金田英行 衆議院議員
41期国会発言一覧

金田英行[衆]在籍期 : 40期-|41期|-42期-43期
金田英行[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは金田英行衆議院議員の41期(1996/10/20〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は41期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院41期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
金田英行[衆]本会議発言(全期間)
40期-|41期|-42期-43期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院41期)

金田英行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期-43期
第138回国会(1996/11/07〜1996/11/12)

第138回国会 石炭対策特別委員会 第1号(1996/11/08、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、鉢呂吉雄君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第138回国会 農林水産委員会 第2号(1996/11/28、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 限られた時間でありますので、今回米審に答申されております内容については先ほど御説明がありました。本当に今年度の米価の関係につきましては、大変難しい状況の中でこの議論が進められたわけであります。  まず、九年産米の価格決定につきましては、その意義でありますけれども、まず、新食糧法に移行後初めての米価であるというようなことであります。また、過去六年来米の値段が据え置かれたままになってきている中で、この新食糧法の体系の中でまたぞろそのままでいいのかという問題がありました。  また、米の需給の緩和基調がある。そういった中で、ことしも一〇四という作況で、水余りの状況を呈している中で米価……


■ページ上部へ

第139回国会(1996/11/29〜1996/12/18)

第139回国会 農林水産委員会 第1号(1996/12/12、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 御三人の参考人の皆さん、本当に御苦労さまでございます。  農協改革二法案の審議に入るわけなのですが、松旭さん、それと田中さんについてはまさに当事者そのものでございまして、今決意のほどと申しますか、これからこういう改革をやっていくので改革二法案にぜひ協力してくれというお話と決意があった。十分に受けとめさせていただきますけれども、やはりこの問題につきましては、住専、あのことについての反省、六千八百五十億、あのことで、農協に対する救済ということではなかったわけですけれども、金融システム全体を守らなければならないということで、国民の皆さんがいたく心配したと申しますか関心を持たれた事案……


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 行政改革に関する特別委員会 第3号(1997/05/06、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 自民党の金田英行でございます。柳沢先生の関連質問をさせていただきます。  冒頭、委員長にお願いがございますが、質問の便宜のために資料を用意しておりますので、配付の御許可をいただきたいと思います。  本当にお忙しい中、総理初め四大臣に、まさに内閣の中枢の四大臣に貴重なお時間を割いていただきまして、ありがとうございます。  まさに今この行政改革は、百年に一度あるか二百年に一度あるかというような日本の将来の発展を左右する大きな改革であります。どうしてもこの改革は我々なし遂げなければならない、そういう重要な時期にかかわっているんだということで、私も、一党員でありますが、身震いをするよ……

第140回国会 農林水産委員会 第8号(1997/03/26、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 自由民主党の金田英行でございます。藤本農林水産大臣をお招きいたしまして、今この重要な時期にこの委員会で御質問させていただきます。  今晩中にはあすの畜審に向けて生産加工原料乳の乳価の決定が行われるという重要な時期でございますので、与党として、短い時間ではありますが、所見を申し述べさせていただく形で御質問させていただきます。  連日、ここ十日間ぐらい、毎朝八時から党内で乳価の問題について党本部で議論をさせていただいております。多くの議論が出尽くしております。  私の選挙区でございますけれども、酪農オンリーの地域でございます。選挙区の皆さん方にごあいさつに参りますと、いつも酪農家……


■ページ上部へ

第141回国会(1997/09/29〜1997/12/12)

第141回国会 農林水産委員会 第4号(1997/11/26、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 本題に入ります前に、先ごろ政府の方で決定いただきました新しい米政策、今回自主流通米価格が相当暴落したというようなことにおいて、農家の現実の所得減という問題が発生してきておりますし、このような米余り現象にどのように対処していくかということで、島村農林大臣を初め大変立派な対策を立てていただきました。農協を初め農家の皆さん方から、本当によくやってくれたという形でいろいろとお褒めをいただいておるわけでございます。確かに、この新しい米政策については、従来の農政と違った大きな転換点だというふうに私評価しております。  そういったことで、これからの米政策について、新しく所得補償制度が導入さ……


■ページ上部へ

第143回国会(1998/07/30〜1998/10/16)

第143回国会 金融安定化に関する特別委員会 第11号(1998/09/08、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 当特別委員会も、野党の案もそろいまして、政府案といろいろなその長短を比較し合った議論が大分進んできたところでございます。まだ野党の方から信用保証協会等々で債権の引き継ぎを円滑に行うための法律案が提出予定だというふうに聞いておりますけれども、鈴木淑夫委員にお尋ねしますが、いつごろ提出の予定でしょうか。
【次の発言】 ありがとうございます。  それで全部がそろって大体舞台は取りそろうわけでありますが、昨日の議論等々を踏まえて、ちょうど西川さんのきのうの御答弁にあったわけですが、野党案と与党案を比較してみて、野党案がすぐれている点は五つあるぞというふうに述べられておりました。  御……

第143回国会 金融安定化に関する特別委員会 第14号(1998/09/11、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 本当に連日の御審議御苦労さまでございます。また、大蔵大臣には、大変お忙しいところこうやっておつき合いいただきまして、恐縮に存じます。  金融システムの安定化、信用秩序の維持、安定ということを目がけていろいろと与野党で大変な御論議が進んでいること、本当に一日も早く、この法案、妥協案と申しますか、成案を得て、国民の皆さん方にこれぞ金融システムの安定化のための政策であるぞということをお示しできる日が一日も早からんことをお祈りしております。  つきましては、昨年の十一月に、都市銀行である北海道拓殖銀行が破綻いたしました。私も、北海道出身の代議士としてこの未曾有な混乱を目の当たりにして……


■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

第145回国会 農林水産委員会 第12号(1999/05/13、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 まさに本日から食料・農業・農村基本法の審議に入るわけでありますが、昭和三十六年の最初の基本法から、はや三十八年でこの法律の改正ということになるわけであります。この基本法のためにいろいろと長い時間をかけて党内あるいは全国を行脚しながら、この基本法の取りまとめに当たった党あるいは農林水産省に敬意を表させていただくわけであります。  そしてまた、冒頭にこういう質問の機会をいただきまして光栄に存ずる次第でございますが、まずこの基本法の歴史的な意義について、若干総括してみたいというふうに思うわけであります。  戦後の農業、いろいろな変遷を経てまいっておりますが、ここ近年、大幅な転換期に……

第145回国会 農林水産委員会 第16号(1999/05/25、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 四先生については、本当にお忙しい中、我々委員会の審議の参考のために貴重な御意見を賜りまして、本当にありがとうございます。  我々、本当に三十八年ぶりの農業基本法の改正であります。特にこの北海道は、食料供給基地として、まさに、全国とはなかなか条件の違う中で食料基地の役割を果たしてきました。特に北海道は、本州と違ったいろいろな特色をたくさん持っております。そういった中で、この基本法、大転換の農業基本法の改定作業をやっているわけであります。  最初に、まず太田原先生にお話しさせていただきますけれども、本当に、太田原先生の基本的な御認識については、まさにそのとおりだなというふうに思わ……


■ページ上部へ

第146回国会(1999/10/29〜1999/12/15)

第146回国会 農林水産委員会 第1号(1999/11/10、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 北海道の金田英行であります。  このたび政府委員制度が廃止されて、新しい国会運営というようなことになりました。党の農林行政をしっかりと担ってまいりました松岡委員長が誕生されました。まさにこれから委員長の手腕が問われるところでございますし、新しい委員会の運営について期待するところ大でありますので、よろしくお願い申し上げます。  そしてまた、冒頭の質問の栄誉を与えられました金田英行、興奮しておりますけれども、どうかよろしくお願い申し上げます。  このたびの内閣改造におきまして、玉沢徳一郎農林水産大臣をお迎えすることができました。玉沢大臣におかれましては、防衛庁長官、そして自由民主……


■ページ上部へ

第147回国会(2000/01/20〜2000/06/02)

第147回国会 農林水産委員会 第6号(2000/03/16、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 私は、自由民主党、民主党、公明党・改革クラブ、自由党、日本共産党及び社会民主党・市民連合を代表して、平成十二年度畜産物価格等に関する件の趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読します。     平成十二年度畜産物価格等に関する件(案)   我が国の畜産を取り巻く最近の情勢は、WTO農業交渉を目前に控え、畜産物の輸入の増大、担い手の減少・高齢化、畜産環境問題の深刻化、輸入飼料への過度の依存等内外ともに極めて厳しいものがある。   よって政府は、平成十二年度畜産物価格の決定に当たっては、左記事項の実現に万全を期すべきである。       記  一 我が国農業の基幹部門である……

第147回国会 農林水産委員会 第7号(2000/03/23、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 今上程されて審議中の二法案について、自民党を代表して若干の御質問をさせていただきたいというふうに思います。  まず、青年等の就農促進法と農業信用保証保険法の一部を改正する法律案についての質問からさせていただきたいと思います。  十一年、昨年の七月に公布されました農業基本法につきまして、今我々は、この委員会で各種の法案を審議しているわけでございます。特に、農政改革大綱に盛られておりますいろいろな課題があるわけでありますが、その中で、担い手の確保、育成という問題については、この農業基本法の第二十五条ということで、これをどうしてもやらなければならないということでうたい上げている形で……

第147回国会 農林水産委員会 第12号(2000/04/26、41期、自由民主党)【議会役職】

○金田(英)委員長代理 次に、漆原良夫君。

第147回国会 農林水産委員会 第13号(2000/05/09、41期、自由民主党)【議会役職】

○金田(英)委員長代理 次に、宮地正介君。

第147回国会 農林水産委員会 第16号(2000/05/25、41期、自由民主党)

○金田(英)委員 私は、自由民主党、民主党、公明党・改革クラブ、日本共産党、保守党、自由党、社会民主党・市民連合及び佐々木洋平君を代表して、食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し上げます。  まず、案文を朗読いたします。     食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、左記事項の実現に努め、食品循環資源の有効な利用の確保及び食品廃棄物の排出の抑制に万全を期すべきである。       記  一 食品循環資源の再生利用等の促進については、食品産業の健全な発展のみならず農業の自然循環機能の維持増進を……


金田英行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期-43期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院41期)

 期間中、各種会議での発言なし。

金田英行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|41期|-42期-43期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

金田英行[衆]在籍期 : 40期-|41期|-42期-43期
金田英行[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院議員(五十音順) 41期衆議院議員(選挙区順) 41期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。