりしておる予算案等に関係してその方面も進めております。特に御指摘の面は、農協系統の資金が系統外に流れているものが多いのではないか、こういうことでございます。事………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/01/24、30期)

私に対する御質問にお答えいたします。第一は、自由化に伴っての対策をどうするかということでございますが、お話のとおりに考えております。自由化は進めなくちゃなりませんし、ただいまのところ、農産物も九二%ぐらいになっておりますけれども、その中でも、米とか麦とか酪農品、あるいはでん粉、こういうものにつきまし………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第8号(1964/02/18、30期)

先般国会に提出いたしました昭和三十八年度農業の動向に関する年次報告及び昭和三十九年度に講じようとする農業施策について、その概要を御説明いたします。申すまでもなく、これらの報告及び文書は、それぞれ農業基本法第六条及び第七条に基づいて政府が毎年国会に提出いたすものの三十八年度分であります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第9号(1964/02/21、30期)

先般、国会に提出いたしました昭和三十八年度漁業の動向等に関する年次報告及び昭和三十九年度において沿岸漁業等について講じようとする施策について、その概要を御説明いたします。これらの報告及び文書は、沿岸漁業等振興法第七条の規定に基づいて政府から毎年国会に提出するものの三十八年度分であります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第15号(1964/03/19、30期)

専管水域の問題につきましては、外務大臣から報告がありましたように、韓国側は初め四十海里を主張いたしておりました。しかし、現在その主張はいたしておりません。しからば、十二海里の専管水域を設定するということは、韓国側が譲歩したというふうに見ておるかということでございますが、私はそう見ていません。当然のこ………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第16号(1964/03/24、30期)

漁業災害補償法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。漁業は、申すまでもなく、自然の影響を受けることの多い産業でありますが、特にわが国の漁業は、その大部分が沿岸漁家等の経営基礎の脆弱な中小漁業者によって営まれており、これら大多数の漁業者の経営は、気象または海況の変化、漁業資源の変動等によって常………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第22号(1964/04/09、30期)

肥料価格安定等臨時措置法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。農業生産上の基礎資材としての肥料の重要性と輸出産業としての肥料工業の意義につきましては、ここにあらためて申し上げるまでもないところであります。政府といたしましても、昭和二十九年に現行肥料二法、すなわち臨時肥料需給安定法、及び硫安工………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第23号(1964/04/10、30期)

不幸にして、十七日に半日ストが起こるということになりますと、食糧関係にいたしまして大体一日分おくれる。米等においてもそうでございます。ことに生鮮食料等におきまして、中央卸売市場への入荷は、一日野菜が三千トンでございますが、そのうち、貨車輸送が三百五十トン。くだもの等は一日千二百トンの入荷でございます………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第29号(1964/05/12、30期)

第一点、天災融資法につきましては発動すべく先ほどの閣議でもきめたのでございますが、調査を待ってできるだけ早く発動いたしたいと思います。第二に、そのワクが十五万町であるのを三十万円にしたらどうか、あるいは期間を七年ないし十年にしたらどうか、いま大蔵大臣から話がありましたが、これは法律改正を要するのでご………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/11/25、30期)

生産者米価と消費者米価と価格をスライドして決定するということはけしからぬではないかというような意味の質問だったと思います。私は、生産者米価と消費者米価の価格決定につきまして、その関連性というものはあってしかるべきだ、もちろん、自由価格におきましては、コストを勘案することは当然でございますが、統制価格………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第7号(1964/12/14、30期)

天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。天災融資法は、昭和三十年に制定されて以来、天災による被害農林漁業者等に対する低利資金の融通に大きな役割りを果たしてまいりましたが、最近における資本集約化、経営の協業化の進展………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

私に対する質問は、牛乳の国家管理をしてはどうか、こういう質問でございます。酪農の安定的な発展につきましては、鋭意力をいたしておるのでございますが、一つは安定的な消費の拡大だと思います。そういう意味におきまして、四十年度におきましては、学校給食等におきましても七十万石、補助単価も百八十CC五円、こうい………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/02/12、30期)

先般国会に提出いたしました昭和三十九年度農業の動向に関する年次報告及び昭和四十年度において講じようとする農業施策について、その概要を御説明いたします。申すまでもなく、これらの報告及び文書は、農業基本法に基づいて政府が国会に提出いたすものであります。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/02/19、30期)

お答えいたします。山が荒れてくるということは、御同様、国土保全上憂うべきことでございます。そのために治山事業には力を入れておるのでございますが、治山事業は、国土保全の総合的立場から、治水事業と十分調整の上計画し実施しておる次第でございます。昭和四十年度の予算は、新五カ年計画の第一年目といたしまして十………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/02/26、30期)

農地に対する固定資産税の問題につきましては、自治大臣が御答弁申し上げたとおりでございます。三十九年度の新評価をいたしました際に、三年間税額を据え置くということに相なっておるのは御承知のとおりでございます。なお、採草地や牧草地につきましては税額がのぼらないように、二割増しを限度として税をきめていく、こ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第18号(1965/03/16、30期)

農地管理事業団法案について、その趣旨を御説明いたします。農業と他産業との間の生産性の格差及び従事者の生活水準の格差を是正することは、農業基本法に掲げられたわが国農政の基本的目標でありますが、必ずしもその是正が進みつつあるとは言いがたい状況にあり、他方、開放経済体制のもとにおいて生産性の高い農業経営の………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第21号(1965/03/23、30期)

ただいま総理からも御答弁がありましたが、農地改革がなされなかったといたしましたらば、相当日本の国内も混乱し、非常に悪い立場に立ったと思います。そういう意味におきまして、農地改革は社会的にも政治的にも相当の効果があった、こう認識しております。その農地改革に対しまして被買収者が相当の貢献をなしたことを多………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第28号(1965/04/06、30期)

加工原料乳生産者補給金等暫定措置法案について、その提案理由を御説明します。近年におけるわが国の酪農の発展はまことに目ざましいものがありますが、わが国経済の高度成長、開放経済体制の進展、農業全体の構造変化等、酪農を取り巻く諸情勢は急速な変化を示しつつあります。また、酪農自体としても、その経営規模は漸次………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第43号(1965/05/13、30期)

先般、国会に提出いたしました昭和三十九年度漁業の動向等に関する年次報告及び昭和四十年度において沿岸漁業等について講じようとする施策について、その概要を御説明いたします。これらの報告及び文書は、沿岸漁業等振興法第七条の規定に基づいて政府が毎年国会に提出するものの三十九年度分であります。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第52号(1965/05/31、30期)

ただいま全会一致で御可決いただきました豪雪等の異常気象による災害対策に関する御決議の趣旨に対しましては、政府はもちろん、農林省といたしましても十分に御決議の趣旨を体しまして、迅速かつ適切に措置し、御期待に沿いたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/10/15、30期)

私は、自由民主党を代表して、内閣総理大臣及び関係大臣に対し、主として日韓条約及び経済、財政問題につき、若干の質問を行なうものであります。(拍手)戦後十四年にわたって難航を就けた日韓国交正常化の交渉が妥結し、去る六月に、正式調印を見ましたことは、日韓両国相互の繁栄はもとより、流動を続けるアジアの安定、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第49回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  30期通算   2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第49回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22