実川幸夫 衆議院議員
44期国会発言一覧

実川幸夫[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-|44期|
実川幸夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは実川幸夫衆議院議員の44期(2005/09/11〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は44期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院44期)

実川幸夫[衆]本会議発言(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|
第163回国会(2005/09/21〜2005/11/01)

第163回国会 衆議院本会議 第8号(2005/10/20、44期、自由民主党)

○実川幸夫君 ただいま議題となりました電波法及び放送法の一部を改正する法律案につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、電波の有効利用を推進するため、電波利用料の負担のあり方及び電波利用共益費用の使途の範囲の見直しを行うとともに、地上放送に係る外資規制の実効性を確保するため、間接出資規制を導入しようとするものであります。  本案は、去る十月五日本委員会に付託され、十三日麻生総務大臣から提案理由の説明を聴取いたしました。十八日質疑を行い、討論、採決の結果、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、御報告申し上げます。(拍手)

第163回国会 衆議院本会議 第9号(2005/10/21、44期、自由民主党)

○実川幸夫君 ただいま議題となりました各案につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  まず、各案の要旨について御報告申し上げます。  一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案は、本年八月の人事院勧告どおり給与改定を実施しようとするもので、まず、平成十七年度の改定として、すべての俸給表の俸給月額及び扶養手当等を引き下げ、十二月期の勤勉手当の引き上げ等を行おうとするものであります。  また、平成十八年度から、給与構造の抜本的な改革を行うため、すべての俸給表の俸給月額を引き下げるとともに、俸給表の級構成及び号俸構成並びに昇給制度を改定し、また、新たに地域……

第163回国会 衆議院本会議 第10号(2005/10/25、44期、自由民主党)

○実川幸夫君 ただいま議題となりました三件につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  三件は、平成十三年度、十四年度及び十五年度の日本放送協会の決算であります。  まず、平成十三年度決算について申し上げます。  平成十三年度は、経常事業収入六千六百七十六億円、経常事業支出六千四百四十六億円であり、差し引き経常事業収支差金は二百三十億円となっております。これに経常事業外収支差金等を加えた当期事業収支差金は百三十一億円となっております。  なお、本件には、非現用不動産の管理等について、平成十三年度決算検査報告に掲記した旨の会計検査院の検査結果が付されております。  ……

第163回国会 衆議院本会議 第11号(2005/10/28、44期、自由民主党)

○実川幸夫君 ただいま議題となりました郵便法の一部を改正する法律案につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。  本案は、二〇〇四年十月五日にブカレストで署名された万国郵便条約の締結に伴い、郵便法第八十四条の切手類を偽造する等の罪の処罰の対象に郵便料金計器の印影の偽造等を追加するものであります。  本案は、参議院先議に係るもので、十月二十日本委員会に付託され、二十一日麻生総務大臣から提案理由の説明を聴取し、二十五日質疑を行い、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、御報告申し上げます。(拍手)

実川幸夫[衆]本会議発言(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院44期)

実川幸夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|
第163回国会(2005/09/21〜2005/11/01)

第163回国会 総務委員会 第1号(2005/10/04、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。  このたび、総務委員長の重責を再び担うことになりました実川幸夫でございます。  本委員会は、国民生活に密着した、行政機構、公務員制度、地方自治等国の基本的な仕組みにかかわる問題及び情報通信、郵政事業、消防等国民の社会経済を支えるさまざまな問題を抱えており、極めて重要な使命を果たす委員会でございます。  私も、その職責の重大さを認識するとともに、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営を図ってまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第163回国会 総務委員会 第2号(2005/10/06、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  行政機構及びその運営に関する件、公務員の制度及び給与並びに恩給に関する件、地方自治及び地方税財政に関する件、情報通信及び電波に関する件、郵政事業に関する件及び消防に関する件について調査を進めます。  この際、麻生総務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。麻生総務大臣。
【次の発言】 次に、去る八月十五日の一般職の職員の給与についての報告及び給与の改定に関する勧告につきまして、人事院から説明を聴取いたします。人事院総裁佐藤壮郎君。
【次の発言】 以上で人事院からの説明は終わりました。

第163回国会 総務委員会 第3号(2005/10/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、電波法及び放送法の一部を改正する法律案を議題といたします。  これより趣旨の説明を聴取いたします。麻生総務大臣。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る十八日火曜日委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後零時十五分散会

第163回国会 総務委員会 第4号(2005/10/18、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、電波法及び放送法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として総務省総合通信基盤局長須田和博君、政策統括官清水英雄君及び法務省大臣官房審議官深山卓也君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 これより質疑に入ります。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。平井たくや君。
【次の発言】 次に、萩原誠司君。

第163回国会 総務委員会 第5号(2005/10/20、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案、特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案及び国家公務員退職手当法の一部を改正する法律案の各案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  各案審査のため、本日、政府参考人として人事院事務総局総括審議官出合均君、事務総局人材局長藤野達夫君、事務総局給与局長山野岳義君、総務省人事・恩給局長戸谷好秀君、行政管理局長藤井昭夫君、自治行政局公務員部長小笠原倫明君、財務省主計局次長松元崇君及び厚生労働省労働基準局勤労者生活部長青木直幸君の出席を求め、説明を聴取いたしたい……

第163回国会 総務委員会 第6号(2005/10/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  日本放送協会平成十三年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書、日本放送協会平成十四年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書、日本放送協会平成十五年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書の各件を議題とし、審査に入ります。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  各件審査のため、本日、参考人として日本放送協会の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りいたします。  各件審査の……

第163回国会 総務委員会 第7号(2005/10/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、参議院送付、郵便法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として日本郵政公社理事広瀬俊一郎君、理事本保芳明君、理事斎尾親徳君及び金融総本部簡易保険事業本部長元女久光君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  引き続き、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として総務省情報通信政策局長竹田義行君、郵政行政局長鈴木康雄君及び政策統括官清水英雄君の出席を求め、説明を聴取いた……

第163回国会 総務委員会 第8号(2005/10/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してありますとおり、三位一体改革の推進等に関する陳情書外五件、また、意見書は、市町村合併推進体制整備費補助金の交付に関する意見書外五百五十八件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  まず、松本剛明君外四名提出、国家公務員法の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立少数。よって、議長に対し、閉会中審査の申し出をしないことに決しました。  次に ……


■ページ上部へ

第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 予算委員会 第20号(2006/03/02、44期、自由民主党)

○実川委員 第四分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、文部科学省所管について二日間審査を行いました。その詳細につきましては会議録に譲ることといたします。  その主な質疑事項でありますが、学校教育における勤労観、職業観育成の必要性、障害者に対する特別支援教育のあり方、子供の基本的生活習慣育成のための施策の推進、文化財の保存と活用、宇宙開発事業の重要性と推進、学校におきます個人情報保護のあり方、スポーツ振興のあり方、地域医療を担う人材の育成、奨学金制度の充実、地域ぐるみによる学校の安全確保等々についてであります。  以上、御報告申し上げます。


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 予算委員会 第2号(2007/02/01、44期、自由民主党)

○実川委員 実川幸夫でございます。  大先輩の先生の後の質問ということで、大変やりにくいんですけれども、安倍総理また関係大臣に何点か質問をさせていただきます。なお、多少重複する点があろうかと思いますけれども、御了承のほど、よろしくお願い申し上げます。  まず、総理にお伺いをいたしますけれども、昨年の九月に御就任になりました。その後すぐに韓国また中国等を訪問されまして、すぐその後も精力的に各国を訪問されました。その間、先ほどから質問の中にもありましたけれども、御自身の主張いたします美しい国また国家観ということも各国の首脳に御説明をなさったというふうに思います。これは、各国の首脳の皆さんもそれなり……

第166回国会 予算委員会 第3号(2007/02/02、44期、自由民主党)

○実川委員 動議を提出いたします。  ただいま議題となっております平成十八年度補正予算三案の質疑を終局されんことを望みます。

第166回国会 予算委員会 第17号(2007/03/01、44期、自由民主党)

○実川委員 第五分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、厚生労働省所管について二日間審査を行いました。その詳細につきましては会議録に譲ることといたします。  その主な質疑事項は、地域医療充実への取り組み、次世代育成支援の充実、産科・小児科医確保の取り組み、高齢者の医療・介護のあり方、若年者雇用対策等々であります。  以上、御報告申し上げます。


■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

第169回国会 法務委員会 第8号(2008/04/15、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長代理 次に、神崎武法君。


実川幸夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院44期)

実川幸夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|
第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2006/02/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。  本分科会は、文部科学省所管について審査を行うこととなっております。  平成十八年度一般会計予算、平成十八年度特別会計予算及び平成十八年度政府関係機関予算中文部科学省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。小坂文部科学大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま文部科学大臣から申し出がありました文部科学省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第164回国会 予算委員会第四分科会 第2号(2006/03/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川主査 これより予算委員会第四分科会を開会いたします。  平成十八年度一般会計予算、平成十八年度特別会計予算及び平成十八年度政府関係機関予算中文部科学省所管について、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。馬淵澄夫君。
【次の発言】 これにて馬淵澄夫君の質疑は終了いたしました。  次に、加藤勝信君。
【次の発言】 これにて加藤勝信君の質疑は終了いたしました。  次に、中森ふくよ君。
【次の発言】 これにて中森ふくよ君の質疑は終了いたしました。  次に、武藤容治君。
【次の発言】 これにて武藤容治君の質疑は終了いたしました。  次に、高木美智代君。


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 予算委員会公聴会 第1号(2007/02/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川委員長代理 次に、重野安正君。
【次の発言】 次に、糸川正晃君。

第166回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2007/02/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川主査 これより予算委員会第五分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。  本分科会は、厚生労働省所管について審査を行うことになっております。  平成十九年度一般会計予算、平成十九年度特別会計予算及び平成十九年度政府関係機関予算中厚生労働省所管について、政府から説明を聴取いたします。柳澤厚生労働大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  厚生労働省所管予算の主要経費別概要につきましては、その説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第166回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2007/03/01、44期、自由民主党)【議会役職】

○実川主査 これより予算委員会第五分科会を開会いたします。  平成十九年度一般会計予算、平成十九年度特別会計予算及び平成十九年度政府関係機関予算中厚生労働省所管について、昨日に引き続き質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。赤羽一嘉君。
【次の発言】 これにて赤羽一嘉君の質疑は終了いたしました。  次に、清水清一朗君。
【次の発言】 これにて清水清一朗君の質疑は終了いたしました。  次に、泉健太君。
【次の発言】 速記をとめてください。
【次の発言】 速記を起こしてください。  泉君。
【次の発言】 これにて泉健太君の質疑は終了いたしました。  次に、柚木道義君。



実川幸夫[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

実川幸夫[衆]在籍期 : 40期-41期-42期-43期-|44期|
実川幸夫[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。