中林佳子 衆議院議員
42期国会活動統計

中林佳子[衆]在籍期 : 35期-37期-41期-|42期|
中林佳子[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは中林佳子衆議院議員の42期(2000/06/25〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は42期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院42期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第148回国会
(特別:2000/07/04-2000/07/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第149回国会
(臨時:2000/07/28-2000/08/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第150回国会
(臨時:2000/09/21-2000/12/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2001/01/31-2001/06/29)
1回
3202文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第152回国会
(臨時:2001/08/07-2001/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第153回国会
(臨時:2001/09/27-2001/12/07)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第154回国会
(通常:2002/01/21-2002/07/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第155回国会
(臨時:2002/10/18-2002/12/13)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2003/01/20-2003/07/28)
1回
3335文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第157回国会
(臨時:2003/09/26-2003/10/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



42期通算
(2000/06/25-2003/11/08)
2回
6537文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


中林佳子[衆]本会議発言(全期間)
35期-37期-41期-|42期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院42期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(0回)
1回
(0回
0回)
4348文字
(0文字
0文字)

6回
(0回)
1回
(0回
0回)
6259文字
(0文字
0文字)

11回
(0回)
6回
(0回
0回)
29527文字
(0文字
0文字)

26回
(0回)
13回
(0回
0回)
81726文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
1回
(0回
0回)
4146文字
(0文字
0文字)

15回
(0回)
4回
(0回
0回)
22890文字
(0文字
0文字)

38回
(0回)
14回
(0回
0回)
90860文字
(0文字
0文字)

24回
(0回)
8回
(0回
0回)
34665文字
(0文字
0文字)

47回
(0回)
20回
(0回
0回)
90302文字
(0文字
0文字)

第157回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


42期通算
173回
(0回)
68回
(0回
0回)
364723文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第148回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5640文字
(0文字
0文字)

第153回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5178文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
1回
(0回
0回)
4781文字
(0文字
0文字)


42期通算
6回
(0回)
3回
(0回
0回)
15599文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
96回
(0回)
49回
(0回
0回)
農林水産委員会

2位
51回
(0回)
11回
(0回
0回)
法務委員会

3位
7回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

3位
7回
(0回)
5回
(0回
0回)
予算委員会

5位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

5位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生委員会

5位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
財務金融委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
労働委員会

8位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
特殊法人等改革に関する特別委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
経済産業委員会

8位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
内閣委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生労働委員会

8位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
憲法調査会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第四分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第三分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

中林佳子[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-37期-41期-|42期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院42期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)0本
第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)0本
第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)0本
第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)0本
第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)0本
第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)0本
第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)0本
第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)0本
第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)2本
第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)2本


42期通算(2000/06/25-2003/11/08)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第156回国会(2003/01/20〜2003/07/28)

西日本旅客鉄道株式会社をはじめとするJRグループの公共性に関する質問主意書

第156回国会 衆議院 質問主意書 第105号(2003/06/20提出、42期、日本共産党)
質問内容
西日本旅客鉄道株式会社は、小郡町関係者の強い要望であった小郡駅への「のぞみ」停車に関して、関係者に対して「『新山口駅』へ駅名改称しないと、『のぞみ』停車はできない。今回『のぞみ』停車ができないと、今後二〇年は小郡駅へは停まらない」との趣旨の発言をし、住民の望まない駅名改称を強制するという傲慢な態度に終始している。それだけではなく、この問題に関して、関係する地方議員などの申し入れ要求に対しても、一切…
答弁内容
一及び二について
北海道旅客鉄道株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、四国旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社(以下「JR各社」という。)の行っている鉄道輸送は、他の鉄道事業者による鉄道輸送と同様に、多くの国民に日常的に利用され、地域の経済や住民の生活を支える重要な社会基盤であるという意味において、公共性を有するものであると認識…

JRグループなど鉄道事業者が設置するトイレに関する質問主意書

第156回国会 衆議院 質問主意書 第152号(2003/07/28提出、42期、日本共産党)
質問内容
昨年十月、西日本旅客鉄道株式会社岡山支社管内のJR西大寺駅で、エレベーター設置やバリアフリー化工事にあわせて、約二メートルの壁を設け、これまでは改札の外からもトイレを使えていたものを、改札の内側からしか使えないようにした。利用者や地域住民からの声が相次ぎ混乱したため、「鉄道をご利用のお客様以外はご利用できません」という張り紙を一時掲示するなど、岡山市西大寺地区の観光スポットである駅前広場を訪れる観…
答弁内容
一及び二について
駅は、不特定多数の旅客の乗降等のために使用される鉄道施設であるという意味において公共性を有すると認識している。また、駅に便所を設置する必要があるか否か、駅に設置された便所を鉄道施設を利用しない者にもその使用を認めるか否か等については、駅が鉄道事業の用に供される鉄道施設であることにかんがみ、基本的には鉄道事業者自らが判断すべきものと考える。
三について
高齢者、身体障害者等の…

■ページ上部へ

第157回国会(2003/09/26〜2003/10/10)

肺炎球菌ワクチン接種に関する質問主意書

第157回国会 衆議院 質問主意書 第4号(2003/09/26提出、42期、日本共産党)
質問内容
肺炎は日本の死亡原因の第四位で、二〇〇一年の一年間、日本では、約八万五千人が肺炎で亡くなっており、そのほとんどが六十五歳以上のお年よりである。石田直氏らが行った二〇〇〇年の調査によれば、六十歳以上のお年よりの肺炎の半分以上は肺炎球菌によるものである。
肺炎球菌に対してはワクチンがあり、一度接種すれば、五年間は効果が持続する。アメリカにおける調査では、インフルエンザワクチンと併用した場合、全く接種…
答弁内容
一について
平成十三年の予防接種法(昭和二十三年法律第六十八号)の改正に当たっては、平成十年五月二十二日、公衆衛生審議会伝染病予防部会に予防接種検討小委員会を設置し、平成六年の同法改正後の予防接種制度を取り巻く諸問題について、総合的に検討を行ったところである。
肺炎球菌ワクチンについては、同小委員会において副反応の事例、予防接種の効果に係る学術研究の成果等を踏まえて検討が行われ、平成十一年七月…

国営岡山南部土地改良事業に関する質問主意書

第157回国会 衆議院 質問主意書 第16号(2003/09/29提出、42期、日本共産党)
質問内容
「国営岡山南部土地改良事業」は、「高梁川合同堰及び湛井十二ヶ郷用水路を改修及び幹線用水路の新設を行い、併せて関連事業として、末端用水施設の改修及び区画整理を行うことにより、経農の合理化と農業経営の安定化を図る」(中国四国農政局・事業計画書)ことを目的としている。この事業に関して、幹線用水路(パイプライン)が敷設される地域の多くの農家が反対の声をあげている。
足守川のパイプライン化に反対する農家の…
答弁内容
(1)について
足守川は、河川の水位が周辺の地下水位より高く、河床の地質が砂礫層であることから、伏流が生じており、この性質に着目して、「岡山県大百科事典」(株式会社山陽新聞社発行)の記述も参考とし、国営岡山南部土地改良事業(以下「本事業」という。)の土地改良事業計画書において、「砂質の天井川であるため、伏流等により効率的な取水が困難な状況にある」との表現を用いたものである。伏流の事実を確認するた…

中林佳子[衆]質問主意書(全期間)
35期-37期-41期-|42期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院42期 ※参考情報)

日本共産党 (第148回国会、初出日付:2000/07/19、会議録より)
日本共産党 (第149回国会、初出日付:2000/08/04、会議録より)
日本共産党 (第150回国会、初出日付:2000/10/12、会議録より)
日本共産党 (第151回国会、初出日付:2001/02/23、会議録より)
日本共産党 (第152回国会、初出日付:2001/09/26、会議録より)
日本共産党 (第153回国会、初出日付:2001/10/17、会議録より)
日本共産党 (第154回国会、初出日付:2002/02/13、会議録より)
日本共産党 (第155回国会、初出日付:2002/11/12、会議録より)
日本共産党 (第156回国会、初出日付:2003/02/13、会議録より)
日本共産党 (第157回国会、初出日付:2003/09/26、質問主意書より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院42期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

中林佳子[衆]在籍期 : 35期-37期-41期-|42期|
中林佳子[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院議員(五十音順) 42期衆議院議員(選挙区順) 42期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊