藤枝泉介衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21) 12回発言  17996文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  7回発言   9726文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  1回発言   4931文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26) 20回発言  32653文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第5号(1967/03/17、31期)

地方財政計画でございますが、申し上げるまでもなく、標準的な歳入歳出を見ていく地方財政計画と、地方地方の特殊事情を織り込んだ決算額との間に違いのあることはやむを得ないのでございますが、しかし、地方財政計画が地方財政対策の指針でもあり、また地方団体の財政運営の指針でもございますので、この間の開きをなるべ………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第9号(1967/04/18、31期)

昭和四十二年度の地方財政計画の概要並びに地方交付税法の一部を改正する法律案、及び昭和四十二年度における地方財政の特別措置に関する法律案について、その趣旨を説明申し上げます。昭和四十二年度の地方財政におきましては、給与関係経費、社会保障関係経費等、義務的経費がかなり増加するほか、行政水準の立ちおくれを………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第11号(1967/05/09、31期)

地方財政は、税の伸び等で昨年、一昨年よりやや好転したというだけでございまして、御指摘のように、内容的にはなお改善すべき多数のものを持っておると存じております。したがいまして、事務の再配分とそれに伴う財源の再配分につきましては、目下地方制度調査会で御審議をいただいておりますので、その答申を待って実現を………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第12号(1967/05/12、31期)

地方税は特に地域内の負担の公平を第一義に考えなければならないものと考えております。したがいまして、一つの政策目的を達するために、国税、地方税を通じて特別措置をする必要のあるものを除いては、国税の特別措置が直ちに地方税に響かないようにすることが原則であり、そうしなければならないと思います。すでに御承知………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第13号(1967/05/16、31期)

所得税とは性格を異にする地方税たる事業税でございますので、各種控除を所得税にすべて右へならえということではないと思います。しかし、専従者給与につきまして、国が税制上、一定の方針を樹立いたしたのでございますから、その方針は十分考慮しなければならないと存じます。いずれにしましても、これは先刻御承知のとお………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第22号(1967/06/02、31期)

企業の責任につきましては、政府の統一見解を厚生大臣が申されましたので、省略いたします。それから、地方公共団体の公害対策につきましては、十二都道府県において、公害対策の専管の部課を置くなど、あるいはまた、庁内に公害対策の連絡会議などを置きまして、その対策の一元化、総合化をはかっておる次第でございまして………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第25号(1967/06/13、31期)

集団示威運動というものは、言論、出版等とは異なりまして、つまり潜在する一種の物理的な力によって支持されていることが特徴でありまして、こうした潜在的な力は、あるいは予定された計画に従い、あるいは突発的に内外からの刺激、扇動等によってきわめて容易に動員される性質であるということは、三十五年の最高裁の判決………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第26号(1967/06/15、31期)

国債発行下においては、国と地方との財源配分のバランスがくずれたわけでございますから、地方財政に特別の措置をしなければならないことは申すまでもございません。その意味においては、地方制度調査会の中間答申にもありますように、単なる地方財政需要の積み重ねの計算ばかりではなくて、国と地方との財源の配分をまずめ………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第27号(1967/06/16、31期)

地方公務員法六十一条の、争議行為を共謀し、あおり、そそのかした者の罰則と、一〇五号条約との関係をお尋ねだと思いますが、一〇五号条約の取り扱いについては、先ほど総理がお答えしたとおりでございます。昨年十月二十一日の闘争におきまして、公共部門が禁止された争議行為をするおそれがありましたので、閣議の了解を………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第28号(1967/06/22、31期)

政治資金規正法及び公職選挙法の一部を改正する法律案について、その趣旨とその内容の概略を説明申し上げます。御承知のとおり、政府は、選挙制度審議会に対し、選挙区制その他選挙制度の根本的改善の方策について検討をお願いしてきたところでありますが、同審議会は、去る四月七日、最近の政治情勢にかんがみ当面緊急に措………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第39号(1967/07/14、31期)

都市計画事業につきましては、従来とも、都市計画税等の特定財源の確保あるいは地方債その他の財政措置によりまして、その事業の円滑な運行をはかってまいっておるわけでございますが、今回の新しい都市計画法が施行されましたならば、その八十三条にも国の補助の規定もございます。これらの問題が円滑に実施されるように、………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第40号(1967/07/17、31期)

災害復旧事業の地方負担につきましては、起債でこれを充当することにいたしております。特に当年度債におきましては一〇〇%充当することにいたしております。そしてその元利償還金につきましては、翌年度以降財政需要額に見まして、交付税で処置することといたしております。また、地方財政の状態によりまして、先のことで………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第63号(1969/07/16、31期)

諸君の御推挙によりまして、本院副議長の職につくこととなりました。まことに光栄に存ずる次第であります。私は、この責任の重かつ大なることに思いをいたし、公正を旨とし、職責の遂行に全力を傾注する覚悟であります。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第64号(1969/07/24、31期)

次に、渡部一郎君提出、米軍の沖繩におけるVX毒ガス事件ならびに岐阜におけるミサイル事故に関する緊急質問を許可いたします。渡部一郎君。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第65号(1969/07/25、31期)

これより会議を開きます。本日の議事における発言時間は趣旨弁明につ会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第66号(1969/07/26、31期)

これより会議を開きます。日程第一 衆議院議長松田竹千代君不信任決会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第67号(1969/07/27、31期)

休憩前に引き続き会議を開きます。本日の議事における発言時間は趣旨弁明については十五分質疑答弁討論その他については十分とするの動議(園田直君外二十六名提出)会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第68号(1969/07/28、31期)

休憩前に引き続き会議を開きます。日程第一につき討論の通告があります。順次これを許します。藤波孝生君。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第69号(1969/07/29、31期)

これより会議を開きます。日程第一 文部大臣坂田道太君不信任決議案会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 本会議 第2号(1969/12/01、31期)

これより会議を開きます。一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第57回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第58回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第59回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第60回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第61回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言

  31期通算  40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員 13)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  0)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第57回国会)
 予算委員会理事(第58回国会)
 予算委員会理事(第59回国会)
 予算委員会理事(第60回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22