高沢寅男衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(38期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  0回発言      0文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  1回発言   4356文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  1回発言   1355文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  2回発言   5711文字発言

本会議発言一覧

第112回国会 衆議院 本会議 第12号(1988/03/31、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題となりました日米地位協定第二十四条についての特別協定の改定議定書につきまして、反対の立場に立ちつつ、竹下総理及び関係大臣に対し御質問をいたします。さて、振り返ってみれば、昭和五十三年度以降、我が国は思いやり予算という名のもとに、本来ならば日米………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第10号(1989/04/11、38期)

ただいま議題となりました北方領土問題の解決促進に関する決議案につきまして、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・民主連合及び日本共産党・革新共同を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第106回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第107回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  3回発言  24878文字発言
第108回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  4回発言  49762文字発言
第109回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  21066文字発言
第110回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第111回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言  12339文字発言
第112回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  6回発言  41428文字発言
第113回国会  6回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第114回国会  8回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第115回国会  2回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第116回国会  5回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  15298文字発言

  38期通算  47回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  8) 18回発言 164771文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

外務委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  8)  18回発言 164771文字発言

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            13回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第113回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第114回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第115回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第116回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

外務委員会理事(第107回国会)
外務委員会理事(第108回国会)
外務委員会理事(第109回国会)
外務委員会理事(第110回国会)
外務委員会理事(第111回国会)
外務委員会理事(第112回国会)
外務委員会理事(第113回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第107回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1986/10/17、38期)

私は倉成外務大臣にこうして御質問を申し上げるのは初めてであります。大臣、まことに御苦労さまでございます。どうか質問の趣旨に対して大臣から十分な見解の御表明をいただきますように、まずよろしくお願いいたし…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1986/10/24、38期)

千九百八十六年の国際小麦協定についてお尋ねを申し上げます。なおまた、これとの関連で、今問題の日米間の米問題、こういうことについても後ほどお尋ねしたいと思います。きょう、我が党の辻一彦委員も、またそう…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1986/10/29、38期)

いろいろお尋ねしたいことがありますが、大変時間が制約されております。したがいまして、大臣にはどうぞ簡潔に、そして私のお聞きすることにまともに答えていただくということ…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1987/05/15、38期)

これから質疑をいたすわけでありますが、きょうはこの国会で初めての外務委員会ということでございます。そしてまた、大臣はOECDへ出張された都合できょうはまだ御出席になっていないという状況の中で、政務次官…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1987/05/18、38期)

地位協定に関する特別協定についてお尋ねをいたします。昭和五十三年以来、いわゆる思いやり予算ということで在日米軍の労務費の一部を日本側で負担をして今日に至ったわけです。ところが、今回その裏づけとしてこ…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1987/05/22、38期)

ただいま大臣から提案理由の説明がありました。八件でありますが、参議院回付の六件について私から質問をいたします。人質関係の二件は、後ほど河上委員の方から御質問をいたしたいと思います。初めに、ラムサール…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1987/05/25、38期)

私のきょういただいた時間は三十分でございます。非常にわずかな時間でございますが、この質疑、答弁を通じまして、今北川委員に対して総理お答えになりましたが、今の世界情勢は分岐点にあるという認識を述べられま…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1987/07/29、38期)

大臣、ジュネーブのUNCTAD会議からきょうお帰りで早速この外務委員会、大変御苦労さまであります。お疲れでありましょうが、これからいろいろな御質問をいたしますので、ひとつ十分なお答えをいただきたい、こ…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1987/09/04、38期)

大臣、大変御苦労さまでございます。私はきょう、初めに七十分時間をいただきまして質問申し上げ、あと六十分河上委員から引き続いて御質問をしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1987/12/04、38期)

大臣、御就任早々東奔西走、まことに御苦労さまでございます。今後も十分健康に御留意されて御活躍されますことをまずお祈り申し上げたいと思います。まず初めに、竹下内閣あるいは宇野外務大臣の外交の基本姿勢と…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1988/03/09、38期)

大臣、どうも御苦労さまです。また、この国会を通じて国際情勢の質疑をいただくことが何度もありますが、ひとつどうぞよろしくお願いいたします。初めに、昨年、米ソのINF全廃協定が締結をされた、このことに関…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1988/03/18、38期)

初めにお尋ねをいたしたいことでありますが、その前に一言ごあいさつをしなければなりませんね。きょう夜の時間で、また外務大臣大変御苦労さまでございます。初めにお尋ねをしたいことは、今回我が国は世銀に対す…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1988/04/20、38期)

初めに、外務大臣、今のペルシャ湾情勢でちょっとお尋ねをして、お答えをいただきたいと思います。とうとうアメリカとイランの間で交戦状態が起きたわけです。後、今鎮静化している、こう言われますが、しかしまだ…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1988/04/22、38期)

きょうは、総理、御苦労さまでございます。率直に言ってなかなかこういう機会がありませんので、これからお尋ねすることはもっぱら総理にお尋ねをして、また総理からお答えをいただくようにまずお願いを申し上げます…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1988/04/27、38期)

本条約について最終的には一度大臣の総括的な総論も聞かしていただきますが、具体的な点はそれぞれの担当者の方からひとつお願いしたいと思います。まず、この条約に基づいて我が国が重要な湿地として指定している…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1988/05/11、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日米原子力協定に対する反対の討論を行います。まず第一の反対の理由は、本協定に基づくプルトニウム空輸の危険性であります。プルトニウムはこの協定で予定される一回の空…会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1989/11/01、38期)

大臣、衆議院の外務委員会としてはきょう初めて大臣をお迎えいたしましたが、御就任に心からお祝い申し上げ、また今後の御健闘をまずお祈りいたします。ただいまの租税二件について、ただいまから御質問いたしたい…会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1989/11/10、38期)

私は、きょうは内政干渉という問題、その問題を下敷きにしながら幾つかの問題についてお尋ねをいたしたい、このように考えます。まず、内政干渉ということの定義を政府としてはどのようにお考えか。昭和六十一年の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 38期(1986/07/06〜)  4本提出

質問主意書一覧

昭和四十三年度法律第九十六号「理容師法及び美容師法の一部改正法」の執行に関する質問主意書
第107回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1986/10/25提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

在日外国人子弟の教育のための施設提供に関する質問主意書
第112回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1988/02/04提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

海外に進出している日本企業に対する行政指導に関する質問主意書
第112回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1988/03/22提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

昭和二十一年一月一日から同二十四年四月三十日までの間において、日本に在住した台湾省民に対する刑事裁判権に関する質問主意書
第114回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1989/05/19提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12