藤田幸久 衆議院議員
41期国会活動統計

藤田幸久[衆]在籍期 : |41期|-43期
藤田幸久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは藤田幸久衆議院議員の41期(1996/10/20〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は41期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院41期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第138回国会
(特別:1996/11/07-1996/11/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第139回国会
(臨時:1996/11/29-1996/12/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1997/01/20-1997/06/18)
1回
1953文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第141回国会
(臨時:1997/09/29-1997/12/12)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1998/01/12-1998/06/18)
1回
4938文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第143回国会
(臨時:1998/07/30-1998/10/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第144回国会
(臨時:1998/11/27-1998/12/14)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第145回国会
(通常:1999/01/19-1999/08/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第146回国会
(臨時:1999/10/29-1999/12/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第147回国会
(通常:2000/01/20-2000/06/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



41期通算
(1996/10/20-2000/06/24)
2回
6891文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


藤田幸久[衆]本会議発言(全期間)
|41期|-43期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院41期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第138回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
1回
(0回
0回)
3272文字
(0文字
0文字)

30回
(0回)
12回
(0回
0回)
56321文字
(0文字
0文字)

15回
(0回)
2回
(0回
0回)
13552文字
(0文字
0文字)

46回
(0回)
13回
(0回
1回)
72440文字
(0文字
1138文字)

12回
(7回)
3回
(0回
0回)
34136文字
(0文字
0文字)

7回
(3回)
1回
(0回
0回)
6846文字
(0文字
0文字)

32回
(1回)
12回
(0回
0回)
82577文字
(0文字
0文字)

8回
(5回)
1回
(0回
0回)
6323文字
(0文字
0文字)

20回
(10回)
5回
(0回
0回)
32245文字
(0文字
0文字)


41期通算
176回
(26回)
50回
(0回
1回)
307712文字
(0文字
1138文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5329文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
1回
(0回
0回)
6313文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
10502文字
(0文字
0文字)


41期通算
5回
(0回)
3回
(0回
0回)
22144文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
79回
(26回)
25回
(0回
0回)
外務委員会

2位
31回
(0回)
8回
(0回
1回)
大蔵委員会

3位
17回
(0回)
8回
(0回
0回)
安全保障委員会

4位
14回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会

5位
12回
(0回)
2回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会

6位
8回
(0回)
1回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

7位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

8位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
商工委員会

8位
3回
(0回)
1回
(0回
0回)
建設委員会

10位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
財政構造改革の推進等に関する特別委員会

10位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
緊急経済対策に関する特別委員会

10位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
労働委員会

10位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

10位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
日米防衛協力のための指針に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第二分科会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

1位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会公聴会

1位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

外務委員会(第143回国会)
外務委員会(第144回国会)
外務委員会(第145回国会)
外務委員会(第146回国会)
外務委員会(第147回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

藤田幸久[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|41期|-43期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院41期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)0本
第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)0本
第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)0本
第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)0本
第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)1本
第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)0本
第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)0本
第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)2本
第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)0本
第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)1本


41期通算(1996/10/20-2000/06/24)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

中華人民共和国に対する政府開発援助に関する質問主意書

第142回国会 衆議院 質問主意書 第39号(1998/05/28提出、41期、会派情報無し)
質問内容
中華人民共和国に対する政府開発援助の決定過程に疑念が指摘されている。政府開発援助は、我が国の国益にかかわる重大な問題であり、その決定過程に疑念があることは、看過できない。
したがって、次の事項について質問する。

1 中華人民共和国の白求恩医科大学に関係する政府開発援助について、その決定及び実施の時期、金額、内容について答えよ。
2 当該援助を行うか否かについて、職務権限を有していたのは…
答弁内容
一の1及び3について
中華人民共和国(以下「中国」という。)のべチューン医科大学に対する無償資金協力であるベチューン医科大学機材整備計画については、平成元年(千九百八十九年)十月に中国対外経済貿易部(現在の対外貿易経済合作部)からの我が国政府に対する正式な要請を受け、その後、十分な検討、調査を行い、案件の妥当性を確認した上で、政府部内での協議を経て、平成二年(千九百九十年)十一月、二十六億円を限…

■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

航空自衛隊の初等練習機の選定過程に関する質問主意書

第145回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1999/01/22提出、41期、会派情報無し)
質問内容
航空自衛隊による初等練習機の選定過程に対する疑念が表明されている。これは単に防衛庁のみならず、従来から疑問視されてきた、日本国としての政府調達における公平性と透明性に対する国際的な信頼を大きく損なうものである。日本の政府調達に対する国際社会からの疑念は、我が国の国益に関わる重大な問題であり、看過できない。
したがって、次の事項について質問する。

1 一九九五年に、防衛庁は、T ― 3に代…
答弁内容
一の1について
防衛庁において航空幕僚監部及び富士重工業株式会社の当時の担当者に確認したところ、平成七年春から夏頃にかけて、当時、現有の初等練習機T ― 3(以下「T ― 3」という。)のエンジンが生産中止となっていたことから、航空幕僚監部担当者から初等練習機の製造実績のある富士重工業株式会社に対して、異なるエンジンを装備した上でT ― 3と同等の性能を有する航空機を調達する場合の経費の試算を求…

航空自衛隊の初等練習機の選定過程に関する再質問主意書

第145回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1999/02/23提出、41期、会派情報無し)
質問内容
平成十一年二月二日、先に提出した「航空自衛隊の初等練習機の選定過程に関する質問主意書」に対し、内閣衆質一四五第三号の答弁書を頂いたが、その文中では、「その様な事実は、(現在のところ、)把握していない。」といった、事実の存否に対する断定を避けた表現が多用されていた。真相究明にあたっての真摯な態度を疑わざるを得ない内容であり、適切な回答とは言い難い。従って、再質問主意書を提出する。

1 (試作…
答弁内容
一の1について
御指摘の入札は機種選定手続と考えられるが、防衛庁において、機種選定手続に入った平成十年四月三十日以前に、現有の初等練習機T ― 3(以下「T ― 3」という。)の後継機のエンジンについて調査を行っていたという事実はない。
一の2について
御指摘の予算要求とは、T ― 3の後継機のエンジンについての調査を目的とした事業を実施するための経費に係る予算要求と考えられるが、防衛庁にお…

■ページ上部へ

第147回国会(2000/01/20〜2000/06/02)

首都高速中央環状王子線に関する質問主意書

第147回国会 衆議院 質問主意書 第8号(2000/02/25提出、41期、会派情報無し)
質問内容
首都高速中央環状王子線について建設省は昭和六一年八月二二日に基本計画を指示し、同年一〇月二〇日に工事実施計画書を認可し、同年一一月四日に都市計画事業として承認している。しかし、この指示・認可・承認には根本的疑問を感じざるを得ない。なぜなら、当該計画によると、飛鳥山トンネルを抜けると6%勾配の登りが550メートル続くのであるが、それによって発生する通常の3、4倍の排気ガスに対する抜本的対策が全く検討…
答弁内容
一について
首都高速中央環状王子線(以下「中央環状王子線」という。)における板橋ジャンクションから飛鳥山トンネルの東側の坑口までの区間において、下段の道路(以下「下路」という。)で六パーセント勾配となっている部分の長さは、五百メートル(うちトンネル部の長さは二百メートル)である。
なお、同区間において、上段の道路(以下「上路」という。)で六パーセント勾配となっている部分の長さも、五百メートル(…

藤田幸久[衆]質問主意書(全期間)
|41期|-43期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院41期 ※参考情報)

民主党 (第139回国会、初出日付:1996/12/05、会議録より)
民主党 (第140回国会、初出日付:1997/02/21、会議録より)
民主党 (第141回国会、初出日付:1997/11/26、会議録より)
民友連 (第142回国会、初出日付:1998/02/04、会議録より)
民主党 (第142回国会、初出日付:1998/04/17、会議録より)
民主党 (第143回国会、初出日付:1998/09/18、会議録より)
民主党 (第144回国会、初出日付:1998/12/11、会議録より)
民主党 (第145回国会、初出日付:1999/02/02、会議録より)
民主党 (第146回国会、初出日付:1999/11/19、会議録より)
民主党 (第147回国会、初出日付:2000/02/21、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院41期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

藤田幸久[衆]在籍期 : |41期|-43期
藤田幸久[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院議員(五十音順) 41期衆議院議員(選挙区順) 41期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊