大島九州男 参議院議員
24期国会発言一覧

大島九州男[参]在籍期 : 21期-22期-23期-|24期|
大島九州男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは大島九州男参議院議員の24期(2016/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院24期)

大島九州男[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-23期-|24期|
第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 参議院本会議 第18号(2017/04/19、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党・新緑風会の大島九州男です。  ただいま議題となりました福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、会派を代表して質問させていただきます。  まず冒頭、今村復興大臣の言動について申し上げます。  自主避難者に対し、ふるさとを捨てた人、自己責任、不満があれば裁判でも何でもすればよいという暴言、批判されれば、謝罪しているのか開き直っているのか、反省のかけらも感じない態度、安倍総理が頭を下げて謝罪している後ろで憮然としているその態度、これら大臣の言動はいかがなものでしょうか。  先日の委員会の増子議員の質問で自己責任発言は撤回されましたが、心からの撤回とは到底思え……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 参議院本会議 第26号(2018/06/06、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 改めまして、おはようございます。国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  私は、会派を代表して、ただいま議題となりました文部科学省設置法の一部を改正する法律案について質問させていただきます。  今の日本の良き伝統文化が失われつつある、これからの日本の将来が心配だと感じている国民は多いのではないかと考えています。昔の企業家は、国家繁栄のため、利益を上げて、納税をすること、働く人の生活を安定させることに力を注いできました。この良き企業文化は、今や、企業の利益を株主の配当、企業の内部留保に充て、労働者への分配を怠る文化に変化してきているのではないでしょうか。  その原因は、こ……

第196回国会 参議院本会議 第31号(2018/06/29、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  私は、会派を代表して、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案について、反対の立場から討論をいたします。  まず、「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」と広報しながら選挙を戦い、政権交代した途端、国民との約束違反を平気で行う。自民党は、国民を裏切る法案に賛成するわけにはいかないのではないでしょうか。国政に関わる政治家として、この法案の反対は当然の姿勢であると同時に、国民との約束を守る政治を実践するため自民党さんも断固反対であることを信じ、以下、反対の理由を述べさせていただきま……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 参議院本会議 第10号(2018/12/08、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男です。  私は、会派を代表し、漁業法等の一部を改正する等の法律案に反対の立場から討論をいたします。  まず最初に、この法案につながる一つの出来事の真実をお伝えをさせていただきます。  その出来事とは、東日本大震災発災当時、松本龍復興大臣が宮城県知事に対し暴言を吐いたとされる出来事のことであります。当時、マスコミは松本龍大臣を大変激しくバッシングをしました。しかし、その場にいた自民党の小野寺五典前防衛大臣は、当時の松本大臣の御発言は何ら非難されるものではなかったとはっきり明言をされました。  そのときの松本大臣の発言のきっかけとなったのが、今回提出……

大島九州男[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院24期)

大島九州男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2016/11/18、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 おはようございます。  質問の機会をいただきましたことに心から感謝を申し上げて、まだまだ東日本大震災の復興から立ち上がれていないという現状のある中で大臣にいろいろ御質問もさせていただきますので、真摯に御答弁いただければというふうに思います。  まず、やはり深刻な問題がたくさんある中で、今回一番最初に取り上げさせていただくのは風評被害ということであります。  あの発災当時、特に原発周辺以外、どうしても福島という名前だけで全部そういう放射能被害があるんだというふうに受け取られる方がたくさんいらっしゃったというのは、それは事実だというふうに思います。  そこで、我々担当していたときに……

第192回国会 文教科学委員会 第4号(2016/11/17、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 皆さん、おはようございます。  今日、質問の機会をいただきましたことに心から感謝を申し上げて、質問に入らせていただきたいと思います。  松野文部科学大臣、質問に入る前にこのことをよく聞いておいていただきたい。  それは何かといいますと、前回、私は委員会で余り結構厳しいこと言わないんですけど、委員会で指摘をさせていただいた教育再生実行会議における提言について、これはまさしく民間教育機関である、文部科学省が連携をする学習塾を取り上げて、学習塾に通わなくても大学受験ができるようなと、まさに学習塾が必要ないようなふうに誤解をされる意見について、民間教育団体や多くの人がいろんな声を上げた……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 決算委員会 第2号(2017/03/28、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  今日は決算のこの質疑をさせていただく冒頭に、栃木県の雪崩の事故でお亡くなりになられた皆さん、そしてまた、栃木県と福島県でも雪崩が起こっております、そこでけがをなされた皆さんに心からお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  平成二十七年度決算外二件の全般質疑に当たり、野党筆頭として質疑の機会をいただいたこと、関係者全ての皆さんに感謝を申し上げて、いろんな問題を多角的な観点で全般的に質問をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。  まず最初に、総理、三年前、ちょうど平成二十六年の文教科学委員会で、私が総理に、総理が過去いろんな人に影……

第193回国会 決算委員会 第7号(2017/05/08、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  質問に入る前に、野党の筆頭として一言。  今日は衆議院で予算の集中がテレビ入りで行われたという、そういう状況であったわけでありますけれども、本来であれば、我々参議院のこの決算委員会、与党、野党の理事の皆さんの御理解と御協力、そしてなおかつ、委員長と筆頭の人徳のおかげさまで問題なくスムーズに審議ができましたけれども、今後は、委員部の皆さんも大変気をもんだような状況であると思いますが、こういった国会運営については国対で決めることでありますけれども、そこの部分については決算の参議院というところを十分配慮をいただきたいということを冒頭お願いを申し上げ……

第193回国会 決算委員会 第9号(2017/05/22、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  まず冒頭、北朝鮮がまたミサイルを発射したと。まさに国民の不安をあおるこの暴挙に対して、民進党を代表して強く抗議をさせていただきたいと思います。  そして、今日はその件に対して質疑をということで、大変、委員長そしてまた松下筆頭には御配慮をいただきまして、防衛大臣に通告をしていなかったにもかかわらず答弁をいただけるということで、さっき防衛大臣いたんですが、今いませんけど、いいですか。──いらっしゃいました、失礼しました。ありがとうございます。防衛大臣にもお忙しい中においでをいただいたことに感謝を申し上げて、質問をさせていただきますが。  今回の北……

第193回国会 決算委員会 第10号(2017/06/05、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党・新緑風会の大島九州男です。  私は、会派を代表し、平成二十七年度決算の是認に反対、平成二十七年度国有財産増減及び現在額総計算書の是認に反対、無償貸付状況総計算書の是認に反対、内閣に対する警告案等に賛成の立場で討論を行います。  まず、本題に入ります前に、文部科学省における天下り問題、内閣府及び財務省等における不適切な国有財産の売却及び国家戦略特区における獣医学部開設に係る不適切な手続について一言申し上げます。  決算委員会においても、文部科学省において組織的に行われていた天下りのあっせんについて厳しく指摘され、また、大阪府豊中市における国有財産の売却や愛媛県今治市におけ……

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2017/04/14、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 ちょうど熊本の震災から一年のこの日に東日本大震災復興特別委員会が開催をされるというのも一つの区切りの縁だなということを重く受け止めさせていただいて、被災された皆さんにお見舞いを申し上げたいと思います。  大臣、私が東日本大震災発災後すぐに宮城県の担当を仰せ付かって、宮城に行かせてもらったんですね。そのときに、被災された、特に津波被害に遭われて御家族がお亡くなりになった方がこうおっしゃったんです。私は、御遺体が上がっただけでも有り難いとおっしゃった。それはやはり、多くの人が行方不明になって、そして安否も分からない人におもんぱかったその気遣いの言葉だなと、私はそれをすごく重く受け止……

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第8号(2017/05/10、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 私は、ただいま可決されました福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項の実現に万全を期すべきである。  一 政府は、帰還困難区域については、たとえ長い年月を要するとしても、将来的に帰還困難区域の全てを避難指示解除し、復興・再生に責任を持って取り組むとの決意を表明した以上、年間積算線量二十ミリシーベルト以下を……

第193回国会 文教科学委員会 第3号(2017/03/09、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島でございます。  今日は大臣所信に対する質疑ということでございます。まずそれをさせていただきますが、森友もしっかりとやらせていただきますので、答弁は簡潔にお願いいたしますね。  今、斎藤委員の方からありました働き方改革、まさに安倍総理が今最大のチャレンジとして言い続けている働き方改革の教育現場における働き方をどういうふうに考えているかということを最初にお聞きをしたいんですね。  まず、この働き方改革、これは、昔、ゆとり教育というのがありましたよね。戦後の詰め込み教育の批判を背景に、一九七〇年代に日本教職員組合がゆとりある学校を提起して、一九八〇年代に中曽根内閣におけ……

第193回国会 文教科学委員会 第5号(2017/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  本日は、質問の機会をいただきまして、心から感謝を申し上げて、義務教育諸学校等の体制の充実及び運営の改善を図るための公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。  早速でありますけれども、今回、基礎定数化される初任者研修の指導員の業務内容というのはどのようなものか、教えていただきたいと思います。
【次の発言】 先ほど今井先生のいろんな質疑の中で、特別支援学校であればやはりそういうその障害に応じたいろんな対応ができる、そういった免許を持った先生も必要ですよねと。やはりそうい……

第193回国会 文教科学委員会 第6号(2017/03/30、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 おはようございます。民進党の大島九州男でございます。  本日、質問の機会をいただきまして大変感謝を申し上げますが、まず最初に、先日、決算委員会で使えなかったこのパネルを見ていただきたいというふうに思いますが、財務省の近畿財務局のホームページでございます。(資料提示)  このホームページ、赤で、一般競争入札によらず特定の企業や個人に対し売却することはありませんと、まさに国有地の売却は基本的に一般競争入札であるというふうに書いてあるわけですね。随意契約するというような部分についての文言が若干上の方に書いてある。これは、未利用国有地について、公用、公共用の用途に利用するために地方公共……

第193回国会 文教科学委員会 第9号(2017/05/18、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 どうも、民進党の大島でございます。今日は、参考人の皆さん、ありがとうございます。  私は常々、社会を構成している、これは生け花に例えると、見えている花は非常に美しい、じゃそれを支えているのは何かといったら剣山が支えている、その剣山というのは高さはみんな一緒ですねと。だから、プロフェッショナルラインの人もアカデミックな人も、全てはみんな貴い人材、まさにここが社会を支えていると。だから、そういった意味で、職業教育を受けて社会に出る人たちも大学でアカデミックな教育を受けた人たちもみんな同じ等しい人材だという、そういう意識でずっと私は生きてきたんですね。  先ほどちょうど平川参考人から……

第193回国会 文教科学委員会 第10号(2017/05/23、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  本日は学校教育法改正法案についての法案質疑でありますけれども、その前に二点質問をさせていただく、こういう時間を取らなきゃならないことに対して、大変安倍首相に対してふくふくとした思いがありますが、まず、五月二十二日の朝日新聞の報道でございます。森友への売却前の国有地評価、まさに二〇一六年四月に土地の売却価格の評価を不動産鑑定士に頼んだ際、ごみ撤去費八億一千九百万円に加え、高層建築を想定した地盤改良費約五億円も差し引くように求めていたことが分かったと。財務省の要請どおり五億円の地盤改良を差し引いた場合、土地は無償に近い形で譲渡された可能性があると……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 決算委員会 第1号(2018/04/09、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党・新緑風会の大島九州男でございます。  本日は、決算委員会での質問の機会をいただきましたことに感謝申し上げて、今日は、藤田さん、小西さんとチーム民進党で連携して質問をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。  まず、太田理財局長、先ほど、西田さんの答弁の中で、森友学園側に要は虚偽答弁をというか虚偽の説明を依頼したと。これはごみ処理業者に行ったんじゃないですか。私、先週、財務省に、ごみ処理業者の方で自殺した方がいらっしゃるんじゃないのかと、それ調べてくれというお話をしたんですが、いや、そういう技術はないとおっしゃったんですが、そこを確認していますか。

第196回国会 文教科学委員会 第3号(2018/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  まず最初に、大臣が今日御説明をされました。私はその真摯な姿勢はすばらしいことだと思います。そして、赤池先生もすぐ会見されましたね。私、何が言いたいかというと、池田さん、池田さんもちゃんと質問受けて、政治家で、信念に基づいてやっていたということをおっしゃっていたので、大臣にお伺いしたいのは、やはり政治家としてしっかり説明する責任があると思いますが、大臣、どのようにお考えですか。
【次の発言】 そもそも、外部からの問合せがあって文部科学省は主体的に調査したと、そういう答弁をずっといただいているわけですけれども、まずこのきっかけとなったのは間違いな……

第196回国会 文教科学委員会 第4号(2018/03/29、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 民進党の大島九州男でございます。  大臣所信に当たりまして質問させていただく機会をいただきましたことと、そしてまた、いろいろ御配慮いただきましたことに感謝を申し上げて、質問させていただきますが。  今回の大臣所信に対する私の質問の大きな意図は、文部科学省が関連する教育をつかさどる、それに関連する公益財団の在り方、それから教育委員会等に対するいろんな指導、そういったことに対する文部科学省の基本的な考え方を問わしていただくということで質問させていただきたいと思っております。  そして、まず最初に、本日はお忙しいところ漢字検定協会の高坂代表理事にお越しをいただきまして、心から感謝を申……

第196回国会 文教科学委員会 第6号(2018/04/17、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 私は、ただいま可決されました障害者による文化芸術活動の推進に関する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党、日本維新の会、希望の会(自由・社民)、立憲民主党及び希望の党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     障害者による文化芸術活動の推進に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一、基本計画の策定に当たっては、国民の果たすべき役割についても定めること。  二、障害の特性に応じた文化芸術を鑑賞しやすい環境の整備の促進に関する施策の一環と……

第196回国会 文教科学委員会 第9号(2018/05/17、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。国民民主党として初めて質問をさせていただく機会をいただきまして、心から……(発言する者あり)民主党、国民民主党、質問の機会をいただきまして、感謝を申し上げて、質問させていただきたいと思います。  著作権法、この法律制度というのは、我が国の文化創造の基盤となる仕組みで、時代とともに変化する、デジタル化、ネットワーク化する中で、いろんな変化をしていかなければならない法律だというふうに思うわけでありますけれども。  この法律の目的は、種々聞かせていただきましたが、いろんな意味で権利者側からの視点と利用者側からの視点というのが当然あるという……

第196回国会 文教科学委員会 第11号(2018/05/24、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島でございます。  学校教育法の一部を改正する法律案の質疑に先立ちまして、デジタルと紙という話がいろいろ出ておりましたが、デジタルのいいところ、悪いところと。デジタルはいろいろ加工ができると、改ざんができると。教科書はなかなか書き換えることはできませんから。そういった意味では、紙、メモですね、記録、こういったものは大変役所も大事にしているし、我々も当然、その記録、記憶という意味では、記憶をしっかりと担保するためにも記録を取るということをしっかりやっているわけですよね。  私も官邸に何度か入れていただいたことはございますけど、官邸に入るというのは、なかなか……

第196回国会 文教科学委員会 第13号(2018/05/31、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 私は、ただいま可決されました文化財保護法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、公明党、国民民主党・新緑風会、立憲民主党・民友会、日本維新の会、希望の会(自由・社民)及び希望の党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     文化財保護法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一、文化財保護行政においては、文化財の保存と活用の双方が共に重要な柱であり、文化財……

第196回国会 文教科学委員会 第14号(2018/06/07、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  本会議で御質問させていただきましたが、引き続き法案の質疑をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。  まず、本法案の成立後の新文化庁の組織体制についてお伺いいたします。よろしくお願いします。
【次の発言】 組織が変わって、人材だとかいろんな部分、慣れるまでは連携とかいうのも大変だと思うんですけれども、二〇二〇年にオリンピック・パラリンピック東京大会、これを契機として、文化プログラムなどは日本を世界に発信をさせるいい機会だというふうに受け取っておりますけれども、まだまだ京都移転ができていない二〇二〇年までの間、この文……

第196回国会 文教科学委員会 第15号(2018/06/12、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党の新緑風会、大島九州男でございます。  今日は、日本漢字検定能力協会の理事長さんに出席をお願いをしたわけでございますけれども、その出席がかなっておりませんので、ちょっと質疑というよりは、なかなか答えを得られないようなことが多々あるんではないかと思いますから、特に内閣府においては、私が聞きたいことをしっかりと聞き留めて、また漢検に確認するなり問合せをしていただくようなことが多いと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  まず最初の質問は、前回の委員会のときに副大臣がおっしゃっていただきました漢検の理事長の発言、委員会でのそごのある発言について確認をしていただくと……

第196回国会 予算委員会 第12号(2018/03/20、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 おはようございます。民進党の大島九州男でございます。  予算委員会の質問の機会をいただきました関係者の皆さんに心から感謝を申し上げて、質問させていただきます。  まず、総理は、この改ざんされた資料の文書を見ると、私たちは、総理も昭恵夫人も関与していないということが明らかだということが分かるというふうにおっしゃっているんですが、私はとてもそうは思えない。今日はそのことをしっかりと検証したいと思いますので、まず、資料お配りしております、一、二、三を読み上げていただきたいと思います。
【次の発言】 この要請というのが二件ありますけど、その要請の中身をお願いします。


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 文教科学委員会 第3号(2018/11/27、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  それでは、質疑をさせていただきますが、毎回確認をさせていただいております、子供に宿題の提出をチェックをする、何か昔の塾の先生時代を思い出すわけでありますが、漢検の第三者委員会の結果の報告というのをずっと待っているんですが、そこはどうなっているんでしょうか。
【次の発言】 いや、その外部調査が十月末ぐらいに出て、そしてそこから何か動きが出るような話ですけど、今はもう十一月も終わろうとしているんですよ。本当にやっているのかどうか、怪しくないですか。
【次の発言】 それだけ広範囲にわたるということは、非常に問題が多いということを示して……

第197回国会 文教科学委員会 第5号(2018/12/04、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。政府の同じような答弁になる質問は避けまして質問させていただきたいというふうに思いますので、しっかり質問を聞いておいていただきたいと思います。  福島第一原子力発電所の事故は、国家、国民、特に東北地方に暮らす人々に多大な被害を及ぼしました。国民生活を大きな不安に陥れて、本当にあってはならない事故でありました。この事故の責任は、原子力事業者のみならず、国策で進めてきた政府の責任も多大なものがあるというふうに考えております。  今回の改正は抜本的改正を目指すという方針、政府はそういうふうに言っておりますけれども、その割には抜本的には程遠い……

第197回国会 予算委員会 第2号(2018/11/07、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  西日本、北海道、全国の災害でお亡くなりになられた方に心からお悔やみ申し上げ、被災に遭われた方にお見舞いを申し上げて、質問に入らせていただきたいと思います。  この大きな災害から何を学び、それをどう生かしていかれますか、防災大臣。
【次の発言】 引き続き、防災・減災にしっかり努めていただきたいと思います。  次に、入管法の改正について。外国人労働者の受入れに当たっては、政府として対策を講じなければならない対策というのはたくさんあると思うんですが、具体的にはどのようなものがありますか。


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 文教科学委員会 第3号(2019/03/19、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。今日は質問させていただきますことを心から感謝を申し上げて質問に入りますが。  神本先生と石橋先生のお話を聞かせていただいていて、事実関係には大臣が真摯にお答えをされる姿を見ていて、神本先生の質問にちょっとあれって思ったんですけど、現実的に、さっきの話の続きでいうと、イロハのハが入っていたのは、やはり全ての子供たちを平等に救おうという、そういう願いの下にそのハをわざわざ入れてあったものを、政権が替わったときに外れたというのは何らかの意図があると。だから我々は、平等にということからすると、そこだけ外したらそれは差別というふうに言われても……

第198回国会 文教科学委員会 第7号(2019/05/09、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島でございます。  法案の質疑の時間をいただきまして、心から感謝を申し上げながら質問に入りたいと思いますが、まずは、今回のこの法案の、そもそも法案に入っていないから関係ないよねと言われる子供たちの件について質問させていただきたいと思いますが、先ほどの答弁を聞いていますと、教育の機会均等、二十六条のひとしく教育を受ける権利だとか、そういう学びの権利ということを文部科学省おっしゃるわけでございます。当然、十八歳からの学び、高校を卒業して高等学校の専攻課程に入る、そしてそこで学ぶ子供たち、そういう子供たちも当然国からそういう権利をしっかりと与えていただく、そう……

第198回国会 文教科学委員会 第11号(2019/05/23、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  法科大学院の関係について御質問をさせていただきますが、今日、小出法制部長さん、わざわざおいでいただいているので、ちょっと法律的なことをお伺いいたしますが、世間で一般的に言う当て逃げというように言われるやつというのは、どういう罪があるんでしょうか。
【次の発言】 何言っているのあなた、法制部長でしょう。いや、分かんないなら分かんないって言って、いや、正直。別に難しい話聞いているわけじゃなくて、法律的なことを聞いているんですよ。  僕らは一般人だから当て逃げという言葉で聞くんだけれど、いや、本当に知らないんだったら、そんなの法制部長……

第198回国会 予算委員会 第8号(2019/03/13、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党・新緑風会の大島九州男でございます。  本日は、社会保障・内外の諸情勢に関する集中質疑で質疑をさせていただけること、関係する皆さんに心から感謝を申し上げて質問をさせていただきたいと思います。  先日、震災から八年を迎え、私自身、福島復興推進会議の事務局長として継続して関わってまいりましたその経緯のある立場から、復興庁の役割を引き続き担う十分な予算を伴う後継組織の設立を目標に、引き続き風化させない取組をさせていただくことをお誓い申し上げながら、質疑に入らせていただきたいと思います。  まず、社会保障のあるべき姿について質問をさせていただきます。  参考人、消費税は、平成……

第198回国会 予算委員会 第14号(2019/03/26、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 国民民主党の大島九州男でございます。  早速質問させていただきます。  まず、著作権法の質疑をさせていただきますが、今回、著作権法改正案を取り下げた理由は何でしょうか。
【次の発言】 今答弁にもありましたけれども、与党の部会で、まあ政治論としての判断だと、国民の声というよりは、そういった声を聞くというよりも、政治論としての判断ということで反対論を押し切って通過させたということを聞いているんですが、そういったことが影響したんですか。
【次の発言】 よく分からないのは、手続は非常に正当だったと、でも結果的に取り下げたと。  いろんな議論があるのは分かるんです。だから、要件を絞らずに……


大島九州男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院24期)

大島九州男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第1号(2018/02/07、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 今日はどうもありがとうございました。  時間、簡潔に、それぞれの皆さんに一問御質問させていただいたら、共通の質問をさせていただきますので、答弁は一分ぐらいでお願いしたいと思います。  まず、山田参考人。当然、日本は島国でございますので、やはり日本の国防は海またこの海岸線、ここが非常に重要だと認識をしておりまして、沿岸管理体制の充実ということで、具体的にどういうことをすればいいのかというのを先生から御指導いただければというふうに思います。  それから、川崎参考人。先日、オバマ大統領の核戦略をうちの日本の外務大臣がもう熱烈に支持をするような発言をしたと聞き及んでいるんですが、それに……

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第2号(2018/02/14、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 藤田委員に二点お伺いをしたいと思います。  米国にとっても身近な脅威となった北朝鮮問題に関して、全ての選択肢がテーブルの上にあるが、米国の目標は外交的解決であり、核プログラムの放棄が目的で、体制の崩壊や半島の統一ではないという考え方が示されましたと。まさに、対話、またいろんな多様な支援、いろんなことをやる中でその外交的解決を目指していかなければならないと。  日本は、やはり、それぞれ独自のいろんな支援のやり方があるんではないかと。また、政府が、いろんな団体、いろんなところに、議員外交も含めて、多種多様な形を使ってでも平和に向けて進まなければならない。藤田委員が政権時に外務省に、……

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2018/02/21、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 熊岡参考人に一問だけお伺いをしたいんですけれども、カンボジアの野党とあとメディアの弾圧についてもうちょっと詳しく教えていただけると有り難いんですが、参考人の意見も踏まえて。
【次の発言】 この世界の中でカンボジアのような、そういう弾圧をしているような同じような国って複数あるんですか。
【次の発言】 ありがとうございました。

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第5号(2018/04/18、24期、民進党・新緑風会)

○大島九州男君 今日は参考人の皆さん、ありがとうございます。  まずは、鈴木参考人、日米同盟を基軸にして宇宙のというお話がありましたけれども、今だからこそ、このアジア太平洋地域宇宙機関会議やアジア太平洋宇宙協力機関、アジアと中心になって宇宙開発を進めていくというような、そういう新しい視点が必要だと思うんですが、それに対する御意見をいただきたいと思います。  それから、安部川参考人、今、日本は人材不足ということで、東南アジアの皆さんを招聘して仕事をしていただくという企業もいろいろ多いんですが、航空産業、特にいろんな空港で働く人たち、そういう人たちを、アジアの人を入れるということはいろんな懸念があ……

第196回国会 国際経済・外交に関する調査会 第6号(2018/05/09、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 ありがとうございます。  アジア太平洋における平和の実現、地域協力及び日本の外交の在り方、国境を越える諸問題の現状と解決に向けた課題及び信頼醸成と永続的平和の実現に向けた取組と課題というのがこの我々に与えられた調査会の大きなテーマであります。そのテーマを考えたときに、やはり我々日本の強みを生かしたテロ対策、また国際協力、そしてその予防の在り方等についていろんな御意見を参考人の方からいただいたことに心から感謝を申し上げます。この中間報告に当たっては、やはりそういう先生たちの意見をどのように反映するかということが特に大事ではないのかと。  私の方からは、特に日本のNGOの活躍、まさ……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会公聴会 第1号(2019/03/12、24期、国民民主党・新緑風会)

○大島九州男君 今日は、両公述人、ありがとうございます。時間がもうあれなので端的に行きますけれども、まずお二方に質問をさせていただきます。  先週、三月七日に内閣府が発表した景気動向指数は、昨年十一月から連続して下落、三か月下落しておりますが、既に景気が下降局面に入っていると基調判断が修正をされました。両公述人は、この景気現状についての認識、それと、なぜ政府の判断と違う景気動向になっているのかとお考えになるか、教えてください。
【次の発言】 私が考えるのは、やっぱり国民がどう思うか、どう感じるかと。実質賃金的に本当に景気がいいとかといって、自分の賃金が上がって、そして何か自分たちの消費が伸びて……



大島九州男[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-23期-|24期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

大島九州男[参]在籍期 : 21期-22期-23期-|24期|
大島九州男[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期参議院議員(五十音順) 24期参議院議員(選挙区順) 24期参議院統計