国会議員白書トップ参議院議員大塚耕平>本会議発言(全期間)

大塚耕平 参議院議員
「本会議発言」(全期間)

大塚耕平[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

大塚耕平参議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(参議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



7回
53915文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
10588文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
10461文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

5回
35397文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
19533文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



参議院在籍時通算
18回
129894文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(参議院)

 在職時に参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(参議院)

19期(2001/07/29〜)

第153回国会 参議院本会議 第5号(2001/10/22、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。ただいま議題となりました銀行法等の一部を改正する法律案について質問させていただきます。  今回の法律案は、皆様御承知のとおり、これまで非常に閉鎖的、硬直的であった銀行業界の変化に対応して、銀行法等を業界の実情に適応させることを主眼としたものであります。  銀行業界の変化は、第一に異業種参入等による新しい銀行の設立、第二に既存の銀行等による金融再編という二つの大きな流れによってもたらされています。  第一の異業種参入等による新しい銀行の設立は、最近のコンピューターテクノロジー、とりわけインターネットの普及と関係が深いことは申し上げるまでもありません。……

第156回国会 参議院本会議 第9号(2003/03/14、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。  ただいま議題となりました平成十五年度における公債の発行の特例に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する法律案について質問いたします。  初めに、公債発行特例法案についてお伺いいたします。  三月五日の本院予算委員会において、国債発行三十兆円枠をめぐる我が党の直嶋幹事長の質問に対して、小泉総理は、私は十五年度も守るなんて全然言っていませんよと発言しました。確認のために過去の議事録を調べてみましたところ、小泉内閣発足直後の平成十三年五月九日、第百五十一通常国会衆議院本会議における枝野議員の質問に対して、総理は次のように答えています。枝野議員にお答……

第156回国会 参議院本会議 第41号(2003/07/18、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。  ただいま議題となりました保険業法の一部を改正する法律案に反対する立場から討論を行います。  本法案の問題点、論理矛盾点を挙げれば枚挙にいとまがなく、これほどずさんな法案をよく提出したものだと、ただただ感心するばかりであります。  以下、主な反対理由のみ申し述べます。  まず第一にお伝えしたい点は、仮に本法案が成立した場合、どのような生命保険会社について予定利率引下げを認めるのかという基準であります。  金融庁は向こう十年間は経営の心配はないものの破綻の蓋然性がある先を想定していることが審議の中で明らかになりました。これを他の民間企業に例えて言え……

第159回国会 参議院本会議 第10号(2004/03/26、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 私は、民主党・新緑風会を代表して、平成十六年度における公債の発行の特例に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する法律案に反対する立場で討論を行います。  初めに、所得税法等改正案について申し述べます。  本法案には、投資促進を図るための租税条約締結に伴う所要の改正や、中小企業育成を企図したエンジェル税制の拡充など、賛意を示すべき項目も含まれてはおりますものの、幾つかの点で是正を要する内容となっております。  第一に、年金税制の問題です。  本案には、公的年金等控除における高齢者特例や老年者控除の廃止など、六十五歳以上の世代への負担増を課す内容が含まれています。諸控除縮小に伴う課……

第159回国会 参議院本会議 第23号(2004/05/21、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。  ただいま議題となりました二法案について、関係大臣に質問をさせていただきます。  初めに、証取法改正案について竹中金融担当大臣にお伺いいたします。  我が国の金融制度は、四つの自由化を軸に変革が進められています。為替・資本移動の自由化、金利の自由化、業務の自由化、そして本法案の対象である参入の自由化であります。日本が目指すべき新しい金融制度は、この四つが担保された上で、金融行政当局が決済インフラとセーフティーネットという公共財を提供するという構造です。ビジネスや行政のルールを極力明確にし、行政当局はルール遵守状況の監視と違反者に対して罰則を科すこ……

第159回国会 参議院本会議 第27号(2004/06/04、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平でございます。  ただいま同僚の森ゆうこ議員から、私の敬愛する森ゆうこ議員から御提案のありました国井厚生労働委員長の解任決議案に賛成する立場から討論を行わせていただきます。  まず冒頭、与党の皆さんが御心配になるといけませんので御説明をいたしますと、別にこれは原稿ではございません。後ほどこの中身については説明をさせていただきます。  冒頭、この場をおかりいたしまして、昨年イラクでお亡くなりになられました私の大学時代のクラブの先輩である奥克彦大使の御冥福をお祈りさせていただきますとともに、私の勤務しておりました日銀の新潟支店の先輩御両親の娘さんである横田め……

第159回国会 参議院本会議 第30号(2004/06/14、19期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。  ただいま提案されました動議に反対する立場から討論を行います。  ただいまの動議では、金融強化法案と預金保険法改正案の審議を直ちに行うということでありますが、そもそも本法案は、先ほど来の御説明にありますように、四月二十三日に衆議院本会議で採決され、本院に送られてきたものであります。参議院本会議で趣旨説明及び質疑が行われたのは五月二十八日になってからであります。中間報告を直ちに審議することの動議に私どもが多少でも理解を示すためには、約一か月間、与党側の皆様がどのような事情でつるしを下ろす要請を行わなかったのか、その真相を伺うことが大前提であります。……


20期(2004/07/11〜)

第161回国会 参議院本会議 第7号(2004/11/17、20期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平でございます。  ただいま議題となりました信託業法案について質問をさせていただきます。  初めに、本法案の効果に関する認識をお伺いしたいと思います。  本法案は、信託機能を活用して売り掛け債権、知的財産権等の保有資産を流動化し、企業の資金調達手段の多様化を図るものと説明されています。しかしながら、信託商品は幾つかに類型化できますことから、それら各々の特質を踏まえた法案の趣旨説明を求めたいと思います。  すなわち、一つは、信託銀行の代表的メニューである貸付信託的な商品であります。貸付信託は、委託者から集めた資金を長期貸付けを中心に運用するとともに、受託元本……

第166回国会 参議院本会議 第8号(2007/03/09、20期、民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会の大塚耕平です。  ただいま議題となりました二案について質問いたします。  初めに、所得税法等改正案に関連して伺います。  マスコミで上げ潮路線と言われている安倍政権の経済政策は、企業減税優先で経済を成長軌道に乗せようという考え方です。私自身は、GDPの五割以上を構成する個人消費対策、家計対策の充実こそが持続的な経済成長につながるとともに、将来不安、生活不安の軽減に伴い、少子化傾向にも変化をもたらす適切な経済政策だと考えています。企業減税の有効性を否定するつもりはありませんが、ただいま申し上げた観点から言えば、今年度の所得税法等改正案は家計への配慮を欠く内容である……


21期(2007/07/29〜)

第169回国会 参議院本会議 第9号(2008/04/04、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○大塚耕平君 民主党の大塚耕平です。民主党・新緑風会・国民新・日本を代表して、総理大臣、関係大臣に質問をさせていただきます。  初めに、所得税法等改正案に関連してお伺いします。  道路特定財源を投入している我が国道路政策は、策定の手順に問題があります。整備計画が起案され、費用以上の便益があると裏付ける費用便益分析が行われ、それを完遂するのに必要な財源を確保する手順となっております。これでは、計画完遂まで財源を投入し続けることになり、この手順を変える必要があります。  社会保障や産業政策など他の政策分野との比較考量の結果、道路に投入できる財源を決め、その財源の範囲内で公正な費用便益分析に基づいた……

第171回国会 参議院本会議 第7号(2009/02/09、21期、民主党・新緑風会・国民新・日本)

○大塚耕平君 民主党・新緑風会・国民新・日本の大塚耕平です。  ただいま議題となりました財投特別会計特例法案について、関係大臣に質問をさせていただきます。  麻生首相は、昨年十月三十日に景気対策を発表しましたが、それに伴う二次補正予算案を昨年中に提出せず、さらには二次補正予算成立直後に衆議院で来年度予算案の並行審議が始まりました。そのため、本法案の審議入りが本日に至ったことは誠に残念であることを冒頭申し上げます。  さて、本法案は、その第二次補正予算に含まれる定額給付金等の財源手当てを行うものですが、御承知のとおり、私たち会派は、定額給付金には反対の立場を取っております。もっとも、景気対策の必……


24期(2016/07/10〜)

第195回国会 参議院本会議 第4号(2017/11/21、24期、民進党・新緑風会)

○大塚耕平君 正副議長、議員、閣僚の皆様並びに国民の皆様に改めて御挨拶申し上げます。この度、民進党代表に就任いたしました大塚耕平でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  冒頭、最近の台風や集中豪雨等で亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  それでは、民進党・新緑風会を代表して、所信に関して、総理に質問させていただきます。  総理は所信の冒頭で、二つの国難とも呼ぶべき課題を明示しました。まず、そのうちの一つである緊迫する北朝鮮情勢に関連して、総理の外交姿勢について伺います。  国際社会において、日本が率先して平和を追求する国家……

第196回国会 参議院本会議 第2号(2018/01/25、24期、民進党・新緑風会)

○大塚耕平君 民進党・新緑風会を代表して、政府四演説に対して総理に質問をいたします。  初めに、一昨日の草津白根山の噴火被害に遭われた皆様に、お悔やみ、お見舞いを申し上げます。政府においては、今後の被害拡大を防ぐために、万全の対策を講じることをお願い申し上げます。  総理は施政方針演説の最後において、憲法について、議論を深め、前に進めていくことを期待していますと述べました。一月四日の年頭記者会見においても、憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、議論を一層深めていくと発言されました。  憲法のあるべき姿とは、どういう意味でしょうか。また、それは誰にとってのあるべき姿なのでしょうか。総理にお伺……

第196回国会 参議院本会議 第36号(2018/07/19、24期、国民民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 国民民主党・新緑風会の大塚耕平です。  初めに、西日本を中心とした豪雨災害で犠牲となった皆様の御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族に衷心よりお悔やみを申し上げます。また、被害に遭われた皆様、避難を余儀なくされている皆様に心からお見舞いを申し上げます。  さらに、今この時間も安否不明者の捜索や被災地の復旧復興に取り組んでいる警察、自衛隊、消防、行政関係者を始め、水道、電力等のライフライン関係事業者、ボランティアを含め、全ての皆様の御尽力に感謝と敬意を表します。  政府に対して、早期の激甚災害の適用を含むあらゆる手段と工夫を講じて、全力で被災者救済と復旧復興に当たることを求めま……

第197回国会 参議院本会議 第3号(2018/10/31、24期、国民民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 国民民主党・新緑風会の大塚耕平です。  正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を目指す国民民主党・新緑風会を代表し、総理の所信に関して質問させていただきます。全て総理にお伺いをいたします。  今年は各地で大規模な災害が続いています。犠牲者の御冥福をお祈りしますとともに、被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。  国民民主党は、今なお不自由な暮らしを余儀なくされている皆様に寄り添い、復旧復興に全力で取り組んでまいります。  災害復旧を中心とする補正予算に関して伺います。  各地の被害の全容について、被害地域、被害金額、いまだ避難中の住民数、農業者、中小企業等からの要望等、政府が把握し……

第198回国会 参議院本会議 第29号(2019/06/24、24期、国民民主党・新緑風会)

○大塚耕平君 国民民主党・新緑風会の大塚耕平です。  会派を代表して、ただいま提案のありました内閣総理大臣安倍晋三君の問責決議案に賛成の立場から討論を行います。  初めに、先週の日本海沖地震で被害に遭われた皆様を始め、東日本大震災ほか、過去の災害の影響でいまだに避難生活をしている皆さんに改めてお見舞いを申し上げます。国会として全力を尽くしてまいります。  国民民主党は、結党宣言の中に、正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を追求することを明記しました。日本の政治にその三つが足りないと実感しているゆえです。以下、その観点から賛成理由を申し述べます。  第一に、正直な政治に照らし、安倍総理、閣僚及……


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 参議院本会議 第3号(2019/10/09、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○大塚耕平君 共同会派、立憲・国民.新緑風会・社民の大塚耕平です。  会派を代表して、総理の所信に対して質問させていただきます。  この夏、千葉県を始め各地で台風等の被害に遭われた皆様に、改めて心よりお見舞い申し上げます。国会としても、復旧復興の促進に資する審議や立法に腐心することが必要である旨を申し上げ、質問に入らせていただきます。  本年八月の台風十号等に伴う九州を中心にした被害、九月の台風十五号による千葉県を中心にした被害を含め、閉会中の自然災害による住宅、事業所、農林水産業、電力設備、地域経済の被害等について政府が把握している情報を総理にお伺いします。  被害の復旧復興状況とともに、今……

第201回国会 参議院本会議 第3号(2020/01/24、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○大塚耕平君 国民民主党・新緑風会の大塚耕平です。  共同会派、立憲・国民.新緑風会・社民を代表して、政府四演説に関連して総理に質問させていただきます。  先週金曜日は阪神・淡路大震災から二十五年目でした。東日本大震災から間もなく丸九年がたちます。昨年来の台風、洪水等も含め、多くの自然災害で被害に遭われた皆様に改めてお見舞い申し上げます。  地球温暖化に起因する自然災害抑止のために米国にパリ協定復帰を促すことが、強固な日米関係を自負する総理の責務であることを申し上げ、質問に入ります。  初めに、新型肺炎について伺います。  発症元である中国の状況、日本を含むその他の国の状況、感染拡大防止のため……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

大塚耕平[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書