不破哲三衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  1回発言   8681文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  1回発言   5136文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  1回発言   8945文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  0回発言      0文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  3回発言  22762文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第5号(1980/10/07、36期)

私は、日本共産党を代表し、所信表明に関連して鈴木総理大臣に質問をいたします。最初の質問は、韓国の軍法会議における金大中氏の死刑判決についてであります。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第27号(1981/05/22、36期)

私は、日本共産党を代表し、核兵器の持ち込み問題を中心に、鈴木総理並びに関係閣僚に質問をしたいと思います。(拍手)ライシャワー発言によって明るみに出た核兵器持ち込みの問題は、世界ただ一つの被爆国である日本が、国民の意思に反して核戦争の基地にされているかどうかという問題であり、政府が二十一年間この問題で………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第5号(1982/12/09、36期)

私は、日本共産党を代表して、中曽根首相に質問するものであります。今回の政権交代は、鈴木前首相が、国民の不信の声の高まりの中で、みずからも政策の前途に見通しを失い、政権を投げ出すという異例の形で行われました。その後を受けた中曽根首相が、破綻した鈴木政治の継承を無反省に唱えること自体、きわめて理解しがた………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第94回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  31489文字発言
 第96回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  27451文字発言
 第98回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  33464文字発言

  36期通算   4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  92404文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  92404文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第94回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1981/02/04、36期)

私は、日本共産党を代表して、総理及び関係閣僚に内外の政策の問題について質問を行いたいと思いますが、外交問題、安全保障の問題、経済と国民生活の問題、そして国民の安全にとって重大な震災問題について、この順…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1982/02/02、36期)

私は、日本共産党を代表して、内外政策の幾つかの問題について、鈴木総理並びに関係閣僚に質問をしたいと思います。まず最初に、政治倫理の問題ですが、この一年の間に政治倫理の上で、あるいは教科書の問題である…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1983/02/05、36期)

私は、日本共産党を代表して、政府の内外政策について、中曽根総理及び関係閣僚に質問したいと思います。まず第一に、今回の首相訪米に関連をした日米安保条約の問題であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22