田代由紀男 参議院議員
13期国会発言一覧

田代由紀男[参]在籍期 : 11期-12期-|13期|-14期-15期
田代由紀男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは田代由紀男参議院議員の13期(1983/06/26〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は13期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院13期)

田代由紀男[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-|13期|-14期-15期
第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 参議院本会議 第22号(1985/06/24、13期、自由民主党・自由国民会議)

○田代由紀男君 エネルギー対策特別委員会における調査の概要を御報告いたします。  本委員会は、エネルギーに関する諸問題を調査し、総合的かつ長期的な対策樹立に資するため、昭和五十四年十二月、第九十一回国会において新設され、昭和五十七年五月、第九十六回国会において、この間の調査の概要を中間報告として提出いたしました。  委員会は、引き続きエネルギー政策について政府から所信を聴取するとともに、当面するエネルギーの諸問題を初め、中長期的な施策の方向等について質疑を行い、また、広く識者の意見を聴取するなど、鋭意調査を進めてまいりました。  去る六月十九日、ほぼ三年にわたる調査の概要を取りまとめ、「中間報……

田代由紀男[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-|13期|-14期-15期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院13期)

田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-|13期|-14期-15期
第99回国会(1983/07/18〜1983/07/23)

第99回国会 農林水産委員会 第1号(1983/07/21、13期、自由民主党)【政府役職】

○政府委員(田代由紀男君) ごあいさつを申し上げます。  今日の農林水産業を取り巻く内外の情勢はきわめて多くの困難な課題を抱えておりますが、金子大臣を補佐いたしまして全力を傾けてこの難局に取り組んでいきたいと存じております。何とぞ委員の皆さん方の御支援を賜りますように、心からお願い申し上げましてごあいさつを申し上げま す。どうかよろしくお願いいたします。(拍手)


■ページ上部へ

第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

第101回国会 エネルギー対策特別委員会 第5号(1984/08/08、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつ申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして、本特別委員会の委員長に選任されました。甚だ微力ではございますが、重責を果たしてまいりたいと思います。よろしくお力添えのほどをお願い申し上げます。  井上前委員長からごあいさつがあります。井上君。
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  エネルギー対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につき……

第101回国会 災害対策特別委員会 第5号(1984/07/20、13期、自由民主党・自由国民会議)

○田代由紀男君 派遣委員報告を申し上げます。  去る七月十三日、十四日の両日、赤桐委員長、粕谷理事、原田理事、坂元、下田の各委員と私、田代の六名は、桜島火山周辺地域における防災対策の実情調査のため、鹿児島県に行ってまいりました。なお、現地において、井上、金丸、川原、久保の四議員が参加されました。  以下、派遣委員を代表して調査の概要と、私どもが特に印象を受けました点を簡単に御報告申し上げます。  桜島は鹿児島湾の中央に浮かぶ小さな火山島でありますが、大正三年の大爆発後、昭和に入ってからも二十一年、三十年の爆発を経て、四十七年ごろから火山活動が一段と活発化しております。特に本年は、七月十一日現在……

第101回国会 予算委員会 第11号(1984/03/26、13期、自由民主党・自由国民会議)

○田代由紀男君 まず、医療問題の重点事項であります医師の過剰問題について、厚生大臣並びに文部大臣がおいでになりますので、文部当局の見解をお伺いします。  この問題は、私は昨年四月十二日、社会労働委員会で質問して、林厚生大臣並びに文部省の前畑課長よりそれぞれ答弁があったわけでありますが、その後一年になりますが、これという進展も見ていないわけであります。  概略を申し上げますと、厚生省では欧米の水準を基礎として、昭和六十年度までに人口十万対で百五十人の医師を確保すると言ってきております。目標はしかし五十八年度で既に達成しておりまして、現に都会の開業は大変困難な状態にありますし、五十七年にはさらに八……


■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第1号(1984/12/01、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつ申し上げます。  前国会に引き続きまして私が委員長に選任されました。  御協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に沖外夫君、夏目忠雄君、小柳勇君、馬場富君及び小西博行君を指名いたします。
【次の発言】 この際、派遣委員の報告に関する件についてお諮りいたします。  先般、当委員会が行いましたエ……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第2号(1985/02/13、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨年十二月四日、寺田熊雄君が委員を辞任され、その補欠として赤桐操君が選任されました。  また、昨年十二月二十一日、馬場富君が委員を辞任され、その補欠として太田淳夫君が選任されました。  また、去る一月二十五日、大森昭君が委員を辞任され、その補欠として梶原敬義君が選任されました。
【次の発言】 次に、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第3号(1985/03/20、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  エネルギー対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に参考人として日本エネルギー経済研究所理事長生田豊朗君、一橋大学経済学部助教授室田武君の出席を求め、その意見を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 エネルギー対策樹立に関する調査を議題といたします。  本日は、本件につきまして参考人から意見を聴取いたします。  まず、日本エネルギー経済研究所理事長生田豊朗君から意見……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第4号(1985/03/27、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  エネルギー対策樹立に関する調査を議題といたします。  まず、エネルギー対策の基本施策について、関係大臣から所信を聴取いたします。村田通商産業大臣。
【次の発言】 大臣、御退席いただいて結構でございます。  次に、竹内科学技術庁長官。
【次の発言】 大臣、御退席いただいて結構でございます。  昭和六十年度エネルギー対策関係予算につきまして、関係省庁から順次概要の説明を聴取いたします。資源エネルギー庁浜岡次長。
【次の発言】 工業技術院等々力院長。
【次の発言】 科学技術庁宇賀官房長。

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第5号(1985/04/10、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨四月九日、小笠原貞子君が委員を辞任され、その補欠として近藤忠孝君が選任されました。
【次の発言】 エネルギー対策樹立に関する調査を議題といたします。  本日は、最近のエネルギー需要構造の変化と今後の見通しに関する件の調査のため、日本エネルギー経済研究所理事富舘孝夫君及び株式会社住環境計画研究所所長中上英俊君の出席をいただいております。  この際、参考人の方に一言ごあいさつを申し上げます。  本日は御多忙のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうご……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第6号(1985/04/24、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  エネルギー対策樹立に関する調査を議題といたします。  本日は、最近のエネルギー供給見通しとその課題に関する調査のため、電源開発株式会社総裁門田正三君、埼玉大学教養学部助教授室田泰弘君、新エネルギー総合開発機構理事長綿森力君の御出席をいただいております。  この際、参考人の方に一言ごあいさつ申し上げます。  本日は御多忙のところ本委員会に出席をいただきまして、まことにありがとうございました。参考人の方々からの忌憚のない御意見を拝聴し、今後の調査の参考にいたしたいと存じます。  また、議事の進め方といたしましては、……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第7号(1985/04/25、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  委員派遣承認要求に関する件についてお諮りいたします。  三菱石炭鉱業株式会社高島炭鉱における災害の実情調査のため委員派遣を行うこととし、派遣委員、派遣期間等の決定はこれを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後一時五分散会

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第8号(1985/05/22、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、このたびの三菱石炭鉱業株式会社高島炭鉱及び南大夕張炭鉱における災害の発生により多数の犠牲者を生じましたことにつきまして、深く哀悼の意を表します。  つきましては、犠牲者の霊に対し黙祷をささげたいと思います。  どうぞ御起立をお願いします。黙祷をお願いします。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席を願います。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  昨二十一日、小柳勇君及び中野鉄造君が委員を辞任され、その補欠として対馬孝且君及び藤原房雄君が選任されました。

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第9号(1985/06/05、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  エネルギー対策樹立に関する調査のうち、エネルギー対策の基本施策に関する件を議題として質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言をお願いします。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時まで休憩します。    午前十一時四十分休憩
【次の発言】 ただいまからエネルギー対策特別委員会を再会いたします。  休憩前に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 本件に対する質疑はこの程度にとどめ、これより三菱石炭鉱業株式会社高島炭鉱及び南大夕張炭鉱における災害に関する件を……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第10号(1985/06/14、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  本日、藤原房雄君及び赤桐操君が委員を辞任され、その補欠として中野鉄造君及び対馬孝且君が選任されました。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  エネルギー対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に参考人として東京大学名誉教授大島恵一君、群馬大学長小野周君及び株式会社東芝電力事業部技監荻本和男君の出席を求め、その意見を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第11号(1985/06/19、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  本日、対馬孝且君が委員を辞任され、その補欠として赤桐操君が選任されました。
【次の発言】 次に、調査報告書についてお諮りいたします。  本委員会は昭和五十四年十二月設置され、その設置の趣旨に沿って、去る昭和五十七年五月に第一回の中間報告書を議長に提出しております。  自来、既に三年を経過いたしましたので、理事会で協議の結果、それ以後の調査を取りまとめ、お手元に配布しておるとおり、「エネルギー対策樹立に関する調査報告書(中間報告)」(案)を作成いたしました。  つきま……

第102回国会 エネルギー対策特別委員会 第12号(1985/06/24、13期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまからエネルギー対策特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る二十一日、夏目忠雄君が、また二十二日、菅野久光君がそれぞれ委員を辞任され、その補欠として沢田一精君及び対馬孝且君が選任されました。
【次の発言】 次に、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、この際、理事の補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第102回国会 社会労働委員会 第14号(1985/04/12、13期、自由民主党・自由国民会議)

○田代由紀男君 時間が制限されておりますので、まず村上参考人、それから久野参考人に。村上参考人には今御説明をいただきました税方式について、それから久野参考人には障害年金の改善について、それで時間があれば中根参考人に官民格差についてお聞きしたいのですが、十分間ですから、私が簡単に二分間ぐらいで質問をしますから、あと三分ずつ程度で御答弁を願いたいと思います。  村上参考人から先ほどお話をいただきました社会保険方式と税方式、これはまことにうんちくのある御説明をいただきましたが、今回の改正案は現行制度にのっとっている社会保険方式でありますが、これを維持し、それぞれ基礎年金を受ける上での現役時代に保険料……


田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-|13期|-14期-15期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院13期)

 期間中、各種会議での発言なし。

田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-|13期|-14期-15期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

田代由紀男[参]在籍期 : 11期-12期-|13期|-14期-15期
田代由紀男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 13期在籍の他の議員はこちら→13期参議院議員(五十音順) 13期参議院議員(選挙区順) 13期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。