国会議員白書トップ衆議院議員山口敏夫>本会議発言(全期間)

山口敏夫 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

山口敏夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

山口敏夫衆議院議員の在職時の本会議発言に関してまとめています。下記リンクから各項目に飛べます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
2978文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
3714文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
9070文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

6回
5199文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

2回
3524文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
13回
24485文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

32期(1969/12/27〜)

第63回国会 衆議院本会議 第23号(1970/04/28、32期、自由民主党)

○山口敏夫君 私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となっております防衛庁設置法等の一部を改正する法律案に対し、賛成の意見を表明したいと思います。(拍手)  第二次大戦後の世界は、二つの世界観、すなわち、自由主義と共産主義との宿命的な対決という形で展開してまいりました。それが、いまや、このような単純な公式論では理解しがたいまでに、われわれの世界は多面的な様相を呈しております。中ソの対立を見るまでもなく、われわれは、イデオロギー的団結が国家的利益の抗争によって突きくずされるという、多くの事実を目撃しております。こうした国際社会は、政治、経済、軍事等、あらゆる面で多極化し、一方では、世界各国の諸……


34期(1976/12/05〜)

第80回国会 衆議院本会議 第13号(1977/03/18、34期、新自由クラブ)

○山口敏夫君 私は、新自由クラブを代表して、昭和五十二年度一般会計、特別会計、政府関係機関の三予算に対し、賛成の態度を表明するものであります。(拍手)  その主な理由は次の三点であります。  まず第一に、不十分ながらも減税額を上積みし、政府修正が実現したことであります。  われわれ新自由クラブは、去る二月四日、総理大臣の施政方針演説に対する河野代表の代表質問を通じて、不況克服、景気浮揚を最重点の政策目標とし、予算審議に臨むことを明らかにしてまいりました。  すなわち、政府案では今日のこの深刻な不況を脱するには不十分であると判断し、個人消費を活発にし、浮揚効果を高め、あわせて不況下の国民生活を守……

第87回国会 衆議院本会議 第12号(1979/03/07、34期、新自由クラブ)

○山口敏夫君 私は、新自由クラブを代表して、昭和五十四年度予算三案に対し、反対の立場から討論を行うものであります。  わが国経済は、高度成長から安定成長への時期に入るとともに、国家財政の歳入の伸び率は低下しました。他方、国民の行政に対する需要は多様化し、かつ拡大しつつあり、それに伴い歳出は増加傾向をたどっております。その結果、国家財政はきわめて逼迫し、今後も改善する見通しは暗いというのが現状であります。  このような厳しい国家の財政状況のもとに来年度予算が編成されるに当たり、新自由クラブは、特に以下の四点を強調し、主張してまいりました。  第一に、従来の予算編成方式である増分主義を改め、各省庁……


36期(1980/06/22〜)

第94回国会 衆議院本会議 第27号(1981/05/22、36期、新自由クラブ)

○山口敏夫君 私は、新自由クラブを代表して、総理並びに外務大臣に、本日議題となっております日米共同声明、核問題等に関し、政府の政治姿勢、日米外交関係を中心にお尋ねしたいと思います。  昨年の大平内閣不信任案の成立、衆参ダブル選挙と政局不安、混乱の中で鈴木内閣は誕生いたしました。たなぼた内閣、はからずも内閣との批判の中ではございましたが、その多年の政党政治家としての経験を生かし、与党自民党内に盤石の鈴木体制を確立したその政治力、国民的課題である行政改革、財政再建に意欲的に取り組み、みずからの政治生命をかけるとの決意と勇断に、国民の中には、その長期安定政権を望む人さえあったのであります。  しかる……

第96回国会 衆議院本会議 第26号(1982/06/21、36期、新自由クラブ・民主連合)

○山口敏夫君 私は、新自由クラブ・民主連合を代表し、当面の政局の諸問題について、総理に質問を申し上げます。  ベルサイユ・サミット、国連軍縮特別総会など、まず、このたびの外遊に対して、鈴木総理に対し敬意と御慰労を申し上げる次第でございます。  総理の帰国後の政局は、財政再建、歳入欠陥、行政改革、ロッキード判決を初め政治倫理問題等、重要な政治問題が山積しておりますが、総理は今後、秋に向けての政局をどう運営していくおつもりか、まず伺いたいと存じます。  特に私は、国際軍縮と政治倫理の二つの問題を中心に、さらに総理の現実的かつ具体的な見解を国民の前に明らかにするよう求めたいと存じます。  国連軍縮特……


38期(1986/07/06〜)

第107回国会 衆議院本会議 第9号(1986/10/28、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 ただいま議題となりました一九八六年の国際小麦協定につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。  昭和四十六年に作成されました一九七一年の国際小麦協定は、小麦貿易規約と食糧援助規約とから成っておりますが、両規約は本年六月三十日に失効することになっておりましたので、昨年来同協定にかわる新たな国際小麦協定の作成交渉が行われました。  その結果、本年三月ロンドンで開催されました国際小麦理事会において小麦貿易規約が採択され、また、同じくロンドンで開催されました食糧援助委員会特別会議において食糧援助規約が採択されました。一九八六年の国際小麦協定は、この新たな二つ……

第108回国会 衆議院本会議 第19号(1987/05/20、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 ただいま議題となりました九件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、国際花と緑の博覧会政府代表設置臨時措置法案は、国際博覧会条約第十二条の規定に基づき、外務省に特別職の国家公務員である国際花と緑の博覧会政府代表一人を置くこととし、その任務、給与等について定めたものであります。  次に、日ソ文化協定は、相互主義の原則に基づき、文化、教育及び学術の各分野における両国間の交流を奨励し、促進することについて定めたものであります。  次に、多数国間投資保証機関設立条約は、開発途上国への生産的目的のための投資の流れを促進するため、非商業的危険を扱う既……

第108回国会 衆議院本会議 第21号(1987/05/22、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 ただいま議題となりました八件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、国家代表等に対する犯罪防止条約は、元首、政府の長、外務大臣、外交官等国際的に保護される者に対する殺人、誘拐等を犯罪とし、その犯人の処罰、裁判権の設定、容疑者の引き渡し等について定めたものであります。  次に、人質行為防止条約は、国際的なテロリズムとしての人質をとる行為を犯罪とし、その犯人の処罰、裁判権の設定、容疑者の引き渡し等について定めたものであります。  次に、アジア=太平洋郵便連合憲章は、アジア=太平洋郵便連合の基本文書であり、現行のアジア=太平洋郵便条約及び施行規……

第109回国会 衆議院本会議 第10号(1987/08/20、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 ただいま議題となりました国際緊急援助隊派遣法案について、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、我が国としてその国力にふさわしい国際的責務を果たすため、海外の地域、特に開発途上にある海外の地域における大規模な災害に対し、緊急の援助活動を行う人員を国際緊急援助隊として被災国に派遣するに当たっての根拠及び手続等必要な措置を定め、もって国際協力の推進に寄与することを目的とするものであります。  本案の主な内容は、被災国政府等から国際緊急援助隊の派遣要請を受けた外務大臣は、派遣が適当であると認める場合には、関係行政機関の長と協議を行うこと、協議を受けた関係行……

第109回国会 衆議院本会議 第12号(1987/08/25、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 ただいま議題となりました両件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、日本とカナダとの租税条約について申し上げます。  本条約は、日本とカナダとの間の現行の租税条約にかわる新たなもので、条約全般にわたって、最近の租税条約の改善された規定をできる限り取り入れたものであり、条約の対象となる租税、不動産所得に対する課税、事業所得に対する課税、国際運輸業所得に対する課税、配当、利子及び使用料に対する税率の制限、芸能人等の文化交流活動によって生ずる所得に対する租税の免除及び両国の二重課税の排除方法等について定めております。  次に、政府調達に関する協……

第114回国会 衆議院本会議 第2号(1989/01/09、38期、自由民主党)

○山口敏夫君 大行天皇におかせられましては、去る七日にわかに崩御あらせられました。まことに痛恨のきわみであります。国民一同、言葉に尽くしがたい悲しみに包まれております。  ここに、本院は、敬弔の誠意をささげるため、弔詞を奉呈することに決定いたしました。  謹んで弔詞起草委員会の経過並びに結果を御報告申し上げます。  先刻議長から指名されました起草委員二十四名は、直ちに会議を開き、委員長の互選に引き続き、弔詞案文の協議に入り、次の成案を得た次第であります。  その案文を朗読いたします。    弔 詞 案  大行天皇には にわかに 崩御あらせられました 大行天皇におかせられては ご在位六十二年の永……


40期(1993/07/18〜)

第129回国会 衆議院本会議 第30号(1994/06/23、40期、改新)

○山口敏夫君 私は、ただいま提出されました私を懲罰委員会に付するの動議に対し、まず冒頭に、去る十六日の予算委員会における私の行動は極めて遺憾であり、院の秩序を乱した点につき深く反省し、同僚議員に対し衷心よりおわびを申し上げる次第であります。(拍手)   しかし、なぜ私があえてあのような行動に出たかにつきましては、一言申し上げさせていただきたいと存じます。  今回の動議提出者の中には、予算委員会の混乱の場で、前途有為な若い議員を水かけの犯人と独断的に決めつけ、先輩議員でありながらみずから注意喚起もせず、多数の自民党議員の前に突き出すというまさにトラの威をかりたキツネのごとき卑劣な行為を恥じもせず……

第129回国会 衆議院本会議 第32号(1994/06/29、40期、改新)

○山口敏夫君 国政の最重要案件がこの後控えておりますので、委員会起草の文案を朗読させていただきます。   私儀国会議員たる身分にもかかわらず、六月十六日予算委員室において行った行動は、国会の信用を失墜し、同僚議員に迷惑をかけまして誠に申し訳なき次第、深く自責の念に堪えません。ここに謹んで陳謝いたします。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/28

山口敏夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書