国会議員白書トップ参議院議員藤井恒男>本会議発言(全期間)

藤井恒男 参議院議員
「本会議発言」(全期間)

藤井恒男[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

藤井恒男参議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(参議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



4回
12277文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
11207文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
50文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
10606文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



参議院在籍時通算
11回
34140文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(参議院)

 在職時に参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(参議院)

9期(1971/06/27〜)

第67回国会 参議院本会議 第9号(1971/11/09、9期、民社党)

○藤井恒男君 私は、ただいま提案されました通商産業大臣田中角榮君に対する問責決議案に対しまして、全野党を代表して、これに賛成の討論を行なうものであります。  私は、本来、この問責決議案なるものは、三年余にわたって日本の繊維産業を踏み台にし、わが国をしてニクソン大統領にかしずかせ、彼が言うなりの、まさに屈辱的な結果を導き出す演出を陰で試みた佐藤内閣総理大臣その人に当てられるべきものであると確信するものであります。しかしながら、今回の日米繊維協定仮調印の当面の責任者として、当然、田中通産大臣をここに糾弾し問責せねばならないのは、主権者国民を代表する本院として当然の行為であります。  私は、この際、……

第70回国会 参議院本会議 第5号(1972/11/13、9期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表して、ただいま議題となりました昭和四十七年度補正予算三案に対して、以下の理由により、反対の討論を行なうものであります。  七年八カ月の長期にわたる佐藤内閣のあとを受けて田中内閣が発足し、多くの国民が田中内閣に期待を寄せたことは事実であります。  国民が田中内閣に抱いた期待とは何であろうか。それは率直に申して、国民はこれまでの煮え切らない政治ときっぱり訣別して、もっとドラスティックな政治をやってくれということ、さらに、物価、住宅、公害、交通戦争等、庶民の上にあまりにも重々しくのしかかっている重圧をこの際はねのけてくれという期待であったと思います。つまり、言葉をかえ……

第71回国会 参議院本会議 第7号(1973/03/02、9期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表して、目下最大の社会問題である商品投機の問題について、総理並びに関係大臣の御所見を伺うものであります。  昨年十一月、突如として木材価格は対前月比八割という異常な高騰を見せ、これにつられて、十二月には、モチ米、生糸、羊毛、鉄鋼、綿糸布に至るまで、軒並み高値を呼び、本年一月、二月に至って、いずれも最高潮を示すに至りました。このため、一般国民は生活を脅かされ、二次加工業者は操業を停止するのやむなきに至り、いまやこれが大きな社会問題に発展しているのであります。  この異常な物価騰貴は、年間総需給にさして過不足もないのに、売り惜しみ、買いだめを誘発し、軒並み価格をつり上……

第71回国会 参議院本会議 第20号(1973/06/15、9期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表して、防衛二法案に関し、政府の防衛問題の基本的考え方について、田中総理並びに関係閣僚の所信をただしたいと思います。  今日、わが国の防衛問題について、国民の大多数は、わが国が憲法の許す範囲で、最小限の自衛措置を持つことについては了解しつつも、四次防に基づく自衛力の急激なる増強を中心とする自衛力の独走に対しては、重大なる不信と不安とを抱いているというのがその率直なる声であると考えます。そしてその声が、一部においては自衛力の保持そのものに対する不信と疑問とにまで増幅されつつあります。つまり、一国の防衛について最も肝要と言われる防衛についての国民的合意、国民的サポート……


10期(1974/07/07〜)

第74回国会 参議院本会議 第4号(1974/12/18、10期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表して、先日行なわれた三木内閣総理大臣の所信表明演説につき若干の質問を行ないます。  総理は演説の中で、今日政治に対する国民の信頼がそこなわれようとしていることを憂慮し、政治も経済も、従来の惰性に流されていたのではたいへんなことになる。この際国民の心を施政の根幹に据え、国民とともに歩む政治、すなわち、政治の原点、政治の心に立ち返らなければならないと述べ、これからは力の対決を排し、対話と協調によって謙虚に国民の声を聞きつつ、清潔で偽りのない誠実な政治を実践すると、その決意をお述べになりました。インフレ、物価高、そして先の見えない不況の中で呻吟している国民の目の前で、……

第75回国会 参議院本会議 第18号(1975/06/27、10期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表し、ただいま議題となりました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対し、若干の質問を行い、三木総理並びに関係大臣の所見をただしたいと思います。  その第一は、今後の産業、経済政策のあり方と、独占禁法との関係についてであります。  申すまでもなく、自由主義経済体制には一つの大きなパラドックスがあります。すなわち、企業は競争相手より先に出ようと努力し、このプロセスを通じて、すぐれた企業が生き残り、劣った企業が淘汰される。これはいわば資本主義経済の必然的傾向であります。しかし、同時に、その結果生じは寡占または独占は、競争の喪失とともにバイ……

第76回国会 参議院本会議 第14号(1975/12/13、10期、民社党)

○藤井恒男君 私は、民社党を代表し、ただいま議題となりました酒税法及び製造たばこ定価法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行います。  私は、この年末に当たり、これまでの国会の現状を見るとき、ことしほど国民の政治に対する期待を裏切った国会はないと思います。  ちょうど一年前、三木総理が登場し、対話と協調の政治、社会的公平の確保を述べられたとき、国民は少なからず三木総理に期待したと思います。にもかかわらず、三木内閣は、時がたつにつれその硬直した姿勢を示し、政策面においてもその場限りの無責任な態度をとり続けてきました。その典型的な例がこの酒、たばこの値上げ法案であります。  すでにわが党同僚……


11期(1977/07/10〜)

第84回国会 参議院本会議 第1号(1977/12/19、11期、民社党)

○藤井恒男君 私は、ただいまの橋本君の動議に賛成いたします。

第84回国会 参議院本会議 第26号(1978/06/16、11期、民社党)

○藤井恒男君 私は、ただいまの大塚君の動議に賛成いたします。(拍手)


12期(1980/06/22〜)

第93回国会 参議院本会議 第4号(1980/10/08、12期、民社党・国民連合)

○藤井恒男君 私は、民社党・国民連合を代表して、先般行われた鈴木総理の所信表明演説に対して、若干の質問をいたします。  まず、総理の政治姿勢についてであります。  あなたが総理に就任されて二カ月余りを経過し、ここに初めて国会を通じて国民に語りかけたわけですが、国民はこの厳しい国際環境の中で初めての総理に「総理の時代認識と政治ビジョン」について聞きたかったことであろうと思います。残念ながら所信表明の中からそれをうかがい知ることはできませんでした。結局、いま国民の脳裏に残っている首相像とは、この二カ月余りの間に国民の前に日々映し出された閣内の不統一と総理のリーダーシップの欠如というものだけであった……

第96回国会 参議院本会議 第5号(1982/01/29、12期、民社党・国民連合)

○藤井恒男君 私は、民社党・国民連合を代表いたしまして、さきに行われました総理並びに三大臣の演説に対しまして若干の質問を行います。  さて、わが国は、戦後一貫して国際社会の中においてその発展の利益を享受し、今日の立場を築いてまいりました。しかし、いまや日本は、人口は世界総人口の二・七%にもかかわらず、国民総生産は自由世界全体の二二%を占め、輸出額も同様八%を占めるに至りました。この日本の比重は、日本経済の潜在成長力の強さから見て、今後ますます高まりこそすれ低下することはないものと思います。  この意味において、世界各国は、日本が政治、経済、防衛の各般にわたって世界平和の維持発展にいかなる貢献を……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

藤井恒男[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書