松平忠久 衆議院議員
30期国会活動統計

松平忠久[衆]在籍期 : 26期-27期-28期-29期-|30期|-32期
松平忠久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松平忠久衆議院議員の30期(1963/11/21〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は30期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院30期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第45回国会
(特別:1963/12/04-1963/12/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1963/12/20-1964/06/26)
1回
5730文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1964/11/09-1964/12/18)
1回
10148文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第48回国会
(通常:1964/12/21-1965/06/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第49回国会
(臨時:1965/07/22-1965/08/11)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第50回国会
(臨時:1965/10/05-1965/12/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第51回国会
(通常:1965/12/20-1966/06/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第52回国会
(臨時:1966/07/11-1966/07/30)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第53回国会
(臨時:1966/11/30-1966/12/20)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第54回国会
(通常:1966/12/27-1966/12/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



30期通算
(1963/11/21-1967/01/28)
2回
15878文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


松平忠久[衆]本会議発言(全期間)
26期-27期-28期-29期-|30期|-32期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院30期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第45回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

45回
(0回)
8回
(0回
0回)
38106文字
(0文字
0文字)

第47回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

16回
(0回)
1回
(0回
0回)
4013文字
(0文字
0文字)

第49回国会
5回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

14回
(0回)
3回
(0回
0回)
20069文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
3回
(0回
0回)
19216文字
(0文字
0文字)


30期通算
87回
(1回)
15回
(0回
0回)
81404文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第46回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5446文字
(0文字
0文字)


30期通算
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
5446文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
44回
(0回)
4回
(0回
0回)
大蔵委員会

2位
20回
(0回)
0回
(0回
0回)
社会労働委員会

3位
11回
(0回)
1回
(0回
0回)
外務委員会

4位
6回
(0回)
3回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

5位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
科学技術振興対策特別委員会

5位
3回
(1回)
3回
(0回
0回)
商工委員会

7位
0回
(0回)
1回
(0回
0回)
内閣委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会

1位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
大蔵委員会金融及び証券に関する小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

商工委員会(第45回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

松平忠久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
26期-27期-28期-29期-|30期|-32期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院30期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)0本
第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)1本
第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)0本
第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)2本
第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)0本
第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)0本
第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)0本
第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)0本
第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)0本
第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)0本


30期通算(1963/11/21-1967/01/28)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第46回国会(1963/12/20〜1964/06/26)

国立小諸療養所の患者の取扱いに関する質問主意書

第46回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1964/05/25提出、30期、会派情報無し)
質問内容
国立小諸療養所は、数年前に上田療養所が総合病院に改組されたので、同地区における結核療養所として唯一の機関であるが、昨年来、同療養所における結核患者の中から幾多の不満が続発していることは誠に遺憾である。
さる四月二十日小諸市議会の社会文教委員会の委員四名が実地調査を行なつたが、その報告によれば、同療養所は、精神病患者が逐次増加し、結核患者は冷遇を受け、ためにかなりの不満がうつ積しており、予算の増額…
答弁内容
一 患者及び患者の家族からの陳情書は拝見したが、主として次の諸点について不満が述べられていた。
(イ) 所長等が患者に不親切である。
(ロ) 精神病患者が増加しており、結核患者は、冷遇されている。
(ハ) 治療が積極的でなく、診療回数が少ない。また院長回診がない。
(ニ) 結核病棟における看護が精神病棟に比較して手薄である。
二 これらについて係官を現地に派遣し、実情調査を行なつた。


■ページ上部へ

第48回国会(1964/12/21〜1965/06/01)

戸倉郵便局の不正事件に関する質問主意書

第48回国会 衆議院 質問主意書 第14号(1965/05/25提出、30期、会派情報無し)
質問内容
一 長野県埴科郡戸倉郵便局局長柳沢勝三氏は、局長代理滝沢保氏と共謀し上山田町収入役山崎直氏、戸倉町前収入役中村貞雄氏を仲間に引き入れ、公金を不正に流用着服したけん疑をもつて、去る五月十一日ごろ長野県警の手入れを受け、その不正流用総額は一億六千万円に達し、実被害額は五千四百五十万円に上ると、各新聞は報道している。
二 この不正事件が司直の手に係り、各新聞に報道される前、すなわち昭和三十五年六月ごろ…
答弁内容
一 戸倉郵便局に対する年次考査は、昭和三十五年十二月および昭和三十七年十月に実施している。
その結果の指示勧告件数は若干あるが、評価は、各業務とも「良」(普通の成績)となつている。
二 今回の戸倉局における簡保積立金短期融通に関する事件は、借入側たる地方公共団体が資金を流用した事件であり、郵政監察機関は、借入団体の監察を行なう権限を有しないので、内部の監察によつては発見に至らなかつたものである…

国学院大学附属高等学校の土地取得に関する質問主意書

第48回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1965/05/25提出、30期、会派情報無し)
質問内容
一 昨年七月下旬国学院大学附属高等学校は、長野県北佐久郡軽井沢町の中軽井沢 ― 追分間において山林一千坪程度(単価坪当たり四千円より五千円まで)の土地購入のあつ旋を、軽井沢町軽井沢駅前の市村不動産会社社長市村一二三氏に依頼した経緯がある。
二 よつて市村一二三氏は、中軽井沢 ― 追分間の国道第十八号線北側の山林一千五百九十四坪について地主側と折衝し、坪当たり三千一百五十円の約束を取りつけ、国学院…
答弁内容
国学院大学附属高等学校側の陳述によれば、当該土地の購入あつ旋を市村不動産会社社長市村一二三氏に正式に依頼した事実はないと述べている。
国学院大学附属高等学校の山の家(寮)の建設予定地の物色について、学校法人国学院大学の校舎等の建築を一〇年来請負つている大成建設株式会社に依頼していたところ、同株式会社の社員で軽井沢出身の軽部政一郎氏が、大成建設株式会社と関係ある第一建設株式会社に働いていた地主であ…

松平忠久[衆]質問主意書(全期間)
26期-27期-28期-29期-|30期|-32期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院30期 ※参考情報)

日本社会党 (第46回国会、初出日付:1964/02/11、会議録より)
日本社会党 (第47回国会、初出日付:1964/11/24、会議録より)
日本社会党 (第48回国会、初出日付:1965/02/26、会議録より)
日本社会党 (第51回国会、初出日付:1966/02/23、会議録より)
日本社会党 (第52回国会、初出日付:1966/09/10、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院30期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

松平忠久[衆]在籍期 : 26期-27期-28期-29期-|30期|-32期
松平忠久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院議員(五十音順) 30期衆議院議員(選挙区順) 30期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊