川崎寛治衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  1回発言    316文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  7回発言   6672文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  1回発言   6099文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  9回発言  13087文字発言

本会議発言一覧

第121回国会 衆議院 本会議 第10号(1991/09/20、39期)

ただいま議題となりました地方自治法第百五十六条第六項の規定に基づき、公共職業安定所の出張所の設置に関し承認を求めるの件につきまして、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本件は、労働省の所掌事務の円滑かつ効率的な遂行を図るため、再就職を希望する女子の職業相談、職業紹介等を専門的に………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第4号(1992/02/06、39期)

このたび、院議をもちまして永年勤続の表彰を賜りましたことは、まことに感激にたえません。心からお礼申し上げます。(拍手)また、鹿児島の選挙区の皆さんには、一九五八年初立候補以来、社会党にとって順風のときも逆風のときにも、四名区で二名をお支えいただいてまいりましたことに、この場をかりて、厚くお礼を申し上………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第13号(1992/03/26、39期)

ただいま議題となりました労働保険の保険料の徴収等に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案について、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における労働保険特別会計雇用勘定の収支の状況等にかんがみ、雇用保険率及び求職者給付に要する国庫負担の割合を当分の間引き下げる………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第19号(1992/04/16、39期)

ただいま議題となりました労働安全衛生法及び労働災害防止団体法の一部を改正する法律案について、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における経済社会情勢の変化及び労働災害の動向に即応し、建設業における労働災害を防止するための措置を充実強化するとともに、快適な職場環境の形………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第22号(1992/05/12、39期)

ただいま議題となりました介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律案一について、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、急速な高齢化の進展に伴う介護労働力の需要の増大にかんがみ、介護労働者について、雇用管理の改善、能力の開発及び向上等に関する措置を講じることにより、介護労働力………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第25号(1992/05/21、39期)

ただいま議題となりました労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法案について、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における労働時間の状況及び動向にかんがみ、労働者のゆとりのある生活の実現等に資するため、労働時間の短縮の円滑な推進を図ろうとするもので、その主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第27号(1992/05/26、39期)

ただいま議題となりました両案件につきまして、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第28号(1992/05/28、39期)

ただいま議題となりました職業能力開発促進法の一部を改正する法律案について、労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における経済社会の変化に対応して、事業主、労働者等の自主的な職業能力開発を促進するための支援の強化、高度で多様な職業能力開発機会を提供するための公共職業訓練………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第19号(1993/04/13、39期)

今、日本の民主主義が世界から問われております。私は、日本社会党・護憲民主連合を代表して、自由民主党の政治改革関連法案に対して、意見を交えながら質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  3回発言  49569文字発言
第119回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  21783文字発言
第120回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言  45943文字発言
第121回国会 14回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言  19069文字発言
第122回国会  6回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第123回国会 15回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   7019文字発言
第124回国会  3回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    146文字発言
第125回国会  3回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第126回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

  39期通算 112回出席(長 20 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 92) 13回発言 143529文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  3回発言   7165文字発言

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  3回発言  49569文字発言

 労働委員会
            20回出席(長 20 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  45943文字発言

 国際連合平和協力に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  21783文字発言

 文教委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 安全保障委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 国際平和協力等に関する特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言  19069文字発言


委員会委員長経験

 労働委員会委員長(第121回国会)
 労働委員会委員長(第122回国会)
 労働委員会委員長(第123回国会)
 労働委員会委員長(第124回国会)
 労働委員会委員長(第125回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1990/04/10、39期)

大変今大きな大変化の時代でありまして、ある意味においては百年に一度というふうな大きな変化の時代だと思いますが、それだけに大変大きな日本の役割というものは方向をきちっと見定めなければならない、こう思いま…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1990/04/20、39期)

さきに総括質問で、ヨーロッパの大きな変化、それから日本の対応の仕方、そういう問題について、グローバルな問題についてお尋ねをいたしましたが、そのときにも指摘をしておいた点でございますけれども、要するに米…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1990/04/23、39期)

先般の総括質問でも、国際情勢の問題、それから日本のこれからの安全保障、さらには軍縮の問題等について総理を初め質問をいたしてまいりました。先般も私は、今の世界情勢の大きな変化というものは、百年に一度と…会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 国際連合平和協力に関する特別委員会 第2号(1990/10/24、39期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ひとつ徹底的にこの問題についてお尋ねしたいと思います。そこで、まず大変悲しいことには、イラクの経済に大変御協力をしてこられた日本の皆さん方、経済人、技術者、それ…会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 国際連合平和協力に関する特別委員会 第4号(1990/10/26、39期)

一昨日の私の質問の際に、小型武器の問題については法律で明記せよということを要求いたしました。研究させてもらいます、こういうことでございましたので、まずその点についての御回答をお願いします。次には、平…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1991/03/01、39期)

全戦域で戦闘がやんだということは心から喜びたいことだと思います。ただ、この湾岸戦争というのは、東西対立が終わった後の新しい情勢の中で起きた非常に不幸なことでありまして、これは非常に冷静にこれから検証し…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1991/03/06、39期)

ソ連、東欧と西側が共同参加するという意味では初めての国際金融機関ができまして、そしてそれがいよいよ発足、活動開始、こういうことでございますので、その意義は大変大きい、歴史的なものだと思います。そこで…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1991/03/15、39期)

きのうの理事会で、政府側から今度の湾岸戦争に出動した在日米軍の数について報告がありました。それは、主に海兵隊約八千、それから洋上展開が約七千、こういう報告がありました。そこで外務大臣にお尋ねしたいの…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1991/04/24、39期)

それでは、外務大臣がいないと大変ぐあいが悪いのですが、時間の関係で、進めていきたいと思います。まず最初に、李方子さん関係の協定の問題に入りますが、アジア局長、あなたは李方子さんの「歳月よ王朝よ 最後…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 国際平和協力等に関する特別委員会 第3号(1991/09/25、39期)

私は、林委員長がこの委員会の運営について大変民主的にやるということを、理事会で決意を述べられたことを理事から報告を受けました。だから私は、きょうの質問の冒頭に、委員長にはこの委員会の運営についてきちっ…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1992/01/24、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1992/05/12、39期)

私は、沖縄厚生年金の格差是正の問題一本に絞ってお尋ねをしたいと思います。私と沖縄のかかわり合いというのは実は大変長いわけでありまして、六四年に第一回の社会党の調査団の事務局長で参りましてから五十回ぐ…会議録へ(外部リンク)

第124回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1992/08/07、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22