上田卓三衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  1回発言   2887文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  0回発言      0文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  1回発言   2887文字発言

本会議発言一覧

第109回国会 衆議院 本会議 第15号(1987/09/03、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、所得税法等の一部を改正する法律案及び修正案について、反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)今日ほど、国民の間に税制に対する関心が高まっているときはありません。今や内需の拡大と円高不況の克服が日本経済の最大の課題であります。円高の被害を直接に受ける中小零………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第106回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第107回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  2回発言  25998文字発言
第108回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第109回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  24863文字発言
第111回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第112回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  3回発言  26410文字発言
第113回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  38期通算  47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47)  8回発言  77271文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  6回発言  51273文字発言

 日本国有鉄道改革に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  25998文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第5号(1986/10/09、38期)

きのう、おとといと同僚議員から既に総括的な質問がなされておるわけでございます。そういう意味で、私は各論、とりわけ国鉄の長期債務を中心とする諸問題につきまして御質問を申し上げたい、このように思うわけであ…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第10号(1986/10/23、38期)

私は、三島会計を中心といたしまして諸問題につきまして御質問を申し上げたい、このように思うわけでございます。先週末の土曜日に四国高松で地方公聴会がございまして、私もそちらに参加させていただいたという関係…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1987/08/19、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりましたNTT株売り払い益による社会資本整備に関する二法案について、反対の立場から討論を行うものであります。反対の第一の理由は、本法案提出が売上…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1987/08/21、38期)

まず、宮沢大蔵大臣に質問申し上げます。本来ならば、前国会の結末といいますか、税制改革については、議長あっせんに基づく与野党の税制協議会の結論を待って、そして一定の結論のもとで政府が判断をして、今回出…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1987/09/02、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、所得税法等の一部を改正する法律案及び同修正案について、反対の立場から討論を行うものであります。この法案の問題点は、まず第一にマル優原則廃止を含んでいる点でありま…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1988/03/16、38期)

三月八日の与野党国対委員長会談で、社会党、公明党、民社党の三会派の要求する三兆円減税につきまして合意、こういうことになったわけでございます。現在、与野党の政策担当の協議機関で、減税の方法、財源などの具…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 大蔵委員会 第11号(1988/04/19、38期)

四月十三日からワシントンで七カ国蔵相会議、いわゆるG7、そしてIMF暫定委員会など一連の通貨金融協議が行われたわけでございます。我が国からは宮沢大蔵大臣が出席し、ドル通貨問題を中心に各国の経済政策の相…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1988/04/22、38期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました昭和六十三年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案並びに修正案について、反対の立場から討論を行うものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22