下稲葉耕吉 参議院議員
17期国会発言一覧

下稲葉耕吉[参]在籍期 : 14期-15期-16期-|17期|
下稲葉耕吉[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは下稲葉耕吉参議院議員の17期(1995/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は17期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院17期)

下稲葉耕吉[参]本会議発言(全期間)
14期-15期-16期-|17期|
第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 参議院本会議 第28号(1996/06/17、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、日本共産党の各派共同提案に係る中国の核実験に抗議し、反対する決議案につきまして、新緑風会、二院クラブ、新党さきがけ、参議院フォーラム、新社会党・平和連合及び自由連合の賛成を得て、発議者を代表し、提案の趣旨を御説明いたします。  まず、案文を朗読いたします。     中国の核実験に抗議し、反対する決議案   本院は、我が国が広島・長崎への原爆投下を経験した唯一の被爆国であることにかんがみ、あらゆる国の核実験に反対する。   核実験は、地球環境と生態系を破壊し、人類の生存をも脅かす行為であり、また、全面核実験禁止条約……


■ページ上部へ

第139回国会(1996/11/29〜1996/12/18)

第139回国会 参議院本会議 第4号(1996/12/05、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律案につき、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、衆議院議院運営委員長提出によるものでありまして、一般職の国家公務貴の給与改定に倣い、国会議員の秘書に適用されている別表第一及び別表第二の給料表の改定等を行書とするもかであり、本年四月から適用することどいたしております。  委員会におきましては、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、御報告申し上げます。(拍手)


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 参議院本会議 第2号(1997/01/23、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党の各派共同提案に係る在ペルー日本国大使公邸占拠・人質事件に関する決議案につき、二院クラブ、自由の会、新党さきがけ、新社会党・平和連合及び太陽の賛同を得て、発議者を代表し、提案の趣旨を御説明いたします。  昨年十二月十七日以来、ペルーの日本国大使公邸がテロリストによって占拠され、いまだに七十名を超える人々が人質になっていることはまことに遺憾であります。  我々は、この許しがたいテロリストの行為を強く非難し、平和的解決を目指すペルー政府の努力を全面的に支持し、支援していくことを表明すると……

第140回国会 参議院本会議 第4号(1997/01/29、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました議員友部達夫君の逮捕について許諾を求めるの件につきまして、議院運営委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。  本件は、議員友部達夫君の詐欺被疑事件につき、警視庁からの逮捕状請求に対し、東京地方裁判所裁判官は、令状を発付することを相当と認め、憲法第五十条並びに国会法第三十三条及び第三十四条の規定により、昨二十八日、成規の手続により内閣を経て同君の逮捕につき本院の許諾を求めてまいったものであります。  議院運営委員会は、同日、本件の付託を受け、これに迅速に対応すべく、即日、理事会を開き、その取り扱いについて慎重に協議を行い、また、本件の論点について……

第140回国会 参議院本会議 第13号(1997/03/26、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、衆議院議院運営委員長提出によるものでありまして、本年四月から、現行の特殊乗車券及び航空券の選択制に加え、議員の申し出により、予算の範囲内で、特殊乗車券及び航空券をあわせて受けることができることとするものであります。  委員会におきましては、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、御報告申し上げます。(拍手)

第140回国会 参議院本会議 第21号(1997/04/25、17期、自由民主党)

○下稲葉耕吉君 ただいま議題となりました自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党の各派共同提案に係る在ペルー日本国大使公邸占拠・人質事件の解決に感謝する決議案につきまして、二院クラブ、自由の会、新党さきがけ及び太陽の賛成を得て、発議者を代表し、提案の趣旨を御説明いたします。  我々のみならず、世界の人々が心を痛めてきたペルーの日本国大使公邸占拠・人質事件は、実に発生以来百二十七日ぶりに解決されました。  我々は、事件の発生以来、人質になられた方々の御苦労に思いをいたし、テロには決して譲歩すべきではないとの原則に基づき、平和的解決による人質の即時全面解放のため、政……


■ページ上部へ

第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 参議院本会議 第3号(1997/10/03、17期、自由民主党)【政府役職:法務大臣】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 商法改正の基本的な考え方についてのお尋ねでございました。  最近における相次ぐ事件の摘発により、会社運営の健全性を著しく害するいわゆる総会屋の活動が後を絶っていないばかりでなく、我が国経済の中枢にまで浸透しつつあるという極めて遺憾で異常な事態が明らかになりました。企業の基本的体質の改善が強く要求されております。  そこで、このような反社会的勢力の根絶を図るとともに、株式会社の運営の健全性を確保するため、株主の権利の行使に関する利益供与の罪及びこのような利益供与を受ける罪の法定刑の引き上げや、いわゆる総会屋などによるこのような利益供与を要求する罪を新しく設けるなど、商……

第141回国会 参議院本会議 第5号(1997/11/14、17期、自由民主党)【政府役職:法務大臣】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。  この法律案は、最近の社会経済情勢及び株式会社の運営の実態にかんがみ、いわゆる総会屋の根絶を図るとともに株式会社の運営の健全性を確保するため、商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正しようとするものでありまして、その改正の要点は次のとおりであります。  まず、商法につきましては、第一に、株主の権利の行使に関して利益を供与する罪及びこれを受ける罪の法定刑を引き上げるとともに、利益供与を要求する罪と威迫を用いて利益供与を要求し……

第141回国会 参議院本会議 第6号(1997/11/19、17期、自由民主党)【政府役職:法務大臣】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 平野議員にお答え申し上げます。  まず、公職選挙法における連座制の適用に関する御質問がございました。  御指摘のありました個々の事件に関しまして、法務大臣として所見を申し述べることは差し控えさせていただきますが、一般論として申し上げれば、検察当局は、連座制の適用に当たっては、法と証拠に基づき、厳正かっ公平に対処しているものと承知しております。  次に、公職選挙法における連座制の公平かっ適正な運用に関する御質問がございました。  公職選挙法における連座制の規定は、候補者自身の当選無効及び所定の期間の立候補禁止という重大な効果を生じさせるものであります。それだけに、議員……


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 参議院本会議 第10号(1998/02/20、17期、自由民主党)【政府役職:法務大臣】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 北澤議員の少年法に関する御質問にお答えいたします。  少年法に違反する商業主義的とも思われるような報道が相次いでいることは、少年あるいは被害者の人権擁護の観点から憂うべきことと考えております。  この問題については、報道の自由にかかわることから、まず報道の主体であるマスコミが報道される側の人権に配慮し、自主規制をするなど自主的に取り組むことが望ましいと考えております。にもかかわらず、御指摘のような事実があることはまことに遺憾でございます。  法務省は、人権擁護機関として、少年の保護育成を図ることを目的とする少年法の規定に違反し、少年の名誉、プライバシー等の人権を侵害……

下稲葉耕吉[参]本会議発言(全期間)
14期-15期-16期-|17期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院17期)

下稲葉耕吉[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-16期-|17期|
第134回国会(1995/09/29〜1995/12/15)

第134回国会 議院運営委員会 第11号(1995/11/13、17期、自由民主党・自由国民会議)

○下稲葉耕吉君 本日は、日程第一 会期延長の件を議題とし、ただいまの委員会決定のとおり、今期国会の会期を三十二日間延長することについてお諮りいただくことを提案いたします。

第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第9号(1995/12/07、17期、自由民主党・自由国民会議)

○下稲葉耕吉君 いよいよこの特別委員会の審議も大詰めになりまして、私が自民党の質問の最後になったわけでございます。時間も余りございませんので、答弁はイエスかノーで済む部分はそういうようなことで御答弁いただければ結構でございますし、簡明にお願いいたします。  先ほど来お伺いいたしまして、文部大臣もこの改正案は最低限ぎりぎり必要なものだというふうなことでございました。また、当委員会もこの法案を審議するためだけの委員会ではないわけでございまして、宗教法人問題にかかわるいろいろな問題について議論するということでございます。そこで、私は宗教法人法八十一条に基づくオウム真理教の解散の問題をめぐりましていろ……


■ページ上部へ

第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 議院運営委員会 第1号(1996/01/22、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を再開いたします。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  先ほどの本会議におきまして、私、議院運営委員長に御指名を受け、その重責を担うことになりました。まことに微力ではございますが、公正を旨とし、誠心誠意務めさせていただく所存でございますので、皆様方の御指導と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、松浦孝治君を理事に選任することに御異議ございませんか。……

第136回国会 議院運営委員会 第閉会後1号(1996/08/09、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が五名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、中曽根弘文君、矢野哲朗君、溝手顕正君、寺崎昭久君及び風間昶君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、小委員長の辞任についてお諮りいたします。  本日、図書館運営小委員長風間昶君から、都合により小委員長を辞任いたしたい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ご……

第136回国会 議院運営委員会 第2号(1996/01/25、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前九時四十四分休憩

第136回国会 議院運営委員会 第3号(1996/01/26、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員、裁判官訴追委員、国土審議会委員、国土開発幹線自動車道建設審議会委員及び国会等移転調査会委員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名すること及び裁判官弾劾裁判所裁判員予備員の職務を行う順序を議長に一任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第4号(1996/02/14、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、永年在職議員の表彰に関する件を議題といたします。  本院議員田英夫君は、国会議員としてその職にあること二十五年に達せられました。  理事会において協議いたしました結果、本日の本会議において、お手元の案文により院議をもって表彰するとともに、肖像画を委員会室に掲額し、記念品を贈呈することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、社会保障制度審議会委員の推薦に関する件を議題といたします。  本件に……

第136回国会 議院運営委員会 第5号(1996/02/16、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、角田義一君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。

第136回国会 議院運営委員会 第6号(1996/02/23、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、吉岡吉典君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、議員故大野明君に対する弔詞に関する件を議題といたします。事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

第136回国会 議院運営委員会 第7号(1996/03/22、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前十一時三十二分休憩

第136回国会 議院運営委員会 第8号(1996/03/27、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  人事官の任命同意に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。内閣官房副長官渡辺嘉藏君。
【次の発言】 ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。  人事官の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
【次の発言】 多数と認めます。よって、本件は同意を与えることに決定いたしました。
【次の発言】 次に、議院に出頭する証人等の旅費及び日当支給規程の一部改正に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり……

第136回国会 議院運営委員会 第9号(1996/03/29、17期、自由民主党・自由国民会議)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関する件を議題といたします。  図書館長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいま説明の件につきましては、図書館長説明のとおり改正することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。

第136回国会 議院運営委員会 第10号(1996/04/10、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における国務大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、本日の本会議において、高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏えい事故に関する報告について中川科学技術庁長官から報告を聴取するとともに、これに対し、平成会一人十五分、社会民主党・護憲連合一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第11号(1996/04/12、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前十一時四十三分休憩

第136回国会 議院運営委員会 第12号(1996/04/22、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る十二日、衆議院から送付されました林業改善資金助成法及び林業等振興資金融通暫定措置法の一部を改正する法律案、林業労働力の確保の促進に関する法律案及び木材の安定供給の確保に関する特別措置法案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第136回国会 議院運営委員会 第13号(1996/04/26、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、猪熊重二君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり、あたたかさと思いやりの岐阜県をつくる会を立法事務費の交付を……

第136回国会 議院運営委員会 第14号(1996/05/08、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、小委員長の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い図書館運営小委員長が欠員となっておりますので、この際、小委員長の補欠選任を行いたいと存じます。  選任は、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、図書館運営小委員長に風間昶君を指名いたします。
【次の発言】 次に、地方制度調査会委員の推薦に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり……

第136回国会 議院運営委員会 第15号(1996/05/10、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、国立国会図書館組織規程の一部改正に関する件を議題といたします。  図書館長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいま説明の件につきましては、図書館長説明のとおり改正することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休……

第136回国会 議院運営委員会 第16号(1996/05/15、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における平成六年度決算の概要についての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、平成六年度決算の概要について久保大蔵大臣から報告を聴取するとともに、これに対し、平成会一人十五分、社会民主党・護憲連合一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第17号(1996/05/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る十四日、衆議院から送付されました防衛庁設置法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、日本共産党一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第18号(1996/05/22、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る五月十七日、衆議院から送付されました警察法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の……

第136回国会 議院運営委員会 第19号(1996/05/24、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  特別委員会に関する件を議題とし、金融問題等に関する特別委員会及び海洋法条約等に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり特別委員会を設置することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果……

第136回国会 議院運営委員会 第20号(1996/05/29、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、元参議院議長故藤田正明君に対する弔詞に関する件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。

第136回国会 議院運営委員会 第21号(1996/05/31、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る二十八日、衆議院から送付されました海洋法に関する国際連合条約及び千九百八十二年十二月十日の海洋法に関する国際連合条約第十一部の実施に関する協定の締結について承認を求めるの件、領海法の一部を改正する法律案、排他的経済水域及び大陸棚に関する法律案、海上保安庁法の一部を改正する法律案、排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律案、海洋生物資源の保存及び管理に関する法……

第136回国会 議院運営委員会 第22号(1996/06/05、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、昨四日、衆議院から送付されました日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件及び自衛隊法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、社会民主党・護憲連合一人十分、日本共産党一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いた……

第136回国会 議院運営委員会 第23号(1996/06/07、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、昨六日、衆議院から送付されました海上運送法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。……

第136回国会 議院運営委員会 第24号(1996/06/10、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る七日、衆議院から送付されました特定住宅金融専門会社の債権債務の処理の促進等に関する特別措置法案、金融機関等の経営の健全性確保のための関係法律の整備に関する法律案、金融機関の更生手続の特例等に関する法律案、預金保険法の一部を改正する法律案、農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案及び同日衆議院から提出されました特定住宅金融専門会社が有する債権の時効の停止等に関する特別措置法案に……

第136回国会 議院運営委員会 第25号(1996/06/12、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、昨十一日、衆議院から送付されました民事訴訟法案及び民事訴訟法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第26号(1996/06/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における調査会の中間報告に関する件を議題といたします。  去る十二日、国際問題に関する調査会長から国際問題に関する調査の中間報告書が、また、昨十三日、行財政機構及び行政監察に関する調査会長から行財政機構及び行政監察に関する調査の中間報告書が、それぞれ提出されました。  つきましては、本日の本会議において、両調査会長からこれらについて報告を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第136回国会 議院運営委員会 第27号(1996/06/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩い……

第136回国会 議院運営委員会 第28号(1996/06/18、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における調査会の中間報告に関する件を議題といたします。  昨十七日、国民生活・経済に関する調査会長から国民生活・経済に関する調査の中間報告書が提出されました。  つきましては、本日の本会議において、調査会長からその報告を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めること……

第136回国会 議院運営委員会 第29号(1996/06/19、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、常任委員長の辞任及び補欠選任の件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告のとおり、委員長の辞任を許可し、その補欠の選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さ  よう決定いたします。
【次の発言】 次に、公正取引委員会委員長、公害等調整委員会委員、土地鑑定委員会委員、中央更生保護審査会委員長及び同委員、漁港審議会委員並びに労働保険審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。 ……


■ページ上部へ

第137回国会(1996/09/27〜1996/09/27)

第137回国会 議院運営委員会 第1号(1996/09/27、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前九時四十一分休憩


■ページ上部へ

第138回国会(1996/11/07〜1996/11/12)

第138回国会 議院運営委員会 第1号(1996/11/07、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、事務総長から内閣総辞職に関する報告がございます。
【次の発言】 次に、常任委員長の補欠選任の件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告のとおり、委員長の補欠を選任することとし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、特別委員会に関する件を議題といたします。  まず、科学技術特別委員会、環境特別委員会、災害対策特別委員会、選挙制度に関する特別委員会、沖縄及び……

第138回国会 議院運営委員会 第2号(1996/11/12、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を闘会いたします。  まず、裁判官弾劾裁判所裁判員、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員、裁判官訴追委員、裁判官訴追委員予備員、皇室会議予備議員、皇室経済会議予備議員、検察官適格審査会委員予備委員、国土審議会委員、北海道開発審議会委員及び日本ユネスコ国内委員会委員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名すること並びに裁判官弾劾裁判所裁判員予備員、裁判官訴追委員予備員、皇室会議予備議……


■ページ上部へ

第139回国会(1996/11/29〜1996/12/18)

第139回国会 議院運営委員会 第1号(1996/11/29、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の選任についてお諮りいたします。  理事会において協議いたしました結果、会派の変動に伴う理事一名の選任を行います。  割り当て会派推薦のとおり、伊藤基隆君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、特別委員会に関する件を議題といたします。  まず、科学技術特別委員会、環境特別委員会、災害対策特別委員会、選挙制度に関する特別委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会、中小企業対策特別委員会及び行財政改革・税制等に関する特別委員会の設置に……

第139回国会 議院運営委員会 第閉会後1号(1997/01/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり、太陽を立法事務費の交付を受ける会派と認定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、参議院、国立国会図書館、裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会の平成九年度予定経費要求及び平成八年度予定経費補正要求に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。

第139回国会 議院運営委員会 第2号(1996/12/03、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前九時四十一分休憩

第139回国会 議院運営委員会 第3号(1996/12/04、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。暫時休憩いたします。   午前九時四十七分休憩

第139回国会 議院運営委員会 第4号(1996/12/05、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 特に御発言もないようですので、これより採決を行います。  本案に賛成の諸君の挙手を願います。
【次の発言】 全会一致と認めます。  よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第139回国会 議院運営委員会 第5号(1996/12/16、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る十三日、衆議院から送付されました農林中央金庫と信用農業協同組合連合会との合併等に関する法律案及び農業協同組合法等の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、日本共産党一人十分、民主党・新緑風会一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第139回国会 議院運営委員会 第6号(1996/12/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午後四時十二分休憩

第139回国会 議院運営委員会 第7号(1996/12/18、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、原子力安全委員会委員、科学技術会議議員、臨時大深度地下利用調査会委員、国会等移転審議会委員、公正取引委員会委員、公害健康被害補償不服審査会委員、中央更生保護審査会委員、社会保険審査会委員、運輸審議会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員及び労働保険審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。科学技術政務次官岡利定君。
【次の発言】 次に、国土政務次官井奥貞雄君。
【次の発言】 次に、内閣官房副長官与謝野馨君。


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 議院運営委員会 第1号(1997/01/20、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、常任委員長の辞任及び補欠選任の件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告のとおり、地方行政委員長の辞任を許可し、欠員となる地方行政委員長及び現在欠員の外務委員長の補欠選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、特別委員会に関する件を議題といたします。  まず、科学技術特別委員会、環境特別委員会、災害対策特別委員会、選挙制度に関する特別委員会……

第140回国会 議院運営委員会 第2号(1997/01/23、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩い……

第140回国会 議院運営委員会 第3号(1997/01/24、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、裁判官弾劾裁判所裁判員、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員、裁判官訴追委員及び裁判官訴追委員予備員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名すること並びに裁判官弾劾裁判所裁判員予備員及び裁判官訴追委員予備員の職務を行う順序を議長に一任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第140回国会 議院運営委員会 第4号(1997/01/29、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  昨二十八日午後一時五分、議員友部達夫君の逮捕につき、内閣から本院へ許諾請求がなされ、同日、議員友部達夫君の逮捕について許諾を求めるの件が本委員会に付託されました。  これより本件を議題といたします。  この際、国会法第五十二条第二項の規定により、本委員会を秘密会とすることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、議事に関係のある議員、国務大臣、政府委員及び政府当局者並びに事務をとる職員以外の方は御退場願います。
【次の発言】 お諮りいたします。  ただいまの秘密会の記録につきましては、本……

第140回国会 議院運営委員会 第5号(1997/01/31、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。暫時休憩いたします。    午後三時三十分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第6号(1997/02/03、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における平成七年度決算の概要についての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、平成七年度決算の概要について三塚大蔵大臣から報告を聴取するとともに、これに対し、平成会一人十五分、民主党・新緑風会一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたし……

第140回国会 議院運営委員会 第7号(1997/02/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、検査官、科学技術会議議員及び国家公安委員会委員の任命同意に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。内閣官房副長官与謝野馨君。
【次の発言】 次に、科学技術政務次官岡利定君。
【次の発言】 ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。  まず、検査官の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
【次の発言】 多数と認めます。よって、本件は同意を与えることに決定いたしました。  次に、科学技術会議議員の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。

第140回国会 議院運営委員会 第8号(1997/03/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る五日、衆議院から送付されました平成九年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案及び租税特別措置法及び阪神・淡路大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、民主党・新緑風会一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定……

第140回国会 議院運営委員会 第9号(1997/03/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における自治大臣の報告及び議案の趣旨説明聴取並びにこれに対する質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、次のとおり意見が一致いたしました。  すなわち、白川自治大臣から、平成九年度地方財政計画について報告を聴取するとともに、去る十一日、衆議院から送付されました地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律案及び地方交付税法等の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取することとし、これらの報告及び説明に対し、平成会一人十……

第140回国会 議院運営委員会 第10号(1997/03/19、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、永年在職議員の表彰に関する件を議題といたします。  本院議員大久保直彦君は、国会議員としてその職にあること二十五年に達せられました。  理事会において協議いたしました結果、本日の本会議において、お手元の案文により院議をもって表彰するとともに、肖像画を委員会室に掲額し、記念品を贈呈することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたし……

第140回国会 議院運営委員会 第11号(1997/03/21、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、齋藤勁君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、内閣から提出されました児童福祉法等の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨……

第140回国会 議院運営委員会 第12号(1997/03/24、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、伊藤基隆君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、内閣から提出されました南極地域の環境の保護に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣……

第140回国会 議院運営委員会 第13号(1997/03/26、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、北海道開発審議会委員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、社会保障制度審議会委員の推薦に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。  割り当て会派申し出のとおり推薦する……

第140回国会 議院運営委員会 第14号(1997/03/28、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午後二時五十七分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第15号(1997/03/31、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。暫時休憩いたします。   午後三時十一分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第16号(1997/04/04、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、宇宙開発委員会委員、商品取引所審議会会長及び同委員の任命同意に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。科学技術政務次官岡利定君。
【次の発言】 次に、通商産業政務次官上野公成君。
【次の発言】 ただいま説明の宇宙開発委員会委員、商品取引所審議会会長及び同委員の任命について同意を与えることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。

第140回国会 議院運営委員会 第17号(1997/04/09、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、特別委員会に関する件を議題とし、日米安全保障条約の実施に伴う土地使用等に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり特別委員会を設置することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果……

第140回国会 議院運営委員会 第18号(1997/04/11、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の辞任についてお諮りいたします。  去る九日、風間昶君から、都合により理事を辞任いたしたい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  理事の辞任等に伴い理事が二名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、福本潤一君及び三重野栄子君を理事に選任することに御異議ございせんか。

第140回国会 議院運営委員会 第19号(1997/04/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  本件に関し意見開陳の申し出がございます。中曽根弘文君。
【次の発言】 次に、吉岡吉典君。
【次の発言】 これより採決を行います。  ただいまの中曽根君提案のとおり、本日の本会議の議事を進めることに賛成の諸君の挙手を願います。
【次の発言】 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。  暫時休憩いたします。    午後二時十五分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第20号(1997/04/21、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の辞任についてお諮りいたします。  去る十八日、福本潤一君から、都合により理事を辞任いたしたい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  理事の辞任に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、風間昶君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第140回国会 議院運営委員会 第21号(1997/04/25、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。  割り当て会派推薦のとおり、角田義一君を理事に選任することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。

第140回国会 議院運営委員会 第22号(1997/05/07、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、永年在職議員の表彰に関する件を議題といたします。  本院議員斎藤十朗君は、国会議員としてその職にあること二十五年に達せられました。  理事会において協議いたしました結果、本日の本会議において、お手元の案文により院議をもって表彰するとともに、肖像画を委員会室に掲額し、記念品を贈呈することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたしま……

第140回国会 議院運営委員会 第23号(1997/05/09、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における内閣総理大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、本日の本会議において、米国、豪州及びニュー・ジーランド訪問に関して橋本内閣総理大臣から報告を聴取するとともに、これに対し、自由民主党、平成会、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第140回国会 議院運営委員会 第24号(1997/05/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る六日、衆議院から送付されました環境影響評価法案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、社会民主党・護憲連合一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします……

第140回国会 議院運営委員会 第25号(1997/05/16、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、特別委員会に関する件を議題とし、臓器の移植に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり特別委員会を設置することに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めること……

第140回国会 議院運営委員会 第26号(1997/05/19、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る四月二十四日、衆議院から提出されました臓器の移植に関する法律案及び参議院議員猪熊重二君外四名発議の臓器の移植に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、自由民主党一人十五分、平成会二人十五分、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ご……

第140回国会 議院運営委員会 第27号(1997/05/23、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る八日、衆議院から送付されました健康保険法等の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、自由民主党及び平成会おのおの一人十五分、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第140回国会 議院運営委員会 第28号(1997/05/26、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る二十日、衆議院から送付されました雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等のための労働省関係法律の整備に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第140回国会 議院運営委員会 第29号(1997/05/28、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る二十二日、衆議院から送付されました日本銀行法案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分、民主党・新緑風会一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。 ……

第140回国会 議院運営委員会 第30号(1997/05/30、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、次のとおり意見が一致いたしました。  すなわち、去る十五日、衆議院から送付されました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案、及び去る二十日、衆議院から送付されました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の適用除外制度の整理等に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うこと。  また、去る二十二日、……

第140回国会 議院運営委員会 第31号(1997/06/02、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る五月二十九日、衆議院から送付されました金融監督庁設置法案及び金融監督庁設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、自由民主党及び平成会おのおの一人十五分、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございま……

第140回国会 議院運営委員会 第32号(1997/06/06、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前九時四十二分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第33号(1997/06/09、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午前九時四十一分休憩

第140回国会 議院運営委員会 第34号(1997/06/11、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、人事官、検査官、科学技術会議議員、宇宙開発委員会委員、公正取引委員会委員長、公正取引委員会委員、公害等調整委員会委員長、公害等調整委員会委員、公安審査委員会委員長、公安審査委員会委員、日本銀行政策委員会委員、中央社会保険医療協議会委員、運輸審議会委員、労働保険審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。内閣官房副長官与謝野馨君。
【次の発言】 次に、科学技術政務次官岡利定君。
【次の発言】 次に、法務政務次官野村五男君。

第140回国会 議院運営委員会 第35号(1997/06/13、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、去る五月二十二日、衆議院から送付されました介護保険法案、介護保険法施行法案及び医療法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、自由民主党及び平成会おのおの一人十五分、社会民主党・護憲連合、民主党・新緑風会及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。

第140回国会 議院運営委員会 第36号(1997/06/16、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、元議員故塚田十一郎君に対する弔詞に関する件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 本件につきましては、ただいまの事務総長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休……

第140回国会 議院運営委員会 第37号(1997/06/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における調査会の中間報告に関する件を議題といたします。  去る十一日、国際問題に関する調査会長から国際問題に関する調査の中間報告書が、また、国民生活・経済に関する調査会長から国民生活に関する調査の中間報告書が、それぞれ提出されました。  つきましては、本日の本会議において、両調査会長からこれらについて報告を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を……

第140回国会 議院運営委員会 第38号(1997/06/18、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(下稲葉耕吉君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、常任委員長の辞任及び補欠選任の件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
【次の発言】 ただいまの事務総長報告のとおり、委員長の辞任を許可し、その補欠の選任を行うこととし、その選挙は、手続を省略して、議長において指名することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 次に、外国派遣議員の報告に関する件を議題といたします。  本年、外国議会との交流及び列国議会同盟会議等国際会議への出席のため海外に派遣されました議員団から、それぞれ報告書が提出されました。 ……

第140回国会 決算委員会 第閉会後7号(1997/09/18、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 答弁に先立ちまして、今回の内閣改造で法務大臣を拝命いたしました。特に皆様方にはかねてからいろいろ御支援、御指導を賜っているわけでございますが、今後ともひとつよろしくお願いいたします。ごあいさつ申し上げます。  ただいま松村委員から御指摘のあった点でございますが、お話のとおりに、現在二十八万人の不法滞在者がいる。日本からの出国者が千六百万人、丸い数字で申し上げますと入国者が四百万人を超している。そういうふうな厳しい状況の中で、先ほど来お話がございましたような集団的な密入国事件でございますとか不法事犯等が発生しておる。大変入管行政というものは厳しい中で重要なものではない……


■ページ上部へ

第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 決算委員会 第閉会後1号(1997/12/16、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  先ほど来お話に出ておりますアカス事件でございますとか、白河育成園の事件等々を伺いまして、私ども胸が痛む思いでございます。  障害者の人権擁護の重要性につきましては、法務省といたしましても十分認識いたしております。  そこで、昭和五十六年以降、啓発活動の強調事項の一つといたしまして、障害者の完全参加と平等を実現しょうということを一つの目標に掲げておりまして、障害者に対する差別や偏見を解消し、人権尊重の意識の普及高揚を図るための啓発活動や、人権相談所における障害者の人権に関する相談活動等に積極的に取り組んでいるわけでございます。  先生御承知のとお……

第141回国会 法務委員会 第2号(1997/10/16、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) このたび法務大臣に就任いたしました下稲葉耕吉でございます。  委員長を初め委員の皆様方には平素から法務行政の運営につきまして格別の御協力をいただいておりまして、厚く御礼申し上げます。  内外に困難な問題が山積いたしておりますときに法務行政を担当することになりました。その貴任の重大さを痛感いたしておる次第でございます。  法務行政に課せられた使命はもう申すまでもなく法秩序の維持と国民の権利の保全ということに相なるわけでございますが、法秩序が揺るぎなく維持されまして、国民お一人お一人の権利が十分に守られてこそ国民の幸福追求が可能になり、国の平和と安全を図ることができると……

第141回国会 法務委員会 第3号(1997/11/13、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) ただいま清水先生から御指摘がございましたとおり、最近の少年非行、なかんずく少年犯罪の凶悪化、これはもう大変憂慮すべき事態であると認識いたしております。
【次の発言】 神戸の事件が起きまして、少年法の問題がにわかに報道で取りざたされておりますけれども、少年法自身は先生御承知のとおり昭和二十三年、まだ日本が占領下にできた法律でございます。  それで、その内容がそのままでいいだろうかというふうなことにつきましてはいろいろ議論のあったところでございまして、ちょうど二十年前に法制審議会でも御議論いただきまして、一応の中間報告みたいなものをいただきました。ただ、残念ながら、その……

第141回国会 法務委員会 第4号(1997/11/18、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。  この法律案は、最近の社会経済情勢及び株式会社の運営の実態にかんがみ、いわゆる総会屋の根絶を図るとともに株式会社の運営の健全性を確保するため、商法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部を改正しようとするものでありまして、その改正の要点は次のとおりであります。  まず、商法につきましては、第一に、株主の権利の行使に関する利益供与罪及び利益受供与罪の法定刑を引き上げるとともに、利益供与要求罪並びに威迫を伴う利益受供与罪及び利益供与要求……

第141回国会 法務委員会 第5号(1997/11/25、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 総会屋根絶のための政府全体による施策といたしましては、ここにおられます松浦先生が法務大臣のときでございますが、九月五日に、関係閣僚会議におきまして御指摘の総会屋対策要綱というものが制定されました。さらに、去る十月二十八日には、業界団体における企業経営者の意識改革を要請するなどの諸対策を一層推進していくということの合意がなされております。  その内容はいろいろございますが、関係各省庁がそれに対応する業界のトップに対しまして面接等によって直接要請するとか、あるいは警察による支援をどういうふうな形でやっていくとか、あるいは銀行、証券会社に対する実効性のある厳正な検査等を確……

第141回国会 法務委員会 第6号(1997/11/27、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) この委員会におきましても、総会屋の問題に関連いたしまして商法改正の御議論が熱心に行われているところでございますが、いわゆる総会屋という言葉は私は本当はあってはならない言葉だと思います。昭和三十年代ごろには五、六千人ぐらいいたというふうに記憶いたしておりますけれども、だんだん減りまして千七百になり、今は千名ぐらいだと。要するに、株主総会に寄生じまして反社会的な行為を繰り返している存在が総会屋でございまして、こういうふうな人たちの根絶を図らなくちゃならないというのは、これはもう私たちの願いでございますし、何とか実現したい。  そこで、今回の一連の総会屋の事件を振り返って……

第141回国会 法務委員会 第7号(1997/12/02、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を便宜一括して御説明いたします。  政府においては、人事院勧告の趣旨等にかんがみ、一般の政府職員の給与を改定する必要を認め、今国会に一般職の職員の給与に関する法律等及び特別職の職員の給与に関する法律をそれぞれ改正する法律案を提出いたしました。そこで、裁判官及び検察官につきましても、一般の政府職員の例に準じて、その給与を改定する措置を講ずるため、この両法律案を提出した次第でありまして、改正の内容は次のとおりであります。  第一に、最高裁判所長官、最高裁……

第141回国会 法務委員会 第8号(1997/12/04、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) るる出入国管理行政につきまして御質問賜り、政府委員から答弁いたしたわけでございますが、委員御指摘のとおりに最近の国際交流というのは年々増加いたしておるわけでございまして、先ほどお話がございましたが、昨年度は三百四十一万人、大ざっぱに言いますと毎日一万人ずつ外国人が入国している。日本人が外国に行きますのは千六百万を超しておりますので毎日四万五千人をオーバーしている。それほど国際交流というのは激しくなっているわけでございます。  法務省といたしましては、基本的には、そういうふうな国際交流というのはもう当然のことでございますので、正規に外国人の方が日本においでになるという……

第141回国会 予算委員会 第2号(1997/10/14、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) ただいま少年に対する委員の切々たる思いを伺いました。少年問題は、単に学校だけにとどまらないで、家庭だとかあるいは社会だとか広くかかわり合いがあるわけでございまして、そういうふうな中で総合的にとらえていくべきだ、このように基本的に思います。  少年犯罪の動向でございますが、御指摘がございましたように、戦後、強盗、強姦、殺人あるいは放火等々の凶悪事件というのは昭和三十年代から四十年代にかけて増加したんですが、四十年代の後半から急激に減っている。一時鎮静化したような形でございましたが、最近また増加しているという現状でございまして、お話のような、神戸における本当にあってはな……

第141回国会 予算委員会 第3号(1997/10/15、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたしますが、泉井純一被告人につきましては東京地方検察庁が捜査をいたしました。その結果、御承知のとおり、所得税法違反、さらに詐欺、関西国際空港株式会社法違反、これは贈賄の事実で起訴しているのは御承知のとおりでございます。  検察当局が起訴していない事柄につきまして、捜査をしたか、あるいは現在しているかどうかというふうなことにつきましては、捜査機関の活動の内容にかかわることでございますので、法務大臣としては答弁を差し控えさせていただきます。
【次の発言】 御答弁いたします。  その資金が政治資金だったのか、選挙に使われたのか、あるいは個人の単なる借り入れだったの……

第141回国会 予算委員会 第4号(1997/11/18、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  泉井純一被告人につきましては、議員御指摘のとおりに、東京地方検察庁が所得税法違反、それから詐欺、関西国際空港株式会社法違反の事実で起訴しているわけでございます。  起訴されていない何らかの事項につきまして検察当局が捜査をしているかしていないかということにつきましては、これは捜査活動の内容にかかわる事柄でございますので、法務大臣としては答弁を差し控えさせていただきたい、このように思います。
【次の発言】 お答えいたします。  現在、事件は公判係属中でございまして、議員の今お尋ねの点は具体的な捜査の内容にかかわることでもございますし、大臣としての答……

第141回国会 予算委員会 第6号(1997/12/01、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  山一証券に関しましては、現在、関係行政当局による実態解明が進んでいる、検察当局も関心を持っているというふうに思います。  法務大臣として具体的事件にどうだこうだと言うことは差し控えさせていただきますが、ここまで国民が関心を抱いている重大な事件でもございます。検察当局としては、刑事事件として立件するものがあれば法律に照らし証拠に基づき適正に処理するものと思います。


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 行財政改革・税制等に関する特別委員会 第10号(1998/06/03、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答え申し上げます。  今お話しの事件は詐欺罪に係ることでございますが、刑法は詐欺罪につきましては十年以下の懲役と、非常に重い刑罰を規定しているのは御承知のとおりでございます。  今お話しのような法人とのかかわり合いでございますが、詐欺行為の実行行為を行った者のみならず、その謀議に加わった者などに対しましても刑法上共犯として処罰できるわけでございまして、またそのような事例というのはもうたくさんあるわけでございます。そういうふうな意味から、現在の日本の刑法は法人に対する処罰の規定はございません、御承知のとおり。しかし、だからといって、現在の刑法典で共犯等々の具体的な執……

第142回国会 行財政改革・税制等に関する特別委員会 第13号(1998/06/08、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答え申し上げます。  今、猪熊委員御指摘のとおりに、第十五条の別表第二に、法務省としては、「基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護等」、これが主要な任務と記載されております。この主要な任務とは、法務省が担うべき基本的かつ重要な任務と申しますか、法務省そのものの一つの基本的な任務であるということで、私はいつもかねがね法秩序の維持と国民の権利の保全が法務省の仕事でございますということを国会でしばしば答弁申し上げておりますが、そういうふうなことの基本の考え方を述べたものでございます。  それから、主要な行政機能というふうなことで、これは具体的に「司法制度、……

第142回国会 法務委員会 第2号(1998/03/10、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 委員長を初め委員の皆様には平素から法務行政について格別の御尽力をくださり、厚く御礼を申し上げます。  この機会に法務行政に関する所信の一端を申し述べ、委員各位の御理解と御協力を賜りないと存じます。  我が国は、今新しい時代の創造に向けて変革のときを迎えております。このようなときに、法秩序の維持と国民の権利の保全を使命とする法務行政は、改革を支える基盤として、いよいよその役割が重大になるとともに、新しい時代の要請に迅速的確にこたえみずからを変革していくことが求められております。私は、このことを念頭に置き、全力を傾注して国民の期待する法務行政の推進に取り組んでまいる所存……

第142回国会 法務委員会 第3号(1998/03/12、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答え申し上げます。  今、委員御指摘のとおりに、世の中は大変激動の時代にあると思います。政治、経済、社会、あらゆる分野においてしかりでございまして、今まで我が国を支えてきたシステムが十分機能を果たしているかどうかというふうな問題もあろうかと思いますし、まさしく委員御指摘のとおりでございます。  我が国の発展のためには、私といたしましては、さまざまな分野での改革が必要であるというふうに考えますが、その中で法秩序が維持され、国民一人一人の権利が万全に保全されるということが基礎になければ、いろいろな改革はなかなかうまくいかないのではなかろうか、そのように思います。  片……

第142回国会 法務委員会 第4号(1998/03/19、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。  この法律案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図るため、裁判所の職員の員数を増加しようとするものでありまして、以下その要点を申し上げます。  第一点は、裁判官につき、判事補の員数を二十人増加しようとするものであります。これは、地方裁判所における民事訴訟事件及び民事執行法に基づく執行事件の適正迅速な処理を図るために増加しようとするものであります。  第二点は、裁判官以外の裁判所の職員の員数を二十一人増加しようとするものであります。これは、地方裁判所における民事訴訟事件及び民事執行法……

第142回国会 法務委員会 第6号(1998/03/27、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 商法を主管しております法務省の立場から申し上げますと、今回の法案は、原則として定款変更という形で株主総会の特別決議が要求されているということ、それから債権者保護手続が必要とされているということ、さらに法定準備金のうち資本の四分の一に相当する額は必ず社内に留保しなければならないこと等、株主、債権者の保護の点についても相応の配慮がなされているというふうに私どもは理解いたしております。
【次の発言】 ただいま可決されました附帯決議につきましては、その趣旨を踏まえ、適切に対処してまいりたいと存じます。

第142回国会 法務委員会 第7号(1998/03/31、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) ただいま可決されました附帯決議につきましては、その趣旨を踏まえ、適切に対処してまいりたいと存じます。
【次の発言】 外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。  この法律案は、我が国の渉外的法律関係の一層の安定を図る等のため、外国法事務弁護士に係る諸規制を緩和しようとするものであります。  その改正の要点は、次のとおりであります。  第一に、外国法事務弁護士となる資格の承認基準の一つである外国弁護士としての職務経験要件について、必要とされる期間を三年以上とし、これを短縮するとともに、外国弁護士となる……

第142回国会 法務委員会 第8号(1998/04/02、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) ただいま委員から戦後の流れにつきまして御説明があったわけでございますが、最近の社会経済の国際化の進展によりまして、企業の活動を中心として渉外的な法律関係が問題となるケースが増大してきておりますし、国際化が進めば進むほどそういうふうな傾向はいよいよ増大するものと思われます。  そこで、外国法事務弁護士の制度は、外国弁護士に我が国における活動を認めることによりまして、日本国内において外国法に関する良質のサービスを提供させ、このような内外の法的ニーズに適切にこたえようとするものでございます。  お話がございましたように、いろいろな話も外からあることは事実でございますけれど……

第142回国会 法務委員会 第9号(1998/04/07、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 先ほどからるる矯正保護関係につきまして長尾委員のすばらしい御意見を承ったわけでございます。矯正保護の分野は、犯罪や非行を犯した者を改善更生し、健全な社会人とすることを目的としておるわけでございまして、刑事政策上大変重要な問題だと思います。  片や、そういうふうな対象者は、例えば暴力団関係者が大変ふえているとか、あるいは薬物による関係者が三割ぐらいいるとか、最近はまた凶悪な事件等々を犯しました少年の処遇の問題だとかいろいろ複雑困難な要素が加わってきているというのは事実でございます。  片や、先生が今御指摘のそれを受ける体制の問題につきまして、私も必ずしも十分であろうと……

第142回国会 法務委員会 第10号(1998/04/09、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 委員御指摘のとおり、我が国は昭和四十七年九月二十九日に日中共同声明が締結されまして、この日中共同声明に基づきまして厳然として日中間の交流を行っているわけです。そこで、台湾との関係を非政府間の実務関係として維持しているわけでございます。  今般、入管法を改正いたしまして台湾道照を我が国の入管法上有効な旅券として取り扱うのは、日台間における民間交流の増大に伴う出入国管理関係事務の負担軽減を図るためのものでございまして、日中共同声明との関係で何ら問題を生ずるものではない、このように理解いたしております。
【次の発言】 昨年、おかげさまで入管法の改正をしていただきまして、蛇……

第142回国会 法務委員会 第11号(1998/04/14、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  保護司の方々は、それぞれの地域社会において、今お話がございましたように、社会奉仕の精神でもって無報酬で犯罪者あるいは非行少年の立ち直りを助け、犯罪、非行のない明るい地域社会づくりのために貢献していただいているわけでございまして、本当に頭の下がる思いがいたしております。  特に保護観察におきましては、保護司制度は、地域の実情を熟知した保護司の方々が更生保護の専門職員である保護観察官を助けまして、隣人として保護観察対象者の改善更生に援助の手を差し伸べておられるわけでございます。彼らの社会復帰を促し、その再犯を防止する上で大変効果的に機能しておるわけ……

第142回国会 法務委員会 第12号(1998/04/16、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 今回御審議いただいております二つの法案は、法曹に直接関係の深い内容でございまして、政府委員からいろいろ説明がございましたように、法曹三者、学識経験者等々の意見も踏まえましてこのような結論に相なったわけでございます。  いろいろ御指摘がございましたが、法曹人口がもっとふえるべきであるという議論がもともとあるわけでございますし、社会のニーズがいよいよ多くなってきているわけでございますし、またそのことも予想されるわけでございます。質の高い立派な法曹をたくさん備えることが今後の厳しい社会、特に国際化の進む社会に対応するためにどうしても必要だと思いますし、このような制度の確立……

第142回国会 法務委員会 第14号(1998/04/23、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  法曹三者の体制が現状でいいかどうかという問題がまず一つあります。私は現状でも大変不十分だと思います。それから、将来を展望いたしました際に、いつも申し上げているとおり、国際化が進み、規制緩和が進み、自己責任というふうなことになりますと、事件がふえます。刑事事件についてもそういうふうな方向だろうと思います。そういうふうな中で体制がどうかということは、私どもとしては将来を展望しなくちゃいけない、こう思いますので、そういうふうな意味ではもう大変不十分だと思います。  一つの例が、たまたま申し上げましたように、例えば弁護士さんにいたしましても、三千三百の……

第142回国会 法務委員会 第15号(1998/05/26、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。  この法律案は、債権流動化を初めとする法人の資金調達手段の多様化の状況にかんがみ、法人による債権譲渡を円滑にするため、債権譲渡の第三者対抗要件に関する民法の特例として、法人がする金銭債権の譲渡等につき登記による新たな対抗要件制度を創設するとともに、その登記手続を整備する等の措置を講じようとするものでありまして、その要点は次のとおりであります。  第一に、法人が金銭債権を譲渡した場合には、債権譲渡登記ファイルに債権譲渡登記をすることによって、債務者以外の第三者に対する対抗要……

第142回国会 法務委員会 第16号(1998/05/28、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 今、委員御指摘のとおりでございまして、国際化が進み、流動化がどんどん進むわけでございまして、基本法を預かる法務省といたしましては、委員御指摘のようなことも踏まえまして、やはり流動化する国際情勢、国内情勢を背景にいたしまして随時適切な措置をとってまいりたい、このように思うわけでございます。  この問題よりちょっと広くなりますけれども、けさも政府・与党金融再生トータルプラン推進協議会をやったわけでございまして、その中でも例えばサービサーの問題であるとかあるいは競売法の迅速化の問題だとかいうふうなこと等々も議論されております。  今委員御指摘になりましたように、本法は本法……

第142回国会 法務委員会 第17号(1998/06/04、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 民事局長はなかなか専門家なものですからなんでございますが、今私ども考えておりますのは、年間何件ぐらいあるだろうかと今予測しております。そしてそれに基づいて手数料はどの程度になろうかと、その辺の予測の今最中でございまして、十数万ぐらい考えられるのかなと。これはもうあくまでも予測でございますから、はっきりしません。  そういうようなことからしますと、それは今お話しになりましたような特債法に基づく新聞公告七十万、あるいはまた今度は民法の手続によって送達するということだと一人千二百幾らかかるので、一万件だったら千二百万円かかるんじゃないかというふうな推計があるわけでございま……

第142回国会 予算委員会 第5号(1998/02/03、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答えいたします。  国会における参考人の質疑の場において、いかなる事項について答弁し、あるいは答弁しないかということは、それは参考人自身が憲法、刑事訴訟法等々に基づいて判断されることでございます。  そこで、一般論として申し上げますならば、検察当局においては、日ごろから、関係者による口裏合わせ等の罪証隠滅工作を防ぐために、事情聴取による内容を弁護人以外の関係者に話さないように注意するということはあり得ることではございますけれども、本件のように、国権の最高機関でございます国会の調査権に基づく予算委員会での参考人質疑の場で答弁を差し控えるように指示するようなことは、検……

第142回国会 予算委員会 第11号(1998/03/26、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答え申し上げます。  ただいまの事件は、神戸地検で捜査して、そして家庭裁判所、それから関係者がたくさんいるわけでございます。今お話がございましたように、私どもは大変に遺憾な事件だと思いますし、検察といたしましても重大な関心を持って捜査をやっている最中でございますので、その結果を踏まえまして適切に対処いたしたい、このように思います。

第142回国会 予算委員会 第14号(1998/04/01、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) お答え申し上げます。  お尋ねのような疑惑のもみ消し工作などという事実はなかったというふうに承知いたしております。  なお、一般論として申し上げますれば、検察官は常に法と証拠に基づきまして、厳正公平、不偏不党、刑事事件の捜査処理を適切に行ってきたものだと思いますし、私は検察を信頼いたしております。

第142回国会 予算委員会 第17号(1998/04/08、17期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(下稲葉耕吉君) 委員御指摘のように、最近、少年事件や刑事事件に関連いたしまして、関係者の名誉、プライバシーを侵害する事件が起きておりまして、大変遺憾に思います。  申すまでもないことでございますが、この問題につきましては、憲法の保障する表現の自由にかかわることでございますから、先ほどお話がございましたように、自主的にそういうふうな関係者が規制されるということがまず前提に立つと思います。  それにもかかわらず、マスコミ等の行き過ぎた報道により関係者の人権が侵害されたと。現在の体制では、人権擁護機関であります法務省といたしまして勧告するということにとどまっているわけでございますが、それ……


下稲葉耕吉[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-16期-|17期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院17期)

 期間中、各種会議での発言なし。

下稲葉耕吉[参]委員会統計発言一覧(全期間)
14期-15期-16期-|17期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

下稲葉耕吉[参]在籍期 : 14期-15期-16期-|17期|
下稲葉耕吉[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 17期在籍の他の議員はこちら→17期参議院議員(五十音順) 17期参議院議員(選挙区順) 17期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。