松谷蒼一郎 参議院議員
17期国会発言一覧

松谷蒼一郎[参]在籍期 : 16期-|17期|-18期-19期
松谷蒼一郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松谷蒼一郎参議院議員の17期(1995/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は17期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院17期)

松谷蒼一郎[参]本会議発言(全期間)
16期-|17期|-18期-19期
第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 参議院本会議 第7号(1997/11/28、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました承認案件につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本件は、平成六年第百二十九回国会において承認を受けた漁港整備計画について、平成九年六月三日に閣議決定された「財政構造改革の推進について」を踏まえ、漁港法第十七条第三項の規定に基づき、その一部を変更し、計画期間を二年延長するため、同条同項の規定により、国会の承認を求めようとするものであります。  委員会におきましては、漁港整備計画の二年延長に伴う影響、今後の整備方針及び漁港管理・利用調整のあり方等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。  質疑を終了……

第141回国会 参議院本会議 第11号(1997/12/12、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、最近における我が国の金融を取り巻く環境の変化に対応し、経営の困難な農水産業協同組合について、適時適切な処理を図るため、合併により設立される農水産業協同組合等を、農水産業協同組合貯金保険機構の資金援助の対象に加える等の措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、今回の法改正の必要性、農漁協系統信用事業の現状と課題、新設合併に際しての理事等の経営責任、責任準備金の積み立て状況と保険料率のあり方等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知……


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 参議院本会議 第12号(1998/03/13、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、原材料の供給事情及び水産加工品の貿易事情の変化に即応して行われる水産加工業の施設の改良等に必要な資金の貸付けに関する臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案は、最近における国際的な水産資源の保存及び管理のための措置の強化に伴う原材料の供給事情及び水産加工品の貿易事情の変化にかんがみ、農林漁業金融公庫等が、平成十四年度末までの間、引き続き、一定の要件に該当する水産加工施設の改良等に必要な資金の貸し付けの業務を行い、あわせて、平成十年度末までの間、外国政府による水産加工品の……

第142回国会 参議院本会議 第15号(1998/03/30、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました四法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律の一部を改正する法律案、青年の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法の一部を改正する法律案及び主要農作物種子法の一部を改正する法律案について申し上げます。  まず、農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律の一部を改正する法律案は、農林水産業施設の災害復旧事業の効率的な実施を図るため、国の災害復旧事業費補助の対象について、一カ所の工事の費用の最低額を引き上げるとともに、一カ所の工事とみなす……

第142回国会 参議院本会議 第24号(1998/04/30、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  まず、食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法案は、最近における食品の衛生及び品質の管理に対する国民の関心の高まり等に対応して、食品の製造過程の管理の高度化を図るため、国の基本方針の策定、高度化計画の認定を行う法人の指定等について定めるとともに、高度化計画に従って施設の整備を行う事業者に対し、金融、税制上の支援措置を講じようとするものであります。  委員会におきましては、参考人を招致してその意見を聴取するとともに、HACCP手法の導入に伴う関連産業への影響、中小零細事業者……

第142回国会 参議院本会議 第29号(1998/05/22、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。  本法律案は、植物の新品種の保護に関する新たな国際条約の締結に伴い、品種登録制度について、育成者権その他登録品種に関する権利を設定することにより新品種の育成者の権利を拡充するとともに、対象となる農林水産植物の範囲の拡大、品種登録の要件及び手続の整備等を行うため、現行種苗法の全部を改正しようとするものであります。  委員会におきましては、新品種育成の促進、審査体制の強化、農業者の行う自家増殖の取り扱い、品種登録制度と特許制度との関係等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によ……

松谷蒼一郎[参]本会議発言(全期間)
16期-|17期|-18期-19期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院17期)

松谷蒼一郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
16期-|17期|-18期-19期
第134回国会(1995/09/29〜1995/12/15)

第134回国会 災害対策特別委員会 第4号(1995/12/13、17期、自由民主党・自由国民会議)

○松谷蒼一郎君 雲仙・普賢岳の災害対策及び復興対策についで主として御質疑をいたしたいと思います。  まず、国土庁長官に伺いますが、雲仙岳災害につきましては、このところ若干活動が鎮静化しつつあるというような状況ではあります。しかしなお、火砕流による堆積物が大変な量になっておりますし、その堆積した地域が島原市と極めて近い隣接した地域にあります。  したがいましで、ちょっとした雨で市街地に大きな災害が発生するおそれがあるわけでありますが、こういうような点、国土庁としては、現在は鎮静化しておりますが、今後の基本的な防災対策についでどういうようにお考えか、長官から伺いたいと思います。

第134回国会 労働委員会 第3号(1995/10/20、17期、自由民主党・自由国民会議)

○松谷蒼一郎君 初めに労働大臣にお伺いいたしたいと思いますが、バブルがはじけましてここ数年、景気が大変低迷をしております。経済企画庁の見通しでも若干薄日が差したように思われるという局面もあるかと思えば、まだまだ停滞をしているというようなことで、非常に不分明な状況にあるわけですが、当然この景気の低迷に関連をいたしまして雇用の状況は非常に厳しい局面にあるんじゃないかなというように思います。この点について、大臣から御説明をいただきたいと思います。
【次の発言】 通産省の中小企業庁長官にお伺いしますが、今大臣からもお話がありましたように景気が非常に低迷をしている、その景気の低迷の中で大企業に比べて中小……


■ページ上部へ

第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 科学技術特別委員会 第1号(1996/01/22、17期、自由民主党・自由国民会議)【政府役職】

○政府委員(松谷蒼一郎君) 科学技術政務次官を拝命いたしました松谷蒼一郎でございます。  ただいま大臣からも申し上げましたように、科学技術の振興は、二十一世紀の豊かな生活を築くために、また新しい産業を創出するために、極めて重要な政策課題であります。  また、高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏えい事故や動燃事業団の情報公開に対する不手際はまことに遺憾であり、地元の方々を初めとする国民の皆様の信頼回復のため全力を挙げて大臣の補佐に努めてまいります。  委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りまして、政務次官として科学技術の振興に努めてまいりたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願い……

第136回国会 科学技術特別委員会 第4号(1996/03/28、17期、自由民主党・自由国民会議)【政府役職】

○政府委員(松谷蒼一郎君) せっかくの答弁の機会をいただきましてどうもありがとうございました。  今、吉川委員からお話のございましたように、この二つの法人は歴史的な経緯も違いますし、それから規模もかなり違っております。そういうふうなことで、給与体系を初めとする労働条件にいろいろな違いがあるわけでございます。したがいまして、この統合に当たりましては、今後労使間で十分に話し合いを行いまして適切な解決を図っていくべきだと考えております。  もちろん、監督官庁としての科学技術庁の立場からも、こういった労働条件等について、この統合により職員に不利益なことが生じないように、必要に応じ適切に指導してまいりた……


■ページ上部へ

第139回国会(1996/11/29〜1996/12/18)

第139回国会 決算委員会 第閉会後1号(1996/12/26、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷でございます。  冒頭若干の時間をいただきまして、大変お忙しい中でございますが、外務大臣に御質問をいたしたいと思います。  このたびの在ペルー日本大使公邸襲撃事件につきまして、事件勃発と同時に直ちにペルーに赴かれまして諸般の指揮をやっていただきました外務大臣につきましては、心から敬意を表する次第でございます。その御労苦に感謝を申し上げます。日本にお帰りになっても大変忙しい身でございますが、若干御質問をさせていただきます。  まず、これまでの経過それから現状につきまして御報告いただきますとともに、今後我が国としてこの事件について協力できることはどういうようなことがある……

第139回国会 決算委員会 第閉会後2号(1997/01/16、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷でございます。  このたび橋本総理におかれましては、内外多事多難な折からブルネイ等東南アジア諸国、ASEAN諸国を歴訪されました。その目的と成果について総理の御見解をいただきます。
【次の発言】 私は、このたびの総理の決断によって、ペルーの公邸人質事件等もございますが、しかしその中であえてASEAN諸国歴訪も予定どおりされたということは極めて重要なことであると大変高く評価をしております。  やはり我が国外交の基調は、もちろん日米協調の問題もありますが、アジア諸国に対する外交姿勢というものをきちっとした形で見せるということが極めて重要であると認識をしております。そうい……

第139回国会 行財政改革・税制等に関する特別委員会 第2号(1996/12/16、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷蒼一郎でございます。  初めに、総理に御所見を伺いたいのでございますが、ただいま同僚の片山委員からも御質疑がございましたので、若干ダブるかもしれません。今次橋本内閣の発足に当たりまして、総理は、行財政改革に火だるまとなって取り組むという断固たる決意を示された。大変敬意をと存じておるところでございますが、行財政改革に取り組むその目的といいますか、どういうところで行財政改革に取り組まなきゃならないか、その辺につきまして御所見を伺いたいと思います。
【次の発言】 ただいま総理から御所見をいただいたわけでございますが、先ほど同僚議員の質問に対して総理から、例えば輸入住宅の円……


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 決算委員会 第2号(1997/05/01、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷でございます。  本日は、橋本総理におかれましては訪米、さらにオーストラリア、ニュージーランド、けさ早朝羽田にお着きになり、この決算委員会に直行され、しかも進んで決算委員会の質疑を受けようということでおいでになりましたことに心から敬意を表します。ありがとうございます。  まずは訪米についてお伺いをいたしたいのでございますが、ちょっと順序を逆にいたしまして、先ほどちょっとお伺いしたところによりますと、青木大使が総理にお会いになって種々御報告があったということを伺っておりますが、それについて総理の御感想、御認識をいただきたいと思います。

第140回国会 決算委員会 第3号(1997/05/02、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 昨日、橋本総理に日米首脳会談に関連をいたしまして、日米防衛協力のための指針、これについて両首脳間で話し合いが行われたかどうかお伺いをしたのでありますが、昨日の総理の御答弁によりますと、ガイドラインについては今秋をめどに結論を出したい、ただ、透明性確保のために五月の中旬以降のしかるべき時期に中間報告を出していきたい、こういうような御答弁がありましたが、防衛庁、それに関連をしてそういう作業を現在行っているのかどうか伺います。
【次の発言】 その大まかな中身、どういうような点を見直しの対象として考えているのか、どういうような進行の形になっているのか、それについていかがですか。

第140回国会 建設委員会 第5号(1997/03/21、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 初めに建設大臣に伺いますが、今月の十八日の夕刻、首相官邸で財政構造改革会議が開かれました。財政構造改革五原則を総理が明らかにしたわけでありますが、その中で、あらゆる長期計画、公共投資基本計画などを含めまして、すべて大幅に縮減をする、歳出を伴う新たな長期計画は策定しないという原則を明らかにしたという報道があります。  五原則は九八年度予算から反映をすると。そうなってきますと、各五カ年計画が見直しということになってくるわけでありますが、本日議題になっております治山治水緊急措置法、これは治山治水の五カ年計画を審議するものであるわけですが、この点について、国務大臣としていかがお考えでし……

第140回国会 建設委員会 第9号(1997/04/24、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 本日提案されております防災二法でございますが、これは阪神・淡路大震災におきます被害が大変甚大であったということが一つの要因となってこの法律の制定ということになったのではないかというように思います。  そこで伺いますが、阪神・淡路大震災におきます密集市街地の被害状況及びなぜこうした甚大な被害に至ったのか、その要因について伺いたいと思います。
【次の発言】 関東大震災まではなかったとしても非常に大きな災害が発生したわけでありますが、こういった大震災が起こるまでこういづた密集市街地の地域について防災対策というものはとってなかったんでしょうか。

第140回国会 建設委員会 第13号(1997/06/03、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷でございます。  初めに建設大臣に伺いますが、今回の都市計画法及び建築基準法の改正の大きな目的、これについては提案理由説明であったのではありますが、実際には土地取引の活性化をねらっているんじゃないだろうかというようなことを勘ぐる向きもありますが、これについて大臣から伺いたいと思います。
【次の発言】 この改正の目的は、今、大臣がお話しになったようなことであると思います。  ただ、この目的が大都市を中心に、特に東京を中心にして考えるのか、あるいはそうじゃない、全国至るところの中小都市まで含めて考えていくのか、その辺がかなり違った法律の執行の形になっていくんじゃないだろ……

第140回国会 建設委員会 第15号(1997/06/10、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 建築士法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  現在、設計等を委託する建築主の利益の保護を図る要請が高まっております。さらに、さきの阪神・淡路大震災の経験から、建築物の安全性の確保と質の向上が社会全体の要請となっております。  本法律案は、このような観点から、建築士事務所の業務の適正な運営等を図るため、所要の改正を行うものであります。  次に、その概要について御説明申し上げます。  第一に、建築士の説明義務、建築士事務所の開設者の書類の閲覧義務と書面の交付義務を新たに規定するほか、建築士事務所の登録の規定を改正することとしておりま……

第140回国会 行財政改革・税制等に関する特別委員会 第3号(1997/06/04、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 自民党の松谷でございます。  昨日、財政構造改革の推進方策が決定をいたしました。また、本日審議に入りました金融監督庁設置法、これは財政と並んで求められている金融改革についての重要な法案でありまして、日銀法改正と並んで金融改革についての橋本内閣の試金石となる法案であるというように考えております。  この法案が成立をいたしますと、財政と金融、いずれもの改革がまずは緒につき、橋本内閣として非常にすばらしいスタートを切るということになるんではないかと私は思います。そういう意味で、総理の決意に敬意を表している次第でございます。  ところで、この金融改革のトップバッターであります今回の金融……

第140回国会 行財政改革・税制等に関する特別委員会 第9号(1997/06/16、17期、自由民主党)

○松谷蒼一郎君 私は、自由民主党を代表して、金融監督庁設置法案及び金融監督庁設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案に賛成し、民主党・新緑風会提出の修正案に反対の討論を行います。  我が国の金融を取り巻く環境は、国際面からも国内面からも大きな変革を求められております。  国際面からは、世界経済を覆いつつある大競争の波が金融にも及び、各国の金融システムの間では制度間あるいは市場間競争が繰り広げられているのであります。  一方、国内面からは、日本経済の成熟化や人口構成の高齢化、さらには情報通信を中心とした技術革新といった我が国全体の構造変化の波が金融面にも及び、金融システムに変革を迫っており……


■ページ上部へ

第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 農林水産委員会 第1号(1997/10/21、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る六月十七日、三浦一水君が委員を辞任され、その補欠として私、松谷蒼一郎が選任されました。  また、同月十八日、谷本巍君が委員を辞任され、その補欠として大渕絹子君が選任されました。  また、七月七日、松村龍二君が委員を辞任され、その補欠として三浦一水君が選任されました。  また、九月十二日、石井一二君が委員を辞任され、その補欠として片上公人君が選任されました。  また、同月二十六日、及川順郎君が委員を辞任され、その補欠として和田洋子君が選任されました。  また、同月二十九日、村沢牧……

第141回国会 農林水産委員会 第2号(1997/11/18、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  漁港法第十七条第三項の規定に基づき、漁港整備計画の一部変更について承認を求めるの件を議題といたします。  まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。島村農林水産大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第141回国会 農林水産委員会 第3号(1997/11/21、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  漁港法第十七条第三項の規定に基づき、漁港整備計画の一部変更について承認を求めるの件を議題といたします。  本件につきましては既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 この際、委員の異動について御報告いたします。  本日、井上吉夫君、大野つや子君及び青木幹雄君が委員を辞任され、その補欠として長峯基君、畑恵君及び野村五男君が選任されました。
【次の発言】 他に御発言もないようですから、質疑は終局したものと認めます。  これより討論に入ります。  御……

第141回国会 農林水産委員会 第4号(1997/11/27、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、都築譲君が委員を辞任され、その補欠として戸田邦司君が選任されました。
【次の発言】 農林水産政策に関する調査のうち、平成十年産米の政府買い入れ価格に関する件を議題といたします。  まず、政府から説明を聴取いたします。川口食糧庁次長。
【次の発言】 以上で説明の聴取は終わりました。  これより質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 もう時間ですよ。
【次の発言】 もう時間であります。
【次の発言】 島袋君、もう時間です。

第141回国会 農林水産委員会 第5号(1997/12/10、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十一月二十七日、戸田邦司君が委員を辞任され、その補欠として都築譲君が選任されました。
【次の発言】 農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。島村農林水産大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午後九時十七分散会

第141回国会 農林水産委員会 第6号(1997/12/11、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、青木幹雄君が委員を辞任され、その補欠として野間赳君が選任されました。
【次の発言】 なお、平成会及び民主党・新緑風会所属委員に対し理事会におきまして出席要請を行いましたが、まだお見えになりませんので、議事を進めてまいります。  農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第141回国会 農林水産委員会 第7号(1997/12/12、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案を議題といたします。  質疑は既に終局いたしておりますので、これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。
【次の発言】 他に御意見もないようですから、討論は終局したものと認めます。  これより採決に入ります。  農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。
【次の発言】 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長……


■ページ上部へ

第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 農林水産委員会 第1号(1998/01/23、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、及川順郎君が委員を辞任され、その補欠として木庭健太郎君が選任されました。
【次の発言】 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  去る十二日の本会議におきまして農林水産委員長に選任されました松谷蒼一郎でございます。  御承知のように、さきの国会におきます国会法改正に伴う委員会再編によりまして新たに設置された委員会でございます。  本委員会の運営に当たりましては、引き続き、理事及び委員の皆様方の御協力を賜りまして、公正かつ円滑に行ってまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願……

第142回国会 農林水産委員会 第2号(1998/03/10、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る一月二十三日、木庭健太郎君が委員を辞任され、その補欠として及川順郎君が選任されました。  また、同月三十日、及川順郎君が委員を辞任され、その補欠として続訓弘君が選任されました。また、本日、一井淳治君及び北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として齋藤勁君及び広中和歌子君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員……

第142回国会 農林水産委員会 第3号(1998/03/12、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、山下栄一君、齋藤勁君及び広中和歌子君が委員を辞任され、その補欠として風間昶君、一井淳治君及び北澤俊美君が選任されました。
【次の発言】 農林水産に関する調査のうち、平成十年度の農林水産行政の基本施策に関する件を議題といたします。  本件につきましては既に説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 午後一時三十分に再開することとし、休憩いたします。    午後零時二十七分休憩

第142回国会 農林水産委員会 第4号(1998/03/13、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として小山峰男君が選任されました。
【次の発言】 原材料の供給事情及び水産加工品の貿易事情の変化に即応して行われる水産加工業の施設の改良等に必要な資金の貸付けに関する臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案及び真珠養殖事業法を廃止する法律案、以上両案を一括して議題といたします。  両案につきましては既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。

第142回国会 農林水産委員会 第5号(1998/03/24、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十六日、田村公平君及び芦尾長司君が委員を辞任され、その補欠として青木幹雄君及び井上吉夫君が選任されました。  また、昨日、一井淳治君が委員を辞任され、その補欠として小林元君が選任されました。  また、本日、井上吉夫君が委員を辞任され、その補欠として常田享詳君が選任されました。
【次の発言】 農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律の一部を改正する法律案、青年の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法の一部を改正する法律案及び主要農作物種子法の一部を改正……

第142回国会 農林水産委員会 第6号(1998/03/25、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、小山峰男君及び小林元君が委員を辞任され、その補欠として北澤俊美君及び一井淳治君が選任されました。  また、本日、常田享詳君及び風間昶君が委員を辞任され、その補欠として井上吉夫君及び渡辺孝男君が選任されました。
【次の発言】 農林水産に関する調査のうち、畜産物等の価格安定等に関する件を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 この際申し上げますが、政府委員は簡潔、明快に御答弁を願います。

第142回国会 農林水産委員会 第7号(1998/03/27、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、釜本邦茂君及び渡辺孝男君が委員を辞任され、その補欠として浦田勝君及び風間昶君が選任されました。  また、本日、浦田勝君及び北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として常田享詳君及び前川忠夫君が選任されました。
【次の発言】 農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律の一部を改正する法律案、青年の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法の一部を改正する法律案及び主要農作物種子法の一部を改正する法律案、以上三案を一括して議題といたします。  三案につきまして……

第142回国会 農林水産委員会 第8号(1998/04/07、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る三月三十日、前川忠夫君、齋藤勁君、常田享詳君及び鈴木政二君が委員を辞任され、その補欠として北澤俊美君、一井淳治君、浦田勝君及び井上吉夫君が選任されました。  また、同月三十一日、大渕絹子君が委員を辞任され、その補欠として村沢牧君が選任されました。  また、去る二日、村沢牧君が委員を辞任され、その補欠として鈴木和美君が選任されました。  また、去る三日、鈴木和美君が委員を辞任され、その補欠として村沢牧君が選任されました。

第142回国会 農林水産委員会 第9号(1998/04/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として寺澤芳男君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に和田洋子君を指名いたします。
【次の発言】 食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法案を議……

第142回国会 農林水産委員会 第10号(1998/04/16、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十四日、寺澤芳男君が委員を辞任され、その補欠として北澤俊美君が選任されました。  また、本日、青木幹雄君が委員を辞任され、その補欠として田村公平君が選任されました。
【次の発言】 食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法案を議題といたします。  本日は、本案審査のため、東京都立衛生研究所理化学部長小久保彌太郎君、社団法人日本缶詰協会常務理事兼研究所長森光國君、ハナマルキ株式会社代表取締役社長花岡俊夫君、以上三名の参考人の方々から御意見を拝聴いたしたいと存じます。  この際……

第142回国会 農林水産委員会 第11号(1998/04/24、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十七日、田村公平君が委員を辞任され、その補欠として青木幹雄君が選任されました。  また、昨日、一井淳治君が委員を辞任され、その補欠として小川勝也君が選任されました。  また、本日、青木幹雄君が委員を辞任され、その補欠として鈴木正孝君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが……

第142回国会 農林水産委員会 第12号(1998/04/28、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、田村公平君、芦尾長司君及び角田義一君が委員を辞任され、その補欠として大野つや子君、上杉光弘君及び一井淳治君が選任されました。
【次の発言】 農地法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案につきましては既に趣旨説明を聴取いたしておりますので、これより質疑に入ります。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 この際、委員の異動について御報告いたします。  本日、一井淳治君及び北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として今泉昭君及び角田義一君が選任されました。……

第142回国会 農林水産委員会 第13号(1998/05/14、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四月二十八日、鈴木正孝君が委員を辞任され、その補欠として青木幹雄君が選任されました。  また、同月三十日、今泉昭君、角田義一君及び釜本邦茂君が委員を辞任され、その補欠として一井淳治君、北澤俊美君及び上杉光弘君が選任されました。  また、去る一日、上杉光弘君が委員を辞任され、その補欠として井上吉夫君が選任されました。  また、昨日、風間昶君が委員を辞任され、その補欠として木庭健太郎君が選任されました。  また、本日、一井淳治君及び北澤俊美君が委員を辞任され、その補欠として足立良平……

第142回国会 農林水産委員会 第14号(1998/05/21、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十四日、木庭健太郎君が委員を辞任され、その補欠として風間昶君が選任されました。  また、去る十五日、菅野久光君及び足立良平君が委員を辞任され、その補欠として北澤俊美君及び一井淳治君が選任されました。  また、昨日、一井淳治君及び青木幹雄君が委員を辞任され、その補欠として今泉昭君及び上杉光弘君が選任されました。  また、本日、上杉光弘君、北澤俊美君及び風間昶君が委員を辞任され、その補欠として常田享詳君、足立良平君及び白浜一良君が選任されました。

第142回国会 農林水産委員会 第15号(1998/06/17、17期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(松谷蒼一郎君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五月二十一日、今泉昭君が委員を辞任され、その補欠として一井淳治君が選任されました。  また、同月二十二日、白浜一良君、常田享詳君及び足立良平君が委員を辞任され、その補欠として風間昶君、上杉光弘君及び北澤俊美君が選任されました。  また、同月二十五日、上杉光弘君が委員を辞任され、その補欠として青木幹雄君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選……


松谷蒼一郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
16期-|17期|-18期-19期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院17期)

 期間中、各種会議での発言なし。

松谷蒼一郎[参]委員会統計発言一覧(全期間)
16期-|17期|-18期-19期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

松谷蒼一郎[参]在籍期 : 16期-|17期|-18期-19期
松谷蒼一郎[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 17期在籍の他の議員はこちら→17期参議院議員(五十音順) 17期参議院議員(選挙区順) 17期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。