国会議員白書トップ参議院議員田村智子>本会議発言(全期間)

田村智子 参議院議員
「本会議発言」(全期間)

田村智子[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

田村智子参議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(参議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



2回
2996文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

9回
22713文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

13回
39162文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
9309文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



参議院在籍時通算
27回
74180文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(参議院)

 在職時に参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(参議院)

22期(2010/07/11〜)

第180回国会 参議院本会議 第5号(2012/02/24、22期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党の田村智子です。  民主党政権が自ら作り執行した初めての決算である二〇一〇年度決算。この審議では、政権交代に託した国民の期待は何だったのか、それにこたえる政治は行われたのかが問われなければなりません。  二〇一〇年度から始まった高校授業料の無償化は、期待にこたえる最初の一歩でした。ここから更に教育費負担の軽減をさせることが求められていました。ところが、やっと踏み出した高校無償化さえ、民主、自民、公明の三党によって見直されようとしている。子供や教育にかかわる政策の行方が一部政党間の協議に左右されるなど、断じて許されません。  昨年十二月、遺児と母親の全国大会に藤村官房長官……

第180回国会 参議院本会議 第19号(2012/07/11、22期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表し、民主、自民、公明の三党合意による消費税増税と社会保障制度改悪を許さない立場で社会保障の基本的な問題について質問いたします。  社会保障制度改革推進法案は、社会保障の目指す方向として、自助、共助、公助の組合せ、家族相互及び国民相互の助け合いを掲げています。これは、社会保障の土台を自助努力、家族などの助け合いに置き換え、憲法二十五条に基づく社会保障への国の責務、役割を縮小するものではありませんか。事実、法案では、医療、年金、介護は社会保険制度を基本とし、国や地方の負担は補助的なものとすることを明記しています。  改革の基本方針を見ても、第六条、医療保険制度では、こ……


23期(2013/07/21〜)

第185回国会 参議院本会議 第10号(2013/11/27、23期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部改正法案に反対の討論を行います。  本法案は、公立高校の授業料不徴収の条項を削除し、公立高校にも授業料を発生させた上で就学支援金を支給するというものです。  公立高校の授業料は都道府県の判断で決定されるため、就学支援金の額を超える授業料を決めた場合、その差額を高校生から徴収することになります。現に、東京都には今も都立高校授業料を年額十二万二千四百円と定めた条例があり、留年などにより現行法の対象外となった高校生はこの授業料を負担しています。その年額は現行の就学支援金の支給額を……

第186回国会 参議院本会議 第9号(2014/03/20、23期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表し、二〇一四年度政府予算三案に反対の討論を行います。  第一に、四月一日からの消費税増税を断じて認めるわけにはいきません。  消費税率八%への引上げを発表した際、安倍総理は、アベノミクスの効果が現れている、経済対策を進めれば景気は低迷しないと、とうとうと述べられました。実態はどうか。労働者の現金給与総額の平均は、昨年、過去最低を更新、実質経済成長率も昨年夏以降一%を割り込み、増税前の駆け込み需要さえも低調であることが明らかとなりました。収入は増えず、物価は上がり、消費は伸びない、被災地の復興再生はまだこれから、このようなときに庶民を直撃する増税はやるべきでは……

第186回国会 参議院本会議 第24号(2014/05/23、23期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案について質問します。  今回の法案は、教育の自主性を保障するためにつくられた教育委員会の制度を大きくつくり替えるものです。教育委員会を代表する教育委員長のポストをなくし、その職務を教育長に与える、教育長は首長が任命するとしています。  現在の教育委員会は、教育長を任命し、罷免もできる、また教育長を指揮監督する権限を持っています。ところが、立場は逆転し、教育長が教育委員会のトップとして大きな権限を持つことになります。  下村文科大臣は、衆議院の審議で、首長が教育長を任命するに当たって、自分の選挙公約は……

第186回国会 参議院本会議 第31号(2014/06/13、23期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。  第一に、首長の教育への関与を強めることは、教育の自主性、自律性を脅かします。  法案は、地方自治体の教育政策の大本となる大綱を首長が主宰する総合教育会議で協議し、首長の権限で策定するとしています。この大綱に首長がどこまで書き込めるのかは法案審議の焦点の一つとなり、名古屋市地方公聴会でも、市長、教育長などの公述人から次々に懸念が示されました。  私は、本会議の代表質問で、大綱に教科書採択についてなど教育委員会の専権事項も書き込めるのかとただし、総理は、教育委員会が適切……

第186回国会 参議院本会議 第33号(2014/06/20、23期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。  第一に、教授会を実態として学長の諮問機関化することは、大学の自治、学問研究の自由を侵すものです。  教授会は、大学自治の根幹を担う機関であり、多くの大学で、予算や教員人事に関わる事項を含め、教育研究に関する重要な事項について実質的な審議・決定権を有しています。  本法案は、こうした教授会の役割を認めず、学長に意見を述べる機関に矮小化し、さらには審議事項も制限して、大学運営のあらゆる事項を学長個人の決定で行わせようとしています。  審議の中で、例えば入試での合否判定は、教授会が決定し……

第189回国会 参議院本会議 第2号(2015/01/28、23期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、ただいま議題となりました二〇一三年度決算について安倍総理に質問いたします。  二〇一三年度予算は、政権復帰直後の自民党安倍政権によって編成されました。緊急経済対策だとして大型開発拡大の路線を復活させ、公共事業関係費は、決算ベースで前年度比プラス三八%、二・一兆円もの増額となりました。  その中身も、大企業のためのインフラ整備に重点が置かれ、二〇一三年度以降の新規事業は、ダム建設三兆二千五百億、整備新幹線三兆七千六百億、国際コンテナ戦略港湾四千二百億、高速道路三十三兆円、さらに、超高層ビルを乱立させる大規模再開発への補助やリニア新幹線に伴う再開発事業費を含める……

第189回国会 参議院本会議 第35号(2015/07/31、23期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案について質問いたします。  安倍内閣は、昨年、成長戦略の柱に女性の活躍促進を位置付け、本法案を提出しました。しかし、稼ぐ力を取り戻す、女性の力を活用することが日本の強い経済を取り戻すために不可欠という総理の言葉には、強い違和感を禁じ得ません。  社会の様々な分野で女性が力を発揮することは、結果として日本の経済や社会を豊かに発展させるでしょう。それは、女性差別の撤廃、地位向上に取り組んでこそ実現します。  有村大臣、女性の活躍促進とは、稼ぐ力を取り戻すための手段なのでしょうか。それとも、我が国における男女平等……

第190回国会 参議院本会議 第15号(2016/03/29、23期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、二〇一六年度一般会計予算案外二案に反対の討論を行います。  反対する第一の理由は、消費税一〇%への増税を前提とし、破綻が明らかなアベノミクスにしがみついた予算だということです。  総理は、消費税八%増税の下での個人消費の落ち込みについて、予想以上に大きく、予想以上に長引いていると認めました。来年四月に再増税に踏み切れば、僅か三年間で五%から一〇%への大増税です。国民一人当たり年間八万一千円、平均的な世帯で十八万四千円ものすさまじい負担増となります。国民の暮らしと日本経済を奈落の底に突き落とす一〇%への増税はきっぱり中止するしかありません。  アベノミクスの破……

第190回国会 参議院本会議 第30号(2016/05/25、23期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、二〇一四年度決算及び朝鮮総督府等特別会計決算の是認に反対の討論を行います。  反対の理由の第一は、社会保障を口実に消費税八%への増税を強行し、その一方で社会保障費抑制のために制度改悪を更に進めたことです。  消費税八%への引上げは、国民多数の反対を押し切って強行されました。我が党は、五%への引上げ時と比べても国民所得が減少し内需が冷え込んでいることを示し、増税の影響は計り知れない、引上げを中止せよと強く求めました。しかし、安倍総理は、アベノミクス効果で雇用状態は改善し賃上げも進むとして、聞く耳を持ちませんでした。しかも、消費増税とセットで行われたのは、……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 参議院本会議 第15号(2016/12/02、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました国民年金法等の一部を改正する法案に関し、安倍総理に質問いたします。  まず、将来にわたって年金受給額に影響を与える重要な法案を、衆議院で強行採決の上、会期末前日に参議院に送付し、会期延長によって押し通そうという横暴極まりない安倍内閣と与党に強く抗議いたします。  安倍総理は将来の年金水準を確保する法案だと説明を繰り返してきましたが、直近の世論調査を見ても、本法案への反対は五割から六割にも上っています。世代を超えて国民の不安が広がっていることを直視すべきです。  今、基礎年金、国民年金のみ受給する方の平均受給額は月五万円にすぎませ……

第192回国会 参議院本会議 第16号(2016/12/07、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、IR法案、すなわちカジノ・賭博場解禁法案について質問いたします。  本法案が衆議院で拙速に審議されたことに対し、新聞各紙は、「危うい賭博への暴走」朝日新聞、「人の不幸を踏み台にするのか」読売新聞、「唐突な採決に反対する」毎日新聞など、厳しく批判する社説を一斉に掲げました。産経新聞も「およそ超党派の議員立法には似つかわしくない姿ではないか。」と警鐘を鳴らしています。  会期を延長した途端、四野党の反対を押し切って法案付託を強行し、僅か六時間弱の審議で強行採決、与党内でさえ法案への態度を決められず、推進派議員の中からも、こんなやり方はおかしいという声が上が……

第193回国会 参議院本会議 第10号(2017/03/27、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、二〇一七年度一般会計予算外二案に対して、反対の討論を行います。  予算審議では、国有地が異例の手続により破格の安値で学校法人森友学園に売却された問題が集中的に議論されました。証人喚問で籠池理事長は、安倍総理夫人と複数の政治家の関与を証言し、疑惑はいよいよ深まっています。安倍昭恵氏を始め、関係者の証人喚問、徹底した真相究明を強く求め、以下、本予算案への反対の理由を述べます。  反対の理由の第一は、アベノミクスの破綻のしわ寄せを国民に押し付け、暮らしを一層追い詰めることです。  安倍総理は、都合の良い数字でアベノミクスの成果を主張しますが、国内需要の六割を……

第193回国会 参議院本会議 第28号(2017/05/31、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案について質問いたします。  まず、加計学園の獣医学部新設についてお聞きします。  総理は、岩盤規制に挑戦し半世紀ぶりの改革を行ったと一昨日の本会議で力説しました。しかし、問われているのは、安倍総理の腹心の友が理事長を務める加計学園一校だけに獣医学部新設を認める、そのために国家戦略特区が利用され、行政がゆがめられたのではないのかということです。  加計学園と今治市、愛媛県は構造改革特区として十五回にわたって獣医学部新設を申請しましたが、獣医師の養成と社会的需要のバランス……

第193回国会 参議院本会議 第32号(2017/06/14、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました国務大臣山本幸三君問責決議案に賛成の討論を行います。  第一に、加計学園の獣医学部新設をめぐり、官邸と内閣府の圧力によって行政がゆがめられたのではという、安倍総理の進退に関わる疑惑の究明に、国家戦略特区を担当する山本大臣が全く背を向けていることです。  私は、五月三十一日の本会議、翌日から四回の内閣委員会で、獣医学部新設の方針決定の過程、またその事業者として加計学園を決定した過程について、それが適正に行われたのかどうかを事実に即してただしてきました。  獣医学部新設については、二〇一五年六月、獣医師が新たに対応すべき具体的な需要……

第193回国会 参議院本会議 第34号(2017/06/16、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行います。  加計学園の獣医学部新設をめぐり、内閣府が総理の御意向、官邸の最高レベルが言っていると、今治市への獣医学部新設を最短スケジュールで認めるよう文科省に圧力を掛けたことを示す文書が文科省の調査によって昨日、明らかにされました。菅官房長官が怪文書扱いし、調査を否定し、とうとう会期末ぎりぎりまで調査が出てこなかったことは重大であり、政府に猛省を求めるものです。  これらの文書には、平成三十年四月開学を大前提にスケジュールを作ること、今治市ありき……

第195回国会 参議院本会議 第6号(2017/12/04、24期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、ただいま議題となりました二〇一六年度決算について質問いたします。  まず、森友学園への国有地売却問題です。  会計検査院報告は、八億二千万円もの値引きが過大であったこと、また行政文書が管理されていないため、会計経理の妥当性の検証ができないことなどを指摘しています。近畿財務局が、ごみが地下九メートルまであったことにしようと森友学園と口裏合わせをしていた音声データも財務省は認めました。  総理、売却契約は適正ではなかったと認め、なぜこのような契約になったのか、調査を指示すべきではありませんか。  決算が国会に提出される前に会計検査に必要な行政文書を廃棄した財務省……

第196回国会 参議院本会議 第8号(2018/03/23、24期、日本共産党)

○田村智子君 日本共産党を代表して、ただいま議題となりました子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案について質問いたします。  まず、本法案が、極めて異常な状況で本院に送付されたことを指摘しなければなりません。三月二日に発覚した森友学園との国有地取引に関する財務省の決裁文書改ざんは、国民の共有財産である公文書を毀損し民主主義の根幹を掘り崩す重大事件です。国会の資料要求に対して政府が改ざん文書を提出したことは、国政調査権をじゅうりんし、国会と行政府の信頼関係を破壊するものにほかなりません。  行政府が立法府を欺いていたことを不問にして、どうして政府提出法案の審議ができるでしょうか。六野党は、国……

第196回国会 参議院本会議 第19号(2018/05/16、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律案について質問いたします。  本法案は、地方から東京圏への転入超過への対策だとして、地方公共団体が計画する地域における大学振興・若者雇用創出の事業に交付金を交付する仕組みをつくるものです。  地方の大学や、経済、産業の振興を国が支援することは大切です。しかし、本法案は、全ての地方公共団体を対象とするのではなく、内閣総理大臣が認定した事業計画にのみ多額の交付金を交付するものです。既に本年度予算には七十億円が算定され、おおむね十件程度、交付期間は……

第196回国会 参議院本会議 第31号(2018/06/29、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案、いわゆるTPP11整備法案に反対の討論を行います。  本法案の成立は、TPP11を批准する条件となります。うそつかない、ぶれない、TPP断固反対と自民党もポスターに掲げたはずのTPP協定。このTPPの関税撤廃、非関税障壁の緩和水準は、そのままTPP11に受け継がれています。凍結事項は極めて限定的であり、食の安全、ISDSなど、二〇一六年の国会審議で焦点となった問題点は何ら解決されていません。  また、国会決議で関税撤廃の交渉から除外することを求めた、米、麦、牛肉・……

第196回国会 参議院本会議 第35号(2018/07/18、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました内閣委員長柘植芳文君解任決議案に賛成の討論を行います。  その最大の理由は、西日本豪雨災害への緊急の対応が求められているただ中で、カジノ実施法案の審議を委員長職権によって強行し続けたことです。  IR整備法案、すなわちカジノ実施法案は、西日本の広範囲で激しい雨が降り続いていた七月六日金曜日、本会議での趣旨説明、質疑が行われました。七日、八日、すさまじい豪雨は収まることなく、次々と土砂崩れ、河川の氾濫を引き起こし、多くの人命が奪われる大災害となってしまいました。時間を追うごとに死者、行方不明者が増え続ける重大な事態に、ここにおられ……

第198回国会 参議院本会議 第12号(2019/04/12、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました子ども・子育て支援法一部改正法案について、総理に質問いたします。  法案審議の前提としてお聞きします。櫻田大臣、塚田国交副大臣の相次ぐ辞任について、総理はどのような責任を取るおつもりなのでしょうか。  櫻田大臣は、五輪担当大臣でありながら五輪憲章を読んだことはない、サイバーセキュリティー担当大臣でありながらパソコンを使ったことはないなど開き直り、まともな答弁ができない場面が繰り返されました。大臣としての資質、資格を著しく欠いていたことは、就任直後から誰の目にも明らかでした。  しかし、安倍総理は、適材適所と評価し、職務を果たして……

第198回国会 参議院本会議 第16号(2019/05/10、24期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律案、いわゆる幼児教育無償化法案に反対の討論を行います。  第一に、政府の言う幼児教育無償化が消費税率一〇%への引上げを前提としていることです。  安倍総理を先頭に、政府は、幼児教育無償化には安定財源が必要で、それは消費税増収分を充てるのだと繰り返し主張しています。このように、消費税率を一〇%にしなければ幼児教育無償化はできない、それでも消費税増税に反対するのかと国民を脅し付けるようなやり方を断じて認めるわけにはいきません。  消費税は、とりわけ低所得の子育て世帯にとって重い負担となることは明らかです。プレミアム商……


25期(2019/07/21〜)

第200回国会 参議院本会議 第9号(2019/12/02、25期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました二〇一八年度決算について総理に質問いたします。  桜を見る会が大問題になった始まりは、支出額が予算の三倍にも膨れ上がったことにあります。総理は、予算の大幅超過をいつ認識しましたか。知っていながら、なおも支出を増やし続けたのですか。  しかも、結果的に予算を超えてしまったのではありません。本決算の二〇一八年は、ケータリング二千百三十六万円、これだけで桜を見る会全体の予算一千七百七十六万円を大きく超えています。しかも、契約は予算成立の五日後、予算審議中にその準備を進めていたのです。これは国会を欺く行為ではありませんか。  憲法は、内……

第201回国会 参議院本会議 第14号(2020/04/27、25期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、安倍総理に質問いたします。  初めに、新型コロナ感染症で亡くなられた方々に心より哀悼の意を表し、御遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。  感染症と懸命に闘う医療従事者の皆様をしっかりと支え、命、暮らし、営業を守る予算と施策となるよう全力で取り組んでまいります。  政府がイベント自粛を呼びかけてから既に二か月、緊急事態宣言から三週間になります。手元資金がもうなくなる、事業を諦めるかどうかという事業者が日を追って増え続けており、生活と事業を潰さないという補正予算が切望されています。この立場から、提案を含めて質問いたします。  一つは、持続化給付金です。中小企……

第201回国会 参議院本会議 第16号(2020/05/13、25期、日本共産党)

○田村智子君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました国家戦略特区一部改正法案について、北村地方創生担当大臣に質問いたします。  質問の前に、検察庁法改定法案について一言申し上げます。  検察幹部の役職定年を内閣の判断で特例延長できるという法案に、日弁連は三権分立を揺るがすおそれさえあると反対の声明を発表。ネット上でも抗議の声が瞬く間に広がっています。法案を押し通すことは断じて許されません。このことを申し上げ、質問に入ります。  本法案は、スーパーシティ構想の推進を主たる内容としていますが、新型コロナ感染症で緊急事態宣言が延長されている今、審議すべき法案なのでしょうか。  アメリカ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

田村智子[参]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書