三浦一雄 衆議院議員
26期国会発言一覧

三浦一雄[衆]在籍期 : 25期-|26期|-27期-28期-29期
三浦一雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは三浦一雄衆議院議員の26期(1953/04/19〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は26期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院26期)

三浦一雄[衆]本会議発言(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 衆議院本会議 第8号(1953/06/17、26期、改進党)

○三浦一雄君 私は、改進党を代表いたしまして、昨日本議場において吉田総理大臣初め各大臣の演説したる政府の施政方針に対し質疑をなし、その所信をたださんとするものでございます。  政治の要諦は民に信あらしむということにあると信じます。信なければ国立たずと申します。すなわち、信頼の政治こそは民主政治の本義なりと考えられます。内外をめぐる諸情勢は真に重大であります。この際、政局を安定せしめ、日本再建の国策を断行するこそ最も緊要なるは論をまたぬところでございます。この危機を打開し、国民の輿望にこたうるためには、政府は深く顧み、国会を尊重し、公明なる政治を行うべきこと、これが当然の使命なりと考えられるので……

三浦一雄[衆]本会議発言(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院26期)

三浦一雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 外務委員会 第27号(1953/08/05、26期、改進党)

○三浦(一)委員 今山崎君から御指摘になりましたが、政府は従来この問題につきまして、地元の納得の行くこと、同時にその協力を求むるということが根本の方針だと存じます。しかるにかかわらず、この関根基地の取扱いの問題につきましては、地元からも今詳細に話した通り、納得どころか、手続におきましても、非常に強圧がましいことになつておる。伊関局長も今御説明になつて、反対であつてもしかたがないのだ、しかたがないときにはこういう条件にしてほしい、こう言うことは、その半面は、地元はこれに同意しておるというふうにお考えになつておるようですが、しかしながらこの問題は、たとい閣議決定に相なりましても、やがて展開される諸……

第16回国会 予算委員会 第25号(1953/07/17、26期、改進党)

○三浦(一)委員 私は自由党両派及び改進党を代表いたしまして、昭和二十八年度一般会計、特別会計及び政府機関各予算案に対しまして修正案を提出し、以下その概要を説明せんとするものでございます。  内外の情勢はまことに多端でございまして、しかもわが国を取巻く朝鮮休戦会談以来の産業経済上の情勢を見まするに、われわれは日本再建のため一段と努力して参らなければならぬことは申すまでもございません。しこうして二十八年度総予算は、まさにわが日本再建のために、牢固たる決意のもとに、再建の諸方策上最も緊要なる施策を盛り込まなければならぬと考えるのでございます。なかんずく基幹産業を培養いたしまして、その基盤を培養する……


■ページ上部へ

第21回国会(1954/12/10〜1955/01/24)

第21回国会 内閣委員会 第2号(1954/12/17、26期、日本民主党)

○三浦(一)委員 大体の御趣旨はわかつております。三十一年の三月まで延ばすわけでございますが、予算関係については、三十年の予算はどうなりますか、その関係をひとつお聞かせ願いたいと思います。
【次の発言】 おそらくは、二十九年度はすでにもう実行中、三十年度の場合に特段の予算的措置をとらずとも従来の経過措置に即して運用し得る、こういうお見込みであるわけですね。
【次の発言】 ただいま大久保委員からの御質疑中に、大村大臣の任命された秘書官等に、あたかも町の政治ボスのごとき者がおるかの印象を受けるお言葉があつたと思うのであります。それに対しただいま大村大臣から御心境が吐露されたのでありますが、さような……


三浦一雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院26期)

 期間中、各種会議での発言なし。

三浦一雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
25期-|26期|-27期-28期-29期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

三浦一雄[衆]在籍期 : 25期-|26期|-27期-28期-29期
三浦一雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院議員(五十音順) 26期衆議院議員(選挙区順) 26期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊