篠原豪 衆議院議員
47期国会発言一覧

篠原豪[衆]在籍期 : |47期|-48期-49期
篠原豪[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは篠原豪衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

篠原豪[衆]本会議発言(全期間)
|47期|-48期-49期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 衆議院本会議 第30号(2015/06/02、47期、維新の党)

○篠原豪君 維新の党の篠原豪でございます。  私は、維新の党を代表して、ただいま議題となりました地域改革推進整備法案及び国家戦略特区法改正案については賛成をいたします。一方、地域再生法の一部を改正する法律案には反対し、以下、同法案について、反対の立場から討論をいたします。(拍手)  初めに、歴史上例を見ない少子高齢化、急激な人口減少、地方の衰退に対し、我が国がどのように対処していくのか、将来世代のためにどのような国づくりを行い、引き継いでいくのか、政府、国会には重い課題が課せられております。安倍政権が地方創生を内閣の重要課題と位置づけ、この問題に正面から取り組もうとされていることには評価をいた……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 衆議院本会議 第15号(2016/03/10、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原豪君 維新の党の篠原豪です。  民主・維新・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました在日米軍駐留経費負担に係る特別協定、いわゆる思いやり予算に関する特別協定に対し質問をいたします。(拍手)  初めに、日米同盟が日本外交及び日本の安全保障にとっての基軸であり、一層厳しくなっている我が国を取り巻く安全保障環境を考えれば、我が国の防衛力の整備を進めるとともに、日本における米軍のプレゼンスを確保することが我が国のすきのない防衛体制を構築する上でかなめと考えております。  さらに、我が国は、平和憲法のもと、専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国にならないとの基本理念に従い、たとえ武……

篠原豪[衆]本会議発言(全期間)
|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

篠原豪[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|47期|-48期-49期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第12号(2015/06/19、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。よろしくお願いいたします。  砂川判決をめぐり、本委員会で質疑が続いております。  今何が問題となっているかといえば、政府が新三要件を定義し、閣議決定を行い、それを満たせば集団的自衛権を使っても合憲となるようにしたこと、その際の最初の根拠にこの砂川判決を掲げ説明しようとしたということから混乱が始まったんだろうというふうに思っています。  しかし、十五日の中谷大臣の答弁にありましたように、砂川判決については政府は、砂川事件は自衛の措置をとれるという前提をあくまでも述べたものであり、行使容認の直接の根拠にはならないとお認めになったというふうに理解して……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第18号(2015/07/08、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  当委員会で再び質問させていただきます。よろしくお願いします。  審理の空転と採決のタイミングについては、きょう質問がありましたので後ほどに回させていただきまして、質問通告している後ろの部分からお伺いしたいと思います。  まず初めに、定義について厳格にしていきたいと思います。  個別的自衛権と集団的自衛権の区別について、五月二十八日の江田前代表からの質問に対して岸田大臣は、政府が国際法の特定の学説を支持しているわけではないというふうにしていましたけれども、六月十九日の私の質問に対して岸田大臣は、政府の定義は国際法上確立した考え方というふうに表現……

第189回国会 環境委員会 第5号(2015/05/15、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪です。  初めての法案質疑になりますので、お聞きしたいことが結構ありますので、簡潔に明快に答弁を大臣にいただければ、各局の皆さんにいただければと思います。  水俣条約は、国連環境計画、世界水銀アセスメントを踏まえて採択、署名されたものであって、我が国の提案によって前文に水俣病の教訓が記載されています。  水銀は、常温で液体である唯一の金属ということから、生物に蓄積するなど、いまだ世界的に深刻な汚染問題があります。  先ほどの篠原委員からも、アジアの見本となって日本はやっていくべきであって、特に環境対策は、日本がフロントランナーだし、公害でかつて同じような経験を……

第189回国会 環境委員会 第8号(2015/05/29、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 おはようございます。維新の党の篠原豪でございます。  先日、水俣条約に関連した法案審議に会派を代表して質問に立たせていただきました。その際、審査は何も水俣と水銀という話にとどまることなく、日本の公害の歴史、そして、これから日本がいかに世界に対して公害を経験してきた国としてリーダーシップをとっていくのか、また、公害国会が開かれた経緯、そして、その後のきょうここに開かれている環境委員会と環境省という原点は、まさにそういったあたりから始まっていることを忘れずに、後世に対して責任のある立場から我々は国会における審議を進めていかなければならないということを申し上げてまいりました。  本……

第189回国会 環境委員会 第9号(2015/06/02、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。よろしくお願いいたします。  限られていますので、幾つか短くお伺いしたいと思います。  福島第一原発の事故に伴い拡散した放射性物質、関東にも幅広く飛来いたしました。私は横浜市から来ているんですけれども、横浜市上空に達しまして、水再生センター、これは雨とともに落ちて下水管に流れて、そしてその汚泥焼却、そこは処理するところなんですけれども、そこで、放射性物質が流入したため、放射性物質が圧縮されて非常に数値が高くなったということがありました。  その中で、八千ベクレル以下であれば埋立処分していいというふうに国が日本独自の基準で決めたわけなんですけれども……

第189回国会 環境委員会 第11号(2015/09/01、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪です。  先日の琵琶湖視察で、委員長を初め多くの方に勉強させていただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。  日本一の広さを持つ琵琶湖は、実は世界でも有数の古い湖で、その誕生は四百万年前ということです。そういった中、琵琶湖の現状を伺いましたところ、二〇一五年度の琵琶湖と川の魚という資料一つ見ても、固有種が十六種類、そのうちの十三種が絶滅危惧種という状態になっています。これは大変な問題なんだろうと思います。  そこでまずお伺いしたいのが、これまで琵琶湖のような大きな湖に対して、我が国がどのような取り組みをしてきたかということです。  琵琶湖総合開発特……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第7号(2015/05/20、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  昨日、代表を交代させていただきましたけれども、その際にも皆様にお伝えさせていただきましたとおり、我々維新の党の一丁目一番地は、中央集権を打破して、分権改革、地域主権改革を実現することです。そして、将来には道州制を導入して、この国の形を根底から変える、そうしなければこの国の未来は開けないだろうということで、大阪都構想を進めてまいりました。  僅差で実現成りませんでしたことは残念でありますけれども、全国で初めて、地域からこれまでの行政のあり方を大きく変えるための、大阪の全市民の皆さんの手による住民投票、これを歴史に刻まれる取り組みであったと考えて……

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第9号(2015/05/26、47期、維新の党)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  本日は、主に第五次一括法案について伺います。  今ある地方分権改革の議論の原点は、平成五年の地方分権の推進に関する決議を契機に始まったものです。取り組みが進められて、もう二十年になります。国民が待望するゆとりと豊かさを実感できる社会づくり、中央集権的行政のあり方を問い直す、地方分権のより一層の推進を望む大きな声などを背景に、地方分権を積極的に推進するための法制定、そして、抜本的な施策を総力を挙げて断行することが必要だとして始まったものです。  しかし、二十年たって、今、住民の皆さんがその成果をどれだけ実感できているのかといえば、余りそうではな……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 外務委員会 第2号(2016/03/09、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪です。  外務委員会における初めての質問となりますので、よろしくお願いいたします。  本日は、お伺いしたいことがたくさんありますので、答弁なさっていただく皆様におかれましては、できるだけ簡素に、的確にお答えいただければと思います。よろしくお願いします。  さて、本年の四月十二日から十九日まで、表現の自由の国連特別報告者であるデビッド・ケイ氏が訪日することが、二月三日、外務省より発表されました。この特別報告者は、特定の国の状況または特定の人権テーマに関し調査報告を行うため、人権理事会から任命された独立専門家で、ケイ氏は二〇一四年八月に就任しました。  実は、この……

第190回国会 外務委員会 第3号(2016/03/11、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 おはようございます。維新の党の篠原豪でございます。  本日は、一昨日の大臣所信質疑、そしてきのうの在日米軍駐留経費負担に係る特別協定、いわゆる思いやり予算ですけれども、これで本会議の場で御質問させていただきましたので、岸田大臣とは三日連続で質疑をさせていただくことになります。ありがとうございます。感謝申し上げますし、よろしくお願いいたします。  その中で、本日は、今国会における外務委員会での初めての法案質疑となりますので、よろしくお願いいたします。  本日の法案質疑は、在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案についてのも……

第190回国会 外務委員会 第4号(2016/03/16、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪です。  先週の代表質問に続いて質問をさせていただきます。  先日も同様の趣旨で申し上げましたけれども、我々は、日米同盟が、日本外交及び日本の安全保障にとって、先ほどもおっしゃっていましたけれども、基軸であって、一層厳しくなっている我が国を取り巻く安全保障環境を考えれば、日本における米軍のプレゼンスを確保することが我が国の防衛に必須であると考えています。  我が国の防衛予算が、対GDP比一%を下回る水準でずっと来ているのも、これは米軍の存在が大きな抑止力になっている側面だというふうにも考えております。  さらに、我が国の自衛隊と米軍、これは盾と矛の関係について……

第190回国会 外務委員会 第6号(2016/03/23、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  前回の所信質疑でもお話しさせていただきましたけれども、岸田外務大臣、所信の冒頭でも、本年は日本外交にとって重要で責任の重い一年だと述べられております。G7サミット議長国、そして国連安保理非常任理事国、日中韓サミット議長国、そしてアフリカ開発会議、これはこの間お話しさせていただきましたけれども。私としましても、ぜひこういった機会を通じて、日本の国益を増進させるために、グローバルな課題解決に日本が貢献していくように、本年は、国際関係において、特に我が国にとってはさまざまな場面で中心的な役割を果たしていく年だと考えておりますので、ぜひ頑張っていただ……

第190回国会 外務委員会 第8号(2016/03/30、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 民進党の篠原豪でございます。  本日、民進党としての私の初めての質疑でございますので、ぜひ皆様よろしくお願いいたします。  本日は、カンボジア王国、ラオスとの協定にかかわる質疑ということでありますので、私としては、主に我が国の航空政策全般について、関係省庁の方々に対しましてもお伺いしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。  この質疑に当たっては、私も、現場の民間の航空会社の方々の声はどうなっているんだろうということを伺ってまいりまして、そういう中で、本当に、国際間競争をやっていくというのは、なかなか口で言うほど簡単じゃないんだなということをいろいろと学びました。 ……

第190回国会 外務委員会 第12号(2016/04/27、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 よろしくお願いします。民進党の篠原豪でございます。  さて、初めに全体について伺いたいのですけれども、岸田大臣が百八十六回国会で、租税条約、投資協定さらには社会保障協定は企業の海外展開を推進するに当たって環境を整備する際大変重要なツールであると認識をしている、こうした条約あるいは協定の交渉については経済関係等の二国間関係そして経済界からの要望、相手国の制度を総合的に考慮し選定し交渉を行っているというのが現状で、これからも優先度の高いものから順次交渉を行い日本企業の海外展開に資する総合的なビジネス環境の整備に努めていきたいと考えておりますと述べられております。  経済界からは、……

第190回国会 外務委員会 第15号(2016/05/18、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 民進党の篠原豪でございます。  G7伊勢志摩サミットがいよいよ来週に迫ってまいりました。この実現に向けては、外務大臣を初め外務省の職員の皆さん、大変な御苦労があったことと思います。あと少しでございますので、我が国の国益のため、そして全世界の平和構築に向けて、大きな成果を導き出していただきたいということを心より願っております。  オバマ大統領が核なき世界を訴えてから七年がたちました。そして、今回、伊勢志摩サミットの終了後の二十七日、正式に広島訪問をされます。歴史的な決断だというふうに思います。  報道によりますと、岸田大臣も御一緒されるんでしょうか、岸田大臣、広島にオバマさんと……

第190回国会 災害対策特別委員会 第3号(2016/03/17、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 おはようございます。維新の党の篠原豪でございます。  大臣の所信の冒頭にもありましたけれども、東日本大震災、あれから五年、被災者の皆様、御遺族の皆様に改めて哀悼の意をささげますとともに、今まだなお被災地で本当に大変な生活を強いられている方々に対しまして、本当に多くの方々です、心よりお見舞いを申し上げたいと思います。  大規模な自然災害の突然の発生に、時に我々は無力であることを痛感しています。このような甚大な災害が当地の方々の生活に何をもたらしたのか。この教訓を胸に、減らせる被害があるならば、事前に防げる災害対策を行えるのであれば、国会、政府、地方自治体、そして民間の企業の皆様……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2016/01/04、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、山本幸三君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2016/03/09、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  昨年に引き続きまして、当委員会でお世話になります。よろしくお願いいたします。  本日も、お伺いしたいことがたくさんありますので、どこまで伺えるかわかりませんけれども、御答弁の方もなるべく簡潔に、簡素にやっていただければと思います。  さて、地方創生については、石破大臣が平成二十六年の九月に就任して以来、一年半になります。この間、地方創生が全国に浸透しているのかどうかといえば、まだ一年半、それはどうかというふうに思います。地方の声を聞けば、やはり景気回復の実感がまだまだできないし、東京圏への一極集中の是正、地方での若者就労支援、結婚、子育てに希……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2016/03/16、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  私からも、質疑に入る前に一言申し上げたいと思います。  本日のこの委員会冒頭に、石破大臣より陳謝がありました。昨日、地域再生法の審議にこれから入ろうという委員会を、そのためだけに立ち上げて、そして、さあ提案理由説明だということで、その一番大事な中身、それが昨年のものだったということであります。  思い起こせば、昨年の議論で、この地域再生法、どういったことがあったかというと、東京の一極集中を企業として是正させていかなければいけない、そのときに、いろいろな税制措置を使って、横浜市とか大阪市とか、あるいは東海圏の大きい都市は入っていなかったんですけ……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2016/03/17、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪でございます。  きのうに引き続き質疑をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  さて、昨日の審議では、冒頭に、新型交付金として導入される地方創生推進交付金について、実は、先ほど佐々木委員からも御指摘がありましたとおり、平成二十七年の会計検査におきまして、報告として、約半数が未達の状態となっている、それにもかかわらず、これまで地域再生計画が目標未達となっているのであれば必ずしもうまく機能していないことを踏まえると、従来どおりの方法で予算を国からおろしていく、従来の交付金の対象に地方創生全般が加えられただけで、効果が薄いのではないか、新しい交付……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第7号(2016/03/23、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 おはようございます。維新の党の篠原豪です。  本日は、三度目の地域再生法関連の質疑となります。これまでと引き続きの議論をさせていただきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  さて、これまでも企業版ふるさと納税については多くを伺ってまいりました。その中で感じたことですけれども、やはり地方自治体がどんなにアピールをして頑張ろうとしても、肝心の企業側に、寄附する、そういう気がなければ、何も始まらないんだろうということです。  大臣は、先週の私とのやりとりで、企業版ふるさと納税によって寄附が増加しますかといった質問に対しまして、これはやってみなければわからないと……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第10号(2016/04/20、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 おはようございます。民進党の篠原豪でございます。  連日の、熊本を中心とした九州で続く震災による被害拡大が大変心配されているわけですけれども、改めまして、お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意をささげるとともに、被害に遭われて今大変な状況におられる皆様に心からお見舞いを申し上げるとともに、復興に尽力をされている皆様方におかれましては、くれぐれも安全に留意していただいて御活動されることをお願いいたします。  さて、地方分権改革については、平成二十六年に提案募集方式が導入されて二年がたちました。個別の地方自治体からの提案を踏まえた地方分権の取り組みとして、この提案募集方式自体に……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第13号(2016/04/26、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 民進党の篠原豪でございます。  我が党としては、この法案質疑の最後になりますので、これまでの議論を踏まえながらお話を伺いたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  政府は、国家戦略特区について、成長戦略の一丁目一番地として取り組んでいます。この基本方針にあるとおり、従来の特区制度では十分実現できなかった規制改革、いわゆる岩盤規制、これはもう何度も出てきていますけれども、この改革を実行する突破口として創設したものだと思います。きのうの連合審査では、宮崎委員などからもありましたけれども、やってみてうまくいけばそれを全国に本格導入して広げていく、そのための可能性を探る制……

第190回国会 予算委員会 第18号(2016/03/01、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 維新の党の篠原豪です。  私は、民主・維新・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました政府提出の平成二十八年度予算三案について反対、民主・維新・無所属クラブ提出の動議に賛成の立場から討論をいたします。  初めに、本予算案は過去最大の九十六兆七千二百十八億円のもので、なぜそれも四年間も連続で増額なのか、将来世代へ負担をツケ回さない財政規律の観点から適切に組まれているのか、本当に国民の皆様の生活の質の向上につながるのか、そしてそれを次代に責任ある政治へどうつなげていくのか、こういった観点からさまざまな角度で真摯に議論を行うべきものでございました。  しかし、冒頭より、口きき疑……


■ページ上部へ

第191回国会(2016/08/01〜2016/08/03)

第191回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2016/08/01、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、山本幸三君を委員長に推薦いたします。
【次の発言】 動議を提出いたします。  理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 決算行政監視委員会 第3号(2016/12/12、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 大臣にお伺いします。  きょうのお話を聞いていますと、このオリンピックが成功したか、あるいは成功にならないかどうかというところは何かしっかりとやっていかなきゃいけないんだと。ところが、その指標が、どういう指標でやっていこうというのが今聞いている中でちょっとわからなかったというところがあり、明確じゃないというふうに思っています。  さっきビジョンの話もありましたけれども、例えば多様性と協調みたいなことは言っているんですね。それはいいんですが、仮にそういった中で逆に実際に運営してみるとなるとどうなるかといったら、多元的で論争的だからよくわからないみたいな話になって、本当に聞いてい……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 決算行政監視委員会 第2号(2017/04/03、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 おはようございます。民進党の篠原豪です。  今、麻生財務大臣からありましたように、本日は決算審査でありますので、これまでの事業の振り返りと、また、これまでの他の委員会で議論になったことなど、重なる部分もあるかと思いますけれども、全体像を少しでも理解しながら議論させていただきたいということで、その点、御寛恕いただいて、そして、答弁される皆様方におかれましては、できるだけ的確に、かつわかりやすく、丁寧にお伝えいただければと思います。それでは、よろしくお願いします。  まず、国有財産の管理と処分についてお伺いをいたします。  これは財務省にお伺いしたいんですけれども、国有財産の売却……

第193回国会 決算行政監視委員会 第6号(2017/06/05、47期、民進党・無所属クラブ)

○篠原(豪)委員 民進党・無所属クラブの篠原豪でございます。  私、きょう初めて総理に質問させていただきます。すごく楽しみにしてやってまいりました。私、まだ一期生でありまして、いろいろと教えていただくこともあると思いますので、総理の胸をかりるつもりで御質問させていただきたいと思うんですが、聞いていますと、やはりちょっと答弁が長いのじゃないかということがありますので、お願いとして、ぜひ簡潔に、そして的確にお答えいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。  さて、六月一日から、国民の財産である国有地の森友学園への約八億円の値引きによる売買に至るまでの交渉の経緯が記録された行政文書の電子デ……


篠原豪[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

篠原豪[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|47期|-48期-49期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2015/03/10、47期、維新の党)

○篠原(豪)分科員 維新の党の篠原豪です。  国会に参りまして、本日が初めての質問日です。お聞きしたいことがたくさんありますので、閣僚初め答弁をされる皆様におかれましては、できるだけ簡潔に、的確にお答えいただければと思います。では、よろしくお願いいたします。  さて、連日の報道にありますように、神奈川県川崎市において、中学一年生の上村遼太さんが殺害されるという大変痛ましい事件が起きてしまいました。  また、昨年を見れば、事件を決して忘れない意味で資料の一枚目に新聞記事を両面で配らせていただきましたけれども、横浜市磯子区に住む三歳の山田龍琥君の事件が起きました。  改めて、御冥福をお祈りするとと……

第189回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2015/03/10、47期、維新の党)

○篠原(豪)分科員 維新の党の篠原豪です。  国会に参りまして初めての質問をさせていただきます。いろいろとお伺いさせていただきたいことがありますので、できるだけ簡潔に、的確にお答えいただければ幸いです。よろしくお願いします。  さて、連日の報道にありますように、神奈川県川崎市において中学校一年生の上村遼太さんが殺害される事件が起きました。心から御冥福をお祈りするとともに、私も、この事件は、子を持つ父親の一人として、御家族の気持ちを察するに余りある大変痛ましい、悲しい事件であり、このようなことは二度と起こしてはいけないという強い思いを持っています。  政府もこの事件を重く受けとめて、丹羽文部科学……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2016/02/25、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○篠原(豪)分科員 維新の党の篠原豪でございます。  お聞きしたいことがたくさんありますので、閣僚初め答弁される皆様方には、できるだけ簡素に、的確にお答えいただければと思います。よろしくお願いいたします。  さて、子ども・子育て支援新制度が昨年の四月から始まりました。スタート時にはかなりいろいろな混乱もあったというふうに聞いております。これがもう一年たちましたので、どういうふうにどこまで進んで、状況が、今どのような課題があるのか、これが気になるところでございます。  導入に当たっては、私も横浜市会議員をさせていただいたときにいろいろと議論させていただいたことが思い出されます。その中で、横浜市で……



篠原豪[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

篠原豪[衆]在籍期 : |47期|-48期-49期
篠原豪[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。