国会議員白書トップ衆議院議員竹下登>38期国会活動まとめ

竹下登衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  0回発言      0文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  3回発言  48327文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25) 15回発言  88229文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  9回発言  73754文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  4回発言  48491文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17) 31回発言 258801文字発言

本会議発言一覧

第111回国会 衆議院 本会議 第1号(1987/11/27、38期)

私は、さきの国会において、内閣総理大臣に指名され、国政を担うことになりました。内外の情勢が厳しい中、国民の皆様の期待と信頼にこたえるべく、全力を尽くして国政の遂行に当たってまいります。よろしく御支援のほどをお願い申し上げます。(拍手)戦後、我が国は、多くの分野で目覚ましい発展を遂げてまいりました。し………会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/11/30、38期)

まず、金子さんの御質問に先立っての御発言にもありました、去る二十八日未明に起こりました南ア航空事故についての御報告を申し上げます。南ア航空事故の関係者の御家族に対しましては、深く御同情を申し上げるところであります。会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/12/01、38期)

冒頭に、私の内閣の政治姿勢につきまして御質問をいただきましたが、大変含蓄のあるものでありまして、今後の政治運営上参考にすべきものが多々あったことを申し上げ、以下、それぞれについて私の考え方を申し述べたいと存じます。まず、議員定数是正についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第2号(1988/01/25、38期)

第百十二回国会の再開に当たり、内外の重要な政策課題について、政府の施政の方針を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと存じます。私は、このたび、米国及びカナダを訪問して両国首脳と会談し、胸襟を開いた話し合いを行ってまいりました。また、昨年末、マニラにおいて開催されたASEAN諸国首脳との会議に………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第3号(1988/01/27、38期)

まず、私に対する御質問の冒頭におきまして、世界の趨勢というものは、表面的流れに逆らわないということだけでかじをとるのではなく、底流を見きわめるべきである、私もそのとおりだと思っております。続いて、世界平和への貢献についてINF条約等に言及されての御質疑でございます。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第4号(1988/01/28、38期)

まず最初は、政治姿勢の問題でございました。世界の中で我が国の責任がかつてなく重くなっていること、他方、内外経済情勢の著しい変化の中で、一部業種や地域において景況、雇用などに不安が見られること、そういう内外の現状認識、これは私は基本認識として塚本さんと変わっておりません。そこで、それゆえに解決すべき多………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第6号(1988/02/18、38期)

まず、ただいま石橋議員より、同郷人としてお祝いの言葉と御激励、御叱正を賜りましたことに対しまして、心よりお礼を申し上げます。石橋議員におかれましても、不撓不屈の精神と庶民性をもって本院の議席を獲得されたことに対しまして、謹んで祝意を表します。(拍手)今後の御健闘を心より期待をいたします。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第7号(1988/03/01、38期)

お答えいたします。まず最初は、二十七日に要求をしたいわゆる共同修正要求への所感、こういうことでございます。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第9号(1988/03/22、38期)

伊藤さんの御質問は医療保険制度全般にわたるものでございますが、私に対する質問は、今年度予算の性格づけという形であったと思います。内需主導型とともに、今日まで御厄介になりまして財政改革を続けてまいりました。その財政改革は強力に推進しなければならぬ、それはどうしても既存の制度、施策の根本的見直しというこ………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第10号(1988/03/25、38期)

まず、最初にお触れになりました高知学芸高校の中国修学旅行中の不慮の事故に対しましては、心からお悔やみを申し上げます。とともに、御指摘のように、政府としても早速外務政務次官を現地へ派遣したところでございますが、善後策等につきましては万全を期する所存でございます。さて、次の財確法に対する御質疑でございます。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第12号(1988/03/31、38期)

ただいま、五十三年以来の経緯にさかのぼって、今日の米国の世界戦略への認識と、こういうお尋ねがまず第一点でありました。米国は、抑止力の維持強化を図ることを基本とする国防政策を推進しておる、このようにまず認識しております。こういう基本的な考え方に立って、流動する具体的な国際情勢等に応じて、効果的な国防力………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第14号(1988/04/12、38期)

ただいまの御質疑は、言ってみれば叱吃、鞭撻を含めた御質疑であるというふうに私は承らしていただきました。まず、全国総合開発計画、今日までの反省と責任についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第15号(1988/04/14、38期)

まず第一問は、教育改革取り組みの姿勢について、こういうことであります。今次教育改革は、教育の現状を踏まえつつ、時代の進展に対応した創造的で多様な教育の実現を目指すものであると考えております。臨教審答申に基づく教育改革の推進は国民の強く期待するところでありまして、引き続き国政の重要課題としてその着実な………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第17号(1988/04/19、38期)

私の教師体験から来る感想等をお求めになりました。私は、昭和二十二年十二月から昭和二十六年三月まで三年三カ月の体験しか持ち合わせておりません。しかしながら、その三年三カ月ではございましたけれども、当時、言ってみれば教材も不足し給食もなく、黒板と机といすというものの中に先生である私と子供たちとが対談をし………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第18号(1988/04/22、38期)

まず、私がお答えすべき問題は日本の原子力政策の基本、こういうことであろうかと思います。海外におけるチェルノブイル事故等の受けとめ方、これは国情によって違いがございますが、米国、フランス、英国、西ドイツなどの経済規模の大きな先進諸国におきましては、今後とも原子力の開発利用を推進するという方針には変更が………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第19号(1988/04/26、38期)

本案に対する質疑に入る前に、二つの問題に対する御質問がありました。それから基本的な考え方をまず申し述べます。いわゆる牛肉・かんきつ問題であります。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第24号(1988/05/17、38期)

私に対するお尋ねにお答えいたします。刑事施設法案は、被収容者の人権を尊重しつつ、収容の性質に応じた適切な処遇を行うことをその立法目的としているものでありまして、憲法の理念に立脚しており、人権保障の点でも国際的に遜色のないものである、このように考えております。また、実務的にも矯正の現状から問題はない、………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第26号(1988/05/24、38期)

御指摘なさいましたとおり、本年二月に公表されました総理府の世論調査におきまして、少なくとも米などの基本食糧については、生産コストを引き下げながら国内でつくる方がよいという考え方の強さがうかがえる、そういう結果になっておるものと私も認識をいたしておるところであります。農産物貿易問題につきましては、国際………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第3号(1988/07/29、38期)

第百十三回国会の開会に臨み、所信を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力をいただきたいと思います。まず初めに、去る七月二十三日に発生した海上自衛隊の艦船と民間の船舶との衝突事故によって亡くなられた方々並びにその御遺族に対し、心から哀悼の意を表しますとともに、負傷された方々に謹んでお見舞いを申し上げる次………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第4号(1988/08/01、38期)

まず最初にお答えしなければならないことは、第一富士丸事故についての問題であります。今回のような痛ましい事故が発生して多数のとうとい人命が失われましたことは、まことに遺憾であります。痛恨のきわみであります。亡くなられた方々には深く哀悼の誠をささげ、御遺族には心からお悔やみを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第5号(1988/08/02、38期)

まず最初は、第一富士丸事故の問題についてのお尋ねであります。今回のような痛ましい事故が発生して多数のとうとい人命が失われましたことは、まことに遺憾であり、まさに痛恨のきわみであります。私としては、このことを厳粛に受けとめ、かかる事故がそれこそ二度と起きないよう、事故原因の早急かつ徹底的な究明と再発防………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第8号(1988/09/22、38期)

まず、山中議員が質問に先立つ前に、天皇陛下の御病状にお触れになりました。私も、お答えをいたす前に、天皇陛下の御病状に対しまして、内閣を代表し、心からその速やかなる御快癒をお祈りするものでございます。(拍手)さて、御質問にお答えをしなければなりません。まず、税制改革の基本的考え方についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第10号(1988/10/06、38期)

まず、質問に先立ちまして、天皇陛下の御病気の御快癒についてお触れになりました。全く同じ気持ちであります。お答えいたします。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第12号(1988/10/13、38期)

田中議員にお答えをいたします。最初の質問は、牛肉・かんきつ交渉の決着についての見解やいかに、こういうことでございます。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第13号(1988/10/20、38期)

まず最初にお答えしなければならないことは、次代を担います青少年の健全育成は、政府に限らず広く国民に課せられた任務である、このように思います。今も御指摘がありましたが、子供は大人の背を見て育つ。私どもの周辺にも、確かに児童も生徒も学生もおります。そういう環境から思いますときに、今回のリクルート問題等、………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第16号(1988/11/16、38期)

宮地議員にお答えをいたします。まず最初に、今日の国会運営の問題についてお触れになりました。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第19号(1988/11/22、38期)

まず最初は、会議設置の必要性についてお尋ねがございました。臨時教育審議会は、社会の変化や文化の進展に対応した教育の実現を目指して精力的に審議を行って、四次にわたります答申をちょうだいしたところでございます。これらの答申に示されました改革提言は、我が国教育の今後の基本方向を考えます上で示唆に富むもので………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第3号(1989/02/10、38期)

第百十四回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して施政の方針を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力を願いたいと存じます。まず最初に、昭和天皇の崩御に対し、衷心より哀悼の意を表する次第であります。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第4号(1989/02/13、38期)

まず最初の御発言は、政治不信に対する問題であります。事実、国民の皆さん方の間に政治に対する不信感が広がってきておる、これはまさに憂慮すべき事態である、このように考えます。だからこそ、行政府の責任者といたしましては、逃れることなく、国民こぞって強く求めております政治改革の具体的実現にみずからのすべてを………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第5号(1989/02/14、38期)

最初のお尋ねでございます。昭和三十三年、ともに国会に議席を得ました塚本委員長が、熟慮の上みずからの身を処することにされた、これにつきましては深くこうべを下げたい、この気持ちでいっぱいでございます。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第6号(1989/03/03、38期)

私に対する御質問にお答えをいたします。まず、世論調査や各種の選挙結果にあらわれました国民の厳しい御批判、これはまさにしかと受けとめるべきものであると思います。政治に対する信頼の回復に全力を尽くしますとともに、国政の運営を一日とてゆるがせにできない。我が身をささげてまいる決意であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22