松本大輔 衆議院議員
44期国会発言一覧

松本大輔[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期
松本大輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松本大輔衆議院議員の44期(2005/09/11〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は44期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院44期)

松本大輔[衆]本会議発言(全期間)
43期-|44期|-45期
第171回国会(2009/01/05〜2009/07/21)

第171回国会 衆議院本会議 第35号(2009/06/02、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本大輔君 民主党の松本大輔です。  私は、民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました五十五日間の会期延長につきまして、断固反対の立場から討論いたします。(拍手)  初めに、五月二十七日の党首討論における総理の発言について、強く抗議いたします。  総理は、小沢前代表の秘書の事案について、現行法ですら守られていない、それを犯された方がそこにいらっしゃるなどと、小沢前代表の秘書が違法行為を行ったと決めつけるような発言を繰り返しました。  ぶれてないという日本語が、その意味がおわかりにならない方に三権分立を理解してくれと願うのは、せん方ないことなのでしょうか。本当に情けない限りです。猛……

松本大輔[衆]本会議発言(全期間)
43期-|44期|-45期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院44期)

松本大輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期
第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 教育基本法に関する特別委員会 第4号(2006/05/26、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  二月二十四日の文部科学委員会で、我が党の笠委員の質問に対しまして、大臣は次のように答弁をされています。「社会環境が大きく変化している中で、中央教育審議会の答申にも、人格の完成や個人の尊厳など普遍的な理念は今後とも大切にしながら、伝統、文化の尊重、郷土や国を愛する心、公共の精神や学校、家庭、地域社会の連携協力など、今日極めて重要と考えられる理念や原則を明確にするために教育基本法の改正が必要という御提言をいただいております。」ということなんですが、これは中教審の提言というのを引っ張っていらっしゃるわけです。  念のための御確認でございます。大臣御自身の御……

第164回国会 文部科学委員会 第4号(2006/03/08、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  義務教育費国庫負担制度については、文科省さんはこれまで、堅持堅持と、口癖のように、もしかしたら、竹中大臣あたりに言わせればうわ言のように、ずっとひたすら言われ続けてきたわけでありますけれども、先日小坂憲次大臣のもとに荒川静香選手が来訪されたときの発言について大臣がおわびをされるという報道もある中で、きょうこうして、大臣、ケンジはピンチじゃありませんかと、こういう形で初質問をさせていただくことについては、私、実は多少なりとも気がとがめておったんです。といいますのも、おわびをひたすらするしかない状況の中で、いろいろな方から、ピンチじゃありませんかと聞かれ……

第164回国会 文部科学委員会 第8号(2006/03/17、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  提案理由説明によれば、大臣は、「平成十七年度末に中期目標期間が終了する独立行政法人について、独立行政法人通則法第三十五条に基づく検討を行い、組織・業務全般の見直しについての結論を得たところであります。」というふうにおっしゃっていらっしゃいます。  そこで、この独立行政法人通則法第三十五条に基づく検討が行われているのかどうか、ちょっと私も気になりまして、通則法三十五条というのを当たってみました。  そこに何と書いてあるかといえば、これは二項なんですけれども、「主務大臣は、前項の規定による検討を行うに当たっては、評価委員会の意見を聴かなければならない。」……

第164回国会 文部科学委員会 第11号(2006/04/05、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 おはようございます。民主党の松本大輔です。ありがとうございます。  まず、研究交流促進法について伺いたいと思います。  今まで特区に限られていた廉価使用、この要件緩和を全国展開するに至ったその立法事実と、それから、今回の改正によって、一体どのくらいの定量的効果が上げられるというふうに見積もっていらっしゃるのか、見込んでいらっしゃるのか、その二点についてまずお伺いしたいと思います。
【次の発言】 次に質問することもちょっと言及していただきながらお答えをいただいたわけですが、要するに定量的な効果というのは現時点では何とも言いづらいということではないかと思うんです。  義務教育費国……

第164回国会 文部科学委員会 第18号(2006/06/09、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  大臣は、先般、ベストファーザー賞を受賞されたそうで、まことにおめでとうございます。  ここから先が重要な話なんです。ベストファーザー賞を受賞されたからこそ、この機会にぜひともお伺いしておきたいことがございまして、それは、今回の法案とは直接は関係ないんですが、大臣、またかとお思いになられるかもしれませんが、高等教育の無償化、漸進的無償化条項のお話でございます。  現在、これは国連人権規約十三条2の(c)というものですけれども、留保をしているのは、締約国百五十三カ国のうちの、日本、マダガスカル、ルワンダの三カ国のみ、非常に不名誉な三カ国の一角を占めておる……


■ページ上部へ

第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

第165回国会 教育基本法に関する特別委員会 第4号(2006/10/31、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  さきの通常国会から引き続きこの教育基本法の特別委員会に所属をさせていただいているわけでございますけれども……(発言する者あり)五十時間ももう審議したのでというような意見もあるやに聞いておりますけれども、総理もかわりました、大臣もかわりました。まだまだ議論を深めていかなければならないテーマも山積をしております。  午前中の質疑にもありましたけれども、格差の拡大の問題と教育の機会均等の問題。それから、今回のこの法律案が、政府案ですけれども、仮に成立をした暁には、学習指導要領をもう一度精査して、必要があれば改正を行うというふうにおっしゃっています。したがっ……

第165回国会 教育基本法に関する特別委員会 第10号(2006/11/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 おはようございます。民主党の松本大輔です。  お手元に資料をお配りしております。一ページ目、二ページ目。三ページ目は二ページ目の添付資料です。それから、四ページ目。委員長、これはきのうの理事会に内閣府から提出された資料という理解でよろしいでしょうか。
【次の発言】 今お手元にお配りしております配付資料の一ページ目と二ページ目と、それから、四ページ目のコピーなんですけれども。
【次の発言】 はい。
【次の発言】 委員長からは、先ほどの理事会で提示いただいたという御発言だったんですが、きのうの理事会で内閣府から我が党の理事に対して出されたものというふうに承っております。  念のた……

第165回国会 文部科学委員会 第6号(2006/12/01、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  提案理由説明を見ますと、「法律案の内容の概要について御説明申し上げます。」とありまして、「第一に、放送の同時再送信に係る制度の見直しを行うこととしております。地上デジタル放送への全面移行に向け、その補完路として、IPマルチキャスト放送による放送の同時再送信が期待されております。当該同時再送信が本年末に開始される予定であることから、」というふうにあるわけなんですが、大臣、本年末に開始する予定を立てられたのは、つまり、この当該同時再送信を本年末に開始しようとしているのは一体だれなんですか。
【次の発言】 関係行政機関というのは何ですか。


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第2号(2007/04/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)議員 お答えします。  今、教育現場では、教育格差の問題、いじめ、不登校、それから子供を取り巻く痛ましい事件の続発など、さまざまな問題が起こっており、こういった問題の解決、改善が求められているところであります。  しかし、きめ細やかな対応が必要な問題であっても、今の教育行政では、国が学習内容を決める、都道府県が教職員の採用や人事を決める、市区町村が学校の管理運営を行うといった形で、責任の所在が三位ばらばら、たらい回しが起こるという実態がございます。また、地方自治体においても、教育の予算編成といった教育財政については首長が決める、しかし教育行政は教育委員会が行うという形で二元行政の仕……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第3号(2007/04/23、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)議員 猪口委員にお答えいたします。  まず、人事権の方でございますけれども、教職員の人事権が市町村単位で行われると人材確保に支障が生じるのではないかという御懸念についてでありますが、民主党案では、第四条四項において地方公共団体相互の連携協力規定を置いてございます。これによって、広域調整の仕組みを残しつつ、市町村に人事権を移譲するとしたところでございます。  また、前者の、教育委員会に指導、助言、援助ができなくなるのではないかというお話ですけれども、まず、方向性において我が党案と政府案で根本的に違うと思っておりますのは、どこでレーマンコントロールをかけていくのか、どこで評価、監視を行……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第9号(2007/05/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  きょうは、本当に貴重な御意見を賜りまして、まことにありがとうございます。若輩者からぶしつけな御質問をするかもしれませんが、どうぞ平に御容赦をいただければと思います。  まず、逸見教育委員長にお伺いいたしたいと思います。教育委員会についてでございます。  先ほど、お話の中で、事務局案のまま通してしまうことも多いと聞いているというお話がございました。教育委員会については、常勤の教育長さん、事務局長的な教育長さんが多くの場合行政経験者あるいは教職経験者である。一方で、その他の教育委員さんは非常勤である。会議は月一回から二回。したがって、教育長というか教育長……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第11号(2007/05/15、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔と申します。  きょうは、それぞれのお立場からの大変御貴重な御意見、本当にありがとうございました。  門川教育長は、制度のせいにせずに、制度の限界に挑戦しようというふうにおっしゃっていました。これは文科省におっしゃっているのかなというふうに私受けとめさせていただいたんですけれども、さすがは、迷ったときは困難な道を選ぶというふうにおっしゃられるだけあって、あえて苦言を呈されたのかなと、私は大変感銘を受けた次第でございます。  そこで、国の権限強化についてまず各参考人の皆さんにお伺いしたいと思うんです。五十条の指示の話ですが、これは、当委員会審議でも実は文科省から……

第166回国会 教育再生に関する特別委員会 第13号(2007/05/17、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  「教育再生は内閣の最重要課題」であると総理は施政方針演説でおっしゃっておりました。官房長官をお務めになられた小泉内閣ですけれども、その小泉内閣では、米百俵の精神ということが言われていました。  しかし、実際その小泉政権下で文教予算がどのように推移をしたのかということを、私、教育基本法の特別委員会で文科省に尋ねたことがあるんですね。そのときの答弁では、「二〇〇二年度、平成十四年度でございますが、五兆五千九十一億、二〇〇三年度、平成十五年度は五兆二千二百三十八億、二〇〇四年度、平成十六年度は四兆八千三百六十五億、二〇〇五年度、平成十七年度は四兆三千九百五……

第166回国会 文部科学委員会 第4号(2007/03/16、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  先ほど高井委員の質疑の中で、高松塚の古墳の壁画の劣化とそれから毀損について、文化庁の事務方との間では、その責任の問題、やりとりがあったんですが、大臣御自身は、この壁画の毀損についてだれに責任があったと考えていらっしゃるのか、お考えをお聞かせいただきたいと思います。
【次の発言】 非常に潔い御答弁が返ってまいりました。最後の責任はだれにあるかと言われればそれは大臣なんだ、過ちがあれば、何か失敗をしたらそれは認めるべきだという御答弁をいただいたわけですけれども、実は、この調査報告書が昨年出されているんですが、残念なことに、これは通常国会の閉会日の翌日なん……


■ページ上部へ

第168回国会(2007/09/10〜2008/01/15)

第168回国会 文部科学委員会 第2号(2007/10/24、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  本日は、独立行政法人の科学技術振興機構について伺います。略称JSTだそうですけれども、この機構については、二年前、平成十七年の四月十一日、参議院の決算委員会で西田実仁議員が取り上げていらっしゃいます。この質疑の中で、「サービス始めてから黒字になったことはあるんでしょうか。」文献情報提供業務のことでありますけれども、政府参考人は「ございません。」というふうに答えています。  文献情報提供業務、始まったのはいつですか。
【次の発言】 質疑の中では、一度も黒字になったことがないというような話があるんですが、この間、つまり五十年ということですけれども、この五……


■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

第169回国会 決算行政監視委員会 第5号(2008/05/23、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  学校の耐震化について、それを促進させるために必要な対策の検討に着手をしたという報道がなされております。  この学校の、公立小中学校の耐震化、所管しているのは文科省のどの部ですか。大臣、お答えください。
【次の発言】 学校の耐震化促進については、我が党も既に法案を提出しております。国の補助率の引き上げを盛り込んだ内容であります。ですから、耐震化を加速させるべきだということについては大いにやったらいいというふうに思うんですが、それを所管している文教施設企画部、先月、前部長が汚職事件で逮捕されるというような事件がありました。一体全体、こういう部が耐震化を所……

第169回国会 文部科学委員会 第13号(2008/05/30、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  私の地元では今運動会のシーズンを迎えておりまして、私も実はあした母校の運動会に行ってこようかなというふうに思っておるんですが、今回のこの学校保健法等の改正案を読ませていただきましたところ、本当に、国の責任が不明確な今の原案で果たして学校の安全は確保されるのか、私は非常に懸念を持っております。まずその点について、大臣の率直な感想をお聞かせいただけますか。
【次の発言】 今、中教審の答申をもとにおつくりいただいたという話がありましたが、私も中教審の答申を読みました。「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方……

第169回国会 文部科学委員会 第15号(2008/06/06、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  民主党は、これまでも耐震化促進のための法案を提出してまいりました。私も、本日取り下げとなった法案の提出者の一人でありまして、今まで審議に付されてこなかった、なかなか進んでこなかったことについては、正直申し上げていろいろな思いもあるわけですけれども、一方で、きょう、その法案を取り下げることと引きかえにといいますか、こういう委員長提案という形でようやく前に進むということについては、大きな一歩であるというふうに受けとめているところであります。  提出者の藤村委員は、我が党の法案の最初の提出時からの文部科学委員であるというふうに理解をしておりますが、藤村委員……


■ページ上部へ

第171回国会(2009/01/05〜2009/07/21)

第171回国会 決算行政監視委員会 第5号(2009/06/10、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 民主党の松本大輔です。  きょうは、合同庁舎の建築問題について、それから少年院における法務教官の暴行事件について、さらには原爆症の認定問題について、順に質問をさせていただきたいというふうに思います。  まず、合同庁舎の建設問題でありますが、昨年十二月にこの委員会で、我が党の同僚議員の高山智司委員がこの問題を取り上げております。そのときにお手元に配付された資料が、実はきょう私が再度配らせていただいた資料の一枚目と二枚目ということであります。  このときにどういう議論が行われたかということでありますけれども、御承知のとおり、地方分権改革推進委員会の丹羽委員長が昨年の十二月二日に談……

第171回国会 文部科学委員会 第3号(2009/03/18、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 私は、提出者を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     独立行政法人に係る改革を推進するための文部科学省関係法律の整備等に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一 国立高等専門学校の高度化再編に当たっては、各地域の入学志願者数の動向やニーズを踏まえ、各高等専門学校の自主性・自律性を尊重し、教育研究の個性化、活性化、高度化がより一層進展するよう配慮すること。  二 国立高等専門学校の今後の在り方については、個々に法人格を有する……

第171回国会 文部科学委員会 第5号(2009/04/01、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 先ほど牧委員から、緻密にしっかりとハードルを高く設定していただきました民主党の松本大輔でございます。そうか、きょうはエープリルフールだったかと思ったわけでありますけれども、この間、現場の担当者の方々にしっかりと教えていただきましたので、一つずつ確認をさせていただきたいなというふうに思います。  原賠法の改正ですけれども、今回、提案理由説明のところで、「平成十一年九月三十日に我が国唯一の原子力損害の賠償事例となった、株式会社ジェー・シー・オーのウラン加工施設における臨界事故が発生いたしましたが、その際の経験を教訓とする」とあります。  まず、このジェー・シー・オーの臨界事故の賠……

第171回国会 文部科学委員会 第11号(2009/05/22、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)委員 本日は補正予算関連法案の質疑であります。  名前を申しおくれました。民主党の松本大輔です。  きょうの朝刊に「世帯所得十九年ぶり低水準」という報道がありました。「一世帯当たりの平均所得額は前年比一・九%減の五百五十六万二千円、一九八八年以来十九年ぶりの低水準」ということであります。先般の新聞報道にもありましたとおり、ことし一―三、ことしの第一・四半期というべきか、昨年度の第四・四半期というべきか、GDPは戦後最悪のマイナス成長を記録している、速報値ですけれども。さらには、ことし六月までに二十万人を超える非正規雇用の方々が職を失おうとされている。  そういう中で提出をされた補正……


松本大輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院44期)

松本大輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期
第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

第164回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2006/03/01、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)分科員 民主党の松本大輔です。  本日は、私の地元で行われようとしております林道建設問題について、環境省、それから林野庁の見解をお伺いしたいと思います。  お手元に資料一として配付させていただきました。ここに地図と写真をつけてございます。  このようにブナの生い茂る美しい渓畔林のそばを林道が通る予定でございまして、この緑資源幹線林道大朝鹿野線戸河内―吉和区間、二軒小屋―吉和西工事区間、ちょっと長い名前なんですけれども、この計画の概要について、まずは林野庁の方からお伺いしたいと思います。これは事務方で結構でございますので、概要を教えてください。


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 決算行政監視委員会第一分科会 第2号(2007/04/24、44期、民主党・無所属クラブ)【議会役職】

○松本(大)主査代理 これより決算行政監視委員会第一分科会を開会いたします。  主査が所用のため、その指名により、私が主査の職務を行います。  平成十七年度決算外二件中、本日は、会計検査院所管、内閣府所管中内閣本府、沖縄振興開発金融公庫、外務省所管、環境省所管、国会所管、内閣所管、内閣府所管中金融庁、内閣府所管中警察庁について審査を行います。  これより会計検査院所管について審査を行います。  まず、概要説明を聴取いたします。大塚会計検査院長。
【次の発言】 次に、会計検査院の検査概要説明を聴取いたします。会計検査院諸澤第一局長。
【次の発言】 以上をもちまして会計検査院所管についての説明は終……

第166回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2007/02/28、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)分科員 民主党の松本大輔です。  農水省所管の独法、緑資源機構に対しまして、昨年十月、公取が立入検査を行っております。これについては、報道によれば、談合の疑いがあるというふうにされておるところでございます。きょうはその問題について取り上げたいというふうに思います。  まず、今回談合の疑惑が持たれているのは測量であるとかあるいは環境影響調査などのいわゆる建設コンサルタント業務部門なわけでございますけれども、では、この分野について、一体緑資源機構の契約実態がどうなっているのかということで資料要求をいたしました。返ってきた答えがお手元の資料一であります。  これによりますと、一般競争入札……


■ページ上部へ

第171回国会(2009/01/05〜2009/07/21)

第171回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第1号(2009/04/20、44期、民主党・無所属クラブ)

○松本(大)分科員 民主党の松本大輔です。  本日は、主に行政監視という立場から、現行の被爆者対策というのが果たして適切な行政なのかどうか、大臣に伺わせていただきたいというふうに思います。  まず、平成二十一年度の原爆被爆者対策予算、概要をいただきました。医療特別手当として本年度は百二十二億三千八百万円の予算が計上されております。  まず確認させてください。この百二十二億三千八百万円というのは、今年度の原爆症新規認定、何件を見込んでいるんでしょうか。
【次の発言】 今年度の認定見込み件数というのが予算上は二千八百件である。それで、昨年度、二十年度の実績が、これは私もちょうだいしましたが、一年間……



松本大輔[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

松本大輔[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期
松本大輔[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊