植田至紀 衆議院議員
42期国会活動統計

植田至紀[衆]在籍期 : |42期|
植田至紀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは植田至紀衆議院議員の42期(2000/06/25〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は42期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院42期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第148回国会
(特別:2000/07/04-2000/07/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第149回国会
(臨時:2000/07/28-2000/08/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2000/09/21-2000/12/01)
1回
1375文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2001/01/31-2001/06/29)
1回
4793文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第152回国会
(臨時:2001/08/07-2001/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第153回国会
(臨時:2001/09/27-2001/12/07)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2002/01/21-2002/07/31)
1回
2443文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2002/10/18-2002/12/13)
1回
4481文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2003/01/20-2003/07/28)
2回
4786文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第157回国会
(臨時:2003/09/26-2003/10/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



42期通算
(2000/06/25-2003/11/08)
6回
17878文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


植田至紀[衆]本会議発言(全期間)
|42期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院42期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


4回
(0回)
1回
(0回
0回)
5353文字
(0文字
0文字)

5回
(0回)
2回
(0回
0回)
8997文字
(0文字
0文字)

16回
(0回)
10回
(0回
0回)
64355文字
(0文字
0文字)

42回
(0回)
23回
(0回
0回)
156646文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
1回
(0回
0回)
4842文字
(0文字
0文字)

33回
(0回)
18回
(0回
0回)
125615文字
(0文字
0文字)

48回
(0回)
25回
(0回
0回)
165027文字
(0文字
0文字)

28回
(0回)
17回
(0回
0回)
115041文字
(0文字
0文字)

40回
(0回)
23回
(0回
0回)
145607文字
(0文字
0文字)

第157回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


42期通算
221回
(0回)
120回
(0回
0回)
791483文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(0回)
2回
(0回
0回)
4213文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
16753文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
2387文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
3回
(0回
0回)
11509文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
3回
(0回
0回)
12404文字
(0文字
0文字)


42期通算
11回
(0回)
11回
(0回
0回)
47266文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
96回
(0回)
49回
(0回
0回)
財務金融委員会

2位
77回
(0回)
45回
(0回
0回)
法務委員会

3位
14回
(0回)
9回
(0回
0回)
内閣委員会

4位
10回
(0回)
4回
(0回
0回)
大蔵委員会

5位
8回
(0回)
2回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

6位
7回
(0回)
7回
(0回
0回)
予算委員会

7位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
経済産業委員会

8位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
議院運営委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
国土交通委員会

9位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

9位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
国会等の移転に関する特別委員会

9位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
特殊法人等改革に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
4回
(0回)
4回
(0回
0回)
憲法調査会

2位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第七分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第一分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
法務委員会司法制度改革審議会に関する小委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
憲法調査会安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

植田至紀[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|42期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院42期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)0本
第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)0本
第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)1本
第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)1本
第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)0本
第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)0本
第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)1本
第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)1本
第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)1本
第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)0本


42期通算(2000/06/25-2003/11/08)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第150回国会(2000/09/21〜2000/12/01)

昼夜間独居に関する質問主意書

第150回国会 衆議院 質問主意書 第21号(2000/10/25提出、42期、社会民主党・市民連合)
質問内容
昨年来、刑事施設における革手錠等の使用の減少や受刑者の動作要領の緩和など、被収容者の処遇をめぐっていくつかの点で目立った改善がなされていることは、行刑における人権の国際水準の観点から見て、多いに評価すべきことと考える。
行刑における人権の国際水準から見て、残された重要問題の一つに長期の昼夜間独居拘禁の問題がある。すでに、無期懲役受刑者の中には昼夜間独居拘禁を二十年以上受けている人も数人いることが…
答弁内容
一について
お尋ねの「受刑者を昼夜間通じて独居房において起居作業させる処遇」としては、監獄法(明治四十一年法律第二十八号)第十五条に規定する独居拘禁及び同法第六十条第一項第十一号に規定する軽屏禁があり、このうち、実務上、前者については「昼夜間独居」又は「昼夜独居」と呼ぶ場合が多く、後者については「軽屏禁」と呼ぶ場合が多いと承知しているが、独居拘禁と軽屏禁の両者の総称はない。なお、法令の定める処遇…

■ページ上部へ

第151回国会(2001/01/31〜2001/06/29)

児童虐待防止法の運用に関する質問主意書

第151回国会 衆議院 質問主意書 第119号(2001/06/28提出、42期、社会民主党・市民連合)
質問内容
昨年十一月に、本法の施行により、国民の間に、児童虐待への問題意識が喚起され、児童相談所への通告、警察への通報も大幅に増加しているという。半年間の運用を踏まえて、現場の苦悩を踏まえて、三年後の改正まで、より実効性のある運用と対策を求める立場から質問するものである。
一 児童相談所が県下に一箇所しかないような地域では、さきに警察に通報される場合もある。
各警察によって、対応はさまざまであるが、ある…
答弁内容
一について
各都道府県警察においては、児童虐待の防止等に関する法律(平成十二年法律第八十二号。以下「児童虐待防止法」という。)の趣旨を踏まえ、児童虐待への対応に関し、児童相談所等の関係機関との間で緊密な連携を図っているものと承知している。
二について
警察庁においては、厚生労働省と、児童虐待への対応や都道府県警察と児童相談所等の関係機関との協力について、必要に応じ協議を行っている。
三につ…

■ページ上部へ

第154回国会(2002/01/21〜2002/07/31)

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律案」に関する質問主意書

第154回国会 衆議院 質問主意書 第173号(2002/07/30提出、42期、社会民主党・市民連合)
質問内容
二〇〇一年六月八日に大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で起きた児童大量殺傷事件を加害者が精神病院への入院歴があるため「触法精神障害者」の問題と捉え、その後の与党における検討、政府案へ提出の契機となったと承知する。しかし、その後、詐病の疑いも明らかとなった。本事件は悼むべきであり、類犯はあってはならないことはいうまでもない。
しかし、本事件を「触法」問題のケースと考えることは適当ではなく、な…
答弁内容
一について
お尋ねの、過去五年間における精神障害者である疑いのある被疑者による事件のうち、検察官により不起訴処分をされたものの内容及び不起訴処分の割合は、把握していない。
なお、心神喪失者とは、精神の障害により、事物の理非善悪を弁識する能力がないか、又はこの弁識に従って行動する能力のない者であり、心神耗弱者とは、このような能力が著しく減退している者であって、精神障害者のすべてが心神喪失者又は心…

■ページ上部へ

第155回国会(2002/10/18〜2002/12/13)

取調べの可視性確保、密室性排除のための「録音・録画」の導入に関する質問主意書

第155回国会 衆議院 質問主意書 第48号(2002/12/13提出、42期、社会民主党・市民連合)
質問内容
わが国の捜査手続きは、「自白」重視傾向であり、そのため、自白の強要、拘留、取調べから逃れるためのウソの供述が生じている。取調べを録音、録画することは、被疑者にとっての最大の防御であり、自白誘導と取調べ中の「事故」、「調書の改ざん」の排除が可能である。記録の客観性と正確性を確保し、公正な取調べの実現を求める立場から質問するものである。
1 過日、横浜地裁において、神奈川県警の取調べ中に被疑者が拳銃…
答弁内容
1及び4について
捜査機関は、刑事事件の真相解明を十全ならしめるため、被疑者との信頼関係を築いた上、極めて詳細な取調べを行っている実情にあり、このような実情の下で取調状況の録音・録画を義務付けた場合、取調状況のすべてが記録されることから被疑者との信頼関係を築くことが困難になるとともに、被疑者に供述をためらわせる要因となり、その結果、真相を十分解明し得なくなるおそれがあるほか、その再生、反訳等に膨…

■ページ上部へ

第156回国会(2003/01/20〜2003/07/28)

「男女共同参画社会実現」等と教育分野における規制緩和に関する質問主意書

第156回国会 衆議院 質問主意書 第23号(2003/02/20提出、42期、社会民主党・市民連合)
質問内容
現在、トヨタ、JR西日本等の財界の出資による「全寮制男子校」設置の構想があるが、国家政策として男女共同参画が課題となっているいま、性別に特化した学校設立には、時代錯誤という印象を禁じ得ない。教育は、両性の平等を基礎とすべきであり、教育分野の規制緩和により、「両性の平等」「男女共同参画社会の実現」が損なわれてはならないと考える立場から質問するものである。
1 今後、性別に特化した学校を設立すること…
答弁内容
1について
学校における男女の共学については、教育基本法(昭和二十二年法律第二十五号)第五条の規定により、教育上尊重されるべきものであるが、これは、すべての学校における男女の共学を一律に強制する趣旨のものではなく、個々の学校において男女共学とするか男女別学とするかについては、地域の実情、学校の特色等に応じて設置者等において適切に判断されるべきものであると考えている。
2について
小学校、中学…

植田至紀[衆]質問主意書(全期間)
|42期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院42期 ※参考情報)

社会民主党・市民連合 (第148回国会、初出日付:2000/07/17、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第149回国会、初出日付:2000/08/04、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第150回国会、初出日付:2000/10/25、質問主意書より)
社会民主党・市民連合 (第151回国会、初出日付:2001/02/16、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第152回国会、初出日付:2001/09/21、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第153回国会、初出日付:2001/10/17、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第154回国会、初出日付:2002/01/24、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第155回国会、初出日付:2002/10/29、会議録より)
社会民主党・市民連合 (第156回国会、初出日付:2003/02/13、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院42期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

植田至紀[衆]在籍期 : |42期|
植田至紀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院議員(五十音順) 42期衆議院議員(選挙区順) 42期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。