渡嘉敷奈緒美 衆議院議員
48期国会発言一覧

渡嘉敷奈緒美[衆]在籍期 : 44期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
渡嘉敷奈緒美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは渡嘉敷奈緒美衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
渡嘉敷奈緒美[衆]本会議発言(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

渡嘉敷奈緒美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 環境委員会 第1号(2017/12/01、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 このたび環境副大臣を拝命いたしましたとかしきなおみでございます。  主に、地球温暖化、そして、水、大気環境、自然環境を担当させていただきます。  特に、低炭素社会の構築や、外来種対策を含む自然共生社会の実現に力を尽くしていきたいと思っております。  伊藤副大臣、そして笹川大臣政務官、そして武部大臣政務官とともに、中川大臣をしっかりお支えして、精いっぱい仕事に取り組む所存でございます。  松島委員長を初め理事、委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げて、御挨拶とさせていただきます。  どうもありがとうございます。(拍手)

第195回国会 環境委員会 第2号(2017/12/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 持続可能な開発目標、SDGsにつきましては、我が国政府といたしましては、昨年、SDGs実施指針、これを策定させていただきまして、各省庁が一体となって本格的に取り組みを推進していく段階にございます。  日本の特徴は、総理が本部長、そして全閣僚が構成員のSDGs本部を設置している、この体制がしっかりしているのが我が国の特徴でございます。  SDGsの多くの目標が、やはり環境にかかわることが非常に多いということで、環境省といたしましては、さまざまな関係者が一堂に会して先進的な事例を共有する場所、ステークホルダーズミーティング、この実施等を通じて国内にさらなる浸透を図っていきたい、こ……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 環境委員会 第1号(2018/03/02、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 平成三十年度環境省所管一般会計予算及び特別会計予算について御説明申し上げます。  まず、一般会計予算では、総額三千二百七十三億円余を計上しております。  以下、その主要施策について御説明申し上げます。  第一に、地球環境保全対策については、パリ協定のもとで国内及び世界全体の地球温暖化対策を進めるほか、気候変動適応策の推進、環境インフラの海外展開などに必要な経費として、一千三百八十九億円余を計上しております。  第二に、廃棄物・リサイクル対策については、廃棄物処理施設や浄化槽の整備、災害廃棄物対策、循環産業の育成や国際展開の支援、リデュース、リユース、リサイクルのいわゆるスリー……

第196回国会 環境委員会 第2号(2018/03/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えいたします。  二〇三〇年度のエネルギーミックスにおきましては、石炭火力は電気構成の二六%を占めております。しかしながら、この石炭火力発電所、最新鋭の技術を用いましても、CO2の排出係数が天然ガスに比べますと約二倍となっております。  そして、現在、我が国におきましては四十基程度の新規の増設計画がございまして、これを仮に計画どおり実施されるとすると、我が国の二〇三〇年度の削減目標の達成は、これは困難ということになります。  さらに、世界の流れを見ますと、パリ協定の中では、二〇五〇年に八〇%温室効果ガス削減、そして今世紀中には排出と吸収のバランスを達成する目標に向けて、や……

第196回国会 環境委員会 第4号(2018/03/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 公健法には二つの特徴がございまして、一つ目は、激甚な公害の状況や社会情勢等を背景に、民事責任を踏まえつつも制度的な割り切りを抱え、また経済的な理解も得ながら制定されたものである。二つ目の特徴が、国、地方公共団体、さらに独立行政法人などが緊密に連携しながら制度を運営するという、世界の中でも希有な制度であり、これは日本の中でも誇れる法律の一つである、このように考えております。  発展途上国でこれを御利用いただけるということで御提案いただきましたけれども、発展途上国も、お国によっていろいろ状況はさまざまであります。ただ、我が国の経験とか、この制度に対する考え方、これは発展途上国の皆……

第196回国会 環境委員会 第7号(2018/05/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  百武委員のおっしゃるとおり、平成二十七年の閣議決定では、現行の適応計画、これは法的には根拠がないものであるということで、主として関係省庁の取組をまとめた計画となっておりました。  しかし、新たに策定する適応計画におきましては、現行の計画の内容を大幅に見直す内容となっております。  具体的にどこを見直したと申しますと、三点ございまして、まず一つ目が、関係省庁の取組について充実強化を図るということ、そして二つ目が、国立環境研究所を中核とした情報基盤の整備を整えていくこと、そして三つ目は、地方公共団体、事業者、国民等の幅広い主体の連携協力による取組を幅……

第196回国会 環境委員会 第8号(2018/05/15、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  平成二十七年、二〇一五年に、政府の適応計画、これを閣議決定させていただきました後、適応計画のもとで各省庁が適応策を実施させていただきました。平成二十八年、翌年、適応策の情報基盤である気候変動適応情報プラットフォーム、これを構築させていただきまして、そして翌年の平成二十九年には、関係省庁の連携による地域協議会の立ち上げ、さらに適応計画のフォローアップを行ってまいりました。  こうした一連の動きの中で、充実強化を図っていくということと、法制度の必要性について関係者の中から認識が広がっていったということと、あとは、やはり現場に近い地方公共団体の方からも……

第196回国会 環境委員会 第9号(2018/05/18、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 今回外務省から提言された内容は、気候変動分野に携わる有識者の方々が、同分野における最新の国際的な動向を踏まえて議論をして作成されたものと承知しております。環境省といたしましても、さまざまな有益な御示唆があると認識しております。  環境省と外務省は、同じ国際会議によく一緒に出ることがございまして、多分、その中で、今、環境政策の中で大きなターニングポイントに来ているということを外務省自身もお感じになって、いろいろな行動に移されているのだというふうに思います。  G7の伊勢志摩サミットでは、二〇二〇年期限に十分に先立って長期戦略を策定、提出することにコミットメントをしております。 ……

第196回国会 経済産業委員会 第6号(2018/04/10、48期、自由民主党)【政府役職】

○とかしき副大臣 お答えさせていただきます。  安倍総理、今国会で、地球温暖化対策は内閣の最重要課題である、そして、温暖化対策、国内での大幅削減と、そして我が国の経済成長、両輪、両方をしっかりと両立させていくこと、これが重要であるということで、環境省と経産省は、両省とも向かう方向は同じであるということで、積極的に今取り組まさせていただいているところであります。  ということで、石炭火力発電は、確かに、天然ガス火力の二倍もあるということでありますので、これからも、そういった問題点を克服しながら、両省協力しながら取り組んでいきたい、このように思っております。


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/27、48期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 衆議員のとかしきなおみでございます。きょうは質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  十月三十一日、首里城の火災は、私にとっても大変なショックな出来事でありました。琉球文化の歴史や、そして、琉球の今まで積み重ねてきた歴史を発信するその中心のところであった、琉球の歴史そのものの凝縮されたものが全く焦土と化してしまったというのは、大変ショックでありました。  十一月の六日の日に私も自民党の沖縄振興調査会で早速現地の方に赴きまして首里城の様子を拝見いたしましたけれども、跡形もなく焼け落ちていたその姿を見て、私も本当に涙がとまらなくなりました。  私の先祖は沖縄の琉球王朝の……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 予算委員会 第5号(2020/02/03、48期、自由民主党・無所属の会)

○とかしき委員 自民党のとかしきなおみでございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  まず、新型コロナウイルスの感染症について、ちょっと要望させていただきたいと思います。  政府には、持てる力で臨機応変に対応いただきまして、まずは心から感謝を申し上げたいと思います。  しかし、ついに人から人への感染も起こり、局面は大きく変わりつつあります。あふれんばかりの情報が毎日国じゅうを行き交っておりますけれども、国民の皆さんからすれば、不安がかき立てられるような、そんな日々を過ごしているわけであります。  質問の前に、国民の皆様がこの感染症に対して冷静に向き合えるように……


渡嘉敷奈緒美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

 期間中、各種会議での発言なし。

渡嘉敷奈緒美[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-46期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

渡嘉敷奈緒美[衆]在籍期 : 44期-46期-47期-|48期| 今期は集計中です。
渡嘉敷奈緒美[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊