井上一成衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  2回発言   4738文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   4738文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第25号(1977/05/11、34期)

総理府総務長官・沖繩開発庁長官藤田正明君不信任決議案の趣旨説明について、日本社会党を代表し、若干の質問をしたいと思います。いまは亡き佐藤元総理が、「沖繩の復帰なくして戦後は終わらない」と述べられ、そして沖繩が復帰して五年。しかし、沖繩県民の期待は無残に裏切られたのであります。沖繩県民百万人の人々にと………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第32号(1977/06/03、34期)

ただいま議題となりました日ソ漁業暫定協定につき、私は、日本社会党を代表いたしまして、総理大臣、外務大臣並びに農林大臣に対し、若干の御質問をいたしたいと思います。今回の日ソ漁業交渉は、九十日に及ぶ大交渉で、日夜御苦労された鈴木農林大臣の御努力を多とするものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 10回発言  71219文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3009文字発言
 第82回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   7803文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  4) 21回発言 129030文字発言
 第85回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言  21520文字発言
 第86回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   4798文字発言
 第87回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  2)  9回発言  70572文字発言

  34期通算  84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 44) 46回発言 307951文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 23) 38回発言 257109文字発言

 交通安全対策特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言   5747文字発言

 公害対策並びに環境保全特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  12485文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  14222文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  12080文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6308文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第84回国会)
 外務委員会理事(第85回国会)
 外務委員会理事(第86回国会)
 外務委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1977/02/25、34期)

私は、昭和三十一年十月に不自由な体をもってモスクワまで日ソ平和条約を締結するために出かけられた元総理大臣鳩山一郎先生の平和に傾けられた情熱に対して心から敬意を表するものであります。その教えを受けた鳩山…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1977/03/02、34期)

まず冒頭に、私きょうの質問で若干の資料として写真を持ってきているのですが、持ち込みをお許しいただけますか。私は、戦争につながるいわゆる核、それから人類を滅亡に導くんだと言われる差別、いわゆる核と差別…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1977/04/20、34期)

質問に先立って、私は毎回強く申し上げておるのですけれども、世界のすべての国からなくすべきは核と差別、守るべきは平和と人権であるということを訴えてきたわけです。外務大臣、この私の考えに御異議ございません…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1977/04/27、34期)

私は、最初の質問のときに鳩山外務大臣にあえて御質問をしたわけですけれども、昭和三十一年の十月に日ソ共同声明に取り組むために、いまは亡き総理大臣鳩山一郎先生がその情熱を平和に傾けられた、非常に敬意を表す…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1977/05/20、34期)

がん原性物質及びがん原性因子による職業性障害の防止及び管理に関する条約の審議に当たって、私は冒頭に外務大臣にその御決意を承りたい。先ほどの趣旨説明の中でも、勤労国民大衆の健康を増進のためにという御発…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1977/05/25、34期)

約九十日に余る長い交渉の結果、日ソ漁業暫定協定がやっとその調印の運びになったということでございます。きょうその暫定協定の全文が新聞を通して明確にされたわけでありますが、そこで、まずもって暫定協定につい…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1977/06/04、34期)

お三人の参考人の方には御出席をいただいて感謝申し上げます。まず池尻さんにお伺いをいたしたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第14号(1977/05/26、34期)

まず、私は、安全対策の面で日本国有鉄道、なかんずく新幹線の問題について重点的にお尋ねをいたしたいと思います。再三すでに明白にされておるわけでありますけれども、新幹線における事故は、当初の昭和三十九年…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1977/04/26、34期)

まず最初に、石原環境庁長官に私はお尋ねをしたいのですが、せんだってより水俣の問題で大変御苦労いただいております。そのことについては謝とするところなんですけれども、人間が住むにふさわしい環境とは、一体ど…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1977/03/01、34期)

限られた時間ですので、簡潔、明瞭にお答えをいただきたい、こういうふうにまずお願いをしておきます。私は、日韓問題について、とりわけ産業廃棄物、廃油の韓国輸出についてお尋ねしたいと思うわけであります。会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1977/08/02、34期)

金大中氏の問題につきましては、すでにいろいろな角度から質問があるわけです。当局の方でも、この質問に対しては、あらゆる角度から答弁ができ得るように資料をちゃんとまとめていらっしゃる、こういうことなんです…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1977/10/26、34期)

私は、まず最初に、日本と韓国の正常な形での外交をより強く進めていくことが、日韓両国の永遠の友好を築く原則であるという考えの中から、いま両国間においていろいろとそれを阻害する要因があるわけでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1978/02/15、34期)

まず外務大臣に、就任早々日ソの問題あるいは日中の問題あるいは東南アジア諸国との平和的友好関係維持のために、御熱心に御努力をいただいておることに対して心から御苦労さまですということを申し上げたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1978/02/17、34期)

まず外務大臣に、わが国の対外経済援助政策、とりわけアフリカ諸国に対しての対外経済援助というものが非常にお粗末である、御努力はいただいておると思いますけれども、過去の取り組みの強い反省をまず冒頭に促した…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1978/02/22、34期)

総理大臣は、二十日の予算委員会において、日中平和友好条約締結交渉について、再開するための段取りを中国側と詰めるように、佐藤大使に十八日新たな指示をした、こういうふうに述べられていらっしゃるわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1978/03/22、34期)

まず私は外務大臣に、日中問題については大変御苦労をいただいておりますことを多としたいと思うわけであります。すでにもう報道がなされているわけですけれども、日中問題については早期締結を私ども社会党が提唱…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1978/03/24、34期)

まず私は、わが国のように非常に資源の乏しい国が、いわゆる技術を中心に産業を発展させていく、あるいは世界貿易を盛んにし、その結果国民生活を向上させていく、そういう形の中での特許制度の役割りというものはき…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1978/03/29、34期)

私は外務大臣に、平和問題について若干御質問をさせていただきます。世界で唯一の被爆国であるというわが国、そんな中にあって、平和を守ることがいかに大切であるかということは、もう言をまたないわけであります…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1978/03/31、34期)

私は、二月十七日及び去る三月二十九日、この事業団法について詳細にわたって質疑を続けてきたわけであります。もとより、経済援助の事業の重要性というものは認識をいたしておるつもりでございます。が、しかし、そ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1978/04/07、34期)

外務大臣が御出席が若干おくれるようでございますので、私はそれまで政務次官に若干の御質問をいたしたいと思います。まず最初に、今回の条約は二国間の条約でありますけれども、国際的な傷害事件は交通機関の発達…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1978/04/12、34期)

まず、私は、外務大臣に日中の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。かねがね園田外務大臣は、当委員会、国会の中で、憲法と核の問題につきましても、あるいはその他の懸案の諸問題についての御答弁、御発言…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1978/04/14、34期)

いま外務大臣から報告を受けたわけでありますけれども、この問題について私から若干質問をいたしたいと思います。まず最初に、わが党はかねがね尖閣列島はわが国の固有の領土である旨の見解を明らかにしてきたわけ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1978/04/19、34期)

私は、今回の領海侵犯事件、この問題に触れることが日中条約締結が遠ざかることになると、まさに困ると思うわけであります。かといってこの問題に触れずにおくということも決していいことではないというふうにも私は…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1978/04/21、34期)

まず私は、航空業務に関する日本国とイラク共和国との間の協定の審議に関連して、昭和三十四年に日米間で取り交わされました輸送力条項の適用に関する合意議事録という秘密文書があるということについては、先般の委…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1978/04/26、34期)

二百海里時代二年目を迎えた本年の日ソサケ・マス漁業交渉は、従来にない難航をしたわけでありますが、交渉経緯を振り返って、農林大臣としてはどのような御感想を持っていらっしゃるか、まずお伺いをしたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1978/05/10、34期)

外務大臣、訪米後の御出席で大変お疲れでしょうけれども、ここで日米首脳会議にかかわる質問に入る前に、まず竹島の問題についてお尋ねをいたします。昨日、竹島周辺の日本漁船に対して、韓国側が領海侵犯として即…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1978/05/12、34期)

まず、バングラデシュとの郵便為替約定についてお伺いをいたします。本約定は、バングラデシュ人民共和国が万国郵便連合に加盟をしていないために、新たに二国間の約定を締結する必要が生じたということに、提案理…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1978/05/26、34期)

私は、かねてより日中条約の早期締結を進言してまいったわけでありますけれども、まさに機は熟したという形の中で若干日中条約についての質問をいたしたいと思います。昨日ないし本日の報道で、すでにその手順は整…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1978/06/02、34期)

ただいま提案になりました国際砂糖協定の質問に入る前に、私、まず冒頭に、せんだっての国連軍縮会議に御出席になり、わが国の平和に対する希望を大変率直に表明された園田外務大臣に、心からその労をねぎらいたいと…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1978/06/14、34期)

私も、いわゆる北方領土四島にかかわる一連の問題として、ソ連の陸海空軍部隊が上陸演習を行ったという、わが国固有の領土である択捉島でのこの事実関係をひとつ明らかにしていただきたいと思う。なお、先ほど政府…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1978/08/18、34期)

七二年九月の国交正常化から六年の懸案であった日中平和友好条約が締結されたことを私は心から歓迎をするものであります。とりわけ今回の日中平和条約は、わが国が自主的に選択をした初めての条約だというふうに私は…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1978/04/21、34期)

まず私は、大阪国際空港に関連して一、二質問をいたします。せんだって、四月十三日、大阪国際空港における国際線等のエアバスの増便計画が一方的に発表されたわけでありますけれども、このことについて、周辺地域…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1978/06/14、34期)

私は、万国博覧会記念公園の入園有料化に関して端的に若干の質問をいたしたいと思います。この公園の性格は、都市公園法あるいは自然公園法いろいろあるわけでありますけれども、この公園に関してはたしか特別な法…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1978/10/13、34期)

今回、先輩、関係各位の御苦労の結果、国民各層の長年の悲願である日中平和友好条約が締結されましたことは、私としても大変喜ばしい限りであります。この条約を締結することによって、両国は子々孫々にわたる友好に…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1978/10/20、34期)

現在の小麦協定について台湾はどうなっているのか、まずお聞きをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1978/10/16、34期)

まず、私は人勧の問題に触れて人事院の見解を最初に聞きたいのですが、国家公務員が外郭団体に出向した場合に、その国家公務員在職中の号数をかなり上回った号数に位置づけておる、こういう実情であるわけなんです。会議録へ(外部リンク)

第86回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1978/12/20、34期)

まず私は外務大臣にお伺いしたいと思うのですが、経済大国と自負しておるわが国が、ロッキードに続いてまたもダグラスで不正取引が起こった。非常に残念である。大臣、いかがですか、今回の問題についての御心境を……会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1979/02/20、34期)

私が外務大臣にまずお伺いいたしたいのは、今回の中国、ベトナムの問題については大変残念なことだと思うのです。それで、中国のとった行動それ自体を覇権行為だという認識に立たざるを得ないような私自身の気持ちな…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1979/02/28、34期)

まず私は外務大臣に、大変残念な状態が続いているベトナムと中国の現状の戦闘の状態の御認識について、外務省としてどう把握していらっしゃるか、お伺いをいたします。そこで、当初トウショウヘイ副主席は、限定的…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1979/04/25、34期)

私は、機会あるごとに、世界のすべての国からなくすべきは核と差別であり、守るべきは平和と人権であるということを強調してまいりました。そして、そのこと自体を私の政治理念として今日まで進んできたわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1979/05/08、34期)

日米首脳会議に出席された外務大臣、大変御苦労さまでございました。お疲れでしょうから、短時間で私なりの質問を終えたいと思います。まず、国連で採択されたこの国際人権規約、ちょうど十三年になるわけです。先…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1979/05/28、34期)

限られた時間ですので。外務省は、このアメリカの公文書を正式にお認めになったわけですが、これを読まれて、これを手にされて、外務省自身非常に疑問だ、そして、この点とこの点については、さらに確かめてみたいと…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1979/05/30、34期)

私は、まず冒頭に、今回の航空機疑惑に関しての資金的な金の流れについて若干のお尋ねをしたいと思います。日商岩井がマクダネル・ダグラス社から事務所経費として取得した二百三十八万ドルの資金の流れ、この流れ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1979/06/01、34期)

まず冒頭に外務大臣にお尋ねをいたしたいことは、過日のUNCTADの総会で大平総理が、一般演説の後の内外記者団会見で、ASEAN諸国を対象にした、今後十年間にわたっての、毎年百万ドル、約二億円の留学生奨…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1979/03/16、34期)

まず私は、特例債の発行状況についてお伺いをしたいと思います。現状の消化状況をひとつお聞かせいただきたいと思います。そういう意味におきまして、四十九年度末では適格国債中九九・九%が日銀にオペで吸収され…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1979/02/09、34期)

まず、大平総理大臣にお尋ねをしたいと思います。今回の航空機の購入問題で大変話題の人となっている、いわゆる日商岩井と密約を交わしたハリー・カーン氏をあなたは御存じでしょうか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  3本提出

質問主意書一覧

従軍看護婦に対する恩給法の適用に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1978/03/02提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

入院料(室料)の差額徴収に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1978/03/08提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

万国博記念公園入園有料化に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第41号(1978/05/25提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22