板川正吾衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  28期(1958/05/22〜)    1回    4645文字
  29期(1960/11/20〜)    3回   18600文字
  30期(1963/11/21〜)    3回    9205文字
  31期(1967/01/29〜)    2回    8067文字
  33期(1972/12/10〜)    2回    7170文字
  34期(1976/12/05〜)    1回    7416文字




衆議院本会議発言一覧

第34回国会 衆議院 本会議 第22号(1960/04/15、28期)

私は、日本社会党を代表しまして、ただいま議題となりました輸出入取引法の一部を改正する法律案について、岸総理以下関係閣僚に対して若干の質疑を行ない、本改正案が、貿易自由化に伴う過当競争の防止という名目のもとに、その実は、輸出入に関する国内取引に、企業間の協定の強化、すなわちカルテル体制の強化をはかり、………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第23号(1962/03/13、29期)

私は、ただいま提案されました石油業法案に関し、日本社会党を代表して、池田総理以下関係大臣に、主としてエネルギーの基本政策という観点から、若干の質疑をいたしたいと存ずるのであります。(拍手)まず第一に、私は、政府はなぜ総合エネルギーの基本計画を確立しないかという理由を池田総理大臣に伺いたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第23号(1963/05/16、29期)

私は、日本社会党を代表しまして、ただいま趣旨説明のありました特定産業振興臨時措置法案、並びに市場支配的事業者の経済力濫用の防止に関する法律案について、政府及び提案者に対し、若干の質疑をいたしたいと存じます。まず、私は、内閣提出の特定産業振興臨時措置法案について質疑に入る前に、その成案の過程を振り返っ………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第41号(1963/06/27、29期)

私は、日本社会党を代表しまして、ただいま議題となりました中小企業指導法案について、商工委員長及び関係大臣並びに修正案提出者に対し、若干の質疑をいたしたいと存じます。本法案は、中小企業基本法とそれに関連する三法案とを一括しまして、去る六月二十日の商工委員会において、社会党の不参加のまま自民、民社両党に………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第10号(1964/12/17、30期)

私は、ただいま議題となりました中小企業危機打開に関する決議案に対し、自由民主党、日本社会党及び民主社会党の三党を代表して賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)御承知のとおり、中小企業は、わが国の産業分野の中で、生産、流通、雇用等、国民経済のあらゆる領域にわたりその基礎を形成し、生産におい………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/11/10、30期)

私は、日本社会党を代表して、通産大臣三木武夫君の不信任案について、若干角度を変えて賛成の討論をいたしたいと存じます。(拍手)まず、討論に入ります前に、議長さんに要望いたします。討論時間がわずか五分という制限は、議員が国民から負託された発言権を封殺することでありまして、それは言論弾圧であり、議会政治の………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第45号(1966/04/26、30期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員青木正先生は、去る四月十二日、病のため、埼玉県鴻巣市の山崎病院において逝去されました。先生は、人一倍すぐれて健康な方でありましたので、御病気と伺っても必ずや御回復を見るものと信じておりました私どもは、思いがけない計報に接し、大きな衝撃を受けたのであり………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第22号(1967/06/02、31期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、内閣提出の公害基本法について総理大臣及び関係各大臣に対し質疑を行なわんとするものであります。この国会で全国民が注目しておる重要な法案は、公害基本法の制定と政治資金規正法の改正であると存じます。すなわち、前者は国民生活をめぐる黒い霧、よごれた環境を抜本的に浄化しよう………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第66号(1969/07/26、31期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、本院議長松田竹千代君の不信任決議案に対し、賛成の討論をいたすものであります。(拍手)松田竹千代君は、去る七月十六日、石井前議長のあとを受けて本院議長に選出をされましたが、就任わずか十日間でその信任を問われるのはまことに異例のことであり、国会運営上きわめて遺憾といわ………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第34号(1974/05/24、33期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました発電用施設周辺地域整備法案について、反対の討論をいたします。反対理由の第一は、本法案は、政府が発電所建設に反対する地域住民の真意を理解せず、悪税といわれる電源開発促進税を新設し、札束で住民の反対運動を切りくずし、原子力発電所の建設を促進しようとする………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第20号(1975/05/08、33期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま提案されました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対し、三木総理大臣並びに高橋公正取引委員会委員長及び関係大臣に対し、質疑をいたします。三木総理、あなたは昨年十二月、はからずも総理の指名を受けるや、田中内閣ではとうてい日の目を見まい………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第3号(1978/09/28、34期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、福田総理の所信表明に関し、主として内政、経済問題について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。質問の第一は、福田内閣の政治姿勢についてであります。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10