岩井茂樹 参議院議員
25期国会発言一覧

岩井茂樹[参]在籍期 : 22期-23期-24期-|25期| 今期は集計中です。
岩井茂樹[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは岩井茂樹参議院議員の25期(2019/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院25期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
岩井茂樹[参]本会議発言(全期間)
22期-23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院25期)

岩井茂樹[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-24期-|25期|
第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 決算委員会 第5号(2020/05/18、25期、自由民主党・国民の声)

○岩井茂樹君 自由民主党の岩井茂樹でございます。  本日は、国土交通省に対して質問をさせていただきます。  新型コロナウイルス感染症が世界に蔓延をいたしまして、我が国においては、一部緊急事態宣言解除という動きがある中で、引き続きそれでも油断ができない状況は続いておりまして、この逆境に打ちかって再び国家の安泰を取り戻すためには、国内を分断することなく国民が一つになって、それぞれの立場の者が何ができるか、それをしっかりと考えていくことが重要だと思います。  これまで、多くの国民が自粛を要請され、大変つらい思いをされております。一方で、このような状況の中でも事業の継続が求められ、本当に厳しい状況の中……

第201回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第6号(2020/06/01、25期、自由民主党・国民の声)

○岩井茂樹君 ODA調査派遣第一班について御報告をいたします。  当班は、本年の一月九日から一月十五日までの七日間、フィリピン共和国及びインドネシア共和国に派遣されました。  派遣議員は、こやり隆史議員、古賀之士議員、若松謙維議員、そして団長を務めました私、岩井茂樹の四名でございます。  今回訪問したフィリピンとインドネシアにつきましては、我が国が最大のODA供与国となっており、深い関わりがあります。また、極めて親日的な国であり、その背景には、ODAを始めとした協力関係の積み重ねがあるのです。ところが、近年、中国等の支援が拡大し、我が国のプレゼンスが低下の危機に直面していると指摘せざるを得ませ……


■ページ上部へ

第202回国会(2020/09/16〜2020/09/18)

第202回国会 内閣委員会 第閉会後1号(2020/10/08、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 高橋委員にお答えをいたします。  今般の新型コロナウイルス感染症による影響に加えまして、委員御指摘のとおり、令和二年七月豪雨で被災された各地域の皆様方におかれましては大変厳しい状況が続いているということは十分認識をしております。  国土交通省といたしましては、今般の豪雨によって被害を受けた宿泊旅行業者の方々への特別相談窓口を九州、北陸信越及び中部運輸局に設置するなど、被災事業者に寄り添った支援を行ってきているところであります。  御指摘のゴー・ツー・トラベル事業につきましては、被災地においては現状直ちに御活用いただけない被災地域もあるところ、特段の配慮を行っていきたいと……


■ページ上部へ

第203回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第203回国会 国土交通委員会 第1号(2020/11/19、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 国土交通副大臣の岩井茂樹でございます。  江崎委員長を始め、理事、委員の皆様に格段の御指導のほど、どうかよろしくお願いいたします。

第203回国会 国土交通委員会 第3号(2020/12/01、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 岩本委員にお答えをいたします。  先ほども少し答弁にもありましたけれども、今般、札幌市又は大阪市を目的地とする旅行へのGoToトラベル事業の適用を一時的に停止をするとともに、両市に居住する方に対し、本事業の利用を控えていただくように強く呼びかけをさせていただきました。  支援策というところでございますが、観光産業は全国約百万の事業者と約九百万人の雇用を支える大変裾野が広い産業でございまして、今般の措置によって地域経済が受ける影響というのは非常に大きく、まずは、両市の感染拡大が落ち着き、本事業の適用を再開できるようになることこそが最大の支援策だとは思っております。  ただ……

第203回国会 災害対策特別委員会 第3号(2020/11/20、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 馬場委員にお答えをいたします。  昨日、蒲島知事が球磨川流域の治水の方向性についてのお考えを表明をされました。  近年の気候変動の影響により激甚化、頻発化する豪雨、洪水災害から国民の命と暮らしを守るためには、上流から下流、そして本川、支川の流域全体を俯瞰し、国、県、市町村が一体となって計画的に流域治水に取り組むことが重要であると考えております。  また、球磨川におきましては、国、県及び流域市町村から成る球磨川流域治水協議会を立ち上げ、流域のあらゆる関係者が協働して取り組む流域治水プロジェクトの年度内の策定に向けて現在検討を行っているところであります。  川辺川ダムにつき……

第203回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号(2020/11/30、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 復興副大臣の岩井茂樹でございます。  地震・津波災害からの復興に関する事項を担当いたします。  平沢大臣を支えて、被災された多くの方々が復興に希望を持てるよう全力で取り組んでまいりますので、杉尾委員長を始め理事、委員各位の御理解と御指導のほどをどうかよろしくお願いいたします。

第203回国会 内閣委員会 第1号(2020/11/12、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 内閣府副大臣の岩井茂樹でございます。  特定複合観光施設区域、IRの整備に関する事務を担当いたしております。  赤羽大臣をしっかりお支えをし、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、森屋委員長を始め、理事、委員各位におかれましては、更なる御指導、そして御協力のほどをよろしくお願いいたします。


■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 議院運営委員会 第7号(2021/02/10、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 運輸審議会委員山田攝子君は本年三月一日に任期満了となりますが、同君を再任いたしたいので、国土交通省設置法第十八条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意賜りますようお願いいたします。

第204回国会 議院運営委員会 第18号(2021/04/07、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 運輸審議会委員和田貴志君は本年七月五日に任期満了となりますが、同君を再任いたしたいので、国土交通省設置法第十八条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意賜りますようお願い申し上げます。

第204回国会 国土交通委員会 第2号(2021/03/16、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 岡田先生にお答えをいたします。  まずは、私の父の話がありまして、くしくも親子二代にわたりこの国土交通委員会の委員ということでございまして、身の引き締まる思いと緊張感を持って答弁をさせていただきます。  常磐新線の延伸につきまして、秋葉原と東京間でございますが、平成二十八年四月の交通政策審議会答申におきまして、国際競争力強化の拠点であるつくば国際戦略総合特区を含む常磐新線沿線と都市とのアクセス利便性の向上などに意義があるプロジェクトということで、しっかりと位置付けられているところでございます。  その中では、一方で、都心での事業となるため、関係地方公共団体、鉄道事業者等……

第204回国会 国土交通委員会 第3号(2021/03/22、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 足立先生にお答えをいたします。  まず、コロナ禍における公共事業の位置付けというところなんでございますが、公共工事は、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針におきましても、緊急事態宣言時においても継続が求められるものと位置付けられております。そこで働かれる方というのはある意味エッセンシャルワーカーということであると思うんですが、地域経済を支え、安全、安心な暮らしを確保するために着実に進めていく必要がございます。  国土交通省の直轄工事や設計、調査業務では、受注者から申出がある場合に一時中止等の措置を行うこととしております。その中で、委員御質問の中にありました工事や……

第204回国会 国土交通委員会 第5号(2021/03/25、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 岩本委員にお答えをいたします。  まず、公共交通事業者は、これ日本全国そうかもしれませんが、人口減少、少子高齢化の進展によりまして、これまでも大変厳しい経営状況に陥っております。そこに加えての新型コロナウイルスの感染症拡大によりまして、移動の自粛等の制限が加わることによりまして輸送需要が減少しておりまして、更に厳しい状況になっております。  こうした状況はJR北海道も例外ではございませんが、北海道は、本州とは比較にならないほど広大な大地で、かつ人口密度の方は反対に少ない、小さいということでございまして、冬場の自然環境が極めて厳しいことから、鉄道ネットワークの維持が容易で……

第204回国会 国土交通委員会 第8号(2021/04/06、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 大野委員におかれましては、この質問の機会に、地域公共交通の重要性、そして持続可能性という論点で御質問をいただきまして、本当にありがとうございます。  地域住民の日常生活や我が国の経済産業活動を支えるインフラとして、これ極めて公共性の高い役割を担っていただいているのが地域公共交通ということでございます。  ただ、委員御指摘のとおり、それを取り巻く状況というのは、少子高齢化ということもありますし、人口減少ということに加えてこの度のコロナ禍というところで、移動の自粛等も伴うということで、本当に厳しい状況に立たされているというふうに認識をしております。  昨年の通常国会で改正地……

第204回国会 国土交通委員会 第12号(2021/04/22、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 大変重要な御指摘を本当にありがとうございます。  まず、災害が頻発化、そして激甚化をしている中で、障害者施設などの要配慮者の方々への対応というのは非常に重要でありまして、施設が浸水しても安全を確保できる設備を設けるとともに、避難を確実にしていく必要があるということで考えております。  実は、水防法等によって、これまでもですが、災害時の避難に配慮が必要な方が利用する施設には避難確保計画の作成や訓練の実施が義務付けられておりますが、残念なことに、令和二年七月豪雨では、計画を作成し訓練を実施していたにもかかわらず、施設の利用者である高齢者が被災を受けるなど痛ましい被害が発生し……

第204回国会 国土交通委員会 第13号(2021/04/27、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) 東委員にお答えをいたします。  本法案では、ハザードマップの作成対象を、先ほど委員御指摘ありましたけれども、現行の大河川から原則全ての中小河川に拡大することとしておりまして、対象となる河川数はこれまでの約二千河川から約一万七千河川に大きく増加する結果、新たに約一万五千の中小河川を対象にハザードマップを作成する必要がございます。  ちなみに、これまで二千河川、ハザードマップ作ってきたんですけど、参考までですが、平成二十七年から令和二年、おおよそ完成ということで、五年実は掛かっております。五年で二千という数なんですが、だからゆっくりやっていいというわけではなくて、今回のハザ……

第204回国会 予算委員会 第9号(2021/03/11、25期、自由民主党・国民の声)【政府役職】

○副大臣(岩井茂樹君) お答えをいたします。  委員御指摘のとおり、令和元年の東日本台風において多摩川も大変甚大な被害を受けました。  国土交通省では、これを受けまして、多摩川流域において、令和元年東日本台風と同規模の洪水でも再度災害を防ぐことを目標にいたしまして、まずは堤防の整備、河道掘削や堰の改築、それなどをやるための費用約百九十一億円の治水事業を五年間で集中的に実施をいたします多摩川緊急治水対策プロジェクトを昨年一月に策定をさせていただいて、現在、対策に着手をさせていただいているところでございます。  その中身としては、まず、令和元年東日本台風において被災した護岸については今月中に復旧を……


岩井茂樹[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院25期)

岩井茂樹[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-24期-|25期|
第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 資源エネルギーに関する調査会 第4号(2020/05/20、25期、自由民主党・国民の声)

○岩井茂樹君 自由民主党の岩井茂樹でございます。  調査会一年目は、エネルギーの安定供給という観点で、専門家、有識者の方々から幅広い視点での昨今の情勢について話を伺いました。  調査会として議論を重ねてまいりましたけれども、この度の中間報告書を作成するに当たり、私からは、資源エネルギーを議論する上で重要な三つのポイントについて述べさせていただきます。具体的には、最初としてエネルギーの安定供給、そしてエネルギー供給源の多様化、三つ目に原子力発電所の再稼働の三点です。  まず、一点目のエネルギーの安定供給について申し上げます。  朝起きてお湯で顔を洗うところから、夜、部屋の電気を消すところまで、我……

第201回国会 資源エネルギーに関する調査会 第5号(2020/05/27、25期、自由民主党・国民の声)

○岩井茂樹君 自由民主党の岩井茂樹でございます。  本日は、原子力問題に対してということで、更田委員長に質問をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。  東京電力福島第一原子力発電所の事故から九年が経過をいたしました。現在も原子力への不信とか不安が根強い中で、本当に国民の信頼を回復させるためには、私は、科学的情報や客観的根拠に基づいた理解、これが大変重要だと思っております。また同時に、国民又は被規制側である事業者と規制当局との間のコミュニケーション、これが実はとても重要だと感じております。原子力政策を考える際に重要なポイントの一つが、まさに今お話をした科学的根拠に基づいた政策の……



岩井茂樹[参]委員会統計発言一覧(全期間)
22期-23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

岩井茂樹[参]在籍期 : 22期-23期-24期-|25期| 今期は集計中です。
岩井茂樹[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期参議院議員(五十音順) 25期参議院議員(選挙区順) 25期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。