佐藤観樹衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  1回発言   9274文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  3回発言  15068文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  4回発言  24342文字発言

本会議発言一覧

第123回国会 衆議院 本会議 第3号(1992/01/29、39期)

カラスが鳴かない日はあっても、「共和汚職」「阿部文男代議士」「東京佐川」の報道のない日はないという異常な政治不信の中での国会であります。二十一世紀に向けて世界が激動し、新しい秩序を求めて、日本の政治が大きな役割を果たさなければならないこのときに、ロッキード、リクルート、そして共和と次々に起きる疑獄事………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第19号(1993/04/13、39期)

私は、日本社会党・護憲民主連合及び公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案並びに衆議院議員小選挙区画定等審議会設置法案につきまして、提案理由並びにその内容の概略について御説明申し上げます。昨年来の佐川急便事件、さかのぼればロッキード事件、リクルート事件と相………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第20号(1993/04/14、39期)

ただいま加藤議員の最初の御質問は、社会党は社会主義を捨てていないのではないか、こういう質問でございました。総理になる機会もあるのではないか、あるいは前官房長官の、あるいは今与党の幹事長代理をしていらっしゃる加藤さんの御質問とは、私は正直言って思えないのであります。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第34号(1993/06/18、39期)

きょうの後にきょうなしとの覚悟で政治改革に取り組んでまいります、今国会中に抜本的な政治政章が実現するよう念願いたしますと言ったのは、本年一月二十二日の本会議場におきます宮沢総理の施政方針演説の一節であります。それから五カ月、宮沢総理のリーダーシップは何ら発揮されず、何の具体的な指示もなく、政治改革を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  3)  2回発言   8150文字発言
第119回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言     91文字発言
第120回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)  6回発言  20145文字発言
第121回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  1回発言  25856文字発言
第122回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言     90文字発言
第123回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 19)  3回発言  23841文字発言
第124回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言     90文字発言
第125回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  2回発言  18756文字発言
第126回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

  39期通算  69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員 34) 17回発言  97019文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0) 14回発言  47412文字発言

 大蔵委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  2回発言  23751文字発言

 政治改革に関する特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  1回発言  25856文字発言

 政治改革に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第118回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第119回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第120回国会)
 政治改革に関する特別委員会理事(第121回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第122回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第123回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第124回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第125回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1990/03/01、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、中山利生君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1990/04/18、39期)

両委員長には大変お忙しいところ御出席をいただきまして、ありがとうございます。社会党の持ち時間の間、私は主に第一委員会の委員長に、山花委員が第二委員会の委員長にということで、一応仕分けをして御質問をさせ…会議録へ(外部リンク)

第119回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1990/10/12、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、中山利生君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1990/12/10、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、中山利生君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1991/01/18、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、石井一君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1991/03/06、39期)

第十二回の統一自治体選挙もあと十二日で始まるわけでございますけれども、この統一自治体選挙の執行予定といいましょうか、実施率といいましょうか、ほとんど統一というのが崩れてくる。一番残っているのが都道府県…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1991/03/27、39期)

定数是正の意義と現在の世論の批判についてまず冒頭述べておきたいのでありますが、日本国憲法の前文は次のような言葉で始まっています。「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、」中間を…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1991/04/10、39期)

今、山花理事の方から、この要綱について基本的にどう考えておられるのか、不…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第9号(1991/04/24、39期)

羽田さんから今お話がありましたけれども、この前、定数是正の問題で各党とも共通していることは、それなら比例代表をやりましょう。過日、私もデータを出しましたように、我が党の左右合同以来、最近十回をとってみ…会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 政治改革に関する特別委員会 第3号(1991/09/13、39期)

ただいまは七人、自民党の方の御意見、質問でございましたが、私は社会党・護憲共同の佐藤観樹でございます。今の大変白熱した自民党さんの質問を聞いておりましたけれども、一番肝心かなめの、今政治で最大の問題…会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1991/11/08、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、松永光君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1992/01/24、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、松永光君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1992/05/19、39期)

本日、パリにおきましてOECDの閣僚理事会が行われておりまして、どういうコミュニケになるのかわかりませんけれども、新聞の報ずるところでは、やはり日本に新たな財政出動をさせるべきであると財政支出を要請す…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1992/06/03、39期)

まず羽田大蔵大臣にお伺いをいたしますけれども、大臣もそこでずっと長いこと質疑を聞いておられて、かなり本法案については熟知をされたと私は思うわけでございます。それで、あなたが大蔵大臣という立場ではなくて…会議録へ(外部リンク)

第124回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1992/08/07、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、松永光君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1992/10/30、39期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、松永光君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1992/11/30、39期)

昭和六十一年の五月二十一日に、本院におきまして、衆議院議員の定数是正に関する決議がなされております。選挙権の平等の確保は議会制民主政治の基本であり、選挙区別議員定数の適正な配分については、憲法の精神…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22