不破哲三衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  1回発言   7876文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言   5958文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  1回発言   5574文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  3回発言  19408文字発言

本会議発言一覧

第65回国会 衆議院 本会議 第4号(1971/01/26、32期)

今日、わが国の政治は内外ともにきわめて重大な諸問題に直面しております。しかも、その多くは、従来の自民党路線のワク内では解決できないところに逢着しているところに、今日の事態の特別の深刻さがあります。総理の施政方針演説が、日本の未来像について多くの美辞麗句を費やしながら、公害、物価、日中、基地など、国民………会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第5号(1971/10/21、32期)

私は、日本共産党を代表して、当面する内外政策の若干の問題について、総理に質問したいと思います。(拍手)今日、激動する国際情勢のもとで、わが国は、日米軍事同盟の継続強化の道を進むか、それとも中立平和の道に進むか、七〇年代の進路の選択をいよいよ痛切に迫られております。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/10/31、32期)

私は、日本共産党を代表して、内外政策の幾つかの重要問題について、総理の所信をただしたいと思います。まず、日中問題について言えば、日本共産党は、今回の田中首相の訪中によって中国との復交が実現したことを歓迎するものであります。特に、わが党の年来の主張であった一つの中国論及び平和五原則が、日中共同声明の中………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35) 11回発言  77892文字発言
 第67回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10861文字発言
 第68回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  29125文字発言

  32期通算  38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 13回発言 117878文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  4回発言  69036文字発言

 外務委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  6回発言  32419文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   5562文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10861文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1970/03/06、32期)

私も沖繩及び千島の問題について、若干の問題点を伺いたいと思いますけれども、沖繩の問題については、いま永末委員が問題にされた点を、もう少し別な角度から伺ってみたいと思うのです。といいますのは、先ほど外…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1970/03/19、32期)

私は、日本共産党を代表して、沖繩復帰のための準備委員会への日本国政府代表に関する臨時措置法案に反対の態度を表明するものであります。ここに提案されている準備委員会は、愛知・マイヤー交換公文にも明らかな…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1970/03/06、32期)

総理も外相もこの国会で平和外交を非常に強調されましたが、私はアジアの平和における日本の役割りを考える場合に、朝鮮、ベトナム、中国などアジアの社会主義国に対する日本の態度、これが非常に大きな重要な問題に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1970/04/27、32期)

最近の国際情勢に関連をしまして、沖繩の問題について若干伺いたいと思います。政府は沖繩返還についての構想を示されるにあたって、大体七二年までにはベトナムの問題が解決しているだろうという見通しを何べんも…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1970/05/06、32期)

簡単に、二、三御質問をいたしたいと思います。それで、航空機上の犯罪というものは、どうしてもこれは国際的な関係をいろいろ持ってくる。それについて整理をし、権限を明らかにする、これは今度の条約の趣旨だと…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1970/05/07、32期)

私どももちろん今度のジュネーブの議定書については、細菌兵器、化学兵器の全面禁止をやる、特にその使用禁止をやるという点で、むしろ日本の批准がおそきに失しているという見解を持っているわけですけれども、これ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1970/05/08、32期)

カンボジア問題及び日米安保条約の問題について政府に質問したいと思います。まず最初に、カンボジア問題ですけれども、私は、米国がカンボジアに大軍を投入して進攻したことは、一九六四年のトンキン湾事件と、そ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1970/06/10、32期)

カンボジアの問題について、外相に伺いたいと思うのですけれども、先日開かれましたジャカルタ会議においての共同声明を読んでみますと、すべての外国軍隊がカンボジア領から撤退するということをカンボジア問題解決…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1970/02/27、32期)

私は、日本共産党を代表しまして、言論・出版の妨害の問題、それに関連する政府の政治姿勢の問題、それからまた日米共同声明の問題点、この二つの問題を中心に総理並びに関係閣僚に御質問をしたいと思います。まず…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1970/03/20、32期)

日本共産党を代表しまして、私は、出版妨害問題について、それからまた時間が許すならば、これから始まる沖繩返還交渉に臨む政府の基本態度について、総理並びに関係閣僚に質問いたしたいと思います。まず第一に出…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1970/03/30、32期)

私は、日本共産党を代表しまして、沖繩の施政権返還交渉をめぐる幾つかの問題について、総理及び関係閣僚に御質問したいと思います。まず、外務大臣に伺いたいのですけれども、沖繩の基地の問題であります。昨年の…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第4号(1971/11/12、32期)

私は沖繩協定の問題について総理並びに関係閣僚に質問するものでありますが、それに先立ちまして、昨日川崎においてたいへん不幸な事故がございました。これは、政府みずからが計画したがけくずれ実験によって十五名…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1972/03/07、32期)

私は、まず最初に、昨日発表されました政府の日中問題に関する統一見解に関して、総理の御見解を伺いたいと思います。二月の二十八日に、総理が、台湾は中華人民共和国の領土であるという趣旨の発言をこの予算委員…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22