安井吉典衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   2095文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   2095文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第17号(1985/03/28、37期)

ただいま議題となりました昭和五十六年度決算外二件につきまして、決算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、各件の概要を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 12回発言  78740文字発言
第102回国会 16回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
第103回国会  5回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第104回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  5回発言  40937文字発言

  37期通算  68回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54) 17回発言 119677文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  53900文字発言

 決算委員会
            14回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 科学技術委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  7回発言  50123文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 安全保障特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   4563文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11091文字発言


委員会委員長経験

 決算委員会委員長(第102回国会)
 決算委員会委員長(第103回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1984/04/24、37期)

短い割り当て時間でございますので、一、二重点的に伺いますが、初めに、五九中業のことについて今御質問がございました。その進め方について、防衛庁長官は、大綱の見直しは絡めない、そういうふうなおっしゃり方を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1984/04/24、37期)

科学技術庁長官に伺いますが、二十一日の土曜日の新聞で、北海道の幌延町に高レベル廃棄物の建設計画が進みつつある、こういう報道で実はびっくりしたわけです。地元の方も、前は低レベル廃棄物の処理の問題で町長選…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第18号(1984/07/05、37期)

こちらの委員会で「むつ」問題の集中審議だそうでありますが、私がまだ特別委員会時代の委員長のときにちょうど「むつ」のあの事件が起きて、当時は森山長官で、自民党の筆頭理事は小宮山理事で、大変ここで議論をし…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第14号(1984/07/05、37期)

大臣、こういうことから私始めたいと思うのですが、この間、四月の末から五月の初…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1984/03/27、37期)

畜産振興審議会がきょう食肉部会で食肉の価格の諮問、あす酪農部会で乳価の諮問、こういう段階でありますので、価格問題を中心にして伺いたいと思います。まず、畜肉については、昨年酪農及び肉用牛生産の振興に関…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1984/03/29、37期)

ちょっと関連して伺いたいわけでありますが、昨日、政府の公社現業の職員に対する年度末手当が決定しました。ところが、国鉄と林野だけは後回しとされたわけであります。国有林野の再建のために働く職員の給与がまだ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1984/04/11、37期)

自民党の諸君も、副総裁問題も大事ですけれども、やはり何といったって今国会での農水委の最大の課題はこの林業法案ですから、ちゃんと出席してくれなければ困ります。林野関係のいわゆる三法案の質疑に入るに当た…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1984/04/19、37期)

きょうはちょっと始まりがおくれておりますので、御答弁のぐあいでは、できるだけおしまいの方を縮めたいと思います。そういう意味でも、きちんとしたお答えをぜひいただきたいと思うのです。まず初めに、政務次官…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第21号(1984/06/28、37期)

締めくくりの質問ということで六十分与えられておりますが、私は、いわゆる責任論…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第26号(1984/07/24、37期)

今、米審への試算米価を御説明いただきましたが、説明してすぐですから、なかなかのみ込めない点もたくさんあるわけでありますが、私はまず、諮問米価がこちらの方の委員会を待たせてまでこんなに遅くなるなんという…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第28号(1984/08/07、37期)

きょうはこの国会最後だそうですから、いろいろな問題があるのをお聞きしたいわけでありますが、初めに、この間の米価決定でいろいろな問題が米価だけじゃなしに決定を見たわけであります。その中で一番問題になりそ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第29号(1984/10/03、37期)

きょうの質問の初めに、現在進行中の漁業協定の問題を若干伺いたいと思います。一つは、日朝民間漁業協定であります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第4号(1986/03/25、37期)

先日、河野科学技術庁長官から施政方針とでもいうべきお話がありました。さらにまた科学技術白書によっても、日本の科学技術水準はアメリカと西欧の中間くらいで、基礎研究や新技術の開発、促進が必要であり、そのた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1986/03/27、37期)

おとといでしたか、大臣の所信表団に対する質問、それに引き続く形できょうも、この前お聞きする時間がなかった幌延に関する問題、一、二お尋ねをいたしてまいりたいと思います。この前いろいろな御説明をいただい…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第8号(1986/04/15、37期)

この法律案の前段に臨調なり行革審があったということについて、私はいささか割り切れない思いをしているものですから、その点から少しお尋ねをしていきたいと思います。三月二十八日に政府は科学技術政策大綱を閣…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1986/04/17、37期)

大沢参考人、山川参考人、きょうはありがとうございます。まず大沢参考人に伺いたいのでありますが、実は今、平沼委員とのやりとりの中で大事なところを私電話をかけておりましてちょっとお聞き漏らしをして申しわ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1986/04/24、37期)

九時半に招集があったので、私どももここにずっと座っていたのですが、委員長から何ら連絡がありませんでした。そのことだけちょっと申し上げておきます。エネルギー庁をお呼びをしておりますので、また、前回おい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

留萌市沿岸の不発弾処理に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1984/04/27提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22