松平忠久 衆議院議員
28期国会活動統計

松平忠久[衆]在籍期 : 26期-27期-|28期|-29期-30期-32期
松平忠久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松平忠久衆議院議員の28期(1958/05/22〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は28期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院28期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第29回国会
(特別:1958/06/10-1958/07/08)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1958/09/29-1958/12/07)
1回
5463文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第31回国会
(通常:1958/12/10-1959/05/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第32回国会
(臨時:1959/06/22-1959/07/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第33回国会
(臨時:1959/10/26-1959/12/27)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第34回国会
(通常:1959/12/29-1960/07/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第35回国会
(臨時:1960/07/18-1960/07/22)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第36回国会
(臨時:1960/10/17-1960/10/24)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



28期通算
(1958/05/22-1960/11/19)
1回
5463文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


松平忠久[衆]本会議発言(全期間)
26期-27期-|28期|-29期-30期-32期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院28期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


18回
(11回)
8回
(0回
0回)
27919文字
(0文字
0文字)

13回
(11回)
6回
(0回
0回)
34342文字
(0文字
0文字)

46回
(39回)
10回
(0回
0回)
43244文字
(0文字
0文字)

8回
(7回)
4回
(0回
0回)
19496文字
(0文字
0文字)

9回
(8回)
3回
(0回
0回)
9407文字
(0文字
0文字)

36回
(35回)
12回
(0回
0回)
55752文字
(0文字
0文字)

第35回国会
4回
(4回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


28期通算
134回
(115回)
43回
(0回
0回)
190160文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


10回
(0回)
3回
(0回
0回)
2234文字
(0文字
0文字)

第32回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


28期通算
11回
(0回)
3回
(0回
0回)
2234文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
115回
(115回)
39回
(0回
0回)
商工委員会

2位
16回
(0回)
3回
(0回
0回)
決算委員会

3位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
農林水産委員会

4位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
災害地対策特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
9回
(0回)
3回
(0回
0回)
商工委員会小売商業特別措置法案外一件審査小委員会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
商工委員会請願審査小委員会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算委員会閉会中審査小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

商工委員会(第29回国会)
商工委員会(第30回国会)
商工委員会(第31回国会)
商工委員会(第32回国会)
商工委員会(第33回国会)
商工委員会(第34回国会)
商工委員会(第35回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

松平忠久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
26期-27期-|28期|-29期-30期-32期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院28期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)0本
第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)1本
第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)0本
第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)0本
第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)0本
第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)3本
第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)0本
第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)0本


28期通算(1958/05/22-1960/11/19)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第30回国会(1958/09/29〜1958/12/07)

千葉銀行不正融資並びに不正業務に関する質問主意書

第30回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1958/10/25提出、28期、会派情報無し)
質問内容
一 千葉銀行が坂内ミノブ、レインボー社長との間に不正事件があり、当時国会において問題となつたが、国会解散のため継続審査をしていないところ、その後当時の古荘頭取が検察当局から背任罪で起訴されている事実にかんがみ、不正融資が行われたことは公知の事実となつている。よつて、その詳細を説明せられたい。
二 大蔵省は、銀行業務に関し直接監督の任にあるが、かかる大口不正融資に対して事前に発見し、防止できる立場…
答弁内容
一 千葉銀行から株式会社レインボーに融資がなされたことは事実であるが、本件については検察当局が背任罪として起訴し、現に裁判所において公判中であるので、不正融資であるかどうかはその判決の結果を待ちたい。
二 千葉銀行のレインボーに対する融資については、銀行検査の結果等に基きその是正方を厳重に指示したところであるが、改善の実をあげえなかつたことは遺憾である。
銀行の貸出が小数の大口貸出先にかたよる…

■ページ上部へ

第34回国会(1959/12/29〜1960/07/15)

中小企業向け金融機関の不正融資並びに不正業務に関する質問主意書

第34回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1960/02/15提出、28期、会派情報無し)
質問内容
一 昨年十一月十二日、神奈川県警察当局は横浜銀行を捜査したが、そく聞するところによれば、これは横浜銀行大雄山支店長

(注)部君美氏が昭和二十七年ごろから次長磯崎正一氏及び支店長代理杉本重雄氏とぐるになり、富士写真フイルム株式会社等の預金を種として浮貸を行ない、三千九百十万円を横領した事件に関係があるとのことである。
この事件は長期にわたる大口の不正融資であり、預金者を不安におとしいれるも…
答弁内容
一 横浜銀行大雄山支店において不祥事件があり、この事件の当事者である支店長がたまたま土地の素封家であつたこと等からその人物を過信し、異例の長期にわたり同一人をその職に置いていたこと等のため、これが相当長期間発見されなかつたことは、まことに遺憾である。
事件の発見後は、貸出しの回収につとめるほか、本人の私財を提供させる等の善後措置を講じてきているので、預金者に対する不安は全くない状況にある。
二…

全国信用協同組合連合会並びに永代信用組合の不正事件に関する質問主意書

第34回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1960/05/25提出、28期、会派情報無し)
質問内容
一 昭和三十五年二月十二日付質問第一号をもつて「中小企業向け金融機関の不正融資並びに不正業務に関する質問主意書」を提出したが、同質問主意書の第四項において永代信用組合の制限外融資について言及した。
右については、同年二月二十三日付答弁第一号をもつて回答があり、特に永代信用組合の業務運営については、「貸出限度を越えるものが若干認められる」旨の回答があつた。
二 しかるにその後の調査によれば、永代…
答弁内容
一 東京都からの報告によれば、昭和三十五年一月十一日永代信用組合を検査した結果、興国農機株式会社に対して純債二億五千万円内外の貸出しがあり、また同信用組合長山屋八万雄氏が同会社の取締役会長に就任している事実が認められた。この貸出しは、同組合の業務方法書に定める一組合員に対する貸出限度を超過するものであるので、東京都においては示達書等により減額、回収方を指示し、その履行状況を監視中である。
二 昭…

全国信用協同組合連合会並びに永代信用組合の不正事件に関する再質問主意書

第34回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1960/07/07提出、28期、会派情報無し)
質問内容
本件に関しては、昭和三十五年五月二十五日付質問第一〇号をもつて質問主意書を提出したのに対し六月三日付答弁第一〇号をもつて回答があつたが、右について更に次の事項を再質問する。
一 永代信用組合が貸出限度額を超過して融資している会社又は過去に融資した会社は興国農機株式会社、鎌倉ハム食品株式会社、一元青果株式会社、横浜電子株式会社等のほかに多数に上るものとうわさされているが、事実貸出限度額を超過して融…
答弁内容
1 東京都からの報告によれば、永代信用組合がその業務方法書に定める限度額を超過して貸し出している事例は若干認められるが、検査の結果知り得た貸出の一般的内容等につき公にすることは適当でないと考える。
2 東京都からの報告によれば、永代信用組合長山屋八万雄氏は若干の会社の役員を兼務しているが、このような個人的事項につき公にすることは適当でないと考える。
3 山屋八万雄理事長については、松澤隼人氏よ…

松平忠久[衆]質問主意書(全期間)
26期-27期-|28期|-29期-30期-32期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院28期 ※参考情報)

日本社会党 (第29回国会、初出日付:1958/06/24、会議録より)
日本社会党 (第30回国会、初出日付:1958/10/08、会議録より)
日本社会党 (第31回国会、初出日付:1958/12/18、会議録より)
日本社会党 (第32回国会、初出日付:1959/07/03、会議録より)
日本社会党 (第33回国会、初出日付:1959/11/24、会議録より)
日本社会党 (第34回国会、初出日付:1960/02/16、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院28期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

松平忠久[衆]在籍期 : 26期-27期-|28期|-29期-30期-32期
松平忠久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院議員(五十音順) 28期衆議院議員(選挙区順) 28期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊