永田良雄 参議院議員
16期国会発言一覧

永田良雄[参]在籍期 : 14期-15期-|16期|-17期-18期
永田良雄[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは永田良雄参議院議員の16期(1992/07/26〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は16期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院16期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
永田良雄[参]本会議発言(全期間)
14期-15期-|16期|-17期-18期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院16期)

永田良雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-|16期|-17期-18期
第124回国会(1992/08/07〜1992/08/11)

第124回国会 土地問題等に関する特別委員会 第1号(1992/08/07、16期、自由民主党)

○永田良雄君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第124回国会 農林水産委員会 第1号(1992/08/07、16期、自由民主党)

○永田良雄君 一言ごあいさつを申し上げます。  昨年八月、当委員会の委員長に選任されまし た。この間、我が国の農林水産業を取り巻く環境 については、内外ともに極めて厳しい状況にあり ましたことは皆様御承知のとおりでございます。 当委員会におきましても重要な案件が数多くござ いましたが、皆様方の御協力を賜りまして、委員 長の職務を全うすることができました。ここに改 めて厚く御礼申し上げます。  なお、引き続き当委員会に籍を置くことになり ましたので、今後とも皆様方の御指導、御鞭撻を お願い申し上げます。どうもありがとうございま した。(拍手)


■ページ上部へ

第125回国会(1992/10/30〜1992/12/10)

第125回国会 土地問題等に関する特別委員会 第1号(1992/10/30、16期、自由民主党)

○永田良雄君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第125回国会 農林水産委員会 第1号(1992/12/08、16期、自由民主党)

○永田良雄君 委員派遣の御報告を申し上げます。  去る九月十六日から十八日までの三日間にわたり、新潟、福島両県におきまして、農林水産業の実情を調査してまいりました。派遣委員は、吉川委員長、三上理事、佐藤委員、谷本委員、新聞委員、星川委員、それに私、永田の七名であります。なお、新潟県において稲村委員が現地参加されました。  以下、調査の概要について申し上げます。  最初に参りました新潟県は、米、大麦を初めとする農産物供給基地として全国的にその地位は高く、特に米に関しては、コシヒカリなど良質米の産地として知られ、その収穫量は全国第二位であり、県の農業粗生産額の約七割を占めるなど、県農業の中心を担っ……


■ページ上部へ

第126回国会(1993/01/22〜1993/06/18)

第126回国会 議院運営委員会 第6号(1993/03/11、16期、自由民主党)

○永田良雄君 ただいま議題となりました参議院政治倫理審査会規程の一部を改正する規程案につきまして、提出会派を代表して、その修正の趣旨を御説明申し上げます。  本修正は一参議院政治倫理審査会規程の一部を改正する規程の施行期日を、平成四年十二月十日から議決の日に改めようとするものであります。  何とぞ、委員各位の御賛同をお願い申し上げます。  以上です。

第126回国会 土地問題等に関する特別委員会 第1号(1993/01/22、16期、自由民主党)

○永田良雄君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第126回国会 農林水産委員会 第12号(1993/06/01、16期、自由民主党)

○永田良雄君 御報告いたします。  去る五月二十一日、二十二日の両日、新政策関係三法案の審査に資するため、群馬県におきまして、農林水産業の実情を調査してまいりました。  派遣委員は、吉川委員長、菅野理事、三上理事、林理事、佐藤委員、野間委員、一井委員、稲村委員、村沢委員、矢原委員、星川委員、喜屋武委員、新聞委員、それに私、永田の十四名であります。  報告に先立ちまして、一言申し上げます。  去る二十一日、本派遣団が出発する直前に地震があり、このため、当日に予定しておりました白沢村トマト集出荷施設の視察が取りやめとなりました。準備されておりました関係者の方々には、まことに申しわけなく、この場をお……


■ページ上部へ

第128回国会(1993/09/17〜1994/01/29)

第128回国会 決算委員会 第1号(1993/10/25、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田良雄でございます。  平成三年度の決算の審議に当たって、幾つかの点について関係閣僚に御質問を申し上げます。  最初に、現在の日本経済の景気の問題について御質問を申し上げたいと思います。  細川新連立政権ができまして最大緊急の課題は政治改革である、しかもそれを年内に実現するんだというふうに言われております。私ども選挙区へ帰って選挙民と話しておりますと、それもさることながら、一番我々が深刻に今受けとめておるのは景気の問題だよ、政治改革は大事かもしらぬけれども我々はむしろそれよりもこの景気停滞を何とか直してほしい、こういう要望が一番強いわけであります。  ある中小企業の……

第128回国会 予算委員会 第7号(1993/12/13、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田良雄でございます。  細川総理は関係大臣に若干の質問をさせていただきます。  それに先立ちまして、羽田外務大臣、大変窮屈な期間にジュネーブへの行き帰り、そして結果としては満足した結果は得られなかったけれども、御努力いただいたことに心からねぎらいを申し上げ、感謝を申し上げます。  今、ここ一月ぐらいの間の米の問題をめぐる動きについてはどうもわかりにくいなという意見がかなり多いように思うわけであります。そういう意味で、私は国民の一人としてあるいは農民の立場に立って素直な質問を申し上げますので、できるだけわかりやすく簡潔にお答えをいただきたいと思うわけであります。  ま……


■ページ上部へ

第129回国会(1994/01/31〜1994/06/29)

第129回国会 建設委員会 第3号(1994/03/29、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田良雄でございます。  ただいま提案がありました奄美群島それから小笠原諸島の振興開発特別措置法について、若干の質問をさせていただきたいと思うわけであります。  御承知のように、昨年は奄美群島が本土返還されてから四十周年の大変めでたい年でありました。島民もその四十周年を大変喜んで記念したことと思うわけであります。  ただいま上原長官の提案理由の説明にも、着々と振興はやられているけれどもまだなかなか困難な条件があって大変だという話がありました。  昨年、上原長官は奄美へ御出張になった、そして親しく視察をされたという話を聞いておるわけであります。奄美、沖縄、ともに米軍施政……

第129回国会 建設委員会 第5号(1994/06/03、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田良雄でございます。  国土庁長官、建設大臣に若干の質問をさせていただきます。時間が大変短うございますので、できるだけ答弁の方も簡潔にいただきたいということをお願い申し上げておきます。  最初に、国土庁長官にお尋ねしたいわけでありますが、現在国土庁では第四次全国総合開発計画の総点検作業をやっておられる、こういうふうに聞いておりまして、今月の中ごろにでも報告、中間報告といいますか最終報告というのがまとめて出るというふうに聞いておるわけであります。  実は、現在各地域でそれぞれ新しい視点に立って次の全国総合開発計画に向かって要望がいろいろ出ていると思うわけであります。中……

第129回国会 建設委員会 第7号(1994/06/20、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田でございます。  私は、都市緑地保全法の改正案について若干の質問をさせていただきたいと思います。  今回の都市緑地保全法の改正は、私も全面的に賛成であります。しかし、全面的に賛成はするわけでありますが、要はこれが本当にうまく市町村段階までいって利用され、地域住民の要望をかなえてくれるようになるかということが私はこの法律の執行をする上において一番問題であるし、そういう観点から質問をさせていただきたいと思うわけであります。  御承知のように本改正案は、一つは、市町村がその市町村の地域の緑化のための基本計画をつくるということ。それからもう一つは、緑地保全地区の対象地域を……


■ページ上部へ

第130回国会(1994/07/18〜1994/07/22)

第130回国会 決算委員会 第閉会後3号(1994/09/01、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自民党の永田良雄でございます。  本日は、内閣、総理府、大蔵省、文部省所管の平成三年度の決算審査ということでございます。私は、大蔵省と文部省を中心にして若干の質問をさせていただきたいと思うわけであります。  振り返ってみますと、平成三年度というのはちょうど今から三年前でありますが、当時は夏から秋にかけて証券・金融問題をめぐる不詳事件が相次いで明るみに出たわけでございます。そして、国会でも事件の解明と再発防止策について真剣な議論がなされていたことを思い出すわけであります。  それからまた一方、二年前を振り返ってみますと、日本全国がバブル崩壊後の深刻な不況に襲われ、その中でいわゆる金……


■ページ上部へ

第131回国会(1994/09/30〜1994/12/09)

第131回国会 建設委員会 第1号(1994/10/06、16期、自由民主党)

○永田良雄君 去る九月二十日から二十二日までの三日間、合馬委員長、種田理事、直嶋理事、広中委員、上田委員、そして私、永田の六名は、福岡県、熊本県及び宮崎県における建設諸事業の実情を調査してまいりました。  以下、その概要を御報告いたします。  福岡県では、「福岡県二十一世紀へのプラン」に基づき、躍動・創造・交流をテーマとした県づくりを目指し、財源の重点的かつ効率的な配分を行いながら社会資本の整備を進めているところであります。しかし、県内の自動車一台当たりの道路面積はまだまだ全国平均に及ばず、その絶対量が不足しており、幹線道路を中心に交通渋滞が生じ、特に福岡、北九州、久留米の各市内及び周辺部で著……

第131回国会 建設委員会 第2号(1994/11/08、16期、自由民主党)

○永田良雄君 自由民主党の永田良雄でございます。  二点ばかりの問題について、建設大臣それから建設省当局に御質問を申し上げたいと思うわけであります。  まず第一点は、せんだって韓国のソウル近郊の聖水橋という橋が落橋いたしまして、三十数人のとうとい犠牲を出したわけであります。私どもびっくりいたしました。橋が落ちるということでありました。我が国の橋は一体本当に大丈夫なんだろうかな、韓国だけの話ではないよと。  日本の国は、恐らく高速道路であれ国道であれ県道であれ、橋がいっぱいあることは間違いありません。しかも、交通量は恐らく韓国にまさるとも劣らないような状況であります。一体どういう事故になるんだろ……


永田良雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-|16期|-17期-18期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院16期)

 期間中、各種会議での発言なし。

永田良雄[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-|16期|-17期-18期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

永田良雄[参]在籍期 : 14期-15期-|16期|-17期-18期
永田良雄[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 16期在籍の他の議員はこちら→16期参議院議員(五十音順) 16期参議院議員(選挙区順) 16期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。