松浦清一 参議院議員
2期国会活動統計

松浦清一[参]在籍期 : | 2期|- 3期- 4期- 5期
松浦清一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松浦清一参議院議員の2期(1950/06/04〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は2期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院2期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第8回国会
(臨時:1950/07/12-1950/07/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第9回国会
(臨時:1950/11/21-1950/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第10回国会
(通常:1950/12/10-1951/06/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第11回国会
(臨時:1951/08/16-1951/08/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1951/10/10-1951/11/30)
3回
11245文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1951/12/10-1952/07/31)
6回
14583文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第14回国会
(通常:1952/08/26-1952/08/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(特別:1952/10/24-1953/03/14)
1回
4250文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



2期通算
(1950/06/04-1953/04/24)
10回
30078文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


松浦清一[参]本会議発言(全期間)
| 2期|- 3期- 4期- 5期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院2期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


4回
(0回)
2回
(0回
0回)
266文字
(0文字
0文字)

6回
(0回)
1回
(0回
0回)
505文字
(0文字
0文字)

19回
(3回)
5回
(0回
0回)
12407文字
(0文字
0文字)

6回
(6回)
6回
(6回
0回)
16993文字
(16993文字
0文字)

27回
(13回)
15回
(2回
0回)
38674文字
(4728文字
0文字)

55回
(33回)
23回
(1回
0回)
52759文字
(227文字
0文字)

第14回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

26回
(0回)
14回
(0回
0回)
24031文字
(0文字
0文字)


2期通算
144回
(55回)
66回
(9回
0回)
145635文字
(21948文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(0回)
1回
(0回
0回)
2081文字
(0文字
0文字)

2回
(2回)
2回
(0回
0回)
1407文字
(0文字
0文字)

2回
(1回)
1回
(0回
0回)
3851文字
(0文字
0文字)

第13回国会
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
9072文字
(0文字
0文字)


2期通算
11回
(5回)
6回
(0回
0回)
16411文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
92回
(55回)
54回
(9回
0回)
水産委員会

2位
28回
(0回)
7回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
23回
(0回)
5回
(0回
0回)
予算委員会

4位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(2回)
2回
(0回
0回)
文部・水産連合委員会

1位
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
外務・水産連合委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣・人事・地方行政・大蔵・農林・水産・運輸・建設・経済安定・予算連合委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
水産・外務連合委員会

3位
1回
(1回)
1回
(0回
0回)
内閣・農林・水産連合委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
水産・農林連合委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会地方財政平衡交付金に関する小委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
水産・法務・外務連合委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
大蔵、水産、通商産業連合委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

水産委員会(第10回国会)
水産委員会(第11回国会)
水産委員会(第12回国会)
水産委員会(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

松浦清一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
| 2期|- 3期- 4期- 5期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院2期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)2本
第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)0本
第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)1本
第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)0本
第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)0本
第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)1本
第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)0本
第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)0本


2期通算(1950/06/04-1953/04/24)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第8回国会(1950/07/12〜1950/07/31)

韓国水域就航船舶乗組員に対する危険区域手当免税に関する質問主意書

第8回国会 参議院 質問主意書 第3号(18471提出、2期、会派情報無し)
質問内容
韓国問題の勃発に鑑み、韓国水域就航船舶乗組員に対しては危険区域手当が支給されることになつているが、本手当の特殊性に鑑み免税とすべきものと思われる。敢て説明する迄もなく現在の状況において戦争により生命の危険に曝されているのは韓国水域就航船舶乗組員に限るのであつて、かかる場合において右危険手当に対して国内における一般給与と同様に課税することは不合理も甚だしいと考える。
本件に対する政府の見解如何。 …
答弁内容
韓国水域就航船舶乗組員が受ける地域手当等は、一種の危険手当たる性質を有するものであり、従来所得税を課税している危険手当たる国鉄、海上保安職員等が受ける特殊勤務手当等とその性質上さしたる差異を有するものでなく、且つ、その額も本俸、家族手当、勤務手当及び航海手当の合計額の一〇〇%又は一五〇%に達することもあるので、これを非課税とすることは負担の権衡上から見ても妥当でないと考える。

船員法と船員保険法との災害補償の調整に関する質問主意書

第8回国会 参議院 質問主意書 第4号(18471提出、2期、会派情報無し)
質問内容
船員の災害補償に関し船員法に規定されている船主責任は船員保険法でカバーすることが認められているが、現実の両法の規定には可成りの喰違いがあり、このため船主責任の点において屡々問題を惹起している。従つて政府においてもこの喰違いを調整することが年来の懸案となつていると聞くが、両法の所管庁が異るためか未だ具体的解決がつかないのは甚だ遺憾である。
政府は本件の調整を何時実施する所存か明確な答弁を求める。 …
答弁内容
船員保険法の業務上災害補償を船員法の災害補償と一致させるためにできるだけ速やかな機会に、船員保険法の規定を改正するよう、厚生省と折衝し準備を進めております。


■ページ上部へ

第10回国会(1950/12/10〜1951/06/05)

漁船船員の歩合金に対する課税の適正化に関する質問主意書

第10回国会 参議院 質問主意書 第2号(18612提出、2期、会派情報無し)
質問内容
漁船船員の収入の多くの部分を占めている歩合金に対する現行所得税法の適用は著しく公正を欠き不合理極まる苛酷なものであるから速やかにこれを改正し合理妥当な課税の基準を定めるべきであると考えるが、これに対する政府の方針を質問する。
質問の理由
漁船船員の収入は、その生活を維持するための固定賃金は極めて低額であり、歩合金が多くの部分を占めているのが通例である。その歩合金を得るために漁船船員は陸上一般勤…
答弁内容
一 漁獲高に応じて報酬の額が定められているいわゆる漁業労務者の所得は、給与所得として課税しているが、勤労者の労働条件及び環境等は区々であつて、作業費等の名目により漁業労務者のみに特別な控除を認めることは妥当でない。
二 漁船船員の給与所得については、固定給があつて、一定の給与は、常に確保されていること等の点から、これを変動所得として特別の課税方式によることは、妥当でないと考える。


■ページ上部へ

第12回国会(1951/10/10〜1951/11/30)

参議院議員細川嘉六君を逮捕し、公職追放の措置にいでた問題に関する質問主意書(共同提出)

第12回国会 参議院 質問主意書 第7号(18956提出、2期、会派情報無し)
質問内容
一、去る九月四日参議院に議席を有していた細川嘉六君が占領政策に違反するとの理由で突如逮捕され、勾留処分を受けるに至つたが、この逮捕が全く架空の容疑によるものであることは、その後の事件の発展によつて明かにされている。
即ち検察庁は二十三日間にわたる必死の捜査にもかかわらず何等容疑事実の証拠をあげられないため遂に同君を釈放せざるを得ない結果に至つたのである。
この点について法務総裁は、去る十七日の…
答弁内容
一、細川嘉六君に対する被疑事実は左記のとおりである。
なお、右の被疑事実につき東京地方裁判所裁判官から犯罪の嫌疑あるものとして、逮捕状及び勾留状が発せられたものであるから、念のため申し添える。

被疑事実
被疑者は日本共産党臨時中央指導部員であるが、他の同部員等と共謀の上、昭和二十六年七月十九日頃より同月二十六日頃迄の間、東京都内において連合国占領軍に対して反抗、反対し、且つ連合国に対す…

■ページ上部へ

第13回国会(1951/12/10〜1952/07/31)

英連邦軍関係日本人船員の雇用に関する質問主意書

第13回国会 参議院 質問主意書 第7号(19149提出、2期、会派情報無し)
質問内容
英連邦軍関係日本人船員の雇用に関する問題について次の点を質問する。政府は明確にして責任ある回答をなされるよう望むものである。
(A) 現在までの経過
英連邦軍に労務を提供する船員は、広島県呉に約三百名あり、これら船員は、講和条約の発効日までは、日本政府特別調達庁を雇用主とする所謂連合国軍関係労務者としてよくその重大責務を遂行して来た。然るに講和条約発効の直前(四月十九日)に極東軍司令官より英連…
答弁内容
平和条約発効後は日本国占領当時における連合国軍最高司令官の命令指令等は一切失効するので平和条約発効の日以降日本国に駐留する英連邦軍に対する日本国の労務提供に関する責任は一切解除されたものと考える。
従つて米駐留軍の如く英連邦軍との間に何等かの国際協定がなされない限り日本政府には英連邦軍のための日本人船員を提供する責任はない。
よつて平和条約発効後においては英連邦軍に勤務する日本人船員は軍との直…

松浦清一[参]質問主意書(全期間)
| 2期|- 3期- 4期- 5期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院2期 ※参考情報)

日本社会党 (第8回国会、初出日付:1950/07/26、会議録より)
日本社会党 (第9回国会、初出日付:1950/11/21、会議録より)
日本社会党 (第10回国会、初出日付:1951/02/14、会議録より)
日本社会党 (第11回国会、初出日付:1951/08/16、会議録より)
日本社会党第三控室(右) (第12回国会、初出日付:1951/10/13、会議録より)
日本社会党 (第12回国会、初出日付:1951/10/18、会議録より)
日本社会党第三控室(右) (第12回国会、初出日付:1951/11/20、会議録より)
日本社会党(第二控室・右) (第12回国会、初出日付:1951/12/08、会議録より)
日本社会党(第二控室・右) (第13回国会、初出日付:1951/12/14、会議録より)
日本社会党(第二控室・右) (第15回国会、初出日付:1952/11/27、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院2期 ※参考情報)

第11回国会
水産委員会理事議会

第12回国会
水産委員会理事議会

第13回国会
水産委員会理事議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

松浦清一[参]在籍期 : | 2期|- 3期- 4期- 5期
松浦清一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 2期在籍の他の議員はこちら→ 2期参議院議員(五十音順)  2期参議院議員(選挙区順)  2期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。