福田赳夫衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09) 20回発言 126292文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  2回発言  31545文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  3回発言  51023文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16) 17回発言 103099文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  3回発言  40225文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06) 45回発言 352184文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第2号(1977/01/31、34期)

内外情勢の大いなる変化のうちに第八十回国会が再開されるに当たりまして、新政府の施策に関する基本方針を申し述べ、国民の皆様の御理解を求め、特に、議員諸君の御協力を得たいと存じます。私は、このたび内閣総理大臣の大命を拝受いたしました。国政の重責を思い、決意を新たにして、国家と国民に対する使命を果たしてま………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/02/03、34期)

お答えいたします。私が今般内閣総理大臣の地位につきましたのにつきまして、その感想いかんというお話でございますが、私は、憲法の規定に従いまして、国会多数の方の賛同を待て、総理大臣に指名されたものであります。(拍手)私は、その責任の重きをただただ恐れるというのが、私の心境でございます。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/02/04、34期)

ただいま質問を通じまして、竹入さんの、これからの日本社会を一体どういうふうに持っていくんだ、その構想について承ったわけであります。昨年暮れの私とあなたとの間の党首会談におきまして、あなたは「福祉社会トータルプラン」という、この一冊の著述を私に下さいました。私も大体これを通覧いたしたわけでございますが………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第7号(1977/02/24、34期)

沢田さんにお答え申し上げます。まず、税は公正を期すべきものであり、また、その機能についてこう考える、こういうお話でございますが、その御所見は私は賛成でございます。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第8号(1977/03/01、34期)

お答えをいたします。新村さんは、地方自治は民主政治の根幹である、この地方自治が円滑に動くように行財政の合理化、また整備強化を図るべし、こういうような御意見でございますが、この点は私、全く同感でございます。政府といたしましても、今後、地方自治の合理化された発展のために、最善を尽くしてまいりたい、かよう………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第9号(1977/03/04、34期)

川口さんにお答え申し上げます。私が財政法第四条をどういうふうに心得ておるか、こういうお尋ねでございますが、そもそも財政法は、これは健全財政を前提としておる立法だ、こういうふうに見ております。公債はなるべく出さぬがいい。しかし、出しても、その限度は建設公債の限度をもってする、こういうことを示しておるの………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/03/11、34期)

お答えいたします。低成長下において雇用政策をどういうふうにとり行っていくか、その基本的な考え方いかんということでございますが、申し上げるまでもございませんけれども、わが国がこれから歩む道は狭くかつ厳しいです。何といたしましても、資源有限時代である。その資源有限時代におきまして、わが国として最も大事な………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第11号(1977/03/15、34期)

お答えいたします。沖繩復帰を前にいたしまして政府が公約した諸事項は一体今日どうなっているか、さようなお尋ねでございますが、復帰に際しましては、沖繩振興開発十カ年計画、これを実行するということを公約をいたし、これに基づきて鋭意政府は沖繩振興のために努力をいたしてきておるわけでありまして、その結果、公共………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第12号(1977/03/17、34期)

今次の日ソ漁業交渉は、ソ連が三月一日から二百海里漁業専管水域を実施するという、きわめて厳しい情勢の中で行われております。北洋漁場は、ただいまの院議にもありますように、わが国漁業にとってきわめて重要な漁場となっているだけでなく、国民たん白食料供給においても大きな役割りを果たしております。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第16号(1977/04/07、34期)

領海法案につきまして、その趣旨を説明申し上げます。近年、わが国近海における外国の大型漁船の本格的操業により、わが国の沿岸漁業は、漁船、漁具の被害の頻発、操業の制約等重大な影響をこうむりつつあります。政府は、これら沿岸漁業者の切実な要望にこたえまして、領海十二海里問題につきまして、国連海洋法会議の動向………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第17号(1977/04/12、34期)

国鉄財政が悪化したその原因いかん、また、その間、私の責任はどうか、こういうようなお尋ねでございますが、国鉄が、財政が悪化した、これは申し上げるまでもございませんけれども、自動車化時代、そういう時代の到来、また、航空機時代の到来、それによりまして国鉄輸送力に対する需要の減退、これが基本だと思うのです。………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第18号(1977/04/14、34期)

お答え申し上げます。健康保険制度にはいろいろ問題があるが、とにかく今回の政府提案はこれを即時撤回すべし、明確に答えよ、こういうお話でありますが、明確にお答えいたします。これは撤回いたしません。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第19号(1977/04/19、34期)

お答えをいたします。中小企業事業分野問題についての基本的な認識はどうかと、こういうお話でございますが、自由経済体制の国の社会におきましては、これは大企業、中小企業、これらが調整がとれた形で相協力し、競争し合う、こういうことが大事であろう、こういうふうに思うのであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第20号(1977/04/21、34期)

上坂さんのお話を聞いておりますと、どうも原子力発電を停止すべしというような御意見でありますが、これは私は世界の大勢に反すると思うのです。やはりいま石油にかわる有効なエネルギー源と言えば、当面はもう原子力しかない。特に石油資源をほとんど持たないというわが国とすると、この原子力発電を全力を挙げて開発して………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第21号(1977/04/22、34期)

この当面する日ソ漁業問題につきましては、政府は、領土は領土、漁業は漁業、こういう立場で毅然として対処しておりますが、ただいま新盛さんから大変力強い御激励をいただきましてありがとうございました。感謝申し上げます。いまお話がありましたが、この問題は非常に重要な問題です。そこで、それが妥当である、有効であ………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第24号(1977/05/10、34期)

今回の外務委員会の決定は、これはいわゆる強行採決である、自由民主党総裁としてどういうふうに考えるかというお話でございますが、この採決は、私への報告によりますれば、合法的に行われておる、国会法に違反するところはない、しかもわが自由民主党一党だけではない、かように理解をしておるのでありまして、私の理解す………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第27号(1977/05/17、34期)

お答え申し上げます。この協定は、日韓癒着の疑惑でありますとかあるいは近隣関係を損なうとか、いろいろ問題がある、そういうのになぜ政府は協定成立を急ぐのか、こういう御質問でございますが、日韓関係は、とにかくわが国としてみますれば、非常に重要な関係でございます。もう一衣帯水、わが国に最も近い国は韓国である………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第28号(1977/05/19、34期)

お答えいたします。政府のエネルギー戦略はどうかというお尋ねでございますが、いま、石油エネルギー時代でございます。戦略の最大のものは安定した石油の供給を確保することである、かように存じまして、そのような方向の外交を展開しているわけであります。同時に、いま石油の供給がアラビアに偏っておる、これを供給先を………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第29号(1977/05/24、34期)

ただいまの御決議につきましては、政府といたしまして十分これを尊重し、可能な限り今後の予算の編成及び執行に反映させ、その改善、充実を図ってまいりたいと存じます。(拍手)日程第四 社債発行限度暫定措置法案(内閣会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第32号(1977/06/03、34期)

有馬さんにお答えする前に、ただいま鳩山外務大臣から日ソ漁業暫定協定の要旨につきまして御説明いたしましたが、あのような結果になりましたことは、これひとえに超党派で各党各派の皆さんから御支援、御協力を賜ったそのたまものであると、私はここに謹んで皆さんに御礼を申し上げます。(拍手)有馬さんは、今次の協定に………会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/07/30、34期)

第八十一回国会が開かれるに当たりまして、所信の一端を申し述べたいと存じます。私は、今回の参議院議員通常選挙で示されました国民の期待と願望を正しく、また、謙虚に受けとめ、国政の進路に誤りなきを期し、ここに心を新たにして、さらに真剣な努力を続けたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/08/01、34期)

各般の問題につきまして、お答え申し上げます。まず、安井さんは、今度の参議院議員選挙の結果をどうとらえておるかと、こういう私の認識についてお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第2号(1977/10/03、34期)

第八十二回国会が開かれるに当たりまして、所信の一端を申し述べます。最初に、御報告申し上げたいことがあります。それは、今回の日航機ハイジャック事件についてであります。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/10/06、34期)

高沢さんにお答え申し上げます。高沢さんは、今日の経済、これは私どもの考え方の基本が悪いのだからもとからこれを直せ、こうおっしゃいますが、具体的にどうするのだというお考えは示されておりません。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/10/07、34期)

お答え申し上げます。一昨年のクアラルンプール事件以後どういう努力をしたか、こういうことでございますが、出入国の管理規制の強化、それから国際不法活動防止のための国際協力の強化、ゲリラ組織等の解明調査、それから刑務所における関係収容者に関する情報の収集、管理体制の整備、それから在外公館における取り締まり………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第3号(1978/01/21、34期)

新しい年を迎え、第八十四回国会が再開されるに当たりまして、施政の基本方針を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと存じます。ちょうど一年前、私は、この壇上から、世界はいま、歴史始まって以来の転換期に直面していることを強調し、この難局に処するための行動原理は、協調と連帯にあると申し述べました。こ………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/01/24、34期)

お答え申し上げます。北山さんから、政府の経済政策は全く失敗ばかり、失敗の連続であるかのごとき御意見を交えての御質問でございましたが、率直に申し上げまして、それは失敗もありました。しかし、大きな成功をおさめた面もあるのであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第5号(1978/01/25、34期)

お答えします。まず、ソ連の人工衛星落下事故についてでありますが、本件の人工衛星に異常が生じ、二十四日ごろ、大気圏に突入する可能性が強いこと、及び同人工衛星には、小型原子炉を搭載しておるという事実については、先週の後半に米国政府から、在京米大使館を通じまして外務省に通報があったわけであります。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第8号(1978/02/17、34期)

お答えを申し上げます。まず、不公平税制でございますが、この不公平税制と世に言われているもの、そういうような制度につきましては、これを逐次是正していかなければならない。制度ばかりじゃありません。私は、その執行面、そこにおきましても不公平があっては相ならぬ、このように考えておりまするし、また、この問題に………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第9号(1978/02/28、34期)

お答え申し上げます。まず、明年度の経済成長七%は達成できるのかどうか、このようなお話でございますが、この七%成長というのは、これは内外の期待するところであります。私はその内外の期待にこたえまして、責任をもってこれが実現に当たるべく全力を傾倒したい、このように考えておるわけであります。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第10号(1978/03/02、34期)

お答え申し上げます。まず、今回の政府提案はどうも時局が要求しているものでなくて、むしろそれに逆行するような性格のものじゃないか、こういうような御意見を交えての御質問でございますが、私は、今日、どういうことが経済政策として要請されておるかということを考える場合におきまして、正しく今日の経済状態というも………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第12号(1978/03/10、34期)

お答え申し上げます。財政が非常にむずかしいことになってしまったが、さてその再建をどうするんだ、こういうお話でございますが、これは財政の背景にはどうしても経済があるのです。経済が再建されませんと、財政の再建はできません。私は、何よりもまず経済を再建しなければならぬ、そういう考え方であり、経済再建を考え………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第14号(1978/03/17、34期)

お答え申し上げます。今日の林業が大変危機的状態になってきておる、その責任はきわめて重大であるが、どう考えるのか、このようなお話でございます。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第17号(1978/03/30、34期)

お答え申し上げます。井上さんは、千葉県二区選出、まさに地元代議士と言って差し支えないかと思うのであります。そういう立場で成田空港問題、これをずっと直にその目でながめてきておられる。また直にはだでその推移を感じとってきておられる。その井上さんからいま地元選出の代議士としての実感に満ち満ちたお話を承りま………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第20号(1978/04/07、34期)

核に対する国民感情をどういうふうに受けとめておるか、このような御質問でございまするが、わが国は、核につきまして、世界でただ一つの犠牲となったわけであります。そういうことで、核に対する国民感情は、わが国におきましては世界でも格別なものがある、こういうふうに理解をいたしております。しかしながら、核はこれ………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第21号(1978/04/11、34期)

お答え申し上げます。エネルギー事情が非常に窮屈になってきておる、そういう中で政府のエネルギー政策は余り有効に機能しておらぬ、そういうような御指摘でございますが、私は、かねて、数年前から、世界情勢が非常に変わってきた、つまり資源・エネルギー有限時代に入ってきたということを強調をいたしておるわけでありま………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第22号(1978/04/13、34期)

お答え申し上げます。いま、この深刻な経済状態から脱却をする、その方策といたしましては減税のような一時的な措置でなくて、もっと長期的な立場に立ってこの問題に対処しなければならないじゃないかという御所見であり、御質問でございますが、私は、その御所見に全く同感でございます。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第23号(1978/04/18、34期)

お答えを申し上げます。ただいま御質問の中で、民主主義を憂い、法秩序を守る、その決意を秘められての御所見、私の考え方と全く同じでありまして、その御見識に対しまして心から敬意を表します。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第26号(1978/04/25、34期)

馬場さんにお答え申し上げます。今回の日ソ漁業交渉の結果をどういうふうに評価するか、そのようなお尋ねでございますが、例によりましてソビエトの態度は非常に厳しい。その結果、希望するような数量、漁獲区域、そういうふうにはまいりませんでした。その点はまことに残念に思います。しかし、五年間にわたって安定した操………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第28号(1978/04/28、34期)

苦悩に満ちた農林水産業、これにいかに対応するか、こういうお話でございますが、確かに、いま、日本の農林水産業は非常にむずかしい段階であります。つまり、農業部面においては米の生産過剰、こういうむずかしい問題がある。また、漁業におきましては、二百海里時代の到来という問題があるわけであります。しかし、農林水………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第29号(1978/05/09、34期)

訪米報告を行います。さて、私は、カーター大統領との会談のため、四月三十日から五月七日まで米国を訪問いたしました。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第31号(1978/05/12、34期)

お答えを申し上げます。憲法第九十二条に規定している地方自治の本旨につきまして、その理念と内容はどうだ、どう認識しているか、このような御質問でございますが、私は、憲法第九十二条に規定する地方自治の本旨とは、地方公共団体の自主性、自律性、それが十分発揮できるように地方自治の制度を決め、またそのように運営………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第2号(1978/09/20、34期)

第八十五回国会が開かれるに当たりまして、所信の一端を申し述べたいと存じます。日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約は、去る八月十二日、北京において署名調印されました。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第3号(1978/09/28、34期)

お答えを申し上げます。私が全方位平和外交と言うならば、まず日米安保条約を廃棄すべきではあるまいか、このようなお話でございます。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第4号(1978/09/29、34期)

お答えを申し上げます。日中平和友好条約が調印になったわけでありますが、これは調印になったというだけでも大変な意義がありまするけれども、これをまたスタートといたしまして、日中間の諸関係を大きく前進していくということにまた重要な一点がある、このように考えております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第87回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22