田代由紀男 参議院議員
15期国会発言一覧

田代由紀男[参]在籍期 : 11期-12期-13期-14期-|15期|
田代由紀男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは田代由紀男参議院議員の15期(1989/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は15期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院15期)

田代由紀男[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-13期-14期-|15期|
第118回国会(1990/02/27〜1990/06/26)

第118回国会 参議院本会議 第12号(1990/05/30、15期、自由民主党)

○田代由紀男君 ただいま議題となりました沖縄振興開発金融公庫法の一部を改正する法律案につきまして、沖縄及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本法律案は、沖縄における産業の振興開発に資するため、沖縄振興開発金融公庫の業務について、資金の貸付対象設備が主務大臣の定める事業の用に供される場合には当該設備の取得等に関連する資金の貸し付けを行うことができることとするほか、高度で新しい技術の研究開発等に必要な資金の貸し付けを行うことができることとする措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、沖縄振興開発金融公庫の出資業務の状況、立ち上がり支援……

田代由紀男[参]本会議発言(全期間)
11期-12期-13期-14期-|15期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院15期)

田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-14期-|15期|
第115回国会(1989/08/07〜1989/08/12)

第115回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1989/08/07、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました。皆様方の御協力を賜りまして、円滑公正な運営を行ってまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 それでは、これより理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大城眞順君、北修二君、竹村泰子君、及川順郎君及び市川正一君を指名いたします。


■ページ上部へ

第116回国会(1989/09/28〜1989/12/16)

第116回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1989/09/28、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつを申し上げます。  前国会に引き続きまして委員長に選任されましたが、どうぞよろしく御協力のほどお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 それでは、これより理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大城眞順君、北修二君、竹村泰子君、及川順郎君及び市川正一君を指名いたします。
【次の発言】 次に、水野総務庁長官及び阿部沖縄開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、……

第116回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1989/12/13、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度とし、午後二時まで休憩いたします。    午後零時二分休憩
【次の発言】 ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を再開いたします。  休憩前に引き続き、沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 本調査に対する本日の質疑はこの程度にとどめます。


■ページ上部へ

第117回国会(1989/12/25〜1990/01/24)

第117回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1989/12/25、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして引き続き本特別委員会の委員長に選任されました。委員の皆様方の御協力をいただきまして、その職責を全うしたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 それでは、これより理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大城眞順君、北修二君、竹村泰子君、及川順郎君及び市川正一君を指名いたします。

第117回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1990/01/23、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会の場合においてもなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成及び提出の時期につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前……


■ページ上部へ

第118回国会(1990/02/27〜1990/06/26)

第118回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1990/02/27、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) 一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙によりまして引き続き本特別委員会の委員長に選任されました。委員の皆様方の御協力をいただきまして、その職責を全うしたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 それでは、これより理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大城眞順君、北修二君、竹村泰子君、及川順郎君及び市川正一君を指名いたします。

第118回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1990/05/25、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨二十四日、古川太三郎君が委員を辞任され、その補欠として高井和伸君が選任されました。
【次の発言】 沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査を議題とし、平成二年度沖縄及び北方問題に関しての施策について、本日は砂田沖縄開発庁長官から所信を聴取いたします。砂田沖縄開発庁長官。
【次の発言】 以上で砂田沖縄開発庁長官の所信表明は終わりました。  中山外務大臣、塩崎総務長官の所信は、後日、これを聴取いたしたいと存じます。  また、本件に対する質疑は後日に譲る……

第118回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1990/05/30、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査を議題とし、平成二年度沖縄及び北方問題に関しての施策について、本日は塩崎総務庁長官から所信を聴取いたします。塩崎総務庁長官。
【次の発言】 以上で塩崎総務庁長官の所信表明は終わりました。  どうぞ御退席いただいて結構でございます。  中山外務大臣の所信は、後日これを聴取いたしたいと存じます。また、本件に対する質疑は後日に譲ることにいたします。  この際、虎島総務政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。虎島総務政務次官。

第118回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1990/05/31、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  昨三十日、高井和伸君及び市川正一君が委員を辞任され、その補欠として古川太三郎君及び小笠原貞子君が選任されました。  また、本日、石渡清元君が委員を辞任され、その補欠として岩本政光君が選任されました。
【次の発言】 この際、御報告いたします。  去る五月二十五日、予算委員会から、五月三十一日一日間、平成二年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、総理府所管のうち総務庁北方対策本部、沖縄開発庁及び沖縄振興開発金融公庫について審査の委嘱がありました……

第118回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1990/06/25、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(田代由紀男君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る二十二日、岩本政光君が委員を辞任され、その補欠として田沢智治君が選任されました。  また、本日、深田肇君及び村田誠醇君が委員を辞任され、その補欠として庄司中君及び北村哲男君が選任されました。
【次の発言】 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。


■ページ上部へ

第120回国会(1990/12/10〜1991/05/08)

第120回国会 社会労働委員会 第3号(1991/03/07、15期、自由民主党)

○田代由紀男君 今、私の中学の同窓である勝木さんの質問がありまして、後輩に負けぬようにせにゃいかぬと思っているんです。  私はきょうは、松浦政務次官にかわりましたんで、人材確保対策について質問していきたいと思います。  まず、人材確保の重要性は三K問題とか人手不足とか、そういうときでありますから非常に重要でありますし、それについて二、三点質問していきますが、これで成功した例が労働省であるんですね。昭和六十二年度、円高不況に対応して、先取りして三十万人雇用開発のプログラムをつくり予算額で一千百三十三億計上したわけでございます。このときは私もこの委員会の理事をやっておりまして、廣見課長と一緒に作業……

第120回国会 社会労働委員会 第4号(1991/03/26、15期、自由民主党)

○田代由紀男君 私は、ただいま可決されました救急救命士法案に対し、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党、連合参議院、民社党・スポーツ・国民連合、参院クラブの各派共同提案によります附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     救急救命士法案に対する附帯決議(案)   政府は、次の事項につき適切な措置を講ずべきである。  一、救急専門医等救急医療に携わる医療関係者の養成に積極的に努めるとともに、医師が救急用自動車等に同乗して必要な処置を行う方式(ドクターカー方式)等を推進し、救急医療体制の一層の充実を図ること。  二、救急救命処置が適切に行われるよう、救……

第120回国会 社会労働委員会 第10号(1991/04/24、15期、自由民主党)

○田代由紀男君 私は、ただいま可決されました地域雇用開発等促進法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党、連合参議院、民社党・スポーツ・国民連合、参院クラブの各会派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読します。     地域雇用開発等促進法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、地域における雇用問題が地域経済の振興、地域の活性化にとって極めて重要であることにかんがみ、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一、我が国の勤労者が、その経済的地位にふさわしい真の豊かさとゆとりを享受できるような地域社会を実……


■ページ上部へ

第123回国会(1992/01/24〜1992/06/21)

第123回国会 厚生委員会 第14号(1992/06/18、15期、自由民主党)

○田代由紀男君 私は、昭和五十二年、厚生省の福祉の神様であった高田浩運先生の死亡によって、補欠選挙で出てきたわけでございまして、終始高田浩運先生の遺志を継いで頑張ってまいりました。  そして今度も自民党の公認候補として毎日三百キロから四百キロ車で走ったものですから、とうとう三月六日に身体を痛めました。そこで自民党もそして農政連も早く後任を決めるようにということで、後任の依頼をしましたが、しかし、とうとう農政連は後任を決めることができなかったものですから、もう一回私に出るように今薦めがありまして、きょうも世話役会でそのことを申し上げ、場合によってはもう一度出馬しますので、よろしくお願いします。(……


田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-14期-|15期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院15期)

 期間中、各種会議での発言なし。

田代由紀男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
11期-12期-13期-14期-|15期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

田代由紀男[参]在籍期 : 11期-12期-13期-14期-|15期|
田代由紀男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 15期在籍の他の議員はこちら→15期参議院議員(五十音順) 15期参議院議員(選挙区順) 15期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。