西村明宏 衆議院議員
44期国会発言一覧

西村明宏[衆]在籍期 : 43期-|44期|-46期-47期-48期
西村明宏[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは西村明宏衆議院議員の44期(2005/09/11〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は44期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院44期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
西村明宏[衆]本会議発言(全期間)
43期-|44期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院44期)

西村明宏[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-46期-47期-48期
第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 文部科学委員会 第7号(2006/03/15、44期、自由民主党)

○西村(明)委員 自民党の西村明宏でございます。  国の補助金等の整理及び合理化等に伴う義務教育費国庫負担法等の一部を改正する等の法律案については、既に委員会におきまして充実した質疑が行われてきたところでございますけれども、自民党の締めくくりの質疑として、確認の意味を込めて総括的に質問いたしたいと思います。  義務教育費国庫負担法は、義務教育について、義務教育無償の原則にのっとり、国民のすべてに対しその妥当な規模と内容を保障するため、国が必要な経費を負担することにより、教育の機会均等とその水準の維持向上を図ることを目的とするものです。  義務教育費国庫負担制度は、この法律に基づき運用されていま……

第164回国会 文部科学委員会 第19号(2006/06/13、44期、自由民主党)

○西村(明)委員 自民党の西村明宏でございます。  学校教育法等の一部を改正する法律案について質問させていただきます。  障害のある子供については、より早い時期での対応が重要であります。これまでも、盲学校や聾学校におきまして、ゼロ歳児を含めて教育相談といった形で就学前の指導や支援が行われてきたものと承知しております。  今回の法案で特に重視されておりますLDやADHDの子供については、各地域の学校で、学校サポーターや支援員など外部の協力も得ながら支援が行われてきているところであります。私の妹も支援員として、アスペルガー症候群など、こうした子供たちのサポートをした経験がございます。話を聞きますと……


■ページ上部へ

第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

第165回国会 文部科学委員会 第5号(2006/11/15、44期、自由民主党)

○西村(明)委員 おはようございます。自由民主党の西村明宏でございます。  まず初めに、いじめに起因して若い命をみずから絶ってしまった子供たちとその御家族に対しまして、心から哀悼の誠をささげたいと思います。そして、皆様とともに全力を尽くしてこのいじめ問題の根絶に当たってまいりたいと思うところでございます。  さて大臣、教育というのは一体何でしょうか。辞書によりますと、その定義では、一般的あるいはその面の知識や技能の修得、社会人としての人間形成などを目的として行われる訓練というふうにあります。ただ、現在の教育においては、知識や技能に偏在しておりますし、大学進学ばかりに目を向けたカリキュラムが編成……


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第11号(2007/05/15、44期、自由民主党)

○西村(明)委員 自由民主党の西村明宏でございます。  本日は、お忙しい中、このように御出席いただきまして、まずもって心から感謝を申し上げます。  きょうは、こちらの地方公聴会が開かれる前に、小坂元文部科学大臣を団長として、委員全員で松山市立清水小学校の方に行ってまいりました。今教育を再生しようという中で、しつけや、本当に子供たちから自然な笑顔が出る、そんな教育が行われることを今目標としてやっているわけですけれども、本当にこの清水小学校では、規律、いい意味での家庭のしつけ、そして学校のしつけの部分がしっかりと行われていて、子供も本当ににっこりと心から楽しく学校生活を送っている。すばらしい教育が……


■ページ上部へ

第168回国会(2007/09/10〜2008/01/15)

第168回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2007/10/23、44期、自由民主党)【政府役職】

○西村大臣政務官 おはようございます。内閣府大臣政務官の西村明宏でございます。  岸田大臣、中川副大臣のもと、沖縄政策の取り組み及び北方領土問題の解決に全力で取り組んでまいります。  藤村委員長を初め理事、委員の皆様方の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第168回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号(2007/10/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○西村大臣政務官 青少年育成を担当させていただきます内閣府大臣政務官の西村明宏でございます。  近年、青少年をめぐる状況は大変厳しいものがございますが、我が国の将来を担う青少年の育成は、社会全体が一体となって取り組むべき重要な課題であるのは御承知のとおりでございます。  私といたしましても、中川副大臣とともに上川大臣をお支えし、引き続き青少年行政の総合的な推進に尽力してまいりますので、玄葉委員長を初め、理事、委員の皆様方の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 アンパンに関しましては、随分前に流行したというか、話だと承知しております。ガスパンは、最近また問題となって……

第168回国会 内閣委員会 第2号(2007/10/19、44期、自由民主党)【政府役職】

○西村大臣政務官 内閣府大臣政務官の西村明宏でございます。  岸田大臣、上川大臣のもと、中川内閣府副大臣とともに、科学技術政策、国民生活、規制改革、少子化対策、男女共同参画の施策及び情報通信技術(IT)政策、知的財産戦略を担当いたしております。  中野委員長を初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。


■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

第169回国会 厚生労働委員会 第2号(2008/03/26、44期、自由民主党)【政府役職】

○西村大臣政務官 御指摘の冷凍食品に係る薬物中毒事案につきましては、国民に深刻な健康被害をもたらして、食品の安全に関する不安感が広がっておりますことから、事案の発生が報告されました一月三十日以降、中国への調査団の派遣を含めて、政府としてでき得る限りの対応を図ってきておるところでございますが、いまだに原因が究明されたわけではございません。  原因究明に関しましては、日中の警察当局における捜査とともに、日本側調査団が二月に訪中いたした折にお願いをいたしました資料が三月十三日に届きましたので、その資料の分析を今全力を挙げてやっているところでございますので、したがいまして、そうした取り組みをまず第一に……

第169回国会 内閣委員会 第9号(2008/04/11、44期、自由民主党)【政府役職】

○西村大臣政務官 今御指摘の重要消費者解決手続につきましては、当事者の相互の率直な意見交換、また交渉といったものを行うことが本旨でございまして、通常、非公開でこれを行うということが原則となっております。このため、手続が開始されていることを外部に周知、公表するということは大変難しいのではないかなと承知しております。特に、この手続に関しましては、一方の当事者からの申請がございましたならば開始されるということでございますので、手続開始の時点では真実性の担保が不十分な事案もあることを勘案するならば、その事情はなおさらではないかと思います。  しかしながら、このPIO―NETの情報は地方の消費生活センタ……


■ページ上部へ

第170回国会(2008/09/24〜2008/12/25)

第170回国会 内閣委員会 第2号(2008/11/12、44期、自由民主党)【議会役職】

○西村(明)委員長代理 休憩前に引き続き会議を開きます。  委員長の指名により、私が委員長の職務を行います。  この際、お諮りいたします。  各件調査のため、本日、政府参考人として総務省自治行政局選挙部長門山泰明君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑を続行いたします。楠田大蔵君。


西村明宏[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院44期)

 期間中、各種会議での発言なし。

西村明宏[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-46期-47期-48期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

西村明宏[衆]在籍期 : 43期-|44期|-46期-47期-48期
西村明宏[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊