山東昭子 参議院議員
15期国会発言一覧

山東昭子[参]在籍期 : 10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期
山東昭子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは山東昭子参議院議員の15期(1989/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は15期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院15期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
山東昭子[参]本会議発言(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院15期)

山東昭子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期
第115回国会(1989/08/07〜1989/08/12)

第115回国会 外務委員会 第1号(1989/08/09、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  議事に入る前に一言ごあいさつを申し上げます。  このたび本委員会の委員長に選任をされました山東昭子でございます。  当委員会は、お見受けいたしましたところ、委員の皆様方それぞれ外交経験豊かな方々ばかりでございますので、大船に乗ったような気持ちでございます。  現在の社会情勢、特に国民の関心が外交問題に大変注目をしているときでもございますし、皆様方の活発な論議を期待することと同時に、当委員会の公正かつ円滑な議事を進めていきたいと思っております。そのために皆様方の御指導、御鞭撻、心より御協力もお願いを申し上げて、簡単ではございます……


■ページ上部へ

第116回国会(1989/09/28〜1989/12/16)

第116回国会 外務委員会 第1号(1989/11/09、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告いたします。  去る八月十一日、成瀬守重君が委員を辞任され、その補欠として鳩山威一郎君が選任されました。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても国際情勢等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 この際、中山外務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。中山外務大臣。
【次の発言】 次に、所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国と……

第116回国会 外務委員会 第2号(1989/12/05、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十一月十日、喜岡淳君、木暮山人君、清水嘉与子君が委員を辞任され、その補欠として竹村泰子君、鳩山威一郎君、大鷹淑子君が選任されました。  また、十一月三十日、立木洋君が委員を辞任され、その補欠として吉岡吉典君が選任されました。
【次の発言】 本日は、国際情勢等に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のおありになる方は順次御発言を願います。
【次の発言】 ただいまの矢田部さんの申し出に対しましては理事会で検討させていただきます。

第116回国会 外務委員会 第3号(1989/12/14、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十二月五日、吉岡吉典君が委員を辞任され、その補欠として立木洋君が選任されました。
【次の発言】 請願の審査を行います。  第二六四三号核兵器廃絶に関する請願外十七件を議題といたします。  まず、専門員から説明を聴取いたします。辻専門員。
【次の発言】 以上の説明のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議いたしましたところ、第三二〇七号在日韓国人の法的地位と待遇の安定に関する請願外三件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第二六四三号核兵器……


■ページ上部へ

第117回国会(1989/12/25〜1990/01/24)

第117回国会 外務委員会 第1号(1990/01/23、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  請願の審査を行います。  第一二号在日韓国人の法的地位と待遇の安定に関する請願を議題といたします。  まず、専門員から説明を聴取いたします。辻専門員。
【次の発言】 本請願につきましては、理事会において協議いたしましたところ、採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとすることに意見が一致いたしました。  この理事会の協議のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか……


■ページ上部へ

第118回国会(1990/02/27〜1990/06/26)

第118回国会 外務委員会 第1号(1990/03/29、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五日、石井一二君が委員を辞任され、その補欠として山岡賢次君が選任されました。  また、去る六日、山岡賢次君が委員を辞任され、その補欠として山本富雄君が選任されました。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、国際情勢等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 この際、中山外務大臣及び石井外務政務次官から発言を求められておりますので、順次これ……

第118回国会 外務委員会 第2号(1990/04/17、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  まず、委員の異動について御報告をいたします。  去る三月三十日、成瀬守重君、翫正敏君、谷畑孝君が委員を辞任され、その補欠として山本富雄君、堂本暁子君、田英夫君が選任されました。  また、昨十六日、立木洋君が委員を辞任され、その補欠として吉岡吉典君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第118回国会 外務委員会 第3号(1990/04/24、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  先般、野村五男君、石渡清元君、吉岡吉典君、中村鋭一君、猪木寛至君がそれぞれ委員を辞任され、その補欠として鳩山威一郎君、山本富雄君、立木洋君、高井和伸君、勝木健司君が選任されました。  また、本日、鳩山威一郎君、山本富雄君が委員を辞任され、その補欠として須藤良太郎君、合馬敬君が選任されました。
【次の発言】 千九百八十九年七月三日に国際コーヒー理事会決議によって承認された千九百八十三年の国際コーヒー協定の有効期間の延長の受諾について承認を求めるの件、千九百八十九年のジュート及びジュート製品……

第118回国会 外務委員会 第4号(1990/05/24、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  先般、高井和伸君、勝木健司君、須藤良太郎君、合馬敬君が委員を辞任され、その補欠として中村鋭一君、猪木寛至君、鳩山威一郎君、山本富雄君がそれぞれ選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に竹村泰子君、中村鋭一……

第118回国会 外務委員会 第5号(1990/06/01、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  先般、石渡清元君、堂本暁子君が委員を辞任され、その補欠として山本富雄君、菅野壽君が選任されました。
【次の発言】 去る五月二十五日、予算委員会から、六月一日の一日間、平成二年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、外務省所管について審査の委嘱がありました。  この際、本件を議題といたします。  中山外務大臣から説明を求めます。中山外務大臣。
【次の発言】 以上で外務大臣の説明は終わりました。  この際、お諮りいたします。  外務省所管平成二年度予算の大要説明は、これを省略し……

第118回国会 外務委員会 第6号(1990/06/12、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨十一日、鳩山威一郎君が委員を辞任され、その補欠として藤田雄山君が選任されました。
【次の発言】 向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  本件につきましては、前回の委員会におきまして趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 矢田部さん、時間でございます。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  本日、大鷹淑子君、猪木寛至君が委員を辞任され、その補欠として合馬敬君、三治重……

第118回国会 外務委員会 第7号(1990/06/14、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  先般、藤田雄山君、合馬敬君、三治重信君が委員を辞任され、その補欠として鳩山威一郎君、大鷹淑子君、猪木寛至君がそれぞれ選任されました。
【次の発言】 国際情勢等に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 村瀬さん、もう少し大きな声で。ちょっと聞こえにくいものですから。
【次の発言】 国際情勢等に関する調査についての質疑はこの程度とし、午後一時四十分まで休憩いたします。    午後零時三十四分休憩

第118回国会 外務委員会 第8号(1990/06/19、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十五日、三上隆雄君が委員を辞任され、その補欠として肥田美代子君が選任されました。
【次の発言】 千九百七十二年二月二十六日に東京で署名された原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とフランス共和国政府との間の協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  前回に引き続き、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 もう少し大きな声で。
【次の発言】 久保田さん、時間ですが、大臣のちょっと会議の時間がございますので、五十分で一……

第118回国会 外務委員会 第9号(1990/06/21、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨二十日、堂本暁子君、肥田美代子君、太田淳夫君、立木洋君が委員を辞任され、その補欠として三上隆雄君、稲村稔夫君、鶴岡洋君、吉岡吉典君がそれぞれ選任されました。
【次の発言】 千九百七十二年二月二十六日に東京で署名された原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とフランス共和国政府との間の協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  前回に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第118回国会 外務委員会 第10号(1990/06/25、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  先般、鶴岡洋君、吉岡吉典君、野村五男君、田英夫君が委員を辞任され、その補欠として太田淳夫君、立木洋君、鳩山威一郎君、肥田美代子君がそれぞれ選任されました。
【次の発言】 千九百七十二年二月二十六日に東京で署名された原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とフランス共和国政府との間の協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  本日は、本件につきまして御意見を伺うため、お手元に配付しております名簿のとおり、二名の方に参考人として御出席をいただいております……

第118回国会 外務委員会 第11号(1990/06/26、15期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山東昭子君) ただいまから外務委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨二十五日、稲村稔夫君、鳩山威一郎君、山本富雄君が委員を辞任され、その補欠として田英夫君、後藤正夫君、井上章平君が選任されました。
【次の発言】 千九百七十二年二月二十六日に東京で署名された原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とフランス共和国政府との間の協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件を議題といたします。  前回に引き続き質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 他に御発言もなければ、質疑は終局したものと認めて御異議ございませんか……


■ページ上部へ

第120回国会(1990/12/10〜1991/05/08)

第120回国会 科学技術特別委員会 第2号(1991/02/15、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) このたび、科学技術庁長官を拝命いたしました山東昭子でございます。  科学技術振興の重要性が強く指摘されるこの時期の就任に、その重責を痛感しております。  申すまでもなく、科学技術の振興は、二十一世紀に向けて、我が国はもとより、世界が平和で豊かな社会を築いていくために必要な最重要課題の一つでございます。  特に、創造性豊かな科学技術の振興は重要であり、この分野において世界に貢献する日本の役割はますます重要になってきております。  また、原子力についてもエネルギーの安定供給に不可欠な主力エネルギーとして、安全確保を大前提に、着実な推進を図るとともに、宇宙、海洋、ライフサイ……

第120回国会 科学技術特別委員会 第3号(1991/03/13、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 国際社会において、経済面のみならず、科学技術面においても大きな地位を占めるようになった我が国といたしましては、科学技術を通して世界の中で積極的に貢献していかなければなりません。このため、従来より幅広い国際協力を実施してきたところでございますけれども、我が国といたしましては、人類共通の問題の解決を目指し、そうした科学技術の振興と、そしてその科学技術の成果の公開、流通、移転、この一層の促進によりまして地球的視野に立って科学技術の振興を図っていくことを基本理念といたしまして、これからは積極的な国際貢献に力を入れてまいりたい、こう考えております。

第120回国会 科学技術特別委員会 第4号(1991/04/09、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 科学技術は今や私たちの生活に密着した不可欠なものでございます。御承知のとおり、電力の約三割は原子力発電によって供給されておりますし、放送衛星を使ったテレビや、あるいは気象衛星を用いた天気予報など、私たちの日常生活のあらゆる側面で科学技術が活躍をしているわけでございます。  特に、今、岡部委員もおっしゃられましたように、重粒子線によるがん治療体制の整備を初めとするがん対策などのライフサイエンス、首都圏直下型地震予知体制の抜本的強化を初めとする地震予知研究など、国民生活の向上に貢献するさまざな分野の科学技術を推進しているところでございますけれども、今後とも人間福祉に貢献す……

第120回国会 予算委員会 第8号(1991/03/19、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 原子力の開発利用に当たっては、安全確保を第一にするとともに、国民の理解と協力を得ることが基本であると認識しております。そのために、従来から法律に基づき厳しい安全規制を実施するとともに、万全を期しているところでございます。  なお、国民の皆様方に原子力そのものについて一層御理解をいただこうと、全国から選ばれました約五百名の原子力モニターに関係施設を見ていただいたり、専門家とも話し合っていただいたり、また御意見を伺っているところでございます。また、国民の方の疑問に直接答える対話集会など、草の根的な広報活動も重視しているところでございますが、倉田先生のおっしゃるように、皆様……

第120回国会 予算委員会 第10号(1991/03/25、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 今回の事故は、とにかく原子力発電の必要性を国民の六五%が認めている中でこのような初めて起きた事故でございますので、大変国民の皆様方に御心配をおかけしたということ、私大変残念でならないわけでございます。今後とも原因の徹底究明を図るとともに、やはり安全確保ということを大前提に最大限の努力を払っていきたいと考えている次第でございます。
【次の発言】 御承知のように、原子力安全委員会は関係省庁とは別の中立的な立場に立って、安全規制全般にわたって厳正に調査、審議を行う機関でございます。また、この委員会の決定に対しましては内閣総理大臣に法的な尊重義務が課せられており、また必要に応……

第120回国会 予算委員会 第13号(1991/04/01、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 資源の乏しい我が国におきまして、原子力は、供給安定性あるいは経済性、そして環境影響、そうした面から申しましても非常にすぐれたエネルギー源であると私は確信いたしております。ただ、今回の事故によりまして国民の信頼を裏切られたということに関しましては、非常に私は残念でならないわけでございます。ですから、原因の徹底究明を図りまして、今後とも安全確保に最大限の努力を払いつつ、国民の理解と協力を得ながら着実にこの開発利用というものを進めていきたいと考えている次第でございます。

第120回国会 予算委員会 第14号(1991/04/03、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 天然六弗化ウランの輸送を含めまして核燃料物質の輸送に関して、我が国ではIAEAの定めた厳しい国際基準に基づいて定められた国内基準を遵守して輸送しなければならないということになっておりまして、その安全確保には万全を期しているところでございますけれども、やはり私は油断は禁物であると思いますので、今後とも安全確保については最大限の努力を払ってまいるつもりでございます。


■ページ上部へ

第121回国会(1991/08/05〜1991/10/04)

第121回国会 決算委員会 第2号(1991/09/25、15期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山東昭子君) 原子力船「むつ」につきましては、昭和四十九年の放射線漏れ後の修理及び新碇係港の確保のため開発計画がおっしゃるとおり大幅におくれ、そして多額の経費がかかったことはまことに遺憾なことでございます。  しかしながら、世界有数の造船海運国である我が国は、将来に備えて原子力船に関する技術、知見などの蓄積、涵養を図ることが非常に重要であり、このため政府といたしましては、「むつ」による研究開発の推進に最大限の努力を払ってまいりました。本年二月に原子力船として完成をいたしまして、現在最終段階である実験航海を進めておりまして、陸上では得がたい貴重なデータを取得しつつ確実に成果を上げてい……


■ページ上部へ

第123回国会(1992/01/24〜1992/06/21)

第123回国会 労働委員会 第2号(1992/03/05、15期、自由民主党)

○山東昭子君 先ごろ発表された労働力調査によれば、平成三年の女子雇用者が初めて一千九百万人を超え一千九百十八万人となり、雇用者全体に占める割合は四割に迫ろうとしております。一方、年齢別に見ると、二十ぐらいから仕事につき、出産、育児期に仕事をやめ、四十近くからまた仕事につく女性が依然として多いし、パート労働者も八百二万人のうち女子が五百五十万人を占めております。このように、女性は日本経済社会の発展に大きな役割を果たすものになってまいりました。今後、女性が職場において能力を十分発揮できるようにするとともに、仕事と家庭を両立てきる環境整備をしていかなければなりません。そのため特に重要なことは本年四月……

第123回国会 労働委員会 第5号(1992/04/16、15期、自由民主党)

○山東昭子君 私は、昭和四十九年に当選をして初めて党の責任者として手がけたのが心身障害児者の問題でした。そのころから比べると社会環境も障害者もその家族たちもぐっと明るく開放的になったと思います。そして、ことしは国連障害者の十年の最終年に当たり法改正が行われるということは大変意義深いと存じます。  そこで、労働省はこの十年の間にいかなる対策をとってきたのか、お聞かせ願いたいと思います。
【次の発言】 障害者と一口に言いましても、程度の差はもちろん、それぞれの個性の違いは想像を絶するものがあります。十数年前に大分県の太陽の家を見てまいりましたけれども、障害者に合わせた作業環境、そして実に障害者が効……

第123回国会 労働委員会 第11号(1992/06/18、15期、自由民主党)

○山東昭子君 まず最初に、二点お伺いしたい。  労働時間については、既に労働基準法により一日と一週間単位の法定基準が定められていますが、なぜそれ以外の法律が必要なのかということ。また、使用者が守らなければならない最低基準の法的効果は今までもあり、それを上回る時間短縮は労使間で協議の上進めることが労使自治の原則だと思うのですが、いかがでございましょうか。
【次の発言】 経済審議会で審議されている新経済五カ年計画では、平成八年度までに年間総労働時間千八百時間にしたいということですが、労働省の毎月の勤労統計調査では平成三年度が二千八時間平均になっておりますが、この二百時間以上の差を縮めるには、大臣、……


山東昭子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院15期)

 期間中、各種会議での発言なし。

山東昭子[参]委員会統計発言一覧(全期間)
10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

山東昭子[参]在籍期 : 10期-11期-12期-13期-14期-|15期|-17期-19期-20期-21期-22期-23期-24期-25期
山東昭子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 15期在籍の他の議員はこちら→15期参議院議員(五十音順) 15期参議院議員(選挙区順) 15期参議院統計



■著書
2020年10月新刊